データベースソフトおすすめ13選比較|選び方やメリット・無料製品も紹介

2024/06/26 2024/06/27

データベースソフト

おすすめのデータベースソフト

社内のあらゆるデータを一元管理できる「データベースソフト」。大量データを扱うビジネスが増えるなか、効率化やセキュリティに課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。本記事では、データベースソフトのおすすめ13選を紹介し、選び方やメリットを詳しく解説します。

データベースソフトとは?

データベースソフトとは、システムに発生したさまざまなデータを一元的に管理し、効率的なアクセスや高いセキュリティを実現するためのソフトウェアです。

顧客情報や販売実績、社員の人事データなどの多岐にわたるデータをまとめて管理できるので、大量データを扱う企業には必要不可欠な存在です。また、データのセキュリティ対策が予め備わっているため、情報漏洩のリスクを抑えることにもつながるでしょう。

データベースソフトの機能

データベースソフトに搭載されている主な機能を、以下に紹介していきます。

データベースの作成機能

データベースソフトには、大量のデータを整理してデータベースを作成する機能があります。

エクセルなどの表計算ソフトでは、保存できるデータ件数に限界がありますが、データベースソフトでは、容量の限りデータを蓄積することができます。作成したデータベースは、検索やフィルタリング、並び替えなどが可能であり、簡単にデータを抽出できます。

データの加工・分析機能

データベースソフトには、データの集計・結合や分析ができる機能も搭載されています。

例えば、売上データを月ごとに集計したり、顧客情報と購買履歴を結びつけて詳細な分析を行うことなどができます。特定の商品がどの時期に最も売れているかを把握したり、顧客の購買傾向を分析してマーケティング戦略を練る際に役立つでしょう。

レポート出力機能

データベースソフトには、保存されたデータをレポートとして自動出力する機能があります。

例えば、月次の売上報告書や在庫状況のレポートなどを、ボタン一つで素早く生成できます。定期的なレポート作成も自動化できるため、業務効率が大幅に向上するでしょう。

業務システムの作成機能

データベースソフトでは、顧客管理アプリ、受注販売管理アプリ、在庫管理アプリなどの業務システムを簡単に作成・運用できます。

データベースソフトを使うと、ボタンやテキストボックスを自由に配置することも可能なため、初心者でも扱いやすいインターフェースを整えることにも向いています。

データベースソフトの選び方

データベースソフトを選ぶポイントを、以下に説明します。

自社エンジニアの必要性で選ぶ

データベースソフトは、ベンダーが提供するソフトと、自社のエンジニアが構築するソフトの2種類に分けられます。

ベンダーが提供するソフトは、初期設定が簡単でサポートも充実しているため、エンジニアのリソースが限られている企業に適しています。一方、自社でエンジニアが構築する場合は、カスタマイズの自由度が高く独自のニーズに対応できます。ただし、エンジニアの専門知識とある程度の構築時間は必要です。

自社エンジニアの必要性を考えたうえで、ソフトを選ぶことが大切です。

クラウドデータベースを比較!メリットや選び方・オンプレミス型との違い

搭載されている標準機能の充実度で選ぶ

データベースソフトを選ぶ際には、標準搭載されている機能の充実度も重要なポイントです。

データベースソフトの標準機能は製品ごとに差が大きいため、有料オプションで機能を追加しなければ必要な業務をこなせないケースもあるでしょう。事前に必要な機能を洗い出したうえで、自社に必要な機能が豊富に備わっているソフトを選びましょう。

取り扱うデータ量・業務内容にあっているかで選ぶ

データベースソフトを選ぶ際には、データの格納・処理能力が自社の業務性質に合っているかを確認しましょう。

大量のデータを扱う企業では、処理速度が速く、容量が大きいソフトを選ぶ必要があります。一方、比較的小規模なデータを扱う場合は、シンプルな性能のソフトで十分でしょう。

業務内容によって必要な機能も異なるため、自社に必要なデータベースの性質を理解しておくことが、賢い製品選びにつながるはずです。

導入・運用費は予算内に収まるかで選ぶ

データベースソフトを選ぶ際には、導入や運用にかかるコストをよく調べましょう。

扱うデータ量や想定ユーザー数、必要な追加機能などを考慮し、導入コストのみならず、運用コストまで見据えた見積もりを行う必要があります。長期的な運用コストを考慮し、予算内で収まるかどうかを吟味しましょう。

セキュリティ・サポート体制の充実度で選ぶ

データベースソフトを選ぶ際には、セキュリティとサポート体制の充実度も重要なポイントです。

もし、ITに不慣れな企業ならば、導入時に操作方法のレクチャーがある製品が望ましいでしょう。また、情報漏洩や情報改ざんのリスクを防止するためには、セキュリティ対策が整っているかもよく確認しましょう。トラブル発生時のサポート体制が備わっているかどうかも、必ず確かめてください。

データベースのセキュリティ対策|必要な理由や注意点を解説

おすすめのデータベースソフト11選比較

おすすめのデータベースソフトを、以下に紹介していきます。

Aerospike

Aerospikeは、大規模な並列処理に強みを持つデータベースソフトです。

ハイブリッドメモリーモデルを使用し、最小限のサーバーフットプリントを確保することで、何十億ものトランザクションをリアルタイムで処理することを可能にしています。また、セキュリティにも優れており、データの暗号化、認証、認可、監査などの豊富なエンタープライズ・セキュリティを搭載しています。

提供元Aerospike, Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴マルチモデルなグローバル分散データオペレーション、豊富なリアルタイムデータサービス、ハイパフォーマンスストレージエンジン、ストリーミングデータコネクタなど
URL公式サイト

Amazon DynamoDB

Amazon Dynamo DBは、最新の開発環境をあらゆる規模で実現するためのサーバーレス NoSQLデータベースです。

従来のRDBには扱えない規模のアプリケーションを実行するパワーを備えるほか、サーバーを管理する必要がないため、パッチ適用などの保守作業が一切必要ありません。バージョンやアップグレードがなく、ダウンタイムなしのメンテナンスが可能である点も特徴です。さらに保管中のデータはすべてデフォルトで暗号化されるため、セキュリティ対策も万全です。

提供元Amazon Web Services, Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • 無料利用枠:無料
  • オンデマンドキャパシティーモード:要問い合わせ
  • プロビジョニング済みキャパシティーモード:要問い合わせ
導入実績100万以上
機能・特徴スケールに応じたパフォーマンス、99.999%のSLAを満たすよう設計、Scale to zeroサーバーレス、簡単なAWS統合など
URL公式サイト

Microsoft Access

Microsoft Accessは、ビジネスに最も適した形式でデータベースを構築できる、Windows専用のデータベースソフトです。

初心者から上級者まで幅広く利用されており、Microsoft社のOffice製品とシームレスに連携できる点が大きな特徴です。エクセルなどのデータを簡単に取り込むことができるほか、テンプレートやウィザードを利用することで、初心者でも複雑なデータベースを手軽に作成可能です。エクセルによる初歩的なデータベース構築から前進したい方にとって、良い選択肢と言えるでしょう。

提供元Microsoft Corporation
初期費用要問い合わせ
料金プラン■家庭向け

    ・月額プラン

  • Microsoft 365 Personal:1,490円/月
  • Microsoft 365 Family:2,100円/月

    ・年額プラン

  • Microsoft 365 Personal:14,900円/年
  • Microsoft 365 Family:21,000円/年

    ■一般法人向け

  • Microsoft 365 Business Basic:899円/月/1ユーザー
  • Microsoft 365 Apps for business:1,236円/月/1ユーザー
  • Microsoft 365 Business Standard:1,874円/月/1ユーザー
  • Microsoft 365 Business Premium:3,298円/月/1ユーザー
機能・特徴ビジネスに最も適した形式で簡単にデータベースアプリを作成、開発者以外もアプリ作成・共有可能、アプリのカスタマイズ、複数のデータ ソースと統合など
URL公式サイト

Oracle database

Oracle Databaseは、古くから信頼性とパフォーマンスの高さで知られているリレーショナルデータベースです。

非常に高度なデータ管理機能を備えており、特に大規模システムでの利用に適しています。例えば、組み込みのAI Vector Searchとデータベース内機械学習により、複数データベースの統合と管理、およびデータの整合性を維持することに長けています。また、検索拡張生成(RAG)やエンタープライズ・クラスの大規模言語モデル(LLM)などの最新テクノロジーを、自社ビジネス・データと併用することも可能です。

提供元Oracle Corporation
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴データ侵害からの保護、すべてのデータ・タイプとワークロードに1つのデータベースを使用、アプリケーション開発の簡素化、データ主権と水平方向のスケーラビリティを実現など
URL公式サイト

Dr.Sum

Dr.Sumは、企業のデータ活用に必要な機能を網羅するデータ分析基盤です。

DWH構築に初めて取り組む方から、高性能なデータベースを求める上級者までも満足させる「分析用データマート」 、連携して使用できる「ユーザーインターフェース」、そして「データ連携ツール」から構成されている製品です。クラウド型とオンプレミス型の2つのサービスを備え、国税関係帳簿書類の電子データ保存にも対応しているため、特に国内企業におすすめです。

提供元ウイングアーク1st株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績7,500社以上
機能・特徴データベース管理、⾼速集計、インフラ環境、複雑なデータの取り込み、Pythonスクリプトの実行、Excelインターフェイス、データ連携ツールなど
URL公式サイト

楽々Webデータベース

楽々Webデータベースは、初心者でも簡単に扱えるノーコードのデータベースソフトです。

既存のエクセルファイルを取り込み、項目の並び替えだけで簡単にデータベースを作成可能です。また、レイアウトの変更やエラーチェックの追加も自由自在であり、蓄積したデータを別のアプリと連携することで、データの価値を高めて新たな改善を施すことができるでしょう。導入が手軽なクラウド版と、社内の業務改善に最適なオンプレミス版が用意されていることも特徴です。

提供元住友電工情報システム株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン■クラウド版
  • スタータープラン(10ユーザーまで):10,000円/月
  • スタンダードプラン(10ユーザー以上):1,500円/月/1ユーザー
  • ライトユーザー:500円/月/1ユーザー

    ■オンプレミス版

  • 180万円~
機能・特徴Webデータベース、フォーム制御、帳票出力、集計機能、ワークフロー機能、メール機能、ユーザ・組織管理、システム連携、データ移行など
URL公式サイト

Plusdb

Plusdbは、「本格的なデータベースを気軽に導入したい」という企業にターゲットを絞ったデータベースソフトです。

初心者でも扱えるシンプルな設計となっており、テンプレートに合わせて用意したCSVデータをインポートするだけで、FAQなどのWebページを既存サイトに後付けで追加することができます。さらに、導入からサイトの公開まで手厚いサポートを受けられるほか、一週間の無料お試しデモ版も用意されています。

提供元クラウドサーカス株式会社
初期費用11万円(税込)
料金プラン16,500円(税込)/月

※構築費用やデザイン費用別途

機能・特徴テキスト検索、選択検索、範囲検索、Plusdbの管理画面からCSVデータをエクスポート、エクセルで修正、編集したCSVをインポート公開ボタンをクリックなど
URL公式サイト

PigeonCloud

PigeonCloudは、コードやシステムの専門知識なしに、企業情報をデータベース化して業務の効率化を実現するためのデータベースソフトです。

シンプルな画面構成に定評があり、初心者が操作に迷わないように徹底した配慮が施されています。また、スマートフォンなどのマルチデバイスに対応しているため、外出先でタブレットやスマートフォンで閲覧することもできます。さらに、導入時には専門スタッフが要望をヒアリングし、サンプル環境を提供しています。

提供元株式会社ロフタル
初期費用要問い合わせ
料金プラン1,210円(税込)/月~

※最低契約ユーザー数:5ユーザー。オンプレミス、OEMについても対応可能

機能・特徴情報のデータベース化、効率的な情報共有、検索・集計・分析、シンプルで直感的な管理画面、さまざまなデータに対応、専任の担当者による手厚いサポートなど
URL公式サイト

WaWaD-Be

WaWaD-Beは、エクセルで管理しているデータをWebで共有するためのデータベースソフトです。

表計算ソフトやメールで行われていたデータ共有、業務上のやり取りを、Web上のデータベースに集約することができます。顧客情報、商談情報、商品情報、販促ツール、クレーム情報などのフォームを、自由に作成して誰とでも共有できるのが強みです。安価に、かつ簡単に使えるクラウド型データベースを求めているなら、とても賢い選択肢となるでしょう。

提供元株式会社アイアットOEC
初期費用無料
料金プラン1ID300円/月+基本料金2,500円/月
機能・特徴顧客管理、案件管理、問合せ・クレーム管理、機器導入履歴管理、デスクトップ機能、フォーム設計、マスタ連携、アクセス制限、検索機能、モバイル環境など
URL公式サイト

Vertica

Verticaは、ビッグデータ分析基盤として全社的に活用できる次世代型データベースです。

独自のアーキテクチャにより、従来の課題であった「検索処理が遅い」「チューニングに手間がかかる」などの課題を改善してくれます。また、洗練された分析機能で「SQLベースで複雑な分析ができない」「ビッグデータ分析には別の仕組みが必要」などの課題にも柔軟な対応が可能です。

提供元株式会社アシスト
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績全世界で4,000社以上、国内100社以上
機能・特徴列指向データベース、データの属性に応じた最適な圧縮アルゴリズム、超並列アーキテクチャ、高可用性、自動チューニング、高速データロードなど
URL公式サイト

HotBiz8

HotBiz8は、多機能・低コストな中小企業向けのグループウェアであり、オプションとしてデータベース構築機能を提供しています。

エクセルファイルからデータベースをそのまま作成できるので、初心者でも簡単にデータベースを構築できるでしょう。権限設定で各データベースごとにアクセス権限の設定を加えたり、保存されるデータの暗号化や二段階認証にも対応しているなど、セキュリティ面も充実しています。さらには、カスタマーサポートも充実しているため、トラブル時の対応も安心です。

提供元株式会社ASJ
初期費用
  • HotBiz8:11,000円(税込)
  • HotBiz8プライベート:11,000円(税込)
  • HotBiz8プライベートPro:11万円(税込)
料金プラン■月払い
  • HotBiz8:11,000円(税込)
  • HotBiz8プライベート:33,000円(税込)
  • HotBiz8プライベートPro:82,500円(税込)

    ■年払い

  • HotBiz8:11万8,800円(税込)
  • HotBiz8プライベート:36万3,000円(税込)
  • HotBiz8プライベートPro:90万7,500円(税込)
機能・特徴PWAアプリ化とプッシュ通知機能、スケジュール共有機能、チェックリスト、Webデータベース、フリーアドレス、二段階認証、アンケート・問い合わせなど
URL公式サイト

【無料】おすすめのデータベースソフト2選比較

ここからは、無料で利用できるおすすめのデータベースソフトを紹介していきます。

PostgreSQL

PostgreSQLは、無料で利用できるオープンソース、かつ高機能なリレーショナルデータベースです。

35年以上にわたり改良が続けられてきたため、信頼性、機能の堅牢性、パフォーマンスに関して極めて高い評価を得ています。すべての主要なオペレーティング システムで動作するうえ、2001年からACIDに準拠しているため、強力なアドオンを備えています。また、70以上のローカルユーザーグループが存在しており、オープンソースでも一定の技術サポートを得ることができるソフトウェアの1つです。

提供元The PostgreSQL Global Development Group
初期費用無料
料金プラン無料
機能・特徴バックエンド、関数、演算子、インデックスと制約、構文、データ定義言語 (DDL)、翻訳、バックアップ、復元、データの整合性、データのインポートとエクスポート、構成管理など
URL公式サイト

SQLite

SQLiteは、軽量で手軽に使えるオープンソースのデータベースソフトです。

その名の通り、ライトな動作が強みのデータベースであり、サーバーよりもアプリケーションに組み込むことに特化した設計です。一般的なデータベースに必要な設定ファイル、データベースインスタンスなどが不要であり、ライブラリとして活用できるため「自己完結型システム」と呼ばれているシステムです。それでも、大規模開発でなければ十分すぎるほどの性能を実現できるため、知識のある担当者にとっては優れた選択肢となるでしょう。

提供元Hipp, Wyrick & Company, Inc.
初期費用無料
料金プラン無料
機能・特徴テーブル・インデックス・トリガ・ビュー 無制限、サブクエリ(相関サブクエリを含む)、豊富な標準SQL関数のライブラリ、高度なクエリプランナーなど
URL公式サイト

データベースソフト導入のメリット

データベースソフトの導入には、多くのメリットがあります。

社内のあらゆるデータを安全に管理できる

データベースソフトを導入すると、紙やエクセルでのデータ管理に比べて、セキュリティが強化されます。データの暗号化やアクセス制限が自然と施されることで、不正なアクセスや情報漏洩を防ぐことができるでしょう。

また、大量のデータを効率的に保管・処理できるため、検索や分析がスムーズに行えます。結果として、質の高いデータ管理が可能になり、業務効率の向上も期待できます。

データの検索・編集がしやすくなる

データベースソフトを導入することで、データが整理され、検索や編集がしやすくなります。

また、データの更新に伴うヒューマンエラーのリスクも低減するため、正確な情報に基づいた意思決定を行う助けとなるでしょう。

リアルタイムのデータ共有・編集ができる

データベースソフトは同時に複数人が編集できるため、リアルタイムのデータ共有が可能になります。

例えば、プロジェクトチームが一斉にデータを更新した際にも、他のチームの作業が止まるといった弊害がなくなります。リアルタイムな情報共有は、コミュニケーションのスピードを大幅に向上させるため、意思決定の迅速化にもつながるでしょう。

データベースの種類一覧!主要なサービスやDBMSとの違いを紹介

おすすめデータベースソフトを比較し自社に最適な製品を導入しよう

データベースソフトの導入は、業務効率の向上やデータの安全管理に大いに役立ちます。

各データベースソフトの特徴をよく理解して、自社に適切なデータベースソフトを導入すれば、業務プロセスの改善や迅速な意思決定が可能となるでしょう。近年は手軽なクラウド型データベースソフトも増えているほか、無料のオープンソースソフトウェアでも十分な処理性能を確保することが可能です。自社に合った最適なデータベースソフトを見つけ、業務の効率化と生産性向上を実現してください。

データベースソフトの記事をもっと読む

データベースソフトの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達