コンテンツマーケティングツールの関連情報

【2024年最新】コンテンツマーケティングツール10選比較|機能や使用するメリットを紹介

コンテンツマーケティングツール

コンテンツ制作には、競合調査や分析が欠かせません。コンテンツマーケティングツールは、制作に関する業務を手助けしてくれる便利なツールです。今回は、おすすめのコンテンツマーケティングツール10選を比較します。機能やメリットについても解説するので、ぜひ役立ててください。

コンテンツマーケティングツールとは?

コンテンツマーケティングツールとは、自社サイトの改善点抽出やコンテンツ制作に必要な機能を搭載したシステムです。セッション数や離脱率、コンバージョン獲得率など、さまざまな指標をシステム上に反映し、課題や対応策を明確にします。

また、キーワードの検索順位や上位サイトの記事構成を分析し、客観的な視点で記事を制作できる環境を整えます。特定のキーワードを入力するだけで必要なデータを抽出できるため、操作性に戸惑う心配は少ないでしょう。

なお、ツールによって競合分析やコンテンツ制作などの得意分野は異なるため、導入目的や求める機能を明確化しておきましょう。

コンテンツマーケティングとSEOとの違い

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに有益な情報を発信して自社商品への関心や購買意欲を高め、収益拡大につなげるマーケティング手法です。情報発信の方法は、ホームページの更新やブログ記事の制作、プロモーションサイトの構築など、さまざまです。

一方、SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンで上位表示を実現するための施策全般を指します。

SEOは内部施策や外部施策など、さまざまな種類に分けられますが、他の施策と区別するためにコンテンツSEOと表現します。コンテンツSEOはGoogleからの評価を高めるため、ユーザーニーズや検索意図に沿った情報を発信することです。

コラム記事やブログ記事の掲載など、文章での情報発信に特化しています。Googleでの検索上位を実現することで、不特定多数の方へ情報を発信し、企業認知度や商品認知度を高めるのが目的です。

コンテンツマーケティングとSEOは、多くの方へ有益な情報を発信するという目的は共通しています。そのため、SEOはコンテンツマーケティングの手法の一つと言えるでしょう。

【2024年最新】おすすめのSEOツール27製品を比較!機能や特徴・課題に合った選び方

コンテンツマーケティングツールの機能

コンテンツマーケティングツールに搭載されている基本機能は、以下の4つです。

  • 競合分析
  • 検索順位の計測
  • SEO対策
  • 自社コンテンツの分析

いずれの機能も、効果的な情報発信を実現するために欠かせません。

競合分析

競合となるサイトの戦略や施策、作成しているコンテンツなどを自社のサイトと比較し、改善点を見つけるのが競合分析機能です。

上位に表示されている企業については、ユーザーやGoogleからの評価を得ていると判断できるので、参考にすべき点を把握できます。

流入キーワードや被リンク数、アクセス数、リスティング広告のキーワード調査などをスピーディーに行うことが可能です。

検索順位の計測

Googleやヤフーなどの検索エンジンで、特定のキーワードで検索した際に表示される検索順位を計測する機能です。特定のキーワードを登録しておくと、毎日の検索順位の変動を自動で取得することができ、担当者によって作業を実施する手間を省けます。

ツールによっては、対象キーワードの検索ボリュームや競合サイトの順位、リスティング広告の検索結果も表示可能です。検索上位に表示されるキーワードを盛り込んだ記事を制作できると、多くの方に自社の情報を発信できます。

SEO対策

SEO対策機能では、自社で作成するコンテンツの検索順位向上に役立ちます。AIを搭載したツールが多く、キーワード選定や見出し作成、本文執筆など、さまざまな業務を自動化できる点が魅力です。

また、内部リンク構造最適化やタグの見直しなど、検索上位表示に必要な具体的な施策の提案も得られます。効果測定と改善の繰り返しによって上位表示を実現できると、企業認知度向上や新規顧客獲得など、多くのメリットが見込めるでしょう。

自社コンテンツの分析

コンテンツマーケティングツールには、ユニークユーザー数やコンバージョン獲得率など、自社のコンテンツを分析・改善できる機能が搭載されています。

Googleの検索アルゴリズムは定期的に変更されるため、特定のキーワードやサイトの検索順位が大きく変動することも珍しくありません。検索アルゴリズム変更の影響を最小限に抑えるためにも、自社コンテンツの定期的な効果測定が必要です。

おすすめのコンテンツマーケティングツール10選を比較

ここでは、多くの企業に利用されているおすすめのコンテンツマーケティングツールを紹介します。

1.SEMRUSH

SEMRUSHは、株式会社オロが提供するコンテンツマーケティングツールです。競合サイトのドメイン名を入力するだけで、Google検索で100位以内に表示されるキーワードが表示されます。

検索ボリュームや推定トラフィック、ランディングページなども閲覧できるため、競合サイトの分析をスムーズに進められるのがメリットです

また、「Social Media Poster」を活用すると、SNSアカウントの作成や投稿、スケジューリングがシステム上で行えます。拡散力に優れたSNSとの連携によって、不特定多数の方へ情報を発信できます。

提供元株式会社オロ
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • Proプラン:142.95ドル(税込)/月
  • Guruプラン:274.95ドル(税込)/月
  • Businessプラン:549.95ドル(税込)/月
導入実績1,000万ユーザー
機能・特徴
  • Googleで100位以内に入る自然検索ワードの順位を表示
  • 競合ドメインのリストアップ
  • 競合ドメインと重複しているキーワードを抽出
  • ロングテールキーワードの抽出
  • スパムリンクの検知と削除
  • SNSアカウントの作成
  • ユーザーからの反応が良かった投稿を分析
  • 競合サイトのSNSアカウントをトラッキング
URL公式サイト

2.ミエルカSEO

ミエルカSEOは、株式会社Faber Companyが提供するユーザビリティの高さが魅力のコンテンツマーケティングツールです。

サジェストキーワードのボリューム数や関連性などをデータ化することができるため、ユーザーの検索意図や潜在ニーズを一目で把握できてコンテンツ制作に活かせます。AIが検索意図に応じてサジェストキーワードを自動でグルーピングするため、担当者が作業を行う必要がない点も特徴です。

競合サイトの分析はURLを入力するだけで、キーワードの内容や流入数、検索順位の変動を把握できます。また、デジタルマーケティングに関する豊富なノウハウを持つ方への直接相談など、サポート体制が充実している点も魅力です。

提供元株式会社Faber Company
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績1,700社
機能・特徴
  • サジェストキーワード分析
  • 競合サイトの流入キーワード分析
  • クエリタイプ分析
  • 新規トピック分析
  • 自社サイトと競合サイトの検索順位を自動表示
  • Google AnalyticsやGoogle Search Consoleと連携
  • リライトの改善効果を自動予測
  • タスク管理
  • デジタルマーケティングのプロへ相談可能
  • カスタマーチームからの手厚いサポート
URL公式サイト

3.tami-co

tami-coは、CROCO株式会社が提供するコンテンツマーケティングツールです。SEOライティング特化型のツールで、タイトルの採点や修正箇所の指摘、キーワードの提案によって、記事制作をスムーズに進められます。

競合サイトの対策キーワードやユーザーの関心事項を抽出する機能も搭載していて、Googleで上位表示される確率を高めることも可能です。記事公開後の順位推移はシステム上で確認でき、他のツールを導入する必要はありません。

順位に変動があった場合は、メールで通知されるため、検索順位計測で生じる工数を削減できます。

提供元CROCO株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • ライト:43,780円(税込)/月
  • スタンダード:82,280円(税込)/月
  • ビジネス:10万9,780円(税込)/月
  • プレミアム:13万2,000円(税込)/月
機能・特徴
  • 記事制作に関する機能に特化
  • タイトルの採点および修正箇所の提案
  • タイトルキーワードの提案
  • 競合サイトの見出しとキーワードを一覧表示
  • 競合サイトの順位変動を表示
  • ユーザーの関心事項を表示
  • 7日間の無料トライアル
URL公式サイト

4.Keywordmap

Keywordmapは、株式会社CINCが提供するコンテンツマーケティングツールです。分析機能が充実したツールで、自社サイトと競合サイトの自然検索ワードを抽出し、自然流入を多数獲得しているキーワードを把握できます。

個々のキーワードの検索ボリュームや想定流入数、クエリタイプの分析など、さまざまな指標のデータ化が可能です。上位表示サイトと圏外サイトのキーワードを可視化する機能も搭載していて、自社が選択すべきキーワードを明確化します。

また、ワードマップを活用すると、ユーザーの関心や悩みなど、検索意図を可視化できます。ユーザーニーズを反映した記事制作や情報発信によって、顧客との関係強化を図れる点がメリットといえるでしょう。

提供元株式会社CINC
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 自社サイトと競合サイトの流入キーワードを調査
  • 複数サイトの流入キーワードを一括調査
  • SEO対策で競合となるサイトの抽出
  • ユーザーの検索意図を分析
  • ユーザーニーズをテーマ別に分類
  • コンテンツの情報網羅度を診断
  • 共起語分析
  • 検索上位記事との構成分析
  • AIが記事の見出しを自動作成
  • 対象キーワードの検索順位を一括表示
  • リスティング広告分析
  • ディスプレイ広告分析
URL公式サイト

5.EmmaTools

EmmaToolsは、株式会社EXIDEAが提供するコンテンツマーケティングツールです。AIによる文章作成機能を搭載しています。タイトルや見出し、本文など、記事制作全般の作業をAIに一任できるため、定期的に新しい記事を公開できるでしょう。

完成した記事はテーマ網羅性やキーワード比率、文字数など、同社独自の基準に照らし合わせ、採点します。改善箇所や具体的な修正内容の提案も得られるため、低品質な状態で記事を公開することはありません。

また、コピー率チェック機能も搭載していて、著作権侵害による損害賠償支払いやイメージダウンを避けられます。

提供元株式会社EXIDEA
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額払い
  • for Personal:2,728円(税込)/月 ※プロジェクト数月5個まで
  • for Personal+:7,678円(税込)/月 ※プロジェクト数月20個まで
  • for Team:33,000円(税込)/月 ※プロジェクト数無制限
  • for Team+:71,500円(税込)/月 ※プロジェクト数無制限

年間払い

  • for Personal:2,178円(税込)/月 ※プロジェクト数月5個まで
  • for Personal+:6,578円(税込)/月 ※プロジェクト数月20個まで
  • for Team:27,500円(税込)/月 ※プロジェクト数無制限
  • for Team+:63,800円(税込)/月 ※プロジェクト数無制限
機能・特徴
  • AIが見出しや本文を自動生成
  • 完成した記事は独自のスコアリングで採点
  • 上位20位までの記事構成を一括表示
  • 上位サイトのコンテンツ分析
  • 既存記事のステータス表示
  • 関連キーワード分析
  • 検索順位計測
  • コピー率チェック
  • 外部ライター管理
URL公式サイト

6.Gyro-n SEO

Gyro-n SEOは、株式会社ユニヴァ・ジャイロンが提供する、汎用性に優れたコンテンツマーケティングツールです。特定のキーワードを登録しておくと、最新の検索順位が毎朝システム上に反映されます。

Googleでの検索順位はPCとスマートフォン、双方の結果が表示されるため、キーワードのトレンドを正確に掴めます。競合サイトと自社サイトの検索結果は、最大18ヶ月分まで保存が可能です。

また、数ヶ月前と現在の検索結果を比べると、検索エンジンのアルゴリズムが変化したかどうか、把握できます。Googleマップでの検索順位取得や、Googleビジネスプロフィールとの連携など、MEO対策関連機能も搭載しています。

提供元株式会社ユニヴァ・ジャイロン
初期費用無料
料金プラン
  • スターター:550円(税込)/月
  • ライト:4,950円(税込)/月
  • スタンダード:10,560円(税込)/月
  • プレミアム:18,480円(税込)/月
機能・特徴
  • 1ヶ月から利用可能
  • スタータープランは登録後3ヶ月まで無料
  • 登録したキーワードの検索順位を毎日自動で取得
  • 競合サイトの検索順位は最大18ヶ月分保存
  • Googleマップでの検索順位も取得
  • Googleビジネスプロフィールとの連携
  • 2つの検索結果を比較し、検索エンジンの動向を調査
  • 検索エンジンが提示する関連キーワードを把握
URL公式サイト

7.Lumii

株式会社Lumiiが提供するコンテンツマーケティングサービスです。ベンチャー企業から大企業まで、企業規模を問わず多くの企業が利用しています。Lumiiは、動画や映像制作に特化している点が特徴です。

実写動画やスタジオ撮影、CG動画の制作など、予算に応じた提案が受けられます。豊富な実務経験やノウハウを持つクリエイターが多数在籍していて、サービス紹介やWebCMなど、さまざまな要望に対応可能です。

提供元株式会社Lumii
初期費用0円
料金プラン
  • 29万円 ※実写動画または簡易的なアニメーション
  • 30〜49万円 ※ドローン撮影に対応
  • 50〜99万円 ※スタジオ撮影やキャスト起用が可能
  • 100〜199万円 ※CGを活用した動画制作が可能
  • 200万円〜 ※テレビCMと同等のクオリティ
機能・特徴
  • 豊富なノウハウを持つクリエイターが在籍
  • 動画制作に特化したサービス
  • 幅広い業種の企業が利用
  • マーケティング戦略の立案や広告運用に対応
  • サービス紹介映像
  • マニュアル動画
  • 採用ページ向け動画
  • WebCM
  • ブランディング動画
URL公式サイト

8.MicoCloud

MicoCloudは、Micoworks株式会社が提供するコンテンツマーケティングツールです。顧客とのやり取りにLINEを活用し、コミュニケーションの最適化を実現します。見込み顧客の購買意欲の高さに応じて、セグメント配信や個別メッセージの使い分けが可能です。

新商品販売やキャンペーン開催など、自社に関する情報を積極的に発信し、自社への興味を高めることができます。また、bot対応機能を搭載しているため、顧客対応にかかる工数削減も図れます。問い合わせ内容に応じて有人対応と使い分ければ、事務的な印象を与えずに済むでしょう。

提供元Micoworks株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • LINEを活用して見込み顧客との関係を強化
  • LINE上での個別メッセージやセグメント配信
  • bot対応
  • 友だち登録経路分析
  • アンケート
  • タグ分析
  • API連携
  • プライバシーマークの取得
  • ISMSの取得
URL公式サイト

9.ferret One

ferret Oneは、株式会社ベーシックが提供するコンテンツマーケティングツールで、BtoBマーケティングに関する機能が充実しているのが特徴です。ユーザーインターフェースに優れていて、専門知識がなくてもWebサイトを構築できます。

また、ChatGPTとの連携によって、ブログ記事やメール、セミナー案内の文書を短時間で作成できます。見出しやリード文、本文をAIが自動で作成するため、構成案や文書を一から考える必要はありません。文章の添削も自動化でき、効果的な情報発信を最小限の手間で進められます。

提供元株式会社ベーシック
初期費用11万円(税込)
料金プラン
  • スタータープラン:11万円(税込)/月
  • スタンダードプラン:22万円(税込)/月
機能・特徴
  • BtoBマーケティングに必要な機能全般を搭載
  • AIアシスタント機能によってコンテンツ制作を効率化
  • Webサイト構築
  • ランディングページ作成
  • 問い合わせフォーム設置
  • ブログ記事
  • セミナー集客
  • ホットリード
  • ユーザー行動履歴
  • 指定キーワードの検索順位推移を表示
  • アクセス解析レポート
  • メール作成
  • 複数の外部ツールと連携
URL公式サイト

10.Pascal

Pascalは、株式会社オロパスが提供するコンテンツマーケティングツールです。検索上位30〜50位に表示されているサイトを分析できます。上位表示サイトの対策キーワードや共起語を分析し、自社サイトとの差を把握できるでしょう。

また、上位表示サイトと自社サイトを比較した場合、分析結果はドットの大きさと位置で表現され、改善点が一目で把握できます。

提供元株式会社オロパス
初期費用要問合せ
料金プラン
  • ライト:月額49,500円(税込)/月
  • プロ:月額66,000円(税込)/月
  • アナリスト:88,000円(税込)/月
導入実績1,910社以上
機能・特徴
  • 上位表示ページのコンテンツ分析
  • 競合サイトの流入キーワードを調査
  • エリアを指定して検索結果の順位を取得
  • Googleアルゴリズムの変化を検知
  • ドットの大きさと位置で対策が必要なコンテンツを把握
  • 内部リンク構造の最適化
  • 共起語分析
  • ユーザーの求める情報を分析
  • コンテンツの網羅性と独自性を評価
  • SEO対策に関する指示書
  • Google Search Consoleと連携
URL公式サイト

コンテンツマーケティングツールを導入する際の選び方

コンテンツマーケティングツールを選定する際は、以下3点を意識することが重要です。

  • 目的に適した機能で選ぶ
  • コストパフォーマンスで選ぶ
  • 操作のしやすさで選ぶ

ミスマッチを防ぐためにも、選び方のポイントを確認しておきましょう。

目的に適した機能で選ぶ

どの様な目的でコンテンツマーケティングツールを活用するのか、導入する目的を明確化しておきましょう。コンテンツマーケティングツールは競合分析やコンテンツ制作など、ツールごとに得意分野が異なります。導入目的が曖昧だと、課題達成に必要な機能が搭載されていないツールを選ぶことにつながります。

「競合サイトの対策キーワードを知りたい」「自社サイトのアクセス状況を知りたい」など、どのような目的を達成したいか、整理しておきましょう。課題や目的が明確になると、選択すべきツールは自然と絞られます。

コストパフォーマンスで選ぶ

ツールの月額料金は提供元によって異なりますが、機能が充実しているツールほど設定料金は高くなります。

コストパフォーマンスに優れたツールを選ぶためにも、求める機能を整理してから選定をはじめましょう。また、予算内に収まっているか、各ツールの料金プランを確認することも重要です。

操作のしやすさで選ぶ

ユーザーインターフェースに優れたツールを選びましょう。自社サイトの分析やキーワード調査など、一つひとつの作業に時間がかかると、かえって作業効率が悪化します。従業員のモチベーション低下にもつながり、高い投資に見合った効果が得られないでしょう。

ミスマッチを避けるには、無料トライアルを積極的に活用するのがおすすめです。決められた期間のみ、無料でコンテンツマーケティングツールをお試し利用できます。無料トライアルを利用して、機能性や操作性、サポートの充実度などを確認しましょう

コンテンツマーケティングツールを使用するメリット

コンテンツマーケティングツールの導入によって得られるメリットは、以下の2つが挙げられます。

  • 業務工数を削減し効率化が見込める
  • 客観的な視点を持ってコンテンツを作れる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

業務工数を削減し効率化が見込める

コンテンツマーケティングツールを導入するメリットは、さまざまな業務を効率化できる点です。コンテンツ制作が得意なツールを選ぶと、記事の構成案作成や本文執筆などをAIへ任せられます。

新規記事制作やリライトをスムーズに進められ、コンテンツ作成をスムーズに進められます。

また、データ分析に強いツールを選ぶと、自社サイトの検索順位や新規ユーザー訪問率など、さまざまなデータの自動取得が可能です。工数のかかる業務をシステムへ任せられるため、担当者は別の業務に労力を割けます。

客観的な視点を持ってコンテンツを作れる

コンテンツマーケティングツールを導入すると、さまざまなデータを活用しながら記事制作に取り組めます。上位サイトの記事構成や対策キーワード、ユーザーの検索意図を分析する機能を搭載しているため、コンテンツの方向性を明確化できます。

ツールを有効活用することで、客観的な視点を持ってコンテンツ制作に取り組めるでしょう。ツールによっては情報の網羅性や独自性、キーワード比率など、完成した記事を独自の基準で採点する機能も搭載しています。

ユーザーニーズを正確に反映した記事の掲載によって、自社商品への関心や購買意欲を高めることが可能です。

コンテンツマーケティングを行う際の注意点

コンテンツマーケティングを行う際に知っておきたい注意点を2つ紹介します。

短期間の成果を期待しない

長期的な視点に立ち、コンテンツマーケティングに取り組む姿勢が求められます。記事制作やサイト設計の見直しなど、さまざまな改善に取り組んだとしても、すぐに成果が表れるわけではありません。

成果が出るまでに必要な時間は最低でも3ヶ月、一般的には6ヶ月〜1年以上かかります。コンテンツマーケティングツールを導入しても、一定の費用と時間がかかる点を理解しておきましょう。

社内で重要視されない可能性がある

成果が出るまでにある程度の時間がかかるコンテンツマーケティングは、短期的な売上獲得の優先度が高い企業では後回しにされる可能性があります。

社内での理解を得るためには、効果が出るまでに時間がかかることを周知しておく必要があります。また、営業部門などの担当者にヒアリングして、事前に課題を洗い出しておくと取り組みやすくなるでしょう。

コンテンツマーケティングツールは機能やコストの比較がおすすめ

今回は、コンテンツマーケティングを行う際におすすめのツールや選定ポイント、注意点などを紹介しました。コンテンツマーケティングツールを導入するメリットは、業務工数を削減できる点です。自社サイトや競合サイト、対策キーワードの検索順位など、さまざまなデータを自動で集計できます。

コンテンツマーケティングツールは、コンテンツ制作や競合分析など、ツールごとに得意分野が異なります。そのため、自社の課題や目的を洗い出してから選ぶことが重要です。本記事を参考に、自社に合ったツールを選んでみてください。

コンテンツマーケティングツールの記事をもっと読む

コンテンツマーケティングツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成