【業界別】おすすめの店舗管理システム9選比較|導入メリットや選ぶ際のポイント

2023/09/29 2023/09/29

店舗管理システム

おすすめの店舗管理システム

複数の店舗を効率よく運営、管理するための機能を一元化した店舗管理システムですが、必要とする機能は、業態や規模によって異なります。そのため導入する際、自社に合うシステム選びに迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの店舗管理システム9選をご紹介します。

店舗管理システムの目的とは?

店舗管理システムとは、店舗の売上や在庫、顧客情報のほか、従業員情報や店舗間のコミュニケーションなど、店舗運営に必要なあらゆる情報管理を一元化できるシステムのことです。

煩雑になりがちな情報を一元管理し、店舗運営を効率化することや、本部・店舗間の情報共有をスムーズにすることを目的としています。

店舗管理システムの主な機能には、売上履歴の把握や在庫管理、顧客情報管理、従業員の勤怠管理などがあります。また、POS(販売時点情報管理)システムと連携することで、レジでの売上データをリアルタイムで共有し、在庫や売上の分析を行うことも可能です。

現在はさまざまな店舗管理システムが提供されており、業種・業界ごとの機能に特化した製品も多くなっています。

店舗管理が抱える課題

本部と各店舗の情報共有がうまくいかず、情報のリアルタイム性に欠けたり、コミュニケーション不足に陥ってしまったりといった問題は、店舗管理におけるよくある課題です。

複数店舗の運営を取り仕切る本部は、各店舗の状況や動き、売上などを把握する必要があります。しかし、管理の手間や工数は、当然ながら、店舗数の増加に比例して、その負担が増大していきます。そのため、情報の一元化や効率化といった対策を講じなければ、管理しきれなくなることもあるでしょう。

また、店舗側の管理においても、店長は、現場を回しながら煩雑な管理業務を行い、その他の事務作業も並行する必要があるなど、業務負担が多くなりがちです。日々、現場の業務に追われる中では、本部に報告すべきことを伝えきれないといった場面も出てくるかもしれません。

店舗管理システムの活用は、システム化によって現場の管理作業が効率化されるだけでなく、情報を一元化することで本部と店舗の連携をスムーズにし、これらの課題解決が実現するのです。

店舗管理システムの種類について

店舗管理システムには種類があり、業種や利用目的によって導入に適したシステムが異なります。

ここでは、店舗管理システムの代表的な2つのシステムとして、「店舗業務支援システム」と「販売管理・売上管理システム」を詳しく紹介します。

店舗業務支援システム

店舗業務支援システムは、複数店舗を運営する企業に有益なシステムです。

本部と各店舗をつないで稼働し、連携をスムーズにします。本部が各店舗に伝達事項を伝えたり、店舗ごとの毎日の売上報告や月次報告などの情報を一元的に共有できたりするのが特徴です。また、本部対店舗だけではなく、各店舗同士や従業員同士のコミュニケーションにも役立ちます。

販売管理・売上管理システム

販売管理・売上管理システムは、店舗の売上データや在庫を管理するシステムです。

量販店や小売店において、日常的に発生する発注・仕入・棚卸の管理や廃棄処理を含む在庫管理、売上管理などをサポートする機能があり、店舗管理業務の効率化が図れます。また、POSレジと連携し、リアルタイムでの在庫状況の可視化や各種作業を自動化できるシステムもあります。

店舗管理システムを導入する際に選ぶポイント

導入する店舗管理システムを選ぶポイントはさまざまありますが、特にチェックすべきなのは、以下の4つです。

  • 自社の業種や課題に合わせたシステムを選ぶ
  • 他のシステムとの互換性や連携性に優れたシステムを選ぶ
  • サポートやセキュリティが充実したシステムを選ぶ
  • 自社の予算に適したコストのシステムを選ぶ

それぞれについて具体的に解説します。

自社の業種や課題に合わせたシステムを選ぶ

自社の業種や課題に合ったシステムかどうかは、店舗管理システムを選ぶポイントの一つです。

たとえば在庫管理に課題がある場合は、在庫状況の一元管理や自動発注機能を持つシステムを選ぶとよいでしょう。そのほか、顧客情報管理の効率化や連携を目的とするのであれば、CRM(Customer Relationship Management)機能が充実しているシステムが適しています。

また、業種によっても適した機能が異なります。多くの人手を必要とし、労力の削減が求められる飲食業では、労働時間管理や人件費の最適化を支援する機能があると便利です。また、アパレルなら在庫管理や価格設定の機能が必要になるでしょう。

このように、自社の業種や抱える課題によって、適した店舗管理システムは大きく異なります。各業種に必要な機能や、課題解決に適した機能がある店舗管理システムを選んでください。

他のシステムと互換性や連携性に優れたシステム選ぶ

店舗管理システムは、他のシステムと互換性や連携性があるものを選びましょう。既存のシステムや専門的な機能を持つ他のシステムと連携することで、導入後の業務効率化や改善の幅も広がります。

具体的には、本部の既存システムとの連携のほか、在庫管理・売上管理・従業員の勤怠管理などの業務で、すでに既存システムがあるのであれば、互換性や連携の可否を確かめてください。

サポートやセキュリティが充実したシステムを選ぶ

店舗管理システムは、店舗運営に欠かせない在庫状況や発注管理、売上管理を行うものです。そのため、万が一システムの不具合が長時間解消されなかった場合には、業務の遅延はおろか営業を休止する事態にも発展しかねません。

ベンダーからの手厚いサポートがあるシステムでは、そのようなリスクを最小限に抑えることができます。トラブル発生時の問い合わせ手段や対応時間、対応方法は、訪問かオンラインのみかなど、サポート内容はさまざまです。どのようなサポートが受けられるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

また、情報漏洩などのリスクから店舗や顧客を守るためにも、強固なセキュリティ体制を持つシステムかどうかも重視したいポイントです。情報管理が万全のシステムを選べば、安心して業務を行えるでしょう。

クラウド型システムの場合、ファイアウォールやSSL暗号化通信の導入など、基本的なセキュリティ対策を取っているか必ず確認してください。2段階認証をはじめとする多層防御システムが搭載されているとより安心です。

自社の予算に適したコストのシステムを選ぶ

店舗管理システムは、機能が豊富なほど導入コストや維持費用が高くなる傾向があります。

多機能なシステムであれば、その分、業務を効率化できる範囲も広がりますが、システム運用費が予算に見合わないようでは、運用を継続するのは難しくなってしまうでしょう。また、使わない機能があることで利便性が下がる懸念もあります。

不要な機能への投資は、事前に必要な機能を洗い出し、優先順位をつけておくことで防ぐことが可能です。

飲食業界向け店舗管理システム2選

ここからは、業界別のおすすめ店舗管理システムを紹介します。

まずは、飲食業界向け店舗管理システム2選をみていきましょう。

MAIDO SYSTEM

「MAIDO SYSTEM」は、飲食店の売上管理を中心に店舗管理に必要な機能を網羅的に搭載したシステムです。累計4,000店舗の導入実績があり、初期費用無料で利用可能。セルフオーダーやモバイルオーダー、セルフレジや予約管理などの機能もあるため、管理業務のDXを推進したい企業におすすめです。

提供元まいどソリューションズ株式会社
初期費用無料
料金プラン

スタンダード機能:1,980円(税込)/月/1店舗

<オプション>

ジャーナル保存機能:1,100円(税込)/1店舗

フルセルフレジ機能:3,300円(税込)/1店舗

キャッシュレス決済機能

  • クレジットカード決済:880円(税込)1台
  • 電子マネー決済:1,100円(税込)/1台
  • モバイルコード決済:0円/1台

キッチンモニター機能:2,200円(税込)/1店舗

モバイルオーダー機能+フリーWi-Fi機能:16,280円(税込)/1店舗

セルフオーダー機能:1,716円(税込)〜/1店舗

導入企業数累計4,000店舗(※2023年08月時点)
機能・特徴POSレジ・モバイルオーダー・セルフオーダーなどバックオフィス管理機能がオールインワンで使える、低コストで利用できる、日々経費や原価率・1日ごとの利益をタイムリーで把握できるなど
URL公式サイト

まかせてネットEX

30年以上サービスを提供し、高い信頼を獲得している「まかせてネットEX」は店舗運営における売上・勤怠集計や発注・仕入管理などをトータルサポートしてくれるのが特徴です。

分析帳票の作成やカスタマイズが無料で行え、管理画面のガジェット表示を切り替えることもできるなど、“自社仕様”を追及しつつ利便性を高めることができます。また、サポート窓口は、24時間365日対応なのも、安心して導入できるポイントです。

提供元株式会社ジャストプランニング
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数700社10,000店舗以上の導入実績
機能・特徴分析帳票の作成とカスタマイズが無料、業務内容に合わせた使いやすい設計、24時間365日サポートを受けられるなど
URL公式サイト

アパレル業界向け店舗管理システム2選

次に、アパレル業界向け店舗管理システム2選を紹介します。

Fashion Manager

「Fashion Manager」は、販売・在庫・物流などを一括管理できるアパレル業界向けクラウドシステムです。長年のノウハウに基づき、アパレル業界ならではのニーズに対応した機能を搭載。在庫情報をリアルタイムで把握できるため、店舗間の在庫移動や発注調整などの業務効率化が望めます。

提供元ジェイモードエンタープライズ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数5,700店舗以上(※2023年09月時点)
機能・特徴アパレル業務をオールインワンでサポート、20年の歳月をかけて培ったノウハウに基づく機能群、リアルタイムで在庫の消化を反映など
URL公式サイト

アラジンオフィス for fashion

「アラジンオフィス for fashion」は、5,000社以上の導入実績がある販売管理・在庫管理パッケージシステムであるアラジンオフィスの中でも、アパレル・ファッション業界に特化したシステムとして、SKU商品管理などの機能を搭載しています。

顧客からの声を反映した“現場主義”目線の便利な機能により、98.4%と非常に高いユーザーリピート率を獲得しているサービスです。

提供元株式会社アイル
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数5,000社以上(※2023年09月時点)
機能・特徴顧客の声を元に販売に必要な機能を豊富に搭載、あらゆる業種・業態に対応、さまざまな外部システムと連携など
URL公式サイト

小売業向け店舗管理システム3選

続いて、小売業向け店舗管理システム3選を紹介します。

はたLuck®︎

「はたLuck®︎」は、シフト管理やデータマネジメント、情報共有などが行える店舗サービス業に特化したマネジメントアプリです。チームワークの醸成や、アルバイト従業員への優待クーポン発行など、エンゲージメントを強化するための独自機能を搭載。導入後のフォローも手厚いため、スムーズな課題解決をサポートしてくれます。

提供元株式会社HataLuck and Person
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴情報共有機能(店舗内の情報共有・チャットコミュニケーション・お知らせ機能による一括通達)、シフト申請や調整などの管理、データマネジメント機能など
URL公式サイト

RegiGrow

小売業向けPOSシステム「RegiGrow」は、POSシステムによるレジ機能のほか、売上管理・分析、在庫管理、発注、仕入、棚卸の管理など、小売業に必要な機能を凝縮して搭載しています。運用目的に合わせた柔軟なカスタマイズも可能で、免税販売機能や委託販売、チケット販売パッケージなども利用できます。

提供元NECプラットフォームズ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴自由なシステム構成で導入可能、売上や在庫情報をリアルタイムに表示、強力なデータ分析機能を搭載など
URL公式サイト

Tenpo Visor

「Tenpo Visor」は、複数店舗の情報を一元管理できる店舗管理システムです。売上管理や商品の売れ行き、顧客購買履歴などがリアルタイムで更新され、データは即座にレポート化されます。

専用の無料アプリをインストールすれば、外出先でも各店舗の情報をチェックすることが可能です。多店舗運営や、遠隔地店舗を持つ企業におすすめのシステムといえるでしょう。

提供元株式会社ビジコム
初期費用初回サーバー設定費用:16,500円(税込)
料金プラン5,500円(税込)/月、1店舗あたり

ポイント共有オプション:1,100円(税込)/店舗

ポイントリアルタイム共有オプション:2,200円(税込)/店舗

他店舗在庫リアルオプション:1,100円(税込)/店舗

※上記3オプションのうちどれかを設定する場合は初回サーバー設定費用として22,000円(税込)/企業の費用が発生

導入企業数5,600社以上(※2023年09月時点)
機能・特徴店舗のPOSデータをクラウドで一元管理、専用の無料アプリでアクセス可能、ローコストで複数店舗の情報を活用できるなど
URL公式サイト

EC向け店舗管理システム2選

最後に、EC向け店舗管理システム2選を紹介します。

TEMPOSTAR

「TEMPOSTAR」は、複数のECショップやネットショップの運営を自動化・効率化できるシステムです。運用に合わせた柔軟なカスタマイズが可能で、事業の成長に合わせ拡張ができるため、コストを抑えた無駄のない運用が行えます。

一括・予約反映機能や注文・受注情報の自動仕訳、複数倉庫と連携して在庫管理ができる機能など、EC運営に適した機能が豊富に搭載されています。

提供元SAVAWAY株式会社
初期費用無料
料金プラン月額費用基本料金:11,000円(税込)〜/月

商品課金(定額プラン)

商品登録上限数

  • 1~2000点:2,200円(税込)/月
  • 2,001点~5,000点:8,250円(税込)/月
  • 5,001点~10,000点:16,500円(税込)/月
  • 10,001点~20,000点:33,000円(税込)/月
  • 20,001点~:10,000件ごとに+16,500円(税込)/月

受注課金(従量プラン)

月間受注件数

  • 1件~600件:27.5円(税込)/月、1件あたり
  • 601件~2,000件:22円(税込)/月、1件あたり
  • 2,001件~10,000件:11円(税込)/月、1件あたり
  • 10,001点~:5.5円(税込)/月、1件あたり

受注課金(定額プラン)

月間受注件数

  • 1件~3,000件:55,000円(税込)/月
  • 3,001件~5,000件:77,000円(税込)/月
  • 5,001件~10,000件:110,000円(税込)/月
  • 10,000件ごとに:+55,000円(税込)/月
機能・特徴運用に合わせた柔軟なカスタマイズが可能、仕様変更やトラブル発生の対応などをトータルサポート、EC運営の効率を高める機能が豊富に搭載など
URL公式サイト

CROSS MALL

CROSS MALLは、楽天やAmazonなど、多店舗EC・ネットショップ運営に適したシステムです。複数ネットショップに掲載する商品情報の作成を効率化したり、複数店舗の注文・在庫情報を一元管理して最適な発注をかけたりできます。注文分析データは、販売戦略の立案にも役立つでしょう。

提供元株式会社アイル
初期費用無料
料金プラン
  • スーパーライトプラン:5,500円(税込)/月、サイト数
  • プラン1000:9,900円(税込)/月、サイト数
  • プラン3000:15,400円(税込)/月、サイト数
  • プラン5000:19,800円(税込)/月、サイト数
  • プラン15000:25,300円(税込)/月、サイト数
導入企業数5,000社(※2023年09月時点)
機能・特徴複数ECショップの発注・仕入管理を行える、サイト別・商品別に注文分析ができる、実店舗とECショップの在庫連動が可能など
URL公式サイト

店舗管理システムを導入するメリット

業務の効率化が進む店舗管理システムですが、具体的に導入するメリットはどこにあるのでしょうか。

導入する3つのメリットについて、それぞれを詳しく解説します。

店舗情報の一元管理により正確な状況を把握できる

店舗管理システムを導入すると、各店舗の売上や在庫などの情報を一元管理することが可能です。正確な状況をすばやく把握できるので、常に適切な対応を取れます。

たとえば、在庫状況のリアルタイム把握は、在庫切れのリスクを回避し、賞味期限のある商品の余剰在庫を値引きして販売するなどの迅速な判断を可能にします。このように、購入機会の損失を防ぎ、在庫保管にかかるコストを削減できるようになるのです。

また、複数店舗を持つ場合、本部は各店舗のデータ管理も行わなければなりません。通常であれば、情報を統合する作業に時間がかかります。店舗管理システムを導入すれば、データを一元管理できるので、集計・分析作業の負担を軽減できるでしょう。各店舗の売上状況を見ながら販売予測を立てたり、戦略を策定したりしやすくなります。

専門知識や経験が少なくても管理業務を行える

売上管理や在庫管理、従業員管理などの業務を台帳で管理する場合、記入にあたっては、一定の専門知識を要することになります。また、人の手が介入する以上、ヒューマンエラーを完全に排除するのは難しいでしょう。

一方、店舗管理システムでは、フォームにしたがって数値を入力するだけ、あるいは、自動でデータを連携し、手入力を最小限にとどめる運用を行うことも可能です。店舗管理では、店長に多くの責任や負担がかかりすぎてしまうことがありますが、そのような負担を軽減できたり、属人化を防止して不正リスクを低減したりすることができるのです。

店舗間の情報共有に関するミスを防止できる

複数店舗の管理においては、本部と店鋪間はもちろん、各店舗間の情報連携をスムーズにしなければなりません。しかし、店舗数が増えれば増えるほど情報伝達が煩雑になり、共有もれなどのミスが生じやすくなってしまいます。

店舗管理システムでは、わざわざ報告する手間をかけることなく、情報がリアルタイムで可視化・共有されるようになります。報告作業の負担を減らせるうえに、情報のリアルタイム性も向上するため、情報共有に関するミス防止だけでなく、現場作業の効率化にもつながるでしょう。

店舗管理システムを導入する際の注意点

店舗管理システムの導入には、注意点もあります。特に以下3つの注意点をよく理解しておきましょう。

導入や運用に費用が発生する

店舗管理システムは、近年、クラウド型が主流のためオンプレミス型と比べると導入コストは安価で済む傾向にあるものの、一定の導入コストや運用コストが発生します。

月額使用料などの運用コストは選ぶシステムや機能によって異なりますが、必要な機能と費用対効果を見極め、無駄なコストをかけないことが重要です。

操作に慣れるまでフォローが必要になる

店舗管理システムの操作に慣れ、運用が社内に浸透するまでは、継続的なフォローが必要な点も考慮しなければなりません。

社内向けのマニュアルやFAQの準備、研修の実施や社内の問い合わせ体制の構築など、導入直後は、一時的に運用に関連した作業負担が増すことを認識しておきましょう。

クラウド型はセキュリティ面にも気を配る

クラウド型の店舗管理システムの場合は、有事におけるセキュリティ体制も構築しておく必要があります。

多くのシステムは、高度なセキュリティ対策を講じているものの、インターネットを介して機能を利用する特性上、通信環境の不具合やサイバー攻撃によるシステムの停止、情報漏えいといったリスクをゼロにすることはできません。

最新の暗号化技術の採用や二段階認証、不正アクセス防止機能や多重防止システムといったセキュリティ対策が充実したシステムを選ぶほか、万が一に備えた社内の行動マニュアルも準備しておきましょう。

店舗管理システムの導入に向いている企業

最後に、店舗管理システムの導入に向いている企業の特徴を2つご紹介します。

複数店舗を管理する企業

店舗管理業務は、店舗数に比例して管理する情報量も増えます。複数店舗の管理を一元化せずに、個別にやり取りしてしまうと業務が煩雑になりミスが起こりやすくなったり、本来やるべき仕事に手が回らなくなったりします。

店舗管理システムによる一元管理は、窓口が一つになることで業務が効率化されるだけでなく、本部と店舗間のコミュニケーションが取りやすくなるため、情報共有に関する問題解決にもつながるでしょう。

業務負担の軽減を目的とする企業

管理業務負担の増大が課題となっている企業にも、店舗管理システムの導入がおすすめです。

たとえば、営業時間中は顧客対応に掛かり切りのため、管理業務によって多くの残業が発生している現場では、システム導入による効率化が、労働環境の改善にも貢献します。業務改善により余裕ができたリソースは人材育成に活用するなど、接客スキルの向上や新企画の立案といったコア業務の充実は、顧客満足度の向上にも寄与するでしょう。

店舗管理システムの導入は業界に適した機能の比較がおすすめ

店舗管理システムには、複数の店舗を効率よく運営・管理する機能が備わっています。店舗情報の一元管理によって正確な状況を把握できたり、管理業務の属人化を防いだりするメリットがあるでしょう。

ただし、業界の特性を理解した機能を備えた店舗管理システムでなければ、特に現場作業の効率化や改善は見込めません。自社の目的を明確にしつつ、業界特化型システムの機能を比較・検討し、自社に合った店舗管理システムを見つけましょう。

店舗管理システムの記事をもっと読む

店舗管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達