サブスクリプション管理システムの関連情報

【2024年最新】サブスクリプション管理システム13選比較|機能や選び方を解説

おすすめのサブスクリプション管理サービス

サブスクリプションは昨今新しいビジネスモデルとして定着し、幅広い業種で取り入れられています。それにともなって注目されているのが「サブスクリプション管理システム」です。本記事では2024年最新版のサブスクリプション管理システムおすすめ13選を比較しているほか、機能や選び方も解説します。

サブスクリプション管理システムとは?

サブスクリプション管理システムとは、サブスクリプションビジネスにおける業務を管理するためのシステムです。

サブスクリプションとは、月額や年額料金を支払うことで商品やサービスを利用できる仕組みです。近年サブスクリプション事業は拡大しており、音楽の聴き放題や書籍の読み放題のほか、ファッションや自動車まで幅広く展開されています。

現代では定番のビジネス形態ですが、付随する業務の煩雑性が課題です。サブスクリプション管理システムを使えば、料金管理や請求作業といった毎月の業務が効率化します。買い切り型とは異なる業務プロセスにも対応でき、運用を円滑にできるでしょう。

サブスクリプション管理システムの機能

サブスクリプション管理システムの機能には、以下のものがあります。

機能名概要
顧客情報管理顧客の基本情報や契約内容、プランの変更履歴などを管理する機能
請求管理顧客ごとに異なる請求金額の算出や請求書作成、支払い方法などを管理する機能
料金プラン管理月額制や従量課金制、日割り、割引など、料金プランの設定・管理を行う機能
商品管理商品の在庫や仕入れ情報、発注内容などを管理する機能
分析機能売上状況や解約率などの分析やレポート発行を行う機能
外部システム連携外部の会計システムや顧客管理システムなどと連携する機能

サブスクリプションサービスは、利用者やサービス内容が増えるにつれて管理が複雑化していきます。サブスクリプション管理システムを活用することで、業務負担が減るだけでなく、ヒューマンミスによる誤請求や回収漏れなどの防止にもつながるでしょう。

サブスクリプション管理システムの選び方

サブスクリプション管理システムを選ぶ際のポイントは、以下の4つです。

  • 既存システムとの連携ができるか
  • 必要な機能は備わっているか
  • 費用はどれくらいかかるか
  • サポート体制は十分か

自社に適したシステムを導入するために、上記のポイントを押さえたうえで比較・検討しましょう。

既存のシステムとの連携ができるか

自社で活用している既存システムとの連携ができるかを確認しましょう。既に導入している会計システムや顧客管理システムがある場合、連携により契約書や請求書の作成が可能です。

システム連携ができると、ゼロから情報をまとめ直すよりも時間やコストの削減につながります。各機能の効果を最大限に発揮するためにも、システム連携の可否は確認しておきたいポイントです。

必要な機能は備わっているか

自社に必要な機能が備わっているかの確認も必須です。サブスクリプション管理システムにはさまざまな種類があり、システムごとに搭載している機能も異なるため、自社の課題を分析したうえで必要な機能をピックアップした上で適したシステムを選びましょう。

たとえば会計業務の効率化を図りたいのならば、経理に強いシステムがおすすめです。売上向上が目的ならば、分析機能が充実しているシステムによって効果的な戦略を立てられるでしょう。システムによっては無料トライアル期間を設けている場合もあり、実際に使用しながら自社に合っているかどうかを確かめることができます。

費用はどのくらいかかるのか

サブスクリプション管理システムを利用するためには、初期費用や月額費用、決済手数料の支払いが必要です。システムによって料金形態は異なり、月額制ではなく従量課金制を採用している場合もあります。

どの料金形態が適しているかは、自社サービスのユーザー数やプラン内容によって異なります。相見積もりをするなどして費用を比較し、自社の予算に合ったものを選びましょう。最低契約月数が定められているシステムもあるため、導入前に十分な検討が必要です。

サポート体制は十分か

「サブスクリプション管理システムの使い方がわからない」「不具合やトラブルが発生してしまった」というケースは少なくありません。サポート体制が充実しているシステムを選べば、問題の予防につながります。

システムによってサポート体制はさまざまであり、専門スタッフが導入前後のサポートをしてくれるものや、24時間サポートが受けられるサービスもあります。万が一のときに迅速な対応ができるよう、サポート内容もしっかり確認しておきましょう。

サブスクリプション管理システムおすすめ13選比較

ここからは、おすすめのサブスクリプション管理システム13選を紹介します。それぞれの特徴や料金などを解説するので、サブスクリプション管理システムを選ぶ際の参考にしてください。

1.Scalebase

Scalebaseは、サブスクリプションサービスに必要な情報を一元管理できるシステムです。プラン変更や更新手続きなどの変更履歴も、顧客ごとに正確に記録します。複雑な顧客管理から請求管理まで、漏れなく把握できるでしょう。

直感的に操作できる使いやすさも特徴で、料金プランなども簡単に変更可能です。さらに分析機能も充実しています。契約・請求データから売上や解約率の推移を正確に算出してくれるため、データ整理の手間もかかりません。効率的に施策立案ができるシステムといえるでしょう。

提供元アルプ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 契約管理
  • 商品マスタ管理
  • プライシング
  • 請求管理
  • 分析レポート
  • システム連携 など
URL公式サイト

2.TAKETIN

TAKETINは、決済機能が充実しているサブスクリプション管理システムです。主要なクレジットカード決済に対応しているほか、高セキュリティのトークン決済や初回無料の継続課金決済なども網羅しています。マーケティングを効率的にする機能を多数搭載済みです。

TAKETINは、導入のしやすさやサポート満足度、優れたカスタマイズ性において高い評価を得ています。最短1営業日で導入可能であるのに加え、個人・法人を問わずに使えるのもうれしいでしょう。個人でサブスクリプションビジネスを展開したい方にもおすすめです。

提供元株式会社TAKETIN
初期費用
  • パーソナル:33,000円(税込)/月
  • ビジネス:55,000円(税込)/月
  • プレミアム:55,000円(税込)/月
料金プラン
  • パーソナル:10,780円(税込)/月
  • ビジネス:21,780円(税込)/月
  • プレミアム:32,780円(税込)/月 ※そのほかオプション機能に別途費用
導入実績200社以上(※2023年7月現在)
機能・特徴
  • 決済・継続課金
  • 決済連動型 会員サイト
  • WordPress会員サイト(決済連動型)
  • 契約者向けマイページ
  • 商品管理
  • 販売管理・売上管理
  • 顧客管理
  • メール配信
  • 販売パートナー(アフィリエイト)機能 など
URL公式サイト

3.サブスクONE

柔軟な課金機能が特徴のシステムに、サブスクONEがあります。日本独自の料金プランや割引に対応しており、定額制・従量制・初月日割り・条件付き一時金などの基本パターンを組み合わたプラン設計が可能です。社内システムや外部ツールとの連携にも優れており、サブスクリプション業務の一元化を実現します。

サブスクONEを提供している株式会社サジェスタムは、サブスクリプションビジネスの先駆けともいえる、携帯電話事業に関するシステムを開発し続けてきた会社です。長年の経験をもとに誕生したサブスクONEは、サブスクリプションビジネスにおいて多くの人が抱える悩みの解決をサポートしてくれるでしょう。

提供元株式会社サジェスタム
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • ライトプラン:98,000円~/月
  • エンタープライズプラン:要件に応じて見積もり
機能・特徴
  • 料金プラン/商品登録
  • 顧客/契約管理
  • 課金計算
  • 請求
  • 決済処理
  • 回収運用
  • 会計仕訳・収益認識
  • KPI管理・改善 など
URL公式サイト

4.Zuora

Zuoraは、世界で活躍する大手企業も多数活用しているプラットフォームです。契約や請求などのサブスクリプション管理ができるZuora Billing、料金回収に特化したZuora Collect、収益認識に長けたZuora Revenueなどのサービスが用意されています。50種類以上の課金モデルと180種類以上の通貨に対応しているため、サービスのグローバル展開を検討している場合にもおすすめできるツールです。

提供元Zuora
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績1,000社以上(※2023年7月現在)
機能・特徴
  • 見積もりから収益認識までのプロセスを自動化
  • 50以上の課金モデル搭載
  • 収益認識業務の自動化
  • 漏れのない料金回収
  • 高い拡張性
URL公式サイト

5.Subsphere

Subsphereは、NTTグループが長年培ったノウハウによって開発されたサブスクリプションビジネス支援サービスです。顧客・契約管理のためのバックオフィス機能、オンラインストア・マイページのためのフロントエンド機能、仕入れ管理のための商流管理機能など、必要な機能を網羅しています。

定期的なセキュリティチェックのほか、24時間365日の監視体制も整えられています。万全なセキュリティ対策がとられているため、大勢の顧客情報も安心して管理できるでしょう。

提供元エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
初期費用165万円(税込)~
料金プラン16万5,000円(税込)~/月

※導入支援サービスは別途見積もり

機能・特徴
  • オンラインストア・マイページ
  • レポート・ビジネスインテリジェンス(BI)
  • 請求・収納管理・決済
  • 顧客・契約・見積・注文管理
  • 契約書作成
  • 商品・危機資産・課金ルール管理
  • 二要素認証
  • API・顧客情報連携(シングルサインオン/CRM)・モジュール連携
  • 仕入・販売代理店管理
  • システム連携 など
URL公式サイト

6.AXLGEAR

AXLGEARはB2B向けのサブスクリプションビジネスに特化したサービスで、「徹底した自動化システム」を強みにしています。業務工数を削減しながらも、顧客ごとに異なる契約条件や料金プランを確実に管理できるでしょう。

既存システム連携の自由度も高く、決済代行システムや顧客管理システム、BI分析ツールなどと連携可能です。エンドユーザーや販売代理店が使うコントロールパネルも充実しているため、顧客接点の強化が期待できます。

提供元AXLBIT株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • サービスプラン管理
  • 契約管理
  • セルフマネジメント(各種コントロールパネル)
  • 運用自動化
  • サービス提供自動化
  • システム連携 など
URL公式サイト

7.ソアスク

ソアスクはSalesforceプラットフォームを中心に展開する、BtoBサブスクリプション管理サービスです。Sales Cloudを利用中であれば、既存の商談情報と連携して見積もりや売上情報を管理できます。ソアスクやSalesforceのデータをもとにワンクリックで帳票作成もでき、業務負担の大幅な軽減が期待できます。

また、レポート機能やダッシュボード機能が充実している点も特徴です。MRR(月次経常収益)、ARR(年次経常収益)、Revenue Churn Rate(解約率)などを分析してKPIを可視化できるため、事業成長に向けた改善サイクルを効率よく回すことができるでしょう。

提供元株式会社オプロ
初期費用
  • スターター:10万円
  • ビジネス:20万円
  • ビジネスプラス:30万円
  • エンタープライズ:70万円
  • プライベート:要問い合わせ
料金プラン
  • スターター:75,000円/月
  • ビジネス:14万5,000円/月
  • ビジネスプラス:19万5,000円/月
  • エンタープライズ:42万5,000円/月
  • プライベート:要問い合わせ ※ID追加は月額4,500円/ID

※外部サービス連携は別途連携先サービスの契約が必要

機能・特徴
  • 商品/価格
  • 見積
  • 契約
  • 請求・クレカ決済
  • KPI/予実
  • マイページ
  • 債権・入金
  • 会計
  • 帳票作成・配信 など
URL公式サイト

8.サブスクランプ

サブスクリプションビジネスを支援するサブスクランプを導入すれば、誰でも簡単に事業を展開できるでしょう。初期費用や月額費用はかからず、決済手数料のみで利用できます。サブスクリプションビジネスが初めての場合でも、低リスクで挑戦できるシステムといえるでしょう。専門知識がなくても使いやすい仕様であり、業種を問わずにサブスクリプションビジネスをサポートしてくれます。

提供元株式会社ストアフロント
初期費用無料
料金プラン

月額費用は無料

※1契約ごとにサービスの料金の10%の決済手数料発生
※売上金の銀行振込の際に振込手数料500円(税込)発生
※サービス利用者へ返金を行った際、返金額の10%の返金手数料発生

機能・特徴
  • 1ヶ月・3ヶ月請求
  • 限定公開
  • データ分析
  • 契約証明書(QRコード)
  • メッセージ配信
  • 予約カレンダー など
URL公式サイト

9.Smart Billing

Smart Billingは、売上向上に不可欠な「価格戦略実行」に注力しているシステムで、価格施策に関係する業務を自動化してくれるのが特徴です。また、課金モデルや価格プラン、割引プランといった価格戦略をスピーディーに実行できるようサポートします。

専門スタッフがシステム導入から定着まで支援してくれるため、導入効果を最大限に発揮できるでしょう。

提供元エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 商品管理
  • 価格設定
  • 顧客管理
  • 契約管理
  • 割引設定
  • 請求管理
  • 回収
  • 会計仕訳
  • 分析 など
URL公式サイト

10.コレオール

コレオールを活用すれば、サブスクリプションサービスに必要な業務をワンストップで管理できます。Webサイトで商品を販売できるマーケットプレイス機能や、顧客向けマイページ機能も搭載されており便利です。顧客との関係性構築にも役立つツールといえるでしょう。導入支援サービスも提供しているため、ツール設計のアドバイスをもらえるのもうれしいポイントです。

提供元PCIソリューションズ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 商品管理
  • 顧客管理
  • 見積管理
  • 注文管理
  • 仕入管理
  • 契約管理
  • 課金ルール管理
  • 請求管理
  • マーケットプレイス機能
  • マイページ機能
  • 導入支援サービス など
URL公式サイト

11.サブスクペイ

サブスクペイは、豊富な決済手段を取り揃える自動課金システムです。決済手数料率は2.65%からと業界最安水準を誇っており、コスト削減にも有効なツールといえます。決済処理の自動化や、決済に連動した顧客管理によって業務負担も大幅に軽減できるでしょう。

提供元の株式会社ROBOT PAYMENTは20年以上にわたりセキュリティ面の事故がなく、安全性の高いサービスが期待できます。

提供元株式会社ROBOT PAYMENT
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績14,000社以上(※2023年7月現在)
機能・特徴
  • クレジットカード決済
  • 口座振替
  • バンクチェック(銀行振込)
  • コンビニ決済
  • マイページ機能
  • HP作成機能
  • ショッピングカート機能
  • 顧客情報管理
  • 契約情報管理
  • 分析機能(レポート・ダッシュボード)
  • LINE公式アカウント連携 など
URL公式サイト

12.UruPla-S2

サブスクリプションでの物品販売管理に特化したプラットフォームに、UruPla-S2が挙げられます。顧客管理や請求管理、物品管理などの管理業務を一元化可能です。また、プランに応じた物品販売や発送情報の管理も行えます。

UruPla-S2は「誰でも簡単に始められるサブスクリプションビジネス」がコンセプトのサービスです。比較的低予算で導入でき、スマホやタブレットからでも気軽に使い始められます。

提供元SAISON Office合同会社
初期費用11万円(税込)
料金プラン

33,000円(税込)/月

※月額利用料は30日分の料金
※ユーザー登録数500名まで

機能・特徴
  • プランに応じた物品販売管理
  • 定期的な発送情報の管理
  • サブスクリプションの利用回数を管理
  • クーポン発行機能
  • 最短1日で利用できる決済機能 など
URL公式サイト

13.Stripe Billing

Stripe Billingは決済機能に強みを持ち、グローバルな顧客ニーズに対応できるツールです。ユーザーごとの料金体系にも柔軟に対応でき、無料トライアルや日割り計算機能なども搭載しています。また、支払い失敗時のメール送信やカードの自動更新機能など、解約防止策も充実しています。活用すれば、支払い回収率の向上にも寄与するでしょう。

提供元Stripe
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 販売
  • 請求書
  • 売上の最適化
  • 会計処理とレポート作成 など
URL公式サイト

サブスクリプション管理システム導入のメリット

サブスクリプション管理システムを導入するメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • サブスクリプションビジネスをスピーディーに始められる
  • 事務的な業務を効率化できる
  • 代金の回収リスクを軽減できる
  • 顧客満足度の向上が期待できる

サブスクリプションサービスの円滑な運用を目指す際、サブスクリプション管理システムの導入は有効な手段です。システムが持つそれぞれのメリットを詳しく説明します。

サブスクリプションビジネスをスピーディーに始められる

サブスクリプション管理システム導入におけるメリットの1つは、サブスクリプションビジネスをスピーディーに展開できる点です。

サブスクリプションビジネスは買い切り型と異なり、継続的な管理システムを構築しなければなりません。システム開発には時間がかかり、その分サービスの提供開始も遅れてしまいます。しかし、既成のサブスクリプション管理システムを導入することで、開発の手間をかけずにサービスを素早く展開できるのです。

事務的な業務を効率化できる

サブスクリプション管理システムには、会計業務や顧客情報管理、商品管理などを自動化する機能があります。そのため、サブスクリプションサービスに関わる事務的な業務の効率化が期待できるでしょう。

サブスクリプションサービスは、顧客情報管理や入退会処理など、数多くの後方支援業務を毎月継続して行う必要があります。ユーザーが増えるごとに業務負担は増加し、人的ミスのリスクも高まるのです。サブスクリプション管理システムを導入することで業務負担を減らし、トラブルの少ないサービス運営を行うことができるでしょう。

代金回収リスクを軽減できる

サブスクリプション管理システムを活用すると、正確に代金回収を行うことができます。ユーザー数の増加や決済方法の多様化にも適応できるでしょう。

サブスクリプションサービスを行う際に懸念されるのが、代金回収リスクです。特に複数の決済方法を採用していると管理が複雑化し、代金の未回収や請求ミスが発生する危険性が高まります。代金回収のトラブルは顧客にも自社にも損害を与えかねないため、避けなければなりません。

サブスクリプション管理システムを使うと、請求業務やプラン変更なども自動で管理できます。人的ミスによる代金の未回収リスク軽減に役立つでしょう。

顧客満足度の向上が期待できる

顧客満足度の向上が期待できる点も、サブスクリプション管理システムのメリットです。システムを導入することで使いやすいサイトを構築でき、申し込みや登録情報の変更などの顧客が操作する手続きをスムーズに処理できるでしょう。請求トラブルも回避できるため、顧客はストレスなくサービスを利用できます。

サブスクリプション管理システムの多くは、レポート・分析機能が充実しているのも特徴です。月間売上や解約率などを詳しく分析でき、サービス改善に貢献するでしょう。システムによって顧客・企業双方の利便性が向上し、より顧客満足度の高いサービスを構築できるようになります。

サブスクリプション管理システムを比較し最適な製品を導入しよう

おすすめのサブスクリプション管理システムや、選定のポイントなどを紹介しました。適切な選び方やメリットを理解すると、システムの必要性が明確になり課題を解決しやすくなります。

おすすめの製品を比較し、自社に最適なサブスクリプション管理システムを選んでください。システムをうまく活用しながら、効率的なサービス運営を図りましょう。

サブスクリプション管理システムの記事をもっと読む

サブスクリプション管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

マーケティングにおけるBIツールの活用方法|導入するメリットやおすすめツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

BIツールの価格相場・費用はいくら?価格を決める要素やコストを下げるポイント

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

ストレスチェックの結果の保管方法とは?保存期間や保存場所を紹介

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

ストレスチェックの導入の流れ!導入時のポイントや注意点を解説

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

個人事業主と法人の資金調達の違いについて|それぞれのおすすめ調達方法を紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

中小企業の資金調達は難しい?最適な方法や成功させるポイントを紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

BIツール・DWH・ETLの違いや関係性|メリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

BIツールのダッシュボードとは?機能や活用するメリット・作り方のポイント

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール