会議室予約システムは自作できる?自作するメリット・デメリットや開発方法

最終更新日時:2024/03/06

会議室予約システム

会議室予約システムの自作

会議室利用の効率化に欠かせない「会議室予約システム」。手動での管理は煩雑かつミスが発生しやすいため、予約システムの導入がおすすめですが、会議室予約システムは自作できるのでしょうか。本記事では、会議室予約システムは自作できるのか、自作のメリット・デメリットを解説します。

会議室予約システムは自作できる?

会議室予約システム導入の費用を抑えるため、自作したいという企業も多いのではないでしょうか。結論からお伝えすると、会議室予約システムは自作することが可能です。

自作する際は、ExcelやPHP、クラウドサービスのカレンダー機能などを活用して作成します。例えば、Excelの場合は表でカレンダーを作成し、予約したい日付に開始時間と終了時間、使用部署やチーム名と責任者を記載すれば完成です。

完成後は印刷して、会議室の入り口などわかりやすい場所に貼り付ければ、予定の共有と管理を行いやすくなります。

会議室予約システムを自作する際に必要なスキル・知識

会議室予約システムを自作するには、いくつかの基本的なスキルと知識が必要です。

ここでは、自作に必要な主なスキルと知識について解説します。

基本的なプログラミングスキル

会議室予約システムを自作するうえで、まず必要となるのはプログラミングスキルです。

Web開発に必要なHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語のスキルは、会議室予約システム作成の基盤となります。さらに、バックエンドの開発や管理には、PythonやRubyといった言語が必要です。

もし基本的なプログラミングスキルを身につけていない場合は、基礎から学んで柔軟で使いやすい会議室予約システムを自作できるようにしましょう。

データベース設計

会議室予約システムを自作する際、ユーザーの予約情報や個人情報を適切に管理するためには、データベース設計のスキルが不可欠です。

データベース設計とは、情報を整理し、必要なデータをすぐに見つけられるようにシステムを構築することを指します。データベースの正規化やクエリの設定、バックアップやリストアなどの知識を身につけておきましょう。

セキュリティ対策

会議室予約システムでは、利用者の個人情報や予約情報など、さまざまな重要なデータを扱います。そのため、自作する上では、システムのセキュリティ対策は非常に重要です。

不正アクセスやデータの漏洩を防ぐためには、しっかりとしたセキュリティ対策を講じる必要があります。例えば、パスワード保護やデータの暗号化、定期的なセキュリティ更新などを実施するスキルが欠かせません。

セキュリティ対策が行えるスキルがないと安全な運用ができないため、必ず身につけておきましょう。

会議室予約システムを自作する方法

会議室予約システムを自作するには、いくつかの方法があります。ここからは、主な3つの方法について詳しく解説します。

Excelを活用して自作する

Excelの活用は、特にプログラミングスキルがない人にとって有効な自作方法です。

Excelには、表を作成したり、データを整理・分析したりするための便利な機能が備わっています。会議室の利用スケジュールを一覧できるような表を作ることで、簡単にシステムを自作できます。

Excelは直感的に操作が可能で、普段の業務で利用している人も多いため、活用しやすい点がメリットです。小規模なチームで利用するのであれば、Excelの活用で十分な場合が多いでしょう。

PHPを活用して自作する

PHPとは、Webサイトやウェブアプリケーションを作成するために広く使用されているプログラミング言語です。柔軟性が高く、HTMLにも埋め込むことが可能で幅広い分野で利用しやすいといえます。

オープンソースなので無料で利用でき、初心者にも理解しやすい言語でありながら複雑なシステムの構築も可能なため、自作システムの拡張性が高い点がメリットです。

すでにWeb上で公開されているPHPによる予約システムのオープンソースを活用すれば、開発時間を大幅に短縮できるでしょう。

クラウドサービスのカレンダー機能

無料のクラウドサービスのカレンダー機能を利用して会議室予約システムを自作すれば、技術的な難易度を大幅に下げることが可能です。

GoogleカレンダーやMicrosoft Outlookの予定表のような既存のクラウドカレンダーサービスには、予定の追加、変更、削除といった基本的な機能が備わっており、これらを活用して手軽に予約システムを構築できます。

クラウドサービスには、初めから高度なセキュリティ対策が施されており、ユーザー間での予約情報の共有や、さまざまなデバイスからのアクセスが簡単にできる点などがメリットです。クラウドサービスを利用することで、コストと時間の削減にもつながります。

会議室予約システムを自作するメリット

会議室予約システムを自作するメリットとして、最も大きな点はカスタマイズの自由度が高いことです。自分たちのニーズに完全に合わせた機能を備えたシステムを作れます。

例えば、特定の部署だけが予約できる会議室の設定や、特別な予約条件を設けることも可能です。また、自作することにより、外部のソフトウェアを購入したり、利用料金を支払う必要がなくなるため、長期的には費用を抑えることもできます。

さらに、自作すれば、システムの更新や改善を自社で行える点もメリットです。これらのメリットは、業務の運営をよりスムーズにし、コスト削減にもつながります。

会議室予約システムを自作するデメリット

基本的に、自作した会議室予約システムは簡易的な仕様となります。そのため、ベンダーが提供する会議室予約システムに比べて、機能が限られることが多いという点がデメリットです。

例えば、高度な入退室管理機能や自動化されたキャンセル待ち機能など、専用のシステムには搭載されている便利な機能が自作システムでは利用できない場合があります。また、自作システムは簡易的な設計のため、将来的な拡張が難しくなる場合もある点に注意が必要です。

さらに、セキュリティ対策が不十分な場合は、個人情報の漏洩リスクが高まる恐れもあります。

【2024年最新】会議室予約システム13選比較|無料製品やメリット・選び方を解説

自作が難しい場合は無料の会議室予約システムがおすすめ

会議室予約システムを自作するのが難しい場合、無料で利用できる予約システムを試してみるのも一つの選択肢です。ここからは、おすすめの無料会議室予約システムを3つ紹介します。

Airリザーブ

Airリザーブは、使いやすいオンライン予約管理システムの一つです。

ネット環境があればいつでもどこでも予約の確認や変更を行うことができ、直感的な操作ができるため、初めての人でも簡単に使い始められます。

無料プランも提供されているため、小規模なビジネスや個人での利用でもコストを抑えながら運用が可能です。なお、会議室だけではなく、イベントや施設の予約管理も簡単に行うことができます。

提供元株式会社リクルート
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • フリー:無料
  • ベーシック:5,500円(税込)/月
  • プレミアム:要問い合わせ
機能・特徴予約受付、予約管理、予約メニュー設定、ネット予約サイト、通知・メール配信、権限管理、セキュリティなど
URL公式サイト

STORES予約

STORES予約は、15万社以上に導入されているオンライン予約システムです。

予約カレンダーを埋め込み、いつでも予約状況を確認できます。設備・備品機能も備えており、会議室の設備や備品を効率的に管理することも可能です。

また、LINEから予約変更やリマインド案内を行うことができるため、利便性が高い点がメリットです。予約が入ると自動で顧客カルテが作成され、簡単に会議室の予約履歴を確認できます。

提供元STORES 株式会社
初期費用無料
料金プラン

フリープラン:無料

■月額契約(有料プラン)

  • スモール:12,980円(税込)/月
  • チーム:22,880円(税込)/月
  • ビジネス:31,790円(税込)/月
  • エンタープライズ:77,000円(税込)/月

■年間契約(有料プラン)

  • スモール:9,790円(税込)/月
  • チーム:19,690円(税込)/月
  • ビジネス:28,600円(税込)/月
  • エンタープライズ:66,000円(税込)/月
導入実績累計導入社数15万以上
機能・特徴予約管理・設定、決済手段、顧客管理・対応、集客・販売催促、セキュリティなど
URL公式サイト

りざぶ郎

「りざぶ郎」は、多くの企業や教育機関などに利用されている予約管理システムで、完全無料でありながら機能制限なしで利用でき、ユーザー登録も不要なため気軽に活用できる点がメリットです。

利用者が直感的に操作しやすいシンプルなデザインが特徴で、会議室やイベントスペースなど、さまざまな施設の予約管理を行うことができます。レスポンシブデザインのためスマートフォンからでも利用しやすく、いつでもどこからでも気軽に会議室の予約が可能です。

提供元ルミックス・インターナショナル株式会社
初期費用無料
料金プラン無料
機能・特徴会議室予約、スケジュール管理、サブグループ管理、一般ユーザーの予約制限、スマートフォンでの利用、タイムチャートとカレンダー表示など
URL公式サイト

メリット・デメリットを理解し会議室予約システムの自作を検討しよう

会議室予約システムを自作するか、既存の無料システムを利用するかは、それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで検討しましょう。

自作する場合は、自分たちのニーズに合わせたカスタマイズが可能ですが、作成する時間や技術的な知識が必要になります。自社の状況やニーズに合った最適な選択をしましょう。

会議室予約システムの記事をもっと読む

会議室予約システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

人事評価制度が学べるおすすめの本6選|選ぶ際のポイントとあわせて解説

最終更新日時:2024/04/18

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/18

人事評価システム

ホームページを開設する方法!必要なものや手順・費用をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/04/18

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/18

ホームページ制作

ホームページのアクセス解析で分かること|解析後の改善方法やおすすめの解析ツール

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

最終更新日時:2024/04/17

ホームページ制作

中途採用者の給与の決め方|決定するまでの流れやトラブル事例について

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

中小企業が新卒採用に苦戦する原因|採用を成功させるポイントや施策を紹介

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

新卒採用スケジュールを策定する際のポイント|事前準備や早期選考のメリット

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

最終更新日時:2024/04/17

採用管理システム

人事評価制度の事例9選|成功事例や評価制度に活用される手法を解説

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

人事評価の不服申し立てへの対応方法|不満の原因や事例・トラブルを防止するポイント

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

最終更新日時:2024/04/17

人事評価システム

シフト管理は誰がやるべき?担当者別のポイントや効率のよいシフト作成のコツ

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

最終更新日時:2024/04/17

シフト管理システム

CMSにおける要件定義の考え方とは?成功させる秘訣と選定ポイントを紹介

最終更新日時:2024/04/16

CMS

最終更新日時:2024/04/16

CMS