【2023年最新】決済代行サービス・会社おすすめ29選比較|仕組みやメリット・デメリット

最終更新日時:2023/08/10

決済代行サービス

決済代行サービス

豊富な決済手段をまとめて管理できる決済代行サービス。決済代行にはさまざまな種類のサービスがあり、どれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで本記事では、決済代行サービス・会社のおすすめについて、29選を徹底比較・解説していきます。サービスのメリット・デメリットとあわせて参考にしてください。

決済代行サービスとは?

決済代行サービスとは、多数の決済管理を一元的に代行してくれるサービスです。クレジットカード決済やコンビニ決済、銀行振込などさまざまな決済方法に対応します。

決済代行サービスを利用すると、複数の決済サービスとの契約をひとまとめにできます。契約の手間が省けるほか、決済情報の管理も容易です。自社で決済システムを構築するよりコストを抑えられることから、導入する企業が多くあります。

決済代行サービスの種類

決済代行サービスは、実店舗向けサービスとオンライン特化型サービスの2種類があります。それぞれの特徴を解説するので、導入時の参考にしてください。

実店舗向けサービス

実店舗向けの決済代行サービスは、幅広い業種で活用できるリアル店舗用のサービスです。店舗にて利用できる専用端末の提供や、デリバリー注文用の事前決済に対応します。

決済代行サービスによっては、実店舗とECサイトの両方で利用可能です。オンライン決済とオフライン決済のシステム統合もできるなど、便利なサービスも存在します。

オンライン特化型サービス

オンライン特化型サービスは、ECサイトやサブスクリプションサービスでの決済を支援するサービスです。決済データの暗号化や、決済URL送信用のAPIの活用などができます。オンラインでの決済に特化しているため、実店舗向けサービスよりも機能が少なめです。

その分手数料や利用料金が抑えられており、比較的導入しやすくなっています。オンラインコンテンツを販売している方や、ECサイトを運営している方に適しているでしょう。

決済代行サービスの選び方・比較ポイント

決済代行サービスは多くの種類があるため、どのようなサービスを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。次からは、決済代行サービスの選び方や比較ポイントを紹介します。特に意識したい選び方を4つ解説するので、ぜひ参考にしてください。

支払い方法の種類

まずは支払い方法の種類を確認してください。必要な支払方法の有無や、種類数の比較が重要です。使用場所が実店舗なのかオンラインなのか、決済者が企業か消費者かでも、適切な支払い方法は異なります。オンラインでの使用のみであれば、基本的に実店舗向け機能は不要でしょう。

消費者向けサービスは、決済手段の充実化が必須です。決済手段が豊富なサービスは、ユーザーニーズを満たしやすくなります。たとえば消費者が若年層の場合、クレジットカード利用者が少ない傾向です。電子マネーのほか、代金引換やコンビニ決済などの後払いに対応すると、若者への販売機会を逃しにくいでしょう。中高齢層向けなら、銀行振込にも対応するのがおすすめです。

支払い方法は使用場所や決済者によって異なるため、自社に適した支払い方法を提供している決済代行サービスを選びましょう。

決済手数料

決済代行サービスを利用すると決済手数料がかかり、決済のたびに金額に対して数%の手数料が発生するのが通常です。どのくらいの決済手数料を支払うのかもよく確認してから、決済代行サービスを選んでください。1回あたりの支払額は少額でも、何十万円、何百万円と決済が大きくなれば、手数料も高額になります。

複数の決済代行サービスを比較して選ぶとよいでしょう。安さだけで選ぶのではなく、機能に対して相応の金額かを加味しながら検討するのがおすすめです。

セキュリティ実績

セキュリティに優れるかどうかも、決済代行サービスを選ぶ重要なポイントです。決済代行サービスは、顧客名や住所、クレジットカード番号などの重要情報を扱うため、情報漏えいが起きると顧客からの信頼を失ったり、損害賠償を請求されたりするリスクがあります。

十分な保全性能であるかは、自社に必要なセキュリティレベルの程度から判断するとよいでしょう。何をどのように保護する機能があるのかを確認し、自社が求める内容と合致するかを見極めてください。

入金サイクル

決済代行サービスの選び方として、入金サイクルのチェックも欠かせません。入金サイクルが適切でないとキャッシュフローが回らず、資金繰りが悪くなります。

入金サイクルで大切な要素としては入金日が挙げられ、毎週決まった曜日や月に1、2回入金するなど、入金日を選べるサービスがあると便利です。さまざまなサービスを比較検討し、自社に適した入金サイクルの決済代行サービスを選択してください。

【BtoC・実店舗向け】決済代行サービスのおすすめ5選

BtoCや実店舗向けの決済代行サービスのうち、おすすめ5選を紹介します。選び方や比較ポイントを参考に、自社に合うサービスを選んでみてください。

楽天Pay

楽天Payとは、楽天ペイメント株式会社が提供する決済代行サービスです。決済手数料は一律3.24%と業界最安水準なので、少しでも手数料を抑えたい企業に向いています。

振込口座登録を楽天銀行に設定すると、365日いつでも最短翌日に入金されるので、資金繰りの心配もありません。クレジットカード決済、電子マネー決済、Apple Payなど使える決済が豊富です。インバウンド決済まで対応するため、旅行客が多い店舗でも重宝するでしょう。

提供元楽天ペイメント株式会社
初期費用無料
楽天ペイターミナルを購入する場合は、本体代別途38,280円(税込)
料金プラン決済手数料は一律3.24%
導入企業数非公開
機能・特徴
  • 初期費用・維持費共に実質無料
  • 業界最安水準の決済手数料
  • 売上金365日翌日入金(楽天銀行)
URL公式サイト

スマレジ

スマレジは、高機能で使いやすいクラウドPOSシステムです。キャッシュレス決済以外にセルフレジ機能を備えるほか、モバイルオーダーやセルフオーダー機能も搭載されています。クラウド勤怠管理システムと連携すると、シフト調整や売上確認も可能です。IT導入補助金2023に対応しています。

提供元株式会社スマレジ
初期費用無料
料金プラン
  • スタンダード:無料
  • プレミアム:5,500円(税込)/月
  • プレミアムプラス:8,800円(税込)/月
  • フードビジネス:12,100円(税込)/月
  • リテールビジネス:15,400円(税込)/月

※アカウント作成から30日間はすべての機能と導入サポートを無料で利用可能

導入企業数12万9,000店舗(2023年6月時点)
機能・特徴
  • クレジットカード、タッチ決済、QRコード決済などさまざまなキャッシュレス決済に対応
  • セルフレジ・券売機としても利用できる
  • モバイルオーダー/セルフオーダーにも対応
URL公式サイト

STORES決済(旧Coiny)

実店舗のキャッシュレス決済を簡単にしてくれるサービスが、STORES決済です。最短3営業日と、スピーディーにサービスを導入できます。電子マネー決済の手数料は1.98%と業界最安水準なのが特徴です。医療関係や理容室・床屋、クリーニング業は、専用フォームから申請すると特別料率でクレジットカード決済を利用できます。手動入金は振込依頼から最短で1〜2営業日入金、自動入金は月末締め翌月20日の月に1回行われます。

提供元STORES 株式会社
初期費用無料
決済端末代:19,800円
料金プラン決済手数料
  • クレジットカード:3.24%
  • 電子マネー:1.98%
  • QRコード:3.24%
  • STORES請求書決済:3.24%
導入企業数非公開
機能・特徴
  • Visa/MasterCardは2回払いやリボ払いも可
  • STORES請求書決済でオンライン請求書を簡単に作成可能
  • 導入サポートあり
URL公式サイト

AirPAY

AirPAYは、導入・運用費用0円から始められる決済サービスです。iPadまたはiPhoneと、専用カードリーダーがあれば利用できます。主要クレジットカードや交通系電子マネーなどの決済が可能です。振込手数料や月額固定費も0円、決済手数料は店舗の規模や業種を問わず、業界最安水準の3.24%で利用できます。

提供元株式会社リクルート
初期費用無料
料金プラン月額固定費・振込手数料:無料
決済手数料:3.24%
導入企業数非公開
機能・特徴
  • iPadとiPhone、専用のカードリーダーがあれば簡単に導入できる
  • 振込手数料が無料
  • 振込回数は月3回または6回で、金融機関によって異なる
URL公式サイト

Square

2013年に日本へ上陸した決済代行サービスに、Squareがあります。日本では50万人を超える事業主がSquareを利用するなど、実績の高いサービスです。店舗に必要なキャッシュレス決済が充実しているほか、オンラインストアやクラウド請求書などにも幅広く対応しています。最短即日で導入可能、決済手数料は一律3.25%です。

提供元Square株式会社
初期費用ソフトウェア:無料
ハードウェア:4,980円(税込)
料金プラン店舗レジでの決済は3.25%
※iDでの決済、手入力決済、ブラウザ決済は3.75%
※カスタマイズされた料金プランもあり
導入企業数50万人以上の事業主
機能・特徴
  • お店のキャッシュレス決済とオンライン販売の両方に対応
  • 最短翌営業日に入金、振込手数料は無料
  • 非接触決済に対応 など
URL公式サイト

【BtoC・ECサイト向け】決済代行サービスのおすすめ12選

ネット通販事業に最適な、BtoC・ECサイト向け決済代行サービスのおすすめ12選を紹介します。ECビジネスをサポートする機能に注目してください。

届いてから払い

届いてから払いは、ECショップで購入した商品が届いてから支払い方法を選べる決済代行サービスです。クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済だけでなく、コンビニ、郵便局や銀行などで現金払いもできます。土日祝日も対応可能なカスタマーセンターがあるため、不明点やトラブルがあればすぐ問い合わせできるのが特徴です。

提供元株式会社キャッチボール
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • 豊富な決済手段で購入者のニーズに応える
  • 後払いによって面倒な情報入力は後回しにし、カゴ落ちを防ぐ
  • 販促オプションで売上アップが期待できる
URL公式サイト

イプシロン

イプシロンは、初期費用やトランザクション処理料が0円の決済代行サービスです。提供元は上場企業であるGMOインターネットグループを母体としており、信頼性は申し分ありません。クレジットカードや電子マネー、代引きやGMO後払いのほか、銀行振込や口座振替など幅広い決済手段が利用できます。Web集客をサポートするサービスも提供中です。

提供元GMOイプシロン株式会社
初期費用無料
料金プラン要問い合わせ
導入企業数40,000社以上
機能・特徴
  • クレジットカード決済やコンビニ決済、キャリア決済など豊富な決済手段に対応
  • ビギナーからプロフェッショナルまでサポート可能
  • 充実したセキュリティなど
URL公式サイト

KOMOJU

ECサイトにさまざまなオンライン決済を導入したいなら、KOMOJUが候補に挙がるでしょう。WixやShopifyを自社のECサイトへ簡単に組み込めます。クレジットカード業界の国際基準「PCI DSS v3.2.1」に対応しているため、セキュリティ面も安心です。初期費用・月額費用は無料で、決済手数料のみがかかります。

提供元株式会社DEGICA
初期費用無料
料金プラン
  • クレジットカード(Visa/Mastercard):3.6%
  • クレジットカード(JCB/Amex/Diners):3.85%
  • スマホ決済(PayPay/LINE Pay/メルペイ/au PAY):3.5%〜
  • スマホ決済(楽天ペイ):4.4%〜
  • 各種コンビニ決済:2.75%
  • 銀行振込:1.4%
  • ペイジー:2.75%
  • Paidy:3.5%〜
  • キャリア決済:6.6%〜
  • プリペイド決済:12%
導入企業数10,000を超える世界中のEC事業者の導入実績あり
機能・特徴
  • さまざまなECサイトに簡単に組み込める
  • セキュリティが高い
  • 1週間ごとの入金サイクルなど
URL公式サイト

BILLMONT

世界基準の決済ソリューションを提供するBILLMONTは、決済システムと決済業務に精通しています。優れたノウハウで、カード決済全体のシステムをサポートしてくれるのが特徴です。カード取引におけるオリジナルシステムの構築とバックアップを提供し、ECビジネスを支援します。

提供元株式会社BILLMONT
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数150社
機能・特徴
  • 豊富な経験と実績で決済周りをトータルサポート
  • 業界グローバル基準のセキュリティ管理
  • 複数決済管理機能など
URL公式サイト

ZEUS

ZEUSは、設立から25年以上サービス提供を続けている決済代行サービスです。導入14,000サイト、提携パートナーは400社以上にのぼります。柔軟なシステムで、自社に適した課金方法や接続方法を選べるのが特徴です。高機能な売上管理画面の活用で、売上向上と業務効率化をサポートしてくれます。

提供元株式会社ゼウス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
※決済手数料やプランは利用する決済手段によって変動
導入企業数400社以上
機能・特徴
  • 豊富な決済サービス
  • 接続方法・課金方法を選べる柔軟なシステム
  • 世界標準のデータセキュリティ基準に完全準拠
URL公式サイト

スコア後払い

スコア後払いとは、商品が届いてから代金を支払う後払いサービスです。全国のコンビニもしくは郵便局で支払えます。アプリ決済なら自宅でも支払いが可能で、ネットショップと好相性です。与信審査や請求、回収はSCOREが行うので、未入金時の対応を軽減します。導入や運用が簡単なのも利点でしょう。

提供元株式会社SCORE
初期費用無料
料金プランAプラン:無料

Bプラン:5,170円(税込)/月
Cプラン:20,900円(税込)/月
Dプラン:50,270円(税込)/月

払込表

  • 別送:コンビニ支払いは206円(税込)/1取引、コンビニ・郵便局支払いは242円(税込)/1取引
  • 同梱:コンビニ支払いは129円(税込)/1取引、コンビニ・郵便局支払いは132円(税込)/1取引
導入企業数2,000社以上
機能・特徴
  • コンビニや郵便局、アプリ決済での後払いができる
  • 払込票の発行業務や督促業務はSCOREが対応
  • 導入や運用が簡単
URL公式サイト

PGマルチペイメントサービス

通販・ECサイト向けの法人用総合決済システムに、PGマルチペイメントサービスが挙げられます。15万店舗以上の加盟店が導入しているほか、各種税金など公的機関への決済にも対応可能です。偽造カード対策やなりすましによる不正利用防止など、セキュリティ性にも優れます。通販・ECサイトの利便性を高める豊富な決済手段と機能の一元管理を可能とし、効率的な運用ができるでしょう。

提供元GMOペイメントゲートウェイ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数15万店舗以上(2023年3月末時点)
機能・特徴
  • クレジットカード決済をはじめとした、選べる決済手段
  • クレジットカード・セキュリティガイドラインにも対応
  • 決済手段の一括導入ができる
URL公式サイト

Natural Payment

Natural Paymentは、7種類の決済手段を取り扱っている決済代行サービスです。クレジットカード代行業務を19年も行っており、蓄積された技術でセキュアなシステムを提供しています。ECサイトシステムの構築からサポートしてくれるほか、クレジットカード決済手数料は3.6%と低コストで導入可能です。

提供元エクストライノベーション株式会社
初期費用10万1,200円(税込)
料金プラン■スペシャルコース(物販商材)
  • 月額利用料:9,790円(税込)
  • クレジットカード手数料:3.6%
  • モバイルSuica/楽天Edy/コンビニ/ペイジー/iD:3.9%
  • WebMoney:13%

■ アドバンスコース(情報商材)

  • 月額利用料:9,790円(税込)
  • クレジットカード手数料:4.3%
  • モバイルSuica/楽天Edy:8.6%
  • コンビニ/ペイジー/iD:3.9%
  • WebMoney:13%

※コンビニとペイジーは最低手数料が120円〜

導入企業数非公開
機能・特徴
  • 7種類の決済手段が利用できる
  • 不正利用防止システムにより高セキュアなシステムを提供
  • 決済手数料が抑えられている
URL公式サイト

ペイジェント

ペイジェントは、多くのECサービスと連携している決済代行サービスです。接続実績のあるECパッケージやカートサービスを検索でき、自社に適したECプラットフォームの発見に役立ちます。さまざまな決済手段に対応しているため、顧客のニーズをとらえやすいでしょう。

締日から最短5営業日で入金する速やかなサイクルなので、運用資金の不安も解消できます。国際セキュリティ基準のクリアやEMV 3Dセキュア対応など、取り引きの安全性も高いサービスです。

提供元株式会社ペイジェント
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • 多彩な決済サービスを用意
  • 締日から最短5日で入金
  • 導入しやすいシステムと多彩な利用方法
URL公式サイト

SBペイメントサービス

SBペイメントサービスは、幅広い事業に向けて決済代行サービスを提供しています。サブスクビジネス向けの継続課金やECカートシステム、国際決済などに対応可能です。決済管理ツールが搭載されており、さまざまな決済手段の一括管理も行えます。国際セキュリティ基準「PCI DSS」の完全準拠認定を取得しているため、セキュリティについても安心です。

提供元SBペイメントサービス株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • 継続課金やECカートシステム、国際決済などにも対応
  • 事業者のサイトに合わせて決済画面の変更が可能
  • 万全のセキュリティと充実したサポート
URL公式サイト

PayPal

世界中で4億人以上のユーザーがいるPayPalは、業界トップの認知度を誇る決済代行サービスです。20年以上の実績による信頼度と、圧倒的なユーザー数がECビジネスの追い風となるでしょう。アカウント開設費や初期費用、月額料金、銀行口座への引き出しを無料で行えます。最短3日で引き出せるので、運用資金の確保も可能です。

提供元PayPal Pte. Ltd.
初期費用無料
料金プラン月額料金:無料
決済手数料:3.60%+固定手数料
導入企業数世界中の3,000万以上の企業
機能・特徴
  • 20年以上の実績と業界トップの認知度を誇る決済代行サービス
  • アカウントの開設や初期費用などが無料
  • 最短3日で引き出しが可能
URL公式サイト

atone

atoneは、クレジットカード不要の「クレカレス」にこだわった後払い決済サービスです。クレジットカードを持っていない、使いたくない顧客のカゴ落ちを防げます。未回収になった場合は、サービス提供元が保証してくれるのが特徴です。決済手数料は2.5%からと業界最低水準に設定されているため、コストを抑えてクレカレス決済を導入できます。利用を始めるにはJavaScriptコードを埋め込むだけでよく、大がかりなシステム開発を要しません。

提供元株式会社ネットプロテクションズホールディングス
初期費用無料
料金プラン■スタンダードプラン
  • 決済手数料:3.5%(非課税)
  • トランザクション費用・月額固定費:無料

■ プレミアムプラン

  • 決済手数料:2.5%(非課税)
  • トランザクション費用:無料
  • 月額固定費:52,800円(税込)
導入企業数非公開
機能・特徴
  • クレカレス決済で顧客のカゴ落ちを防げる
  • 決済手数料は業界最低水準
  • 未回収分はネットプロテクションズが100%保証
URL公式サイト

【BtoB向け】決済代行サービスのおすすめ10選

BtoB向けの決済代行サービスのおすすめ10選を紹介します。企業間の取引をスムーズにし、経理業務の効率化にも役立つでしょう。

マネーフォワード ケッサイ

マネーフォワード ケッサイは、与信審査や請求書の発行、入金管理、入金フォローなどのプロセスを代行してくれるサービスです。企業間決済に不可欠な作業を総括的に任せられるため、経理管理が楽になります。入金消込などの負担が減るほか、インボイス制度や電子帳簿保存法へも対応済みです。

提供元マネーフォワードケッサイ株式会社
初期費用マネーフォワードケッサイ:無料
マネーフォワードケッサイ請求代行プラン:0〜50,000円
※具体的な料金は要問い合わせ
料金プラン■マネーフォワードケッサイ
  • 月額費用:0円〜/月
  • 手数料:委託金額の0.5〜3.5%

■ マネーフォワードケッサイ請求代行プラン

  • 月額費用:0〜30,000円/月
  • 手数料:300〜500円/件

※具体的な料金は要問い合わせ

導入企業数非公開
機能・特徴
  • 請求情報をもとに取引先の審査を実施
  • インボイス制度対応の請求書を発行・発送
  • 入金管理や未入金フォローも任せられる
URL公式サイト

SEIKYU+

企業間請求の悩みを解決する決済代行サービスの1つがSEIKYU+です。掛け売りに必要なプロセスを代行してくれるので、請求書業務にかかる時間を削減できます。煩雑な決済手続きをカットし、コア業務への集中を促してくれるでしょう。指定条件を満たせば、入金を100%保証してくれるので安心です。

提供元株式会社Biz Forward
初期費用無料
料金プラン

月額固定費:0円〜
サービス利用料率:債権金額(税込)の0.5〜3.5%
請求書発行手数料:0円

■請求書郵送料

  • 銀行振込・口座振替:190円/1通
  • コンビニ払込+LINE Pay:190円/1通+130円/コンビニ手数料

    ※月額固定費、サービス利用料率の具体的な価格は要問い合わせ

導入企業数非公開
機能・特徴
  • 決まった日付に100%入金を保証※審査通過時
  • 手数料が業界最安水準の0.5%〜のためコストを抑えられる
  • 請求・会計システムなどとも連携可能
URL公式サイト

Paid

多数の企業が導入するPaidは、請求代行と未払い保証を一元提供するサービスです。与信審査から督促までの請求業務をまとめて依頼でき、なおかつ未払い時の保証もついています。取引先と請求先情報を登録するだけで、Paidに対応を依頼可能です。提供元企業は東証プライム上場企業のグループ会社のため、信頼性も高くなっています。

提供元株式会社ラクーンフィナンシャル
初期費用無料
料金プラン月額費用:無料
保証料率:請求金額の0.5〜3.1%
事務手数料:100円/1請求
※具体的な保証料率は要問い合わせ
導入企業数5,000社以上
機能・特徴
  • 与信審査から督促までの請求業務をなくせる
  • 支払い遅延・未入金のリスクがなくなる
  • 不正利用対策やISO/IEC27001認証取得済みなどの高いセキュリティ
URL公式サイト

請求まるなげロボ

請求まるなげロボは、与信審査の結果を問わず1つのプラットフォームで請求を管理できるサービスです。決済代行業20年以上のプロに請求業務を依頼できます。ダッシュボードで入金状況やメールの開封履歴などをリアルタイムに確認可能です。多くの請求業務にかかる時間をゼロに近づけ、コア業務に集中できます。

提供元株式会社ROBOT PAYMENT
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • サービス対象・対象外に関わらずすべての請求を管理
  • 入金状況をダッシュボードで可視化できる
  • 請求業務をまとめて依頼することが可能
URL公式サイト

SAISON INVOICE

SAISON INVOICEは、月額固定費0円で利用できるBtoB向けの請求代行サービスです。顧客登録と取引先情報を入力するだけで、請求業務を15分で完了できます。顧客の与信枠内なら未払いを全額補償し、最短翌日で指定口座に入金可能です。資金繰りに余裕を持てるため、安定した事業運営ができます。

提供元株式会社クレディセゾン
初期費用要問い合わせ
料金プラン月額費用:無料
手数料率:取引金額の1.5〜5.5%
事務手数料:メール送付の場合は無料、郵送は1件あたり150円
※具体的な手数料率は要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • 請求業務をすべて代行できる
  • 未回収リスク100%保証あり
  • 最短翌日の入金が可能
URL公式サイト

請求QUICK

請求業務に加えて請求書の買取まで行えるのが、請求QUICKというシステムです。クレジットカード決済機能がついた請求書を発行でき、取引先の代金回収を効率化します。請求書の作成をスピーディーにしたり、入金消し込みをワンクリックで完了したりすることも可能です。

請求書買取機能を利用すれば、取引先に知られることなく請求書の資金化ができます。経理業務の負担軽減と資金確保、いずれの視点からも利便性に富むサービスでしょう。

提供元SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
初期費用無料
料金プラン

基本料金:無料
請求書発行:51枚目から1枚ごとに33円(税込)
インターネットバンキングの明細取得:31回目から30回ごとに330円(税込)

■BtoBクレジットカード決済手数料

  • Visa/MasterCard:1.95%
  • JCB/AMEX/Diners:2.50%
導入企業数3,000社突破(2023年6月時点)
機能・特徴
  • スピーディーな請求書の作成が可能
  • 請求書買取機能(ファクタリング)
  • ワンクリックで入金消込が完了
URL公式サイト

NP掛け払い

NP掛け払いは、一連の請求書業務を丸投げできる企業間後払い決済サービスです。請求データを管理画面に登録すれば、入金管理や督促を代行してくれます。料金も業界最安水準に設定されているので、コストを抑えたい企業にもおすすめです。

提供元株式会社ネットプロテクションズホールディングス
初期費用無料
料金プラン月額固定費:12,000円〜
手数料:〜3.6%
請求書発行費用:1通あたり0円〜248円(税込)
※具体的な料金は要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • 一連の請求業務を丸投げできる
  • 遅延や未払い、貸倒の債権保証あり
  • 業界最安水準の料金設定
URL公式サイト

サブスクペイ

サブスクの決済処理にこだわるなら、サブスクペイのサービスをチェックしましょう。サブスクビジネスに必要な機能がそろった、自動継続課金システムです。決済業務やシステム保全にかかる費用の悩みにアプローチし、低コストでのビジネス運用をサポートします。カスタマイズ性が高いため、自由に拡張することが可能です。分析機能を活用すれば、売上の最大化にも貢献します。

提供元株式会社ROBOT PAYMENT
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数累計14,000社以上
機能・特徴
  • サブスクビジネスに必要な機能をワンストップ提供
  • 顧客情報や決済情報などのデータをすべてまとめて管理
  • 柔軟なレポート&ダッシュボード機能で売上を最大化
URL公式サイト

Stripe

Stripeは、あらゆる企業規模にてオンライン決済が使えるサービスです。国内外を問わずに利用できます。BtoBだけでなく、BtoCやサブスクビジネス、ECサイト運営などにも対応可能です。初期費用や月額費用は無料で、決済手数料の支払いだけで低コストに運用できます。

提供元Stripe, Inc.
初期費用無料
料金プラン月額費用:無料
決済手数料:3.6%
※取引数が多い場合はカスタムパッケージあり。要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • あらゆる事業規模で利用が可能
  • 国内外問わず支払いに利用できる
  • 初期費用・月額費用は無料
URL公式サイト

クロネコ掛け払い

クロネコ掛け払いは、ヤマトグループが提供するBtoB決済サービスです。与信から督促までの請求業務を依頼できます。万が一取引先から入金がなくても、審査・承認をクリアした取引は100%の売掛金保証があるため安心です。配送や倉庫業務に強いヤマトグループならではのスキルで、BtoBビジネスの支援が受けられます。

提供元ヤマトクレジットファイナンス株式会社
初期費用無料
料金プラン月額管理費用は最大10,000円
手数料は2.0〜5.0%
※具体的な料金は要問い合わせ
導入企業数2,000社以上
機能・特徴
  • 導入しやすい価格設定
  • 掛け売りの際に必要な請求書業務を全て代行
  • 未回収でも売掛金はヤマトグループが100%保証※審査を通過し且つ承認した取引に限る
URL公式サイト

【月額無料】決済代行サービスおすすめ2選

月額費用が無料の決済代行サービスを2つ紹介します。維持費を抑えて決済代行を導入したい場合、優先したいサービスです。

メルペイ

メルペイは、QRコード決済サービスの1つです。加盟店になって専用のQRコードを置く、もしくは顧客にQRコードを提示してもらい決済します。ネット決済にも対応するなど、ECビジネスにも役立つサービスです。初期費用や月額利用料がかからず、手数料も2.6%と低く抑えられています。クレジットカード払いなどほかの決済方法には対応していないため、必要に応じて他サービスの導入を検討してください。

提供元株式会社メルペイ
初期費用無料
料金プラン決済手数料2.6%
導入企業数非公開
機能・特徴
  • QRコードを置くだけで導入可能
  • 初期費用や月額利用料は無料で料金負担が少ない
  • 入金サイクルは月1回と月2回から選べる
URL公式サイト

イオンレジ

イオングループ傘下企業を提供元とするイオンレジは、大手ならではの機能性を持つ決済代行サービスです。クレジットカード決済やコンビニ決済、銀行ネット決済やキャリア決済など、幅広い決済手段に対応しています。クレジットカード決済については、初期費用や月額費用は無料です。EMV3-Dセキュアへの対応や情報セキュリティマネジメント国際認証「ISMS」の取得など、セキュリティ面にも気を配っています。

提供元イオンフィナンシャルサービス株式会社
初期費用クレジットカード決済については無料
そのほかは要問い合わせ
料金プランクレジットカード決済は月額費用無料
そのほかの費用や決済手数料は要問い合わせ
導入企業数非公開
機能・特徴
  • 幅広い決済方法に対応
  • クレジットカード決済は初期費用・月額費用が無料
  • 安心安全のセキュリティ環境
URL公式サイト

決済代行サービスを導入するメリット

決済代行サービスを導入するメリットはさまざまあります。代表的なものは、豊富な決済方法を選択できることと、現金管理の工数を削減できることです。それぞれについて具体的に解説します。

豊富な決済方法を選択できる

決済代行サービスを導入することにより、決済方法が豊富になるため、顧客や取引先の利便性を向上できます。支払い方法を限定しないことは、未払いを予防する意味でも大切でしょう。

決済代行サービスを使うことで、決済業務にかかわるさまざまな処理の一括依頼も可能です。決済手段が豊富になり業務を削減できるのは大きなメリットといえるでしょう。

現金管理の工数を削減できる

現金管理の工数を削減できるのも、決済代行サービスを導入するメリットです。クレジットカードや電子マネーなどで支払われた売上は、すべてクラウド上で管理します。現金決済と異なり、レジ締めの確認作業が必要ありません。

売上高とレジ残高の不一致や帳簿の記載ミスといった、ヒューマンエラーの削減に大きな効果を発揮するでしょう。キャッシュレス化に伴い現金を扱う業務が減るほか、人的ミスの低下から現金管理の工数削減につながるのです。

決済代行サービスを導入するデメリット

決済代行サービスを導入するデメリットを解説します。デメリットを押さえたうえで、決済代行サービスの導入を検討してください。

手数料が発生してしまう

決済代行サービスを導入するデメリットは、手数料が発生することです。決済サービス提供各社と個別に契約するよりも、代行機能がある分手数料が高くなる可能性があります。

取引数が多いほど手数料が膨らむので、規模が大きいほど負担も増すでしょう。手数料を徹底的に比較するほか、契約の手間や管理工数を加味したうえで価値を感じられるサービスを選ぶことが大切です。

顧客情報の流出リスクがある

少なからず個人情報の流出リスクがある点は、決済代行サービスを導入するデメリットといえます。多くのサービスはセキュリティ対策をしていますが、個人情報流出のリスクはゼロではありません。

万が一個人情報が流出すれば信用問題につながるほか、損害賠償などの対応が必要になります。したがって、セキュリティ面で信頼のおけるサービスを選ぶことが重要です。クラウド上での保全対策が万全か、機能やサポート内容に目をとおしましょう。

決済代行サービスの特徴や選び方を押さえて比較していこう

決済代行サービスは、複数の決済サービスとの契約や集金などを代行してくれるサービスです。実店舗向けとオンライン特化型のサービスがあり、それぞれ搭載されている機能が異なります。

サービスによってBtoB向け、BtoC向けがあるため、内容をよく確認しながら選ぶことが重要です。決済代行サービスの選び方や比較ポイントを参考に、導入するサービスを検討してください。

次に読みたいおすすめ記事

  • ご相談・ご質問は下記ボタンのフォームまたは、お電話からお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

    TEL:0120-987-053(無料)
    【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

生産管理と工程管理の違いとは?それぞれの目的や効率化するポイント

最終更新日時:2023/12/01

生産管理システム

最終更新日時:2023/12/01

生産管理システム

ハレーションとは?ビジネス上での意味や業界別の使い方を簡単に解説

最終更新日時:2023/12/01

業務効率化・業務改善

最終更新日時:2023/12/01

業務効率化・業務改善

メラビアン効果とは?活用方法やよくある誤解・3つの要素をわかりやすく解説

最終更新日時:2023/12/01

業務効率化・業務改善

最終更新日時:2023/12/01

業務効率化・業務改善

販売管理の業務フローについて|必要な書類や販売管理システムを利用するメリット

最終更新日時:2023/12/01

販売管理システム

最終更新日時:2023/12/01

販売管理システム

チャットボットの利用率が低い原因|向上させる方法やメリットを解説

最終更新日時:2023/12/01

チャットボット

最終更新日時:2023/12/01

チャットボット

リフレッシュスペースはオフィスに必要?効果や設置するポイント・事例を解説

最終更新日時:2023/11/30

働き方改革

最終更新日時:2023/11/30

働き方改革

解雇の方法・種類について|流れや解雇する際に理解しておくべき事項

最終更新日時:2023/11/30

労務管理システム

最終更新日時:2023/11/30

労務管理システム

ユニークな経営戦略に取り組んでいる企業|参考にすべきポイント

最終更新日時:2023/11/29

経営

最終更新日時:2023/11/29

経営

経営戦略を学びたい人におすすめの本|参考になる名著を紹介

最終更新日時:2023/11/29

経営

最終更新日時:2023/11/29

経営

トップマネジメントとは?ISOでの定義や役割・必要なスキルを紹介

最終更新日時:2023/11/29

組織・マネジメント

最終更新日時:2023/11/29

組織・マネジメント