【2024年最新】動画配信システムおすすめ・人気13製品を一覧で紹介!比較すべきポイント

2023/10/30 2024/01/09

動画配信システム

動画配信システム

動画配信システムは、Webのセミナーや動画研修などビジネスシーンにおいて幅広く活用されています。しかし、動画配信システムは種類が多く、利用する際に何を選べば良いか迷うことも少なくありません。今回は、おすすめの動画配信システムを、比較ポイントとあわせて紹介します。

動画配信システムとは?

動画配信システムとは、動画コンテンツの配信に必要な機能が備わったシステムです。インターネットを通じて配信できるほか、分析機能や決済機能、セキュリティ機能などを搭載したシステムもあります。

近年、動画は娯楽としてだけでなく、情報共有を効率化するツールとして動画が注目を浴び、動画配信システムのニーズも高まっています。

YouTubeのような不特定多数への配信システムは、「自社情報を外部に漏らしたくない」「特定の人にだけ配信したい」というビジネスの場に適さないこともあるでしょう。強固なセキュリティや視聴範囲の制御などを実現したい場合、ビジネス仕様の動画配信システムを利用するのがおすすめです。

動画配信システムの配信方法について

動画配信システムにおける配信方法には以下の3種類があります。

  • ストリーミング配信
  • ダウンロード配信
  • プログレッシブダウンロード配信

配信方法は、コンテンツの内容や規模に応じて使い分けるのが理想です。それぞれの違いを説明します。

ストリーミング配信

ストリーミング配信とは、データを受信しながら再生を行う配信方式です。動画を逐一ダウンロードすることなく、インターネット上からサーバーにアクセスするだけで視聴できます。端末にデータが残らないため、ストレージ容量を気にする必要がありません。データがコピーされにくいのもメリットでしょう。

ストリーミング配信には、ライブ配信とオンデマンド配信の2種類があります。ライブ配信ではリアルタイムで動画を配信でき、チャット機能などで視聴者と双方向のコミュニケーションが可能です。

対してオンデマンド配信は、事前に撮影した動画を配信する方式であり、ユーザーは自分の都合が良いときに視聴できます。用途に応じて使い分けることで、視聴者に有意義な動画サービスを提供できるしょう。

ダウンロード配信

端末にデータをすべてダウンロードしたのちに視聴できるのが、ダウンロード配信です。ダウンロードにある程度時間を要しますが、一度端末に保存すればオフライン環境であっても再生できます。サーバーにかかるコストが低くいのも利点です。

一方で、端末の容量を圧迫してしまうというデメリットがあります。ダウンロードされたデータの扱いがユーザーにゆだねられるため、コピーされるリスクにも注意が必要です。セキュリティ対策として、再生可能期間や配信期間を制限できるツールもあります。

プログレッシブダウンロード配信

プログレッシブダウンロード配信とは、端末にデータをダウンロードしながら再生する配信方式で、「疑似ストリーミング」とも呼ばれます。ダウンロードと再生を同時に行うため、ダウンロード配信に比べて再生開始までの時間が短い点が特徴です。ストリーミング配信よりも低コストで始めやすいメリットもあります。

動画のダウンロードを伴う方式であるため、端末にデータが残ります。データがコピーされるリスクを把握し、適材適所で活用することが望ましいでしょう。

人気の動画配信システムおすすめ13選比較

ここからは、ビジネスシーンにおいて人気の動画配信システム13選を紹介します。それぞれの機能や特徴、費用などを詳しく解説するので、自社に適したシステムを選ぶ際の参考にしてください。

1.MOOGA PLUS

MOOGA PLUSは、社内研修やナレッジ共有、オンラインセミナー、eラーニングなどに幅広く対応する動画配信プラットフォームです。簡単で使いやすい操作性に定評があり、医療業界から金融業界、教育業界、IT業界など多様な現場で活用されています。

MOOGA PLUSの大きな魅力は、利用シーンに合わせて機能を柔軟に組み合わせられる点です。配信形式の選択や公開設定が自由に行えるほか、テストやアンケートと動画を組み合わせたコンテンツの作成も可能であるため、幅広い用途に対応できます。

提供元株式会社ワンゴジュウゴ
初期費用55,000円(税込)
料金プラン
  • スターター:33,000円(税込)/月
  • スモール:55,000円(税込)/月
  • ミディアム:11万円(税込)/月
  • ラージ:16万5,000円(税込)/月

※契約期間は6ヶ月ごとの自動更新

※月間転送量を超過した際は超過費用が発生

機能・特徴ユーザーごとにパスワードを設定、コンテンツごとにパスワードを設定、IPアドレス設定、ストリーミング配信、データ及び通信の暗号化、画質の自動判定、チャプター機能、再生速度の変更、オリジナル動画の保存、特定ユーザーに限定配信、グルーピング、テスト、アンケート、ユーザー視聴動向の分析など
URL公式サイト

2.P-stream

P-streamは、必要最低限の機能を低価格で利用できる動画配信システムです。広告などの余分な機能を省いたシンプルな設計にすることで、低コストでの提供を実現しています。

低価格でありながら、最も安いスターターパックの場合でも、月間配信量が100GBと豊富です。10分(100MB)の動画を1,000回再生できる計算になるので、多彩なコンテンツの配信が叶います。

国内外のCDN配信拠点から配信するため、速くて安定した動画配信が可能です。簡単に扱えることから、気軽に動画配信を試してみたい人にもおすすめできます。

提供元pepex株式会社
初期費用33,000円(税込)
料金プラン
  • スターターパック:10,780円(税込)/月
  • スタンダードパック:27,280円(税込)/月
  • エンタープライズパック:82,280円(税込)/月
  • ボリュームパック:21万7,800円(税込)/月

※リソースリザーブ利用で超過ストレージ・超過配信料金が10%割引

※最小契約期間1ヶ月

機能・特徴広告が非表示、マルチデバイス対応、動画コンテンツのダウンロードを防止など
URL公式サイト

3.SmartSTREAM

SmartSTREAMには、動画配信に必要な機能が網羅されています。なかでも、セキュリティ対策の充実性が強みです。視聴IPアドレス・ドメイン制限機能をはじめ、ワンタイムURL付与機能、DRM(デジタル著作権管理)機能などが装備されています。

導入時から導入後まで専門スタッフによるサポートが受けられるうえ、24時間365日の運用監視体制も整っているのが特徴です。初めて動画配信システムを使用する人も安心できるでしょう。

ストリーミングサーバーレンタルやマルチアングルライブ配信システムなどの多様なサービスがあるため、さまざまな用途・規模の配信に対応できます。

提供元エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
初期費用
  • ビデオプラットフォームサービス:55,000円(税込)
  • ストリーミングサーバーレンタル(ライブ配信):要問い合わせ
  • ストリーミングサーバーレンタル(オンデマンド配信):要問い合わせ
  • マルチアングルライブ配信システム:要問い合わせ
  • マルチクラウド配信システム:要問い合わせ
料金プラン■ビデオプラットフォームサービス
  • シンプル:52,800円(税込)/月

    ※デスク容量:100GBまで、以降220円(税込)/GB

    ※再生回数:1,000回再生まで、以降330円(税込)/1,000回再生

    ※配信流量:無制限(共用2Gbps以内)

  • セレクト:49,500円(税込)/月

    ※デスク容量:220円(税込)/1GB

    ※再生回数:220円(税込)/1,000回再生

    ※配信流量:9円/GB

    ※最低契約期間1ヶ月

■ストリーミングサーバーレンタル(ライブ配信):要問い合わせ

■ストリーミングサーバーレンタル(オンデマンド配信):要問い合わせ

■マルチアングルライブ配信システム:要問い合わせ

■マルチクラウド配信システム:要問い合わせ

利用者数約1,500契約(※2023年09月時点)
機能・特徴VODエンコード機能、複数ユーザーによる管理、CMSの操作ログの閲覧、分析機能、倍速再生、視聴制限、パスワード認証、VOD配信など
URL公式サイト

4.Vimeo

Vimeoは動画を配信するだけでなく、作成から管理、共有までを手軽に行えるシステムです。編集機能にはAIが活用されており、複雑な動画も簡単に制作できます。また、広告なしで動画を配信できるほか、Webサイトへの埋め込みやSNSでの公開、閲覧範囲の設定なども柔軟に対応可能です。

24時間年中無休でのサポート体制も整っているため、トラブルへの早急な対応が期待できるでしょう。

提供元Vimeo.com, Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン

■月間プラン

  • Starter:2,000円/月
  • Standard:4,833円/月
  • Advanced:9,167円/月
  • Enterprise:要問い合わせ

※1シートライセンス当たりの費用

■年間プラン

  • Starter:1,200円/月
  • Standard:2,900円/月
  • Advanced:5,500円/月
  • Enterprise:要問い合わせ

※1シートライセンス当たりの費用

機能・特徴無制限の画面録画、動画周りの広告なし、4K・HDR対応・ドルビービジョン、再生速度コントロール、プロがデザインしたテンプレート、視聴者分析、エンゲージメント分析、チャンネル間でのネイティブ投稿、二段階認証(2FA)など
URL公式サイト

5.UIshare

UIshareは、学びプラットフォーム「GoGetterz」をさらに進化させたクラウド型動画配信プラットフォームです。オンデマンド配信やライブ配信といった基本機能以外に、ポータル機能や動画コンテンツ販売機能も搭載しています。社内教育や資格講座のオンライン化、イベント開催など、さまざまなビジネス機会の創出に役立てられるでしょう。

直感的に使える操作性の良さもUIshareの魅力です。申し込みをした日からすぐ利用可能で、専門スタッフによる運用サポートも充実しています。

提供元株式会社ユイコモンズ
初期費用無料
料金プラン

■定額プラン

  • BASIC:50,000円/月
  • STANDARD:10万円/月
  • PRO:30万円/月

※契約期間1年間

※追加ストレージ3,000円/100GB

※追加データ流量10,000円/100GB

■従量課金プラン

  • 従量IDプラン スタートアップ:1,000円/10IDまで
  • 従量IDプラン3,300円/11ID
  • 従量データプラン:30,000円/100GB

※最低月額料金

※契約期間1ヶ月

機能・特徴動画コンテンツ配信、データファイル共有、テスト機能、アンケート機能、イベント開催機能、ライブ配信、アクセスコントロール、視聴分析、マイページ機能、マルチデバイス、多言語対応、VR動画配信、カード決済機能など
URL公式サイト

6.OneStream

会員動画サイトの作成・運用に特化しているのが、OneStreamというビジネス動画配信プラットフォームです。プログラミングやデザインのスキルがなくても、動画をアップロードするだけで簡単にサイトを構築できます。

ユーザー数は無制限で、マネタイズ機能やマーケティング機能もパッケージされています。機能をフル活用し、動画コンテンツの収益化を図りたいときに最適なシステムです。

提供元株式会社ルートチーム
初期費用基本・プロ・ビジネス:無料

エンタープライズ:要問い合わせ

料金プラン
  • 基本:10,780円(税込)/月
  • プロ:21,780円(税込)/月
  • ビジネス:43,780円(税込)/月
  • エンタープライズ:要問い合わせ
機能・特徴動画管理、LIVE配信、ユーザー管理、ユーザー専用ページ、コメント機能、添付ファイル、グループ配信、視聴分析、スマホ・PC最適化など
URL公式サイト

7.ソーシャルキャスト

ソーシャルキャストは、動画コンテンツの販売や限定配信を強みにするシステムです。ビデオオンデマンド・ライブ配信・双方向ライブの3つの配信方式を搭載しており、マルチデバイス対応で専用アプリのインストール不要など、視聴者の利便性も高いシステムといえるでしょう。

利用プランには、月額制で全機能を利用できるレンタルプランと、自社に合わせてオーダーメイド開発をするパッケージプランの2種類が用意されています。予算や規模に応じて適した利用方法を選択しましょう。

提供元株式会社ストランダー
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
利用者数350社以上(※2023年09月時点)
機能・特徴動画・ライブの有料配信サービス構築、視聴対象を限定したクローズド型の動画配信システム、VOD・ライブ配信・双方向ライブ配信に対応、柔軟なデザイン変更、オーダーメイド開発も可能など
URL公式サイト

8.ULIZA

安定的な配信環境を求める場合、ULIZAが候補に挙がるでしょう。運営会社である株式会社PLAYは、人気動画配信サービスHuluやTverなどに技術提供を行った実績があります。

オンデマンド配信とライブ配信のどちらにも対応しているほか、セキュリティや分析に関する機能も豊富です。オプション機能を追加すれば、疑似ライブ配信やマルチWeb APIなども利用でき、ビジネスチャンスの拡大が狙えます。専門スタッフによる使用方法のレクチャーや手厚い運用サポートも受けられるため、動画配信を円滑に行えるでしょう。

提供元株式会社PLAY
初期費用
  • mini:無料
  • Standard:55,000円(税込)
  • Pro:11万円(税込)
  • Enterprise:要問い合わせ

※スポット利用の場合は初期費用は発生しません

料金プラン

■月額費用

  • mini:9,900円(税込)/月、年払いの場合8,250円(税込)/月
  • Standard:55,000円(税込)/月
  • Pro:11万円(税込)/月
  • Enterprise:要問い合わせ

■スポット費用(単月利用)

  • mini:要問い合わせ
  • Standard:16万5,000円(税込)
  • Pro:22万円(税込)
  • Enterprise:要問い合わせ

※月額契約は3ヶ月以上から

利用者数500社以上(※2023年09月時点)
機能・特徴同時視聴人数を制限、パスワード設定、IPアドレス/ドメイン制限、ワンタイム(ユニーク)URL、配信サイトを簡単作成、デザインのカスタマイズ、ドメインの設定、視聴URLの発行、リアルタイム状況確認、ユーザー視聴履歴の確認、UIカスタマイズ、VR・パノラマ対応、かんたん動画広告機能、双方向コミュニケーション機能、会員管理機能など
URL公式サイト

9.クラストリーム

クラストリームは、視聴者を絞った「限定配信」に特化するクラウド型動画配信システムです。最新のセキュリティ対策を講じており、社内の重要な情報を安心して共有できます。さらに、2倍速でも音声が認識しやすい「聞こえる倍速」機能によって、効率的な動画視聴をサポートします。

クラストリームの大きな特徴は、最も安いプランでも動画の保存容量が1,024GBと大容量な点です。標準画質800kbpsで約3,000時間のデータが保存可能であり、企業におけるナレッジの蓄積・共有にも最適でしょう。また、クラウド版とオンプレミス版の2種類が用意されており、自社のニーズに合わせた導入が可能です。

提供元株式会社アイ・ピー・エル
初期費用11万円(税込)

※12ヶ月未満の利用や月払いの場合

料金プラン

■クラウド版

  • ライトプラン:55,000円(税込)/月
  • スタンダードプラン:11万円(税込)/月
  • エンタープライズプラン:16万5,000円(税込)/月
  • 機能限定スモールプラン:33,000円/月

■オンプレミス版:要問い合わせ

利用者数1,500社以上(※2023年09月時点)
機能・特徴動画配信、ライブ配信、ユーザー情報管理、同時ログイン抑止、マルチビットレート、倍速再生、おすすめ動画表示、再生回数表示、メール送信、IPアドレス制限、二要素認証、API連携、CDN利用など
URL公式サイト

10.メガDOGA

メガDOGAは、動画の販売や会員向け動画配信に長けているシステムです。会員認証機能によりクローズドな配信環境を簡単に構築でき、視聴ユーザーアカウントは無制限であるため、会員数を心配する必要もありません。

会員管理や決済機能も付与しており、コンテンツの限定配信や販売が容易に行えます。CDNによる大規模配信やグローバル配信にも対応し、オンライン研修や講演会、企業プロモーションなど幅広く活用できるでしょう。

提供元株式会社カテノイド
初期費用
  • Lite:55,000円(税込)/月
  • Medium:55,000円(税込)/月
  • Large:55,000円(税込)/月
料金プラン
  • Lite:55,000円(税込)/月
  • Medium:88,000円(税込)/月
  • Large:15万4,000円(税込)/月

※月間転送量超過料金35円(税別)/1GB

※最低契約期間1ヶ月

機能・特徴Webベース管理画面、視聴ページ生成、会員認証、視聴権限設定、複数管理者設定、決済機能、ライブ・VOD配信、コンテンツ保護(DRM)、CDN、視聴解析など
URL公式サイト

11.Smart vLive

低遅延が売りのSmart vLiveなら、リアルタイム性の高いライブ配信を実現できます。大規模イベントであってもタイムラグを1秒未満に抑え、高画質な配信ができる点が特徴です。配信者と視聴者の円滑なコミュニケーションを促すほか、SNS連携によってさらなるサービスの開拓も期待できます。

マルチアングル配信によって、さまざまな角度から動画を視聴できるのも魅力です。特にスポーツイベントや音楽ライブ、視聴者参加型イベントなどの開催にも適してるサービスでしょう。

提供元エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
初期費用55,000円(税込)
料金プラン

■定額最低基本額

  • スタンダード:55,000円(税込)/月
  • プロフェッショナル:11万円(税込)/月
  • プレミアム:17万6,000円(税込)/月

■従量料金

  • 同時使用端末数加算額:17,600円(税込)/100同時視聴端末
  • 配信容量加算額:55円(税込)/GB

■オプションメニュー

  • 追いかけ再生:550円(税込)/時
  • ライブ録画:330円(税込)/時
  • 入力バックアップ:220円(税込)/時

※最低利用期間は、利用開始月から12ヶ月

※短期利用を希望の場合は要問い合わせ

機能・特徴低遅延ライブ配信、追いかけ再生、ライブ録画、入力バックアップ、CMS、インジェスト元IP制限など
URL公式サイト

12.millvi(ミルビィ)

数多くの企業で利用されているmillvi(ミルビィ)は、クラウド型動画配信システムです。動画のアップロード、コンテンツ管理、マルチデバイスへの配信、視聴分析などが行えます。いずれもビジネス向けの動画配信に必要な機能であり、業種や規模を問わずに重宝する仕様です。

暗号化ストリーミング配信やドメイン・IP制限などのセキュリティ機能も充実しているため、ビジネスにおいても安全に利用可能です。

提供元株式会社エビリー
初期費用スタンダードプラン:11万円(税込)

プロフェッショナルプラン:11万円(税込)

料金プランスタンダードプラン:55,000円(税込)/月

プロフェッショナルプラン:11万円(税込)/月

※契約期間はスタンダードプラン6ヶ月間、プロフェッショナルプラン1年間

利用者数700社以上(※2023年09月時点)
機能・特徴コンテンツ管理とマルチビット配信、豊富で柔軟性の高いプレイヤー、セキュリティの高い動画配信、字幕・アノテーション、高画質・安定のLIVE配信、ユーザー動向のレポート機能、豊富なAPIで外部システム連携など
URL公式サイト

13.ネクプロ

ネクプロは、マーケティング効果の向上に注力している動画配信プラットフォームです。顧客管理や集客、アンケート、分析などの機能を活用し、販売戦略の強化を図ることができます。

視聴ログの分析・レポートでは、視聴時間や参加状況を詳細に分析することで、顧客ニーズに合った提案ができるようサポートします。顧客ごとに閲覧できるコンテンツをパーソナライズするなど、顧客エンゲージメントの向上が期待できる機能が多く揃っているのです。

提供元株式会社ネクプロ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
利用者数400社以上
機能・特徴会員管理・申し込み管理、有料セミナー・多言語対応、ライブ配信・録画配信、チャット、ログ分析・レポート出力、多段階認証やIP制限などによる強固なセキュリティ、データ連携など
URL公式サイト

動画配信システムの比較ポイント

動画配信システムにはさまざまな種類があり、どれを選べば良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。動画配信システムを比較する際は、以下のポイントに注目してみてください。

  • 利用目的を満たせる機能が搭載されているか
  • 外部システムと連携できるか
  • セキュリティレベルが高いか
  • 費用が予算内に収まるか
  • 操作性が充実しているか

それぞれのポイントを解説します。

利用目的を満たせる機能が搭載されているか

まずは、自社の利用目的を満たせる機能があるかを確認しましょう。たとえば動画コンテンツの販売が目的ならば、決済機能が搭載されているシステムが便利です。

加えて、ストレージの保存容量や配信可能人数なども確認する必要があります。配信規模が大きいほど容量・人数も増えるため、利用ニーズに応じた選択が重要です。事前に配信目的や規模を明確にしたうえで、条件を満たす動画配信システムを選びましょう。

外部システムと連携できる

外部システムとの連携ができるかどうかも確認したいポイントです。自社で使用している顧客情報管理システムや決済ツールなどと連携すると、個別に確認・入力する手間が省け、効率的に運用できます。

APIの公開をしている動画配信システムも多数あるため、自社のシステムに対応するかを比較検討すると良いでしょう。

セキュリティレベルが高いか

ビジネスシーンで動画配信システムを使うなら、セキュリティレベルの高さにこだわるべきです。セキュリティレベルが低ければ、配信動画の違法アップロードや複製、機密情報の漏えいなどのリスクが高まります。よりセキュリティが強固なシステムを選定し、リスクに備えましょう。

セキュリティ機能はシステムによって異なりますが、通信の暗号化やダウンロード期間の制限、二段階認証などの保全機能が挙げられます。

費用が予算内に収まるか

システムの利用料金が予算内に収まるかどうか、確認が必須です。動画配信システムの多くは、初期費用や月額費用が発生します。ストレージ容量の拡大やオプションの付与など、追加費用も把握しておきましょう。自社に必要な機能を満たし、かつコストパフォーマンスが良いシステムを選ぶことが大切です。

最低契約期間が設定されているシステムも少なくありません。無駄なコストを発生させないためにも、契約前に料金シミュレーションを行うなどしてシステムを比較する必要があります。

操作性が充実しているか

操作性が充実しているシステムなら、動画配信に関する専門知識がなくても直感的に使いこなせます。担当者のITリテラシーに関係なく使えることで、円滑な引き継ぎや属人化予防に寄与するでしょう。

配信のしやすさや管理の簡便性、視覚的に優れたUIなどが比較ポイントです。無料お試し期間を設けているシステムも多数あるため、契約前に操作性を確かめてから、使いやすいシステムを選ぶことをおすすめします。

動画配信システムを導入するメリット

動画配信システムを導入するメリットには、以下の3つがあります。

  • テキストや画像よりも情報を伝えやすくなる
  • マニュアルの作成工数を削減できる
  • 複数の拠点に情報を共有しやすくなる

動画のポテンシャルを高めたり、既存業務の効率を上げたりする効果が期待できます。それぞれのメリットを詳しくみていきましょう。

テキストや画像よりも情報を伝えやすくなる

動画は、テキストや画像よりも情報を伝えやすいという特徴があります。テキストや画像からは視覚情報しか得られないのに対し、動画は視覚と聴覚の両方から情報を得られるためです。

コンテンツ制作や管理に役立つ動画配信システムは、動画の持つ優れた情報伝達効果を高められます。搭載機能を活かすことで、双方向のリアルタイムコミュニケーションも可能です。取引先とのやり取りやセミナー開催においても、互いの反応を正確に確認しながら効果的に情報を伝えられるでしょう。

マニュアルの作成工数を削減できる

動画配信システムを活用することで、マニュアル作成の工数も削減できます。絵や文章を用いたマニュアルは、作成に手間がかかりがちです。

一方で動画マニュアルであればテキストベースのマニュアルとは違い、作成や共有などをスムーズに実施することができます。

複数の拠点に情報を共有しやすくなる

動画配信システムの利用は、複数の拠点への情報共有に役立ちます。たとえば、全国に支社があるような企業の場合も、動画配信システムを活用すればオンライン上で一斉に情報共有が可能です。

リモートワークのスタッフにも対応でき、海外に拠点がある企業にとっても重宝します。情報伝達の手間を省き、スピーディーな情報共有網を敷くことができるのです。

自社に適した動画配信システムを導入しよう

ビジネスの幅を広げる動画は、便利なシステムを用いることでより戦略的に活用可能です。選び方や紹介したシステムなどを参考に、目的や予算に合ったサービスを導入してください。

自社に適した動画配信システムを活用しながら、効率的に動画コンテンツを運用しましょう。

動画配信システムの記事をもっと読む

動画配信システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成