生産管理の将来性とは?現状や課題・業務内容について

2023/12/07 2023/12/07

生産管理システム

生産管理の将来性

製造業におけるQCDを適切に管理する「生産管理」。市場競争力を強化し利益を最大化するためには欠かせない業務ですが、生産管理の将来性はどう予測されているのでしょうか。本記事では、生産管理の将来性を、生産管理の現状や課題とあわせて解説します。

生産管理の現状・課題

日本において、製造業は長引く不況や少子高齢化などの影響により苦しい状況に陥っています。さらに近年は、低価格を武器にした海外メーカーとの競争も激化しています。

このような苦しい状況で生き残るためには、生産ラインを効率化して生産性を向上し、いかに利益を確保するかが重要です。これらの課題に対応するためには、新しい技術の適応と管理スキルやノウハウの向上による、生産管理体制の改善や強化が欠かせません。

生産管理とは?目的や工程管理・製造管理との違い、課題を解説

生産管理の将来性

生産管理は、技術革新とデータ分析の進展により、大きな変革の時を迎えています。これからの時代において、その役割と重要性はさらに高まるでしょう。

ここからは、生産管理の将来性はどのように予測されているかを詳しく解説します。

AI活用の重要度が高くなる

AI(人工知能)は、生産管理においても、生産ラインの監視やデータの自動分析による製品の品質向上、生産効率の改善、コスト削減などに活用されています。

たとえば、AIの監視による生産ライン上の異常な挙動の早期発見はトラブルの未然防止につながります。また、在庫データと需要データの照合による高精度な需要予測は、過剰在庫や過小在庫によるリスクを低減してくれるでしょう。

企業は、リスクを抑えた、より効率的な生産計画を立てることができ、競争力の向上を目指せるのです。AIの進化に伴い、生産管理の分野での活用は、今後さらに進むと考えられます。

IoT化が加速する

IoT(Internet of Things)は、さまざまな機器や装置をインターネットに接続してデータをやり取りできるようにする技術です。

スマートフォンから遠隔操作できるエアコンや照明機器、スマートウォッチなどは、IoTの技術を活用した身近な製品の一例といえるでしょう。このIoT化は、生産管理においても重要な役割を担い始めています。

工場の機械や装置がネットワークでつながることにより、機械の状態を常に監視し、異常があればすぐに対応できるようになります。さらに、リアルタイムで収集された生産データを分析し、より効率的な運用計画を立てることも可能になるでしょう。

生産管理のIoT化は、データ分析による生産プロセスの改善、在庫管理や受発注業務の自動化など、業務効率化やコスト削減を実現する、さまざまな可能性を秘めているのです。

生産管理の業務内容

生産管理は、製品の製造計画から品質管理までを総合的に管理する重要な業務です。ここからは、生産管理の業務内容を詳しく紹介します。

需要予測

需要予測は、過去の実績や市場状況などから製品の需要を予想し、それに応じて生産量を調整する業務です。需要は、実績や市場状況のほか、経済指標や季節性、製品のライフサイクルなどによっても左右します。

そのため、どの商品が、いつ、どれだけ求められるかを推測する需要予測は難易度が高い業務ですが、その一方で生産管理の要となる業務でもあります。正確な需要予測により、企業は無駄なコストを削減し、顧客満足度を高めることが可能です。

生産計画の策定

生産計画の策定は、必要な製品を適切な時間とコストで生産するためのプロセスです。具体的には、需要予測をもとに、生産ラインの設定、人員配置、資材の調達計画、機械設備の稼働計画などを決めていきます。

生産計画の目的は、在庫過多や不足を避け、生産コストを抑えつつ、市場の要求に応えることです。また、生産計画は、予期せぬ市場変動や資材の供給問題に対応するためにも柔軟でなければなりません。効果的な生産計画の策定により、企業は安定した運営と顧客満足を実現できます。

購買計画の策定

購買計画の策定は、生産に必要な材料や部品をどの量で、いつ購入するかを決める業務です。需要予測をもとに生産計画と併せて行われ、必要な資源が適時に利用できるようにします。

購買計画を立てる際には、コスト、品質、納期を考慮し、適切なサプライヤーを選定します。また、市場の価格変動や供給の不確実性に対応するため、複数のサプライヤーとの関係を築くことも必要です。

製造管理

製造管理は、生産計画通りに、効率的かつ要件を満たした品質で製品が製造されているかを管理する業務です。生産ラインの管理、作業員の配置、機械のメンテナンス、品質の監視などが含まれます。

製造管理における目標は、無駄なく、迅速に、そして安定して製品を生産することです。万が一問題が発生した場合には、迅速に対応し、生産の遅延や品質低下を防がなければなりません。

品質管理

品質管理は、製品が設計図や仕様書に基づいて正しく製造されているか、また、製品が顧客の要求や期待を満たしているかを確認し、その品質を維持・向上させるための業務です。原材料の品質検査、製造過程の監視、完成品の最終チェックなどが含まれます。

品質管理の目的は、製品の品質を一定に保つことで顧客満足度を高め、製品の信頼性を確保し、製品の再製造や返品によるコストを削減することです。また、品質管理は製品の安全性を確保し、法規制を遵守するためにも必要です。

在庫管理

在庫管理は、必要な材料や製品が適切な量で、適切な時期に利用できるようにする業務です。

在庫管理の目的は、過剰な在庫を持たず、同時に必要な時に材料や製品が不足しないようにすることです。効果的な在庫管理により、企業は無駄なコストを抑えて、生産ラインの停滞や供給の遅延を避けられるようになります。

在庫管理では、販売予測と実測、生産計画、購買計画などと連携して、在庫と生産状況を把握し、迅速な調整を行わなければなりません。そのため、システムによって管理を行うのが一般的です。

生産管理システムを自作する3つの方法|自作するメリットや開発の流れ、注意点を解説

生産管理の将来性を見据えた取り組み

今後、生産管理の業務は、AIやIoTなどの先進技術の活用と持続可能性に焦点を当てた変化が予想されています。

ここからは、生産管理の将来性を見据えたうえで必要となる2つの取り組みを紹介します。

システムを運用できる人材を確保する

生産管理の分野で進むデジタル化に対応するため、システムを理解し運用できる人材の確保は欠かせません。新しい技術、特にIoTやAI技術に精通した人材は、効率的な生産プロセスの実現に大きく貢献してくれるでしょう。

専門技術を持つ人材を外部から引き入れることも一つの手段ではありますが、IT人材の人手不足は深刻な状況にあることから、採用は困難を極めます。そのため、企業には、継続的な教育やトレーニングを通じて、最新技術を理解し活用できる人材を社内で育成する環境づくりが求められるでしょう。

生産管理に向いている人の特徴|重要なスキルや必要な資格・やりがいについて解説

生産管理システムを導入する

生産管理システムの導入は、生産の効率化と正確性の確保、品質向上を実現するために欠かせないツールです。

生産管理システムは、生産管理プロセスの自動化、データの一元化と分析といった機能を備えており、製造過程のさまざまな業務を効率的に管理できるようになります。

生産スケジュールの調整、在庫管理、品質管理などがより正確かつ迅速に行えるほか、データの集約・分析機能では、市場の需要変動に素早く対応し、資源の無駄遣いを減らす取り組みへとつなげることも可能です。

システム導入には初期投資が必要ですが、長期的にはコスト削減、生産性向上など競争力の強化が見込めるメリットが期待できます。

【2023年最新】生産管理システム18選比較!選び方や活用方法・主な機能を紹介

生産管理システムの選び方

最後に生産管理システムを選ぶ際に押さえておきたい判断基準を紹介します。

自社の業界・業種に対応しているか

まず、自社の業界や業種に適応した機能があるかどうかを確認しましょう。

製造業といっても、各業界には独自のニーズや特定の課題があります。たとえば、食品産業では賞味期限の管理が重要であり、自動車産業では部品の細かな追跡が必要です。システムがこれらの特有のニーズに応えられるかを検討することで、効果的な生産管理が可能になります。

また、システムが業界ごとの規制や標準に準拠しているかも重要な要素です。自社に最適なシステムを選ぶことで、生産効率と品質の向上が期待できます。

どの生産管理業務に対応しているか

生産管理システムを選ぶ際は、システムがどのような生産管理業務に対応しているかを検討することが重要です。

生産管理には、需要予測、生産計画の策定、購買計画、製造管理、品質管理、在庫管理など、さまざまな業務があります。自社の特定のニーズに合わせて、これらの業務をどれだけカバーしているかを確認する必要があります。

生産管理に必要な機能を網羅的に搭載したシステムもありますが、搭載機能の充実度と費用は比例して高くなる傾向にあります。不必要な機能までも搭載したシステムの導入は、結果としてコストパフォーマンスの悪さにもつながるため、必要な機能を見極め、最適なシステムを選ぶようにしましょう。

自社の生産方式に対応しているか

自社の特定の生産方式に適合しているかを確認することも大切です。

たとえば、カスタム製品を扱う場合と、大量生産の標準製品を扱う場合では、必要とされるシステムの機能が異なります。カスタム製品の生産には、個々の製品の追跡やカスタマイズの管理が重要であり、大量生産では生産ラインの効率化や充実した在庫管理の機能が求められます。

ほかにも、見込み生産や多品種少量生産など、システムが自社の生産方式に適しているかを確認することで、生産プロセスの最適化と効率化が実現可能です。正しいシステム選定により、コスト削減と品質向上が期待できるでしょう。

生産管理の将来性を見据えシステム導入を検討しよう

生産管理の将来性を見据えると、生産管理システムの導入は業務の効率化と競争力の向上に不可欠です。生産管理システムは、需要予測、在庫管理、品質管理など、多くの業務に対応し、正確かつ迅速な意思決定を可能にします。

システムを選ぶ際は、自社の業種や生産方式に適した機能を持つものを選びましょう。将来を見据えた適切な生産管理システムの導入により、生産プロセスはよりスムーズになり、コスト削減と品質の向上が期待できます。

生産管理システムの記事をもっと読む

生産管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

出張手配のやり方とは?注意点や効率化する方法・外注するメリットを紹介

最終更新日時:2024/07/25

出張管理システム

最終更新日時:2024/07/25

出張管理システム

無料で利用できるVPN6選!リスクや安全性・有料VPNサービスとの違いを解説

最終更新日時:2024/07/25

VPN

最終更新日時:2024/07/25

VPN

BTM(ビジネストラベルマネジメント)とは?メリットや選び方を解説

最終更新日時:2024/07/24

出張管理システム

最終更新日時:2024/07/24

出張管理システム

バーチャルオフィスとは?メリット・デメリットやサービス内容をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/07/24

バーチャルオフィス

最終更新日時:2024/07/24

バーチャルオフィス

更新頻度はSEOに関係する?目安や高めることで得られる効果・更新する際のポイント

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

Googleペナルティとは?原因やチェック・解除する方法、ペナルティを受けないための対策

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

画像SEOとは?重要性や効果的な施策・注意点、上位表示されるメリットを解説

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

最終更新日時:2024/07/25

SEOツール

VPN接続で通信速度が遅い理由とは?原因と対策をわかりやすく紹介

最終更新日時:2024/07/24

VPN

最終更新日時:2024/07/24

VPN

VPNとは?必要性や仕組み、利用するメリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/07/24

VPN

最終更新日時:2024/07/24

VPN

SEOとドメインの関係性とは?ドメイン名の決め方・注意点やドメインパワーを高めるポイント

最終更新日時:2024/07/24

SEOツール

最終更新日時:2024/07/24

SEOツール