生産管理とは?目的や工程管理・製造管理との違い、課題を解説

最終更新日時:2023/11/22

生産管理システム

生産管理とは

製造業において必要不可欠とされる重要な業務が「生産管理」です。生産管理とは具体的にどのような業務なのでしょうか。目的から課題までを詳しく解説しますので、生産管理について理解を深めておきましょう。

生産管理とは

生産管理とは、製品の製造プロセスにおいて、効率的な生産体制を構築し、品質の維持向上、コスト削減、納期厳守などを実現するための総合的な業務を指します。

具体的には、受注管理や需要予測から生産計画、材料調達、工程管理、品質管理、在庫管理に至るまでの一連の流れを担います。生産管理によって計画、調整、実施をコントロールすることで、企業の利益最大化を図ることができます、

生産管理の目的

生産管理の主たる目的は、企業が効率良く製品を生産し、顧客の要求する品質と量を定められた納期内に提供できるよう適切にコントロールすることです。

これには、無駄を排除しコストを削減することや材料の在庫を適切に保ちながら生産の遅延を防ぐこと、そして最終的には企業の利益を増やすことが含まれます。正確な計画とスケジューリング、資源の最適な割り当てを通して生産を最適化することが求められるのです。

生産管理と工程管理の違い

生産管理は、製品を受注してから顧客の手に渡るまでの生産計画における全工程を管理する広範な業務です。対して、工程管理は、生産ライン上での具体的な製造工程、つまり部品を組み立てたり、機械を操作して製品を形にする作業などを効率良く進めることに焦点を当てています。

簡単にいうと、生産管理は生産計画を滞りなく進めることが目的で、その中に含まれる工程管理は、実際の製造がスムーズに行われるようにするのが目的です。

生産管理の代表的な業務内容

生産管理には、企業が製品を効果的に製造するための多岐にわたる業務が含まれます。生産管理の担当者は、材料の仕入れから製品の完成までの流れをスムーズにし、品質を保ちながらコストを抑え、納期を守ることが求められます。それには、何を、いつ、どのように生産するかの計画をしっかり立てることが不可欠です。

受注管理

受注管理とは、顧客からの注文を的確に把握・整理し、製品が仕様書通りに生産されるよう手配を行う業務です。

製品情報や数量、納期などに基づいてスケジュールを立てる必要があるため、顧客との窓口である営業部門、実際に製品を作る製造部門との連携が欠かせません。

生産計画

生産計画とは、受注した製品をどのように、いつまでに作るかを決める計画です。この計画には、必要な材料の種類や量、製造に必要な機械や人の手がいつどれだけ必要かといった情報が含まれます。

材料を有効活用しながら、期限内に高品質の製品を製造できるようスケジュールの最適化が必要です。無駄のない生産計画は、コスト削減や効率の良い作業進行に直結し、企業の利益を高める重要な役割を果たします。

調達計画

調達計画は、製品を作るために必要な材料や部品を、いつ、どのくらい、どこから取り寄せるかを決める作業です。これには価格の比較や納期の調整などが含まれるため、企業のコスト管理と納品スケジュールの安定に大きく関わります。

必要な材料を適切な時期に適切な価格で確保し、生産のスケジュールに遅れないようにすることが重要です。

品質管理

品質管理は、製品が顧客の期待する品質水準や規格を満たしているかをチェックするプロセスです。これには、使用される材料の品質チェック、製品が仕様書通りに作られているかの検査、製造過程でのエラーの発見と修正が含まれます。

問題が起こった際には迅速に対応し、安定した製品を予定通り納品することで、企業の評判と利益の向上につながります。

製造管理

製造管理は、製品をスケジュール通りに、かつ効率良く生産するための業務です。これには、作業スタッフの手配、機械の稼働スケジュールの設定、作業の進行状況の監視などが含まれます。また、安全管理や作業効率の改善も大切な役割です。

各工程に割り当てられたスケジュールを守りつつ、品質を落とさずに製造することが求められます。

原価管理

原価管理とは、製品を作るのにかかる費用を計算し、コントロールすることです。原価には、材料費、人件費、製造に必要な機械や設備の使用に関わる費用などが含まれます。

それぞれの費用を細かく把握し、何にいくら使われているかを明確にすることで、無駄を省き、よりコストを抑えることができます。効果的な原価管理は利益を最大化するために欠かせない業務といえます。

在庫管理

在庫管理とは、製品を作るための材料が適切な量確保できているかをチェックする業務です。材料を必要以上に多く仕入れると管理コストがかかり、少なすぎると製造が滞る可能性があります。在庫が適正であれば、生産スケジュールに応じて製造部門に材料を届けることができます。

また、完成した製品を在庫として持つ場合も、注文に応じて迅速に出荷すれば顧客満足につながります。不要な在庫を減らすことで保管場所や管理コストの削減にもつながるでしょう。

【2023年最新】在庫管理システムおすすめ18選比較|機能や種類・選び方を解説

生産管理が抱えやすい課題

製造業において重要な役割を担う生産管理ですが、実はさまざまな課題に直面することがよくあります。ここでは具体的な課題について具体的に4つご紹介します。

人材不足による属人化

属人化とは、該当の作業ができるスタッフが少ないため、その工程を特定のスタッフに依存してしまう状況を指します。

製造業には経験や技術が必要な作業が多く、必要な人材の数が不足すると、一部のスタッフが多くの工程を担うことになります。これは、そのスタッフが休んだり会社を辞めたりすると、生産に大きな影響が出ることを意味します。さらに、新しいスタッフの教育が追いつかないこともしばしば問題となります。

作業の属人化を避けるためには、手順を明確にし、複数のスタッフで知識やノウハウを共有することが重要です。

業務のブラックボックス化

業務のブラックボックス化とは、作業の属人化によって、その工程の作業内容や判断基準を一部のスタッフにしか理解していない状態をいいます。

この状態が生じると、生産管理の重要な役割である業務の進捗の把握が難しくなり、問題が発生した際に原因を特定しにくくなります。さらに、新人が業務を学ぶのも困難になるため、知識や技術の習得がスムーズに行えません。

この問題を解決するためには、作業手順をマニュアル化し、業務の透明性を高める必要があります。これによって全員が業務の状況を理解できるようになり、チーム全体の能力が向上します。

正確なコストを把握できない

製品を作るのにかかる費用を正確に把握することは、企業にとって非常に大切です。しかし、生産管理の中で、実際にどれくらいの材料費、人件費、設備にまつわる費用などの詳細を知るのが難しい場合があります。

コストに関する情報が不足すると、正確な原価計算が行えず、製品の価格を適切に設定することができません。また、無駄なコストを削減するチャンスを見逃すことにもつながります。そのため、各工程のコストを細かく追跡し、全体の費用を正確に把握する必要があります。

他部門との情報共有

他部門との情報共有は、企業をスムーズに運営するために必要不可欠です。生産管理の部門は、営業や販売、調達、研究開発といった他部門と情報を共有することが大切です。

情報共有がうまくいっていないと、どの材料がいつまでに必要か、どの製品がどれだけ売れているかなど、全体の流れが把握できなくなります。さらに、材料が足りなくなったり、在庫が過剰になったりといった問題が生じることもあるでしょう。定期的なミーティングや情報共有システムの活用によって、正確な最新情報が各部門間で共有されることが重要です。

生産管理が抱える課題の解決策

これまでに説明したように、生産管理の課題は多岐にわたりますが、適切な対策をとることで解決することができます。ここでは、具体的な解決策を解説します。

管理方法を見直す

より良い生産管理のためには、現在の管理方法を見直すことが重要です。これには、作業手順を見直したり、新しい技術を取り入れたりすることも含まれます。

たとえば、紙ベースのアナログ記録からデジタルシステムへの移行や、スタッフがより簡単に情報を共有できるツールを導入するなどの改善が考えられます。こうした変更によって効率を上げるだけでなく、全員が最新の情報に基づいて業務を行えるようになります。

業務を最適化する

生産管理の文脈での業務最適化とは、無駄を省き、各作業工程をよりスムーズに進行させることを意味します。

このためには、まず現場で行われている作業工程を詳しく調べ、どこに時間がかかるのかや、どの工程に無駄があるかを特定する必要があります。

こうした分析に基づき、不要な工程を削除したり、異なる作業を同時に行えるようにしたりすることで、全体の効率を上げることができます。また、機械やソフトウェアの更新を行い、最新の技術を取り入れることも、業務の最適化には欠かせません。

部門との連携を強化する

生産管理を円滑に行うには、異なる部門間の連携を強化することが重要です。営業部門が顧客からの詳細な要望を生産部門に伝えることや、調達部門が必要な材料をタイミング良く手配することなどは、密接な連携があってこそ成り立ちます。

部門間で情報を共有するためには、定期的なミーティングの実施や、共有可能なデータベースシステムの構築が効果的です。また、各部門の役割や責任を明確にし、お互いの業務を理解・協力する文化を育むことも、連携強化には欠かせません。

PDCAサイクルを繰り返す

PDCAサイクルとは、業務の過程を改善していくための手法です。「計画(Plan)」「実行(Do)」「評価(Check)」「改善(Act)」の4つのステップを繰り返すことで、業務の効率化や品質向上を図ります。

初めに目標を定めて計画を立て、その計画に基づいて業務を実行します。次に、実行した結果をしっかりと評価し、問題点や改善すべき点を見つけます。さらに、見つかった問題点や改善点に対応し、また新たなサイクルを始めます。このサイクルを繰り返すことで、生産管理のプロセスは徐々に洗練されていきます。

PDCAとは?サイクルを回す意味や具体例・失敗する原因をわかりやすく解説

生産管理システムを導入するメリット

生産管理システムを導入すると、業務の自動化や情報の一元化が進み、効率的な生産活動が可能になります。ここでは、生産管理システムを導入する具体的なメリットをご紹介します。

情報を見える化できる

生産管理システムでは、日々の業務で扱う多くの情報をわかりやすく表示することができます。そのため、どの製品がどれだけの量、どのタイミングで生産されているか、現在の在庫はどれくらいか、といったデータを簡単に把握できるようになります。

これにより、スタッフは情報を素早く確認しながら正確な意思決定を行うことができます。情報が見える化されることで、ミスの防止や迅速な対応が可能になるのです。

コスト削減につながる

生産管理システムを用いれば、無駄な在庫を削減し、生産効率を高めることができます。

正確なデータに基づいた在庫管理と効率的な生産スケジューリングのために、生産管理システムは大いに役立ちます。必要な材料を適切なタイミングで適切な量だけ調達できれば、材料の浪費を防げるでしょう。また、生産ラインの稼働状況を最適化することで、エネルギーコストの削減もできます。

生産管理システムの導入事例

最後に、生産管理システムを導入することで業務をスムーズにした成功例を見てみましょう。

株式会社DMCの事例

実店舗に加えてECも展開している服や雑貨の卸売・小売をしている株式会社DMCは、POSシステムにたびたび不具合が生じ、レジが突然使えなくなるなどの状況に悩まされていました。

そこで、新たな生産管理システムを導入し、在庫管理の一元化を実現。レジにバーコードを通すだけで在庫状況が自動的に更新されるようになり、業務が削減されました。また、実店舗とECのポイントシステムを統一することで顧客情報がまとまり、顧客動向の把握にも役立っています。こうしたシステムの刷新は、コロナ禍で増加したEC需要や、実店舗で現物を確認してからECで購入したい顧客のニーズにマッチし、販売促進につながりました。

キリンスチール株式会社の事例

キリンスチール株式会社は、特殊鋼の卸売と加工販売を行っている企業です。事業が拡大する中で顧客が増えたことに伴い、要望も多様化していました。そのため、従来のシステムでは対応しきれず、業務の負荷が増加していました。

そこで、柔軟にカスタマイズ可能な生産システムの導入を決定し、以前は探すのに時間がかかっていた過去のミルシート(鋼材の品質や材質を証明する書類)も、顧客の要望に応じてすぐに提供できるようになりました。

さらに、これまで手書きだった加工指示書も自社用と外注用を一度にシステムから発行できるようになり、事務作業効率が向上。コスト半減と成果の倍増の同時達成を実現しました。

進栄化工株式会社の事例

進栄化工株式会社はシールやステッカーなどを製造・販売している企業です。多品種・少量生産と短納期を実現するために経営改革を行い、生産システムの導入を決定しました。

それまでは手書きの紙ベースで製造指示書を作成しており、進捗状況の把握が困難であり、手書きだからこその生じる人的ミスも課題としていました。生産管理システムを導入したことで目標としていた多品種・少量生産と短納期が実現し、進捗や在庫の管理も容易になり、取引先との信頼関係向上につなげることができました。

生産管理とは製造業における一連の流れを管理する業務

生産管理は、製品をスムーズに製造するために、受注から納品までの各工程を最適化しコントロールすることです。納品の期日から逆算してスケジュールを立て、必要な材料を手配し、製造現場の稼働状況を把握します。

各部門が連携して効率的に生産管理を行うことで、製品の品質を維持しながらコストを削減し、利益向上と顧客からの信頼獲得を実現できるのです。

生産管理システムの記事をもっと読む

生産管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム