生産管理のあるべき姿とは?考え方や課題・重要性を解説

最終更新日時:2024/01/09

生産管理システム

生産管理のあるべき姿

製品の生産から出荷までの工程を適切に管理する、「生産管理」。各工程をスムーズに進めるためには、生産管理のあるべき姿を明らかにする必要があります。本記事では、生産管理のあるべき姿とは何か、生産管理の定義や重要性、生産管理に必要な考え方、課題をあわせて解説します。

生産管理の定義とは?

生産管理とは、製造業における生産活動を効率的かつ円滑に進行させるための管理活動を指します。品質(Quality)・原価(Cost)・納期(Delivery)のコントロールに必要な計画や調整を意味し、製品を所定の期間内に適切な量・品質で生産するために行われる業務です。

生産管理の目的は、リソースの最適な使用、コストの低減、品質の維持や向上、納期の厳守などを通じて生産における管理統制を適正化し、企業の競争力を高めることにあります。生産管理のプロセスは多岐にわたり、需要予測や受発注、工程進捗の管理などが代表的な業務です。

生産管理とは?目的や工程管理・製造管理との違い、課題を解説

生産管理の重要性・あるべき姿とは?

生産管理は、効率的な生産活動における核心的な役割を果たします。適切な生産管理は、製造業の成功の鍵となり、その理想的な姿を追求することが不可欠です。

QCDのバランスが適切である

QCDとは、Quality(品質)、Cost(原価)、Delivery(納期)の頭文字を取った言葉で、製造業の三大要素ともいえる基準を示しています。生産管理においては、これら三要素のバランスが適切であることが、生産管理のあるべき姿といえるでしょう。

品質は製品の価値を保証し、原価は利益率を左右し、納期は顧客の信頼を築く要となります。QCDにおいて一方だけを追求すると、他が犠牲になる恐れが生じるため、各要素が高水準で均衡している状態を目指さなくてはなりません。QCDのバランスを維持・向上させることにより、企業の持続的な成長と顧客満足が実現可能となります。

QCDとは?改善に導く優先順位の立て方や事例・関係性をわかりやすく解説

生産管理の合理化における3Sが満たされている

生産管理の合理化を追求する際、以下の3Sが不可欠です。

  • Simplification(単純化):作業工程や部品の数を少なくし、シンプルにすること
  • Standardization(標準化):作業基準を明確にし、方法を統一すること
  • Specialization(専門化):作業に専門性を取り入れ、技術の向上や差別化を図ること

作業が単純であるほど製造完了までの時間が短縮され、ミスも抑制できます。誰が行っても品質にムラがないよう、生産プロセスを標準化するのも重要です。生産管理の専門化とは、特定分野に資源を集中したり、工程を見直したりして専門性を追及することを指します。専門化によって他社との差別化が図れるほか、製品づくりのノウハウ蓄積にも効果的です。

合理化に必要な3Sを満たせば、生産にかかる時間や工程の最適化につながり、統一された高い品質を維持できるでしょう。

5Sが定着している

5Sとは、生産現場の基本的な活動を指す5つの言葉から成る考え方で、以下の要素で成り立ちます。

  • 整理:不要なものを取り除き、スペースの適正化を行うこと
  • 整頓:必要なものを使いやすい位置に保管すること
  • 清掃:現場の掃除や備品のメンテナンスを行うこと
  • 清潔:整理・整頓・清掃の循環によって、清潔を保つこと
  • 躾:社員教育を徹底すること

5Sが生産現場に定着していると、現場の組織力や効率が向上するとともに、スタッフのモラルや品質も高まることが期待できます。日常業務において5Sの定着を促す取り組みを設け、労働環境の改善に役立てましょう。

生産管理の将来性とは?現状や課題・業務内容について

生産管理をあるべき姿にできない原因・課題

生産管理の理想的な実践は容易ではありません。多くの企業が直面する原因や課題が、あるべき姿の実現を妨げています。

生産性を維持できない

生産性を維持できなければ、生産管理のあるべき姿は実現できません。生産性の維持に失敗する主な原因として、受注・生産・納品における工程管理の甘さや、部門間の連携不足が挙げられます。

工程管理がずさんでは業務の無駄が大きくなり、生産性を著しく低下させます。製造業務においては、設計や製造、営業など複数の部門が関わり合うのが通常です。部門間の情報共有が不十分だと、各工程における責任の所在が不明瞭になります。目標認識も統一できず、部門や工程によって技術・品質に差が生まれてしまうでしょう。

システムによる情報の可視化と一元管理で、工程管理や部門間の連携を強化し、生産性を維持する体制を整える必要があります。

生産計画の精度が低い

生産計画の精度が低いと、生産ラインに無駄や過剰な在庫、納期遅延などの問題が生じる可能性が高まります。計画の精度が低い原因として、QCDの不均衡や市場需要の予測ミス、システム化が進んでいないことなどが考えられます。

特に、デジタル化が進む現代においては、リアルタイムでのデータ収集と分析が欠かせません。生産計画の精度を向上させるためには、生産管理システムなどのIT技術を活用し、予測モデルの見直しやデータの更新を定期的に行うことが大切です。

また、QCDのバランスを整えるうえでも、システムの導入で現場状況を可視化する必要があります。情報を正確に把握することで需要予測が立てやすくなり、QCDの均衡維持においてすべきことを判断できるでしょう。

業務が標準化されていない

生産管理があるべき姿にならない原因に、業務の標準化ができていない点が挙げられます。特定の個人にだけ業務が偏る「属人化」が主な引き金です。

標準化されていない業務は、作業者の裁量に左右されるため、作業のバラつきやミス、無駄が生じやすくなります。担当者が不在だと業務が進まなくなり、生産性が大きく低下するでしょう。

マニュアルやITシステムを取り入れると業務の標準化を促進につながり、効率的な作業手順や方法が確立されて全従業員が共通の基準で作業を行うことができます。

生産管理が属人化する原因とリスク|解消するためのポイントやメリットを解説

トラブルのリスクがある

生産活動の中で、トラブルのリスクは常に伴います。機械の故障、原材料の欠品、人的ミスなど、さまざまな原因により生産過程に支障が生じてしまうのです。トラブルによって納期の遅延や品質の低下が起こると、企業の信頼性の低下や、顧客との関係に悪影響を及ぼすことも考えられます。

トラブルのリスクを最小限に抑えるためには、事前のリスク評価や定期的な設備の保守・点検、スタッフの教育・研修が不可欠です。また、トラブルが発生した際の迅速な対応体制の整備や、発生原因の分析と再発防止策の実施も、生産管理のあるべき姿への取り組みとして欠かせません。

生産管理の改善事例|主な課題や改善に向けたポイント・手順を詳しく解説

生産管理をあるべき姿にするための対策

生産管理の課題を乗り越え、理想的な状態を実現するための具体的な対策を理解しましょう。代表的な手法と解決策を詳しく解説します。

生産管理の4Mを意識する

生産管理における4Mとは「Man(人)」、「Machine(機械)」、「Material(材料)」、「Method(方法)」のことです。4Mを意識することは、効果的な生産管理の基石となります。

  • Man(人):従業員の教育・配置などでスキルやモチベーションを最適化する
  • Machine(機械):設備の保守・点検・運用を最適化する
  • Material(材料):材料の購入・使用について見直し、品質やコストを最適化する
  • Method(方法):業務フローを見直し、品質や効率を最適化する

4Mは、製造事業を行ううえで管理が不可欠な要素です。各要素を意識し、それぞれの最適化を目指すことで、生産活動における品質や効率を向上できます。無駄なコストの削減やトラブルの予防にも役立つでしょう。

生産管理の4Mを常に意識し、最適な状態を保てば、生産管理のあるべき姿に一歩近づくことができます。

PDCAサイクルを意識する

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Act(改善)の頭文字を取ったもので、経営や業務改善の基本的なフレームワークとして広く知られています。生産管理で発生する課題も、このサイクルで迅速な改善が期待できるのです。

PDCAサイクルでは、計画・実行・検証・改善の順に具体的な行動を起こしていきます。「Plan」で生産目標や必要な資源、タイムラインなどを設定し、「Do(実行)」では計画に基づき生産活動を進めましょう。成果の分析を行う「Check」、分析結果から出た問題の改善策を考案・実施する「Act」までが1サイクルです。

このPDCAサイクルを繰り返すことで、生産管理の質を段階的に向上させ、あるべき姿に近づけます。継続的な改善活動の礎として、PDCAの意識は不可欠です。

PDCAとは?サイクルを回す意味や具体例・失敗する原因をわかりやすく解説

生産管理システムを導入する

生産管理システムを導入すると、あらゆる管理工程が自動化され、高速かつ正確な管理が行えます。原材料の調達、生産スケジュールの作成、作業員の配置、品質管理などのタスクは複雑であり、人間が手動で行うには時間がかかりすぎるか、エラーが発生しやすいのです。システムが作業を担えば効率が上がり、人的ミスの大幅な削減効果が期待できるでしょう。

また、多くの生産管理システムは、在庫管理の機能も備えています。生産の進捗状況と連携して常に適切な在庫量を維持することで、在庫過剰や在庫不足による生産停止のリスクを防ぐことができるのです。生産管理と在庫管理の一元化という意味でも重要でしょう。

生産管理システムの導入により、手間のかかる生産管理業務の大部分を効率的にこなせます。生産管理をあるべき姿にするための多くのメリットを享受できるのです。

【2024年最新】生産管理システム18選比較!選び方や活用方法・主な機能を紹介

生産管理システムを導入する際の注意点

生産管理システムの導入は、効率的な生産活動の実現に向けた重要なステップですが、その導入に際しては複数の注意点が存在します。

  • 利用形態は自社に合っているか
  • カスタマイズできるか
  • 誰でも操作できるか

システムの選択時には、自社の生産体制や業務フローに合致したものを選定することが必要です。生産品種や企業規模ごとに相性の良いシステムは異なります。自社の求める機能をカスタマイズできれば、より適したシステムとして導入を進められるでしょう。

いくら高性能な生産管理システムがあっても、従業員が使いこなせなければ意味がありません。ある程度のマニュアルがあれば誰でも使いこなせるよう、簡便性に優れたシステムを選ぶことも重要です。

生産管理の課題とは?解決策やシステムを導入するメリット・おすすめのツールを解説

システムを導入し生産管理をあるべき姿にしよう

生産管理をあるべき姿に導くには、QCDのバランスを保持するためのさまざまな対策が不可欠です。フレームワークの活用や生産管理システムの導入を行い、生産管理の課題や問題を改善しましょう。

組織全体での取り組みと意識の共有を通じて、生産管理のあるべき姿を目指し、効率的で高品質な生産活動を実現してください。

生産管理システムの記事をもっと読む

生産管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

新卒採用の手法について|トレンドやメリット・デメリット、適した手法を選ぶポイント

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

ホームページ制作はフリーランスに依頼しても大丈夫?注意点や費用相場・選び方

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

採用マーケティングとは?進め方やメリット・フレームワーク、事例を解説

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

人事評価制度がない会社とは?制度がないリスクやメリット・廃止した企業事例

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

目標管理制度(MBO)とは?メリット・デメリットや実施手順、OKRとの違いをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

人事考課とは?意味や目的・人事評価との違い、導入方法をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

能力評価とは?業績評価との違いや評価シートへの書き方・評価基準を解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

Web会議のハウリング・エコーの原因について|対策方法を詳しく解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

Web会議のやり方・必要なもの|準備や円滑に進めるための秘訣を解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット