【2024年最新】生産管理システム18選比較!選び方や活用方法・主な機能を紹介

2023/09/07 2024/01/10

生産管理システム

おすすめの生産管理システム

製造業務の改善や課題解決には、計画や在庫の管理が重要です。これらの管理業務を効率化するために、生産管理システムを導入している企業も少なくありません。今回は、厳選したおすすめの生産管理システムを比較します。主な機能や選び方についても解説するので、導入時の参考にしてください。

生産管理システムとは?

生産管理システムとは、企業の製造業務における在庫や納期、原価や工程といったさまざまな情報を管理するシステムです。製造業は、市場のニーズに見合った生産量の調整や生産スケジュールの管理を行い、一定の品質を満たした製品を納期までに生産する仕事を指します。そのためには、製品の受注から出荷、納品までの一連の生産プロセスが滞りなく進むよう管理しなければなりません。

しかし、人の手で管理すると入力もれや見落としが発生しやすく、なおかつ管理が非効率になるという欠点があります。生産管理システムを活用することで、製造業における一連の生産プロセスを効率的に管理し、生産効率の向上や製造コストの低減、納期管理の改善などに役立ちます。

生産管理とは?目的や工程管理・製造管理との違い、課題を解説

生産管理システムの種類

製造業にはさまざまな生産方式があり、採用している方式によって適切な生産管理システムも変わります。自社に合う生産管理システムを選択するためにも、どのような種類があるのか一通り把握しておきましょう。

製造業の主な生産方式を表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

生産方式特徴
連続生産同じ製品をまとまった期間で連続生産する方式
ロット生産複数の製品をロット単位で生産する方式
ライン生産専用の生産ラインで連続的に製品を生産する方式
見込み生産市場の需要を予測して受注前に生産する方式
受注生産注文を受けてから生産する方式
個別生産依頼内容に応じて生産する方式
多品種少量生産幅広い種類の製品を少量ずつ生産する方式
少品種大量生産品種を少なくし、1種類あたりの生産量を多くする方式
変種変量生産少量から大量まで幅広い生産に対応する方式

生産管理システムに備わる主な機能

生産管理システムに備わる主な機能を7つ紹介します。

在庫管理

在庫管理機能は、製品や部品、原材料などの在庫状況を管理する機能です。あらゆる在庫数量の最適化をしたり、必要量の予測をしたりします。在庫管理を行うことで、過剰在庫によるコストの増加や在庫切れによる営業機会の損失を防ぐことが可能です。

生産管理システムによっては、より正確な在庫量を把握するために、バーコードによる管理を行うものもあります。

生産計画

製品の生産計画を立てる機能です。需要予測や現在の受注情報をもとに、いつまでに何をどのくらい生産するのか、どのくらいの費用をかけるのかなどを計画します。

製造製品の優先順位を決定したり、現場のリソースをチェックしながら生産計画を立てたりするのに役立ちます。

受注・出荷管理

受注データや出荷スケジュールの管理ができる機能です。受注件数や品目、納期などの情報をもとに出荷スケジュールを立てて、現場に指示を促します。

大量の注文が入り、個々の受注や出荷を手動で管理するのが困難な場合など、出荷日を計算して最適な出荷スケジュールを作成したいときに有効です。納期に間に合うよう最適な出荷スケジュールを立てることで、顧客満足度の向上にもつながります。

工程進捗管理

製造業では各工程の進捗管理が重要であり、適切な資源配分やスケジュール調整が求められます。工程進捗管理機能は、各工程の完了予定日や進捗状況を把握し、生産スケジュール通りに進んでいるかチェックする機能です。

万が一遅延している場合は、必要な物資や人員の調整などを行えるので、納期遅れを防止することが可能です。カスタムオーダーのような1点ものの生産をする場合にも、顧客からの納期要求に対して的確に対応するために活用できます。

原価管理

原価管理機能は、材料費や労務費、間接経費などの製品の製造原価を計算・管理するための重要な機能です。特定の製品やサービスの具体的なコストを素早く把握できます。

予定原価と実際の原価を比較して無駄を減らせば、コストの削減が可能です。結果として、収益性の改善が期待できます。本機能は、製品の原価が高過ぎて利益が出ない場合や、コストを削減するための具体的な計画を立てる際などにも有効です。

発注管理

発注管理は、製品制作に必要な材料を発注する機能です。生産計画や販売計画に基づいた発注計画を立てるのに役立ちます。発注管理機能を活用すると、過不足なく適切なタイミングで必要な材料を手配することが可能です。

季節的な需要変動への対応や、新製品のローンチにともなう初期発注など、さまざまなシーンで活用できます。また、発注物が誤りなく予定通り入荷しているか確認したり、検品したりする機能もあります。

購買管理

購買管理では製品を造るための材料や部品の購入・支払いを管理します。入庫や出庫などを記録し、仕入れ・在庫の管理も行うことが可能です。

生産管理システムを導入する際の選び方

生産管理システムを導入する際には、自社に合ったサービスを選ぶことが重要です。ここでは、生産管理システムの選び方を紹介します。

現場の課題や問題を解決できるか

生産管理システムを選ぶ際には、現場の課題を把握し、解決する機能が備わっているシステムを選ぶことが重要です。

たとえば、材料の在庫管理に課題を抱えている場合、材料別の在庫量を把握・共有できるシステムを選びます。生産スケジュールが絶えず変動し、管理が煩雑になりやすい場合は、柔軟な生産計画が立てられるシステムを選ぶとよいでしょう。

生産管理システムにはそれぞれ特徴があるため、選んだシステムに自社の望む機能が搭載されているとは限りません。システム導入後の効果を最大化し、生産性の向上を図るためにも、事前の課題把握と適合性確認が不可欠といえます。

提供形態との相性は良いか

生産管理システムには、オンプレミス型とクラウド型の2種類があります。

オンプレミス型は自社のサーバーにシステムを導入する形式でセキュリティが高く、拡張性に優れているのが特徴です。しかし、初期費用が高く、システムの運用・保守も自社で行う必要があります。

一方クラウド型は、インターネットを通じてシステムを利用します。サーバーの準備が不要なため、初期費用を抑えることが可能です。システムの運用・保守もベンダーが対応するため、自社対応が少なく済みますが、自由なカスタマイズはできません。

また、セキュリティの設定もベンダー任せです。クラウド型はベンダーのサーバーに自社データが蓄積されるため、オンプレミス型に比べるとセキュリティ面の不安が大きいでしょう。

オンプレミス型とクラウド型それぞれの特徴を理解したうえで、自社と相性のよい提供形態を選んでください。

クラウド型のおすすめ生産管理システムを比較|選び方やメリット・デメリット

費用やサポートは自社に適しているか

無理のない費用負担か、サポート体制が充実しているかも、生産管理システムを選ぶ重要なポイントです。はじめに、システムの費用が予算内であることを確認してください。

生産管理システムは、導入後のランニングコストも発生します。初期費用とランニングコストを考慮し、費用対効果が得られるかを重視しましょう。

また、適切なサポートが受けられるかも確認します。サポートの内容は、ベンダーによってさまざまです。電話やメール、チャットのサポート以外にも、操作方法のオンライン説明会や個別の技術サポートを提供している会社もあります。

導入や運用に不安がある場合は、十分なサポートを受けられるサービスを選ぶのがおすすめです。

生産管理システムおすすめ18選を比較!

生産管理システムのおすすめ18選を紹介します。それぞれのサービスを比較して、導入するシステムを検討してください。

1.A's Style

A's Styleは、製造業のバックオフィス業務を自動化・最適化する生産管理システムです。経費精算や集計、データ突合など、多岐にわたる業務を管理・自動化します。セミオーダー型ERPなので、要件に合った機能を追加できるのが特徴です。

提供元株式会社ケーエムケーワールド
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • プログラム不要の開発エンジンでフレキシブルな超高速開発が可能
  • 生のデータにアクセスできる
  • AI-OCR+RPAで既存の紙資料をデータ化
URL公式サイト

2.FUSE

FUSEは、自社に必要な機能だけを導入できる生産管理システムです。スモールスタートをして、あとから機能を追加することもできます。

初心者でもわかりやすいインターフェースで、簡単に操作できるのが特徴です。初回導入後の継続率が90%と、利用者の満足度も高くなっています。

提供元株式会社日本コンピュータ開発
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • FUSE19機能導入プラン​:385万円(税込)
  • 製造業務管理強化プラン:264万円(税込)
  • 要件定義費用:66万円(税込)~
  • アプリケーション保守費用:46,200円(税込)/月

※その他個別機能ごとの料金設定あり

機能・特徴
  • 必要な機能を選んで構築可能
  • 単純明快な操作画面で誰でも使いやすい
  • システムの拡張にも柔軟に対応
URL公式サイト

3.atWill Template

atWill Templateは、SCSK株式会社が提供する生産管理システムです。同社は50年間製造業に携わっていて、培った業務ノウハウのテンプレートをatWill Templateに反映させています。

テンプレートは、製造業の生産から販売後のアフターサービスまで豊富にあり、カスタマイズすることも可能です。そのため、自社にフィットしたシステムを構築できます。

提供元SCSK株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 各社の業務にフィットする最適なシステムをスピーディに構築
  • 生産からアフターサービスまでノンストップで提供可能
  • カスタマイズに柔軟に対応
URL公式サイト

4.NAVINECTクラウド

NAVINECTクラウドは、製造業のDXを支援するサービスです。製造現場を熟知している凸版印刷株式会社が提供しているため、現場のさまざまな課題を解決に導きます。経験豊富なエンジニアによるコンサルティングを受けられるのが特徴です。

提供元凸版印刷株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン

NAVINECTクラウド
定額制タイプ

■PoCプラン

  • 基本費用:60,000円/月
  • 全サービス:30,000円/月

■スタンダードプラン

  • 基本費用:60,000円/月
  • 各サービス:60,000円/月

■オーダープラン

  • 基本費用:60,000円/月
  • 機能追加:5,000円~/月

■買い切りタイプ

  • ベースライセンス:50万円/サーバー
  • サービスライセンス:150万円/サービス

2年目以降:契約ライセンスの10%相当/年

機能・特徴
  • 経験豊かなエンジニアによるコンサルティング
  • 多種多様なアプリケーションと連携できる
  • IoTデバイスや充填機・包装機などの生産装置とも連携可能
URL公式サイト

5.TECHS-BK

TECHS-BKは、多品種少量生産型の部門加工業に適した生産管理システムです。受注・生産から売上までを一元管理できます。

データ取り込み機能で資材調達部門や事務部門の入力工程を削減したり、ハンディーターミナル運用によって原価集計時間を短縮したりと、データ入力・管理にかかる負担を軽減できます。

提供元株式会社テクノア
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 受注から生産、売上まで一元管理が可能
  • バーコードハンディーターミナルによるリアルタイムに進捗を把握できる
  • 受注データの取り込みが可能
URL公式サイト

6.FutureStageクラウドソリューション

FutureStageクラウドソリューションは、株式会社日立システムズが提供する製造業・卸売業向けのクラウドサービスです。金属加工業や自動車部品業といった特定業種向けのテンプレートを利用する場合は、すぐに使い始められます。

カスタマイズにも対応しているため、自社に適したシステム構築が可能です。クラウドサービスはアマゾンウェブサービス、もしくは株式会社日立システムズが提供するリソースオンデマンドサービスのどちらかを選べます。

提供元株式会社日立システムズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン経常費用:84,750円~/月
FutureStage クラウド型ソリューション導入1年パック:204万円~
機能・特徴
  • 製造業・卸業業向けのクラウドサービスで7種類のテンプレートがある
  • ノンカスタマイズならすぐに利用が可能
  • 2つのクラウドサービスに対応
URL公式サイト

7.ものレボ

ものレボは、最短3日でDXツールを導入できる製造業専門のクラウドサービスです。工程管理・在庫管理・受発注管理などの管理業務をデジタル化し、生産工程を見える化できます。

生産管理表は、品番・数量・納期を入力するだけで作成することが可能です。作業実績の入力も簡単で、リアルタイムで反映されるため、常に最新の進捗状況を把握できます。

提供元ものレボ株式会社
初期費用無料
料金プラン1〜29ユーザーの場合
  • スタンダードプラン:11万円(税込)/月
  • スタンダードプラスプラン:14万800円(税込)//月
  • ネクストプラン:17万1600円(税込)//月

30〜49ユーザーの場合

  • スタンダードプラン:13万2000円(税込)//月
  • スタンダードプラスプラン:18万1500円(税込)//月
  • ネクストプラン:24万5300円(税込)//月

50〜99ユーザーの場合

  • スタンダードプラン:19万1400円(税込)//月
  • スタンダードプラスプラン:29万7000円(税込)//月
  • ネクストプラン:40万7000円(税込)//月

100ユーザー以上の場合

  • スタンダードプラン:要問い合わせ
  • スタンダードプラスプラン:要問い合わせ
  • ネクストプラン:要問い合わせ
導入企業数100社以上
機能・特徴
  • 現場ファーストで作られているためどんな現場でもフィットする
  • 品番・数量・納期を入力するだけで生産計画表が作れる
  • 入力した作業実績はリアルタイムで反映され、常に最新の進捗状況を把握できる
URL公式サイト

8.SPENCER

SPENCERは、西濃運輸グループの株式会社セイノー情報サービスが提供する生産管理パッケージです。長年培った物流ノウハウや、物流改善コンサルティングの経験を活かし、サービスを提供しています。

製造業に必須の管理機能を網羅していて、生産に関するすべての情報管理を行えるのが特徴です。また、必要な機能を組み合わせて利用できるので、スモールスタートにも対応します。

提供元株式会社セイノー情報サービス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 製造業に必須の管理機能を網羅している
  • 必要な機能のみを選んでスモールスタートできる
  • エクセルと同じ操作感で使える
URL公式サイト

9.生産革新 Ryu-jin

生産革新 Ryu-jinは、製造業の中でも自動車や電気部品、食品などの量産加工に特化した生産管理システムです。受注情報に対して工程ごとに必要生産量を計算し、最適な生産計画を立案できます。

また、在庫を的確に捉えて適正な量を保ち、余剰在庫を削減したり欠品を防止したりすることが可能です。データアクセスツールを利用すれば、Excelなどの形式でデータ出力ができます。

提供元株式会社OSK
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 工程ごとの在庫や負荷を考慮した生産計画を立案できる
  • 製品や原材料などの在庫を的確に捉え、余剰在庫の削減や欠品を防止できる
  • 拡張性が高い
URL公式サイト

10.TONOPS®

TONOPS®とは、生産活動を見える化できる生産管理システムです。生産現場の管理者や作業者にとって必要な機能が実装されていて、生産計画や実行、評価をAIで自動化・最適化できます。

直感的で分かりやすいUIを追及しているため、操作しやすいのが特徴です。スピーディーな導入とカスタマイズの柔軟性を両立する「セミパッケージ方式」を採用しています。

提供元東レエンジニアリングDソリューションズ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 操作性が高く分かりやすいUIで使いやすい
  • カスタマイズもできて導入もスピーディーなセミパッケージ方式を採用
  • AIを活用した生産スケジュールの策定や在庫調整を行える
URL公式サイト

11.成形業統合生産管理システム GMICS

GMICSは、成形工場のすべてを管理できる統合生産管理システムです。物流や生産管理といった基幹業務と、成形計画・現場監視が融合していて、全社業務の見える化が叶います。

生成機一台ごとの稼働状況がリアルタイムでわかるので、問題の早期発見が可能です。成形品の品質管理による成形品の品質向上や、製品在庫管理による余剰在庫の削減などが行えます。

提供元ムラテックフロンティア株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 成形業務の基幹業務を一元管理できる
  • 成形機一台ごとの稼働状況をリアルタイムでチェックできる
  • 出荷指示と現物の照合をサポートし、誤品出荷の防止に向けた取り組みができる
URL公式サイト

12.スマートF

スマートFは、低コストで始められる生産管理クラウドシステムで、専任担当者によるサポートを受けながら導入できます。

手書きやシステムへの手入力を簡単にしたり、目視確認の工程を自動化できるのが特徴です。生産管理からMES、基幹システムなど幅広く活用できます。

提供元株式会社ネクスタ
初期費用30万円~
料金プラン48,000円/月~
機能・特徴
  • 130件以上の機能があり、必要なものを搭載できる
  • 各種データをバーコードで入力できる
  • 導入前から運用定着までサポート
URL公式サイト

13.GEN

GENは、業種別に7つのクラウドERPを提供しています。販売管理や在庫管理、管理会計、顧客管理、ワークフローなどを一元管理することが可能です。プログラミングなしで画面の追加・編集が行えます。WindowsとMacの両方に対応しているため、導入しやすいのも魅力です。

提供元GEN株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 業種別に7つのクラウドサービスを提供
  • ECサイトのような親しみやすく使いやすいUIを採用
  • ノンプログラミングで拡張できる
URL公式サイト

14.UM SaaS Cloud

UM SaaS Cloudは、さまざまな生産形態・生産方式に対応している生産管理システムです。スマートフォンやタブレット、REIDやIoTなどから実績を入力したり、進捗を確認したりできます。

要望に応じて必要な機能を段階的に導入できるので、スモールスタートではじめたい場合にも適しています。

提供元株式会社シナプスイノベーション
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 機能の導入を段階的に行える
  • スマートフォンやタブレットなどから実績入力ができる
  • さまざまな生産形態・生産方式に対応できる
URL公式サイト

15.EXPLANNER/J

EXPLANNER/Jは、日本電気株式会社が提供する生産管理システムです。個別受注生産と受注生産に対応していて、機械製造業における生産管理業務の課題を解決する機能が搭載されています。

見積もり段階で大まかな日程計画案と負荷見込みを確認できるので、精度の高い見積もり作成が可能です。ノンプログラミングでデータを検索・表示できたり、検索結果をCSVファイルで出力できたりと、便利な機能が実装されています。

提供元日本電気株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 見積もり段階で大まかな日程計画案と負荷見込みを確認できる
  • PDMやExcelで作成した品目情報・構成表を一括登録できる
  • 使用が決定したユニットごとに五月雨式に生産手配ができる
URL公式サイト

16.Smart生産管理システム

Smart生産管理システムは、低価格で豊富なカスタマイズを実現する生産管理システムです。ブラウザで利用するため、インターネット環境があればいつでもどこでもシステムを開けます。多言語に対応していて、海外拠点がある企業にもおすすめです。

提供元株式会社スカイシステム
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • シンプルな設計で使いやすく、カスタマイズも可能
  • 相場よりも安価で導入できる
URL公式サイト

17.TPiCS-X

TPiCS-Xは、営業・調達・製造部門との調整業務から解放され、安定した生産を実現する生産管理システムです。

需要変動に対応できる生産計画や在庫・進捗の管理、部門別ガンチャートによる作業負荷の把握など、多彩な機能が搭載されています。オプション追加による業務拡張も可能で、さまざまな生産方式に対応しています。

提供元株式会社ティーピクス研究所
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数2,000社を超える導入実績
機能・特徴
  • さまざまな生産方式に対応
  • オプション追加による業務拡張が可能
  • 会計システムとのデータ連携もできる
URL公式サイト

18.R-PiCS V4

R-PiCS V4は、幅広い生産形態に対応可能な生産管理システムです。ハイブリッド生産方式に対応していて、製管管理品のまとめ発注や、受注生産・計画生産の併用運用による短納期の生産計画の立案が行えます。

また、製番別BOM管理機能を利用すると、過去履歴から構成部品を検索することが可能です。メニューや機能画面のカスタマイズが行えて、目的に応じた使い方ができる点も魅力といえるでしょう。

提供元JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数660工場以上
機能・特徴
  • ハイブリッド生産方式に対応
  • 製番別BOM管理により仕様変更にも柔軟に対応できる
  • メニューや機能画面をカスタマイズできる
URL公式サイト

生産管理システムを活用するメリット

生産管理システムを活用することで得られるメリットを2つ紹介します。

リアルタイムで生産や在庫の状況把握が可能

生産管理システムを活用するメリットは、リアルタイムで生産や在庫の状況を把握できることです。Excelで生産・在庫情報を管理する場合、複数人でアクセスすると動作が重くなり、データ更新がスムーズに行えません。複数のデータ更新が重複して、混乱を招いたり、データが消えてしまうこともあります。

生産管理システムでは複数人の作業でもデータ入力をスムーズに行うことができ、リアルタイムでデータが更新されるので生産現場の問題点を早い段階で発見することが可能です。そのため、計算の手間を軽減するだけでなく、属人化のリスクもなくなるでしょう。

在庫やコストを正確に管理できる

在庫やコストを正確に管理できる点も、生産管理システムを活用するメリットです。生産管理システムに商品の流通情報を入力すると、常に正確な在庫情報を把握できます。

生産管理システムで在庫数の把握を続けると、次第に適切な生産数がわかるようになってくるでしょう。その結果、余剰在庫を削減することが可能です。ニーズの高い製品も把握できるため、在庫の過不足がないよう生産数を調整できます。余剰在庫の削減や在庫の過不足を防止すると、コストの削減や売上の維持につながるでしょう。

また、生産管理システムを使用することにより、直接・間接的な生産コストを詳細かつ正確に計算・分析することが可能です。各商品の原価を明確に把握し、価格設定や予算管理に活かせる点もメリットの一つです。

生産管理のあるべき姿とは?考え方や課題・重要性を解説

生産管理システムが生むデメリット

生産管理システムには、デメリットも存在します。生産管理システムの利用によるデメリットを理解したうえで、導入を検討することが大切です。

導入や教育にコストがかかる

生産管理システムは、導入から運用、教育にコストがかかるデメリットがあります。まず導入には、初期費用が発生します。性能にもよりますが、数百万円以上かかるのが一般的です。月々のランニングコストもかかるため、生産管理システムの導入・運用だけでも高額な費用を必要とします。

従業員が生産管理システムの使用方法を理解し、適切な操作方法を覚えるためには、教育や研修を行うことも重要です。これまでアナログで行っていた業務をシステム化するので、現場の従業員が使いこなすのには相当の時間を要すると予想できます。

このように生産管理システムの導入には、金銭的にも時間的にも多くのコストが発生します。費用対効果を考慮しながら利用を検討する必要があるでしょう。

慣れるまでは負担が増える

生産管理システムが生むデメリットとして、慣れるまでは負担が増える点が挙げられます。

今までアナログ的手法で対応してきた従業員は、新しいシステムの導入の理解に苦労するかもしれません。慣れるまでの間は、一時的に生産性が下がる可能性も考えられます。

生産管理システムの導入には、導入準備や従業員の教育・研修といった負担が増えます。一時的な負担ではありますが、慎重に導入時期を検討するとよいでしょう。

生産管理が属人化する原因とリスク|解消するためのポイントやメリットを解説

生産管理の課題とは?解決策やシステムを導入するメリット・おすすめのツールを解説

生産管理システムを効果的に活用する方法

生産管理システムを活用すると、業務効率化や生産性の向上につながります。しかし、導入や活用方法を工夫しないとうまく使いこなせないことがあります。

ここからは、生産管理システムを効果的に活用する方法を解説するので、ぜひ参考にしてください。

経営者や現場の意見を取り入れる

生産管理システムを効果的に導入するためには、経営者や現場の意見を取り入れることが重要です。実際の課題や改善点をよく理解していたり、生産管理システムの利用機会が多かったりするのは、現場の従業員です。そのため、現場の意見を取り入れるのは必須ですが、取り入れすぎると機能が増えすぎて使いこなすのが難しくなります。また、多くのコストを必要とするでしょう。

経営者の視点から組織全体の生産性向上につながるか、コストが適切かなど、客観的な視点から導入を検討する必要もあります。経営者と現場、両方の意見を聞きながら進めると、効果的な生産管理システムの導入につなげられるでしょう。

導入目的や運用までの流れを明確にする

導入する前に、導入目的や運用までの流れを明確にしておきます。導入目的を明確にして戦略に反映させ、戦略目標やCSF(重要成功要因)、KPI(業績評価指数)も設定します。最終的には、従業員のアクションプランにも落とし込んでいきましょう。

また、運用開始までのスケジュールも設定してください。最初からすべての機能を利用しようとすると、現場が混乱して業務効率や生産性が低下する恐れもあります。生産管理システムを導入する際は、段階的に運用してシステム化する業務に優先順位をつけて、徐々に取り入れるのがよいでしょう。最初はテスト運用を行い、操作して気になる点を調整してから本格運用するとスムーズに進みます。

効果測定を行い改善を重ねる

生産管理システムを活用し始めたら、効果測定を行いましょう。効果測定をすることでシステムの導入効果が可視化できます。作業時間の短縮や減価率の低下、納期の短縮などを数値化して、社内で共有することが重要です。

また、効果測定の結果から問題点や改善点を抽出し、取り組み方法の見直しを行います。継続的に改善を繰り返して、業務効率化や生産性の向上、コスト削減に努めていきましょう。

おすすめの生産管理システムの機能や相性を比較して導入しよう

生産管理システムを導入すると、リアルタイムで生産・在庫の状況を把握でき、在庫やコストの管理が正確に行えるメリットがあります。しかし、導入や教育にコストがかかったり、慣れるまでは負担が増えたりするデメリットもあります。

そのため、メリット・デメリットを考慮したうえで導入を検討し、比較しながら自社に合うものを探してみてください。

生産管理システムの記事をもっと読む

生産管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

稟議書を電子化する方法|メリット・デメリットや注意点、おすすめのシステム

最終更新日時:2024/05/29

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/29

ワークフローシステム

BIツールの市場規模・シェア状況について|今後の予測や人気のサービスを紹介

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

【無料】おすすめのBIツール10選比較|選ぶポイントや注意点・有料版との違い

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

【完全版】採用サイトの作り方|手順や掲載する情報・応募されやすいサイトの特徴

最終更新日時:2024/05/29

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/29

採用サイト作成

スタートアップの資金調達方法!事例やラウンド・成長フェーズ別に紹介

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

【図解あり】ファクタリングとは?仕組みや種類・注意点を簡単に解説

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

SEOライティングにおすすめの資格・検定|難易度や取得のメリット・注意点

最終更新日時:2024/05/29

SEOツール

最終更新日時:2024/05/29

SEOツール

社内稟議とは?必要性や通すためのポイント・効率化する方法を解説

最終更新日時:2024/05/28

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/28

ワークフローシステム

BIツール活用に向けたデータベース設計の基本|設計方法や活用例を解説

最終更新日時:2024/05/28

BIツール

最終更新日時:2024/05/28

BIツール

SEOのおすすめ資格を一覧で比較|難易度や必要性・取得するメリットを解説

最終更新日時:2024/05/28

SEOツール

最終更新日時:2024/05/28

SEOツール