おすすめのLPOツール9選比較!無料で使えるツールやCVR改善につながる手法

最終更新日時:2023/09/29

LPOツール

おすすめのLPOツール

Webサイトの成約率向上に役立つ「LPOツール」。LP(ランディングページ)をニーズに合わせて最適化することが目的ですが、具体的にどのようなツールを使えば良いのでしょうか。本記事では、おすすめのLPOツール9選を比較し、CVR改善につながる手法とあわせて紹介します。

LPOとは?

LPO(Landing Page Optimization)は、WebサイトのLPを訪問者がアクションしやすくするために最適化することです。訪問者の離脱を減らし、商品購入や会員登録などの成果につなげることを目的とします。

LPOでは、訪問者の特徴や行動履歴を分析し、テストを通じて最適なデザインやコンテンツの選定を行います。また、LPOツールを活用することで改善作業が容易になり、LP業務の効率化が可能です。

LPOはなぜ必要なのか?

LPOは、ユーザーが求める情報を的確に伝え、商品購入や会員登録などのCV(コンバージョン)を促進するために必要です。多くの商品・サービスが溢れる時代において、LPにおける訴求は欠かせません。しかし、いくら商品の良さを訴えても、わかりにくく複雑なページでは効果的な訴求につながらないでしょう。

LPの問題を解決し、商品の購入や会員登録などにつなげるための対策がLPOです。LPOによって効率的にLPの改善点を見つけると、競合他社との差別化や視認性の向上を図ることができます。CV率にも良い効果が期待でき、企業の売上向上にも貢献するでしょう。

LPOツールの選び方

漠然とLPOツールを選んでしまうと、期待するサービスに出会うのが難しくなるでしょう。LPOツールの選び方について説明するので、選定の目安にしてください。

目的に合った機能は搭載されているか

LPOツール選びの際には、目的に応じた機能が重要です。LPOツールでどのような効果を得たいのか、何を知りたいのかなど具体的な目的から機能を比較します。ニーズと合致する機能が足りないと、期待する効果が得られない恐れもあるでしょう。

LPOにはユーザー分析機能やテスト機能が備わっています。ユーザー分析においては流入経路や閲覧履歴の保存の可不可、レポートに反映可能かを確認しましょう。分析項目の豊富さや、改善施策を立てるのに十分な測定ができるかもポイントです。デザイン関連の解析にはA/Bテストが重要であるため、ツールにおける実施しやすさなどのチェックが必須となります。

試用版を通じて使い勝手を確認するなど、目的を達成できる機能があるかを入念に比較してください。

費用に対する十分な効果は得られそうか

LPOツールの導入で得られる効果は十分か、費用と比較して検討しましょう。広告費用や市場規模、既存顧客の割合なども考慮して費用対効果を判断する必要があります。

例えば流入キーワードが限定的なページの場合、複雑な解析機能を要さないケースもあるでしょう。LPOツールを用いるメリットが低くなり、費用対効果が期待しにくいと考えられます。

LPの現状を分析したうえで、ツール導入による効果を見積もっておくことが大切です。

使いやすいツールであるか

LPOツールの選択において、使いやすさが重要です。初心者でもスムーズに操作や設定が行えるか、直感的でシンプルなインターフェースであるかを確認します。使いやすいツールであれば、効率的にLPOを実施できるでしょう。

複雑で使いにくいLPOツールの場合、思うような効果を発揮できません。優れた機能を備えていても意味がないため、誰もがとっつきやすいサービスを選ぶのがおすすめです。使いやすいツールの選択により、LPOの導入と運用におけるストレスを最小限に抑え、効果的な結果を実現できるでしょう。

サポート体制は十分か

LPOツールの選択に際して、サポート体制を重要視すべきです。操作の不明点を質問できたり、LP改善のアドバイスを受けられたりするサービスだと心強いでしょう。トラブルの対処には即時性が求められるため、いつでも支援してもらえる体制が理想です。

LPOツールを提供する業者の中には、コンサルティングや導入支援、研修を提供するものがあります。経験の浅い企業でも、手厚いサポートを受けられるので安心です。サポート体制の充実度はLPOの成功に大きく影響を与えるため、適切なサポートを提供してくれる業者を選びましょう。

導入実績は豊富か

LPOツールの選択において、導入実績が豊富かどうかは重要な要素です。豊富な導入実績は、信頼性と効果の証明となります。LPOの機能が高く評価されていることの裏付けともいえるでしょう。

特に、自社と同じ業種や規模での導入実績を調べてください。導入企業の条件が似ているほど比較がしやすく、選定の判断も容易になります。自社に近い企業の導入実績数は、LPOツールと自社との相性をはかる意味でもポイントでしょう。導入実績をもとに、他社の成功事例や具体的な成果を参考にすることも重要です。

トライアル期間は設けられているか

トライアル期間の有無も、LPOツール選びにおいて欠かせません。トライアル期間を利用すれば、ツールを実際に試すことができ、自社のニーズに合った機能や使い勝手を確認できます。適切なツール選びにつながり、効果的なLPO活動を展開できるでしょう。

トライアル版のLPOツールは、一部機能が制限される場合もあります。事前に条件を把握し、試したい機能が使えるかを確認してください。トライアルで使用感を確かめておけば、導入後のミスマッチが起こるリスクを軽減可能です。

LPOツールおすすめ6選比較

この章ではLPOツールのおすすめ6選を表を用いて紹介します。各ツールに搭載される機能のほか、料金プランを比べるなどしてLPOツールを選択しましょう。

1.User Insight

User Insightは、サイトでのユーザー行動をヒートマップで可視化するLPOツールです。年齢や性別などの顧客データが瞬時にわかるため、通常のデータ分析では見つけられない課題を発見できます。

各種データの解析はもちろん、検索上位を狙うために役立つ機能も魅力です。1クリックで簡単にレポート作成ができるのも便利でしょう。オンボーディングや勉強会など、4ステップにわたるサポート体制も備えています。

提供元株式会社ユーザーローカル
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数1,000社以上
機能・特徴ヒートマップ解析、ユーザー属性解析、組織分析、リアルタイム分析、EFO分析、広告測定効果など
URL公式サイト

2.DLPO

DLPOでは、A/Bテスト、多変量テスト、パーソナライズを使用しCV率の改善が図れます。LP以外に、アプリやECサイトなどにも対応するツールです。

多くのテスト機能を搭載するため、繰り返し試験を重ねてLPを改善したい企業に適しています。DMP・CDPや他社の解析ツールと連携もでき、多角的な施策の立案にも役立つでしょう。

提供元DLPO株式会社
初期費用20万円
料金プラン10万円/月~

※詳しい内容は要問い合わせ

導入企業数800社以上
機能・特徴A/Bテスト機能、多変量テスト機能、パーソナライズ配信機能、AIパーソナライズ機能など
URL公式サイト

3.SiTest

SiTestは、CV率の向上に特化したLPOツールです。多彩な機能を活用し、迅速にCV率を上げることを目的としています。

録画再生機能を使えば、サイト訪問者の行動をつぶさに把握可能です。エントリーフォームを最適化できるシステムもあり、フォーム入力時のストレスを限りなく軽減できます。多機能性を活かし、あらゆる視点からLPOに取り組めるでしょう。

提供元株式会社グラッドキューブ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数70万サイト突破
機能・特徴ヒートマップ、テスト機能、パーソナライズ機能、レポート機能、ポップアップ機能EFOアクセス解析機能など
URL公式サイト

4.CVX

LPをスピーディーに制作し、分析・改善を実現するのがCVXです。約200種類のLPデザインテンプレートを備え、初心者でも穴埋め感覚で効率的に操作できます。

LPの文章を変えたい、写真を入れ替えたいといったニーズにも素早く対応可能です。CVXの機能で簡単に編集ができるため、多くの記事作成や複数のLP運用も行えます。

提供元株式会社ポストスケイプ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴ページ制作、A/Bテスト、ページ分析、クリエイティブ改善など
URL公式サイト

5.dejam

dejamは、3つのステップを踏むだけでLPOをスタートできるツールです。URLを入力して出てくる改善案をもとにページを公開し、解析データからLPOを実行します。

改善案に基づく編集はノーコードで行えるため、専門的な知識がなくても安心です。データの解析も自動的に済み、情報収集の効率向上にも寄与します。AI分析も用いることで、さらに効率良くLPO業務を行えるでしょう。

提供元株式会社LeanGo
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴自動解析機能、ヒートマップ機能、Googleアナリティクス連携機能、プロジェクト管理機能、CROサジェスト機能など
URL公式サイト

6.WebAntenna

WebAntennaは多岐にわたるデータを一元管理して、複雑な作業を削減できます。施策の効果を一挙に管理できるほか、違う施策同士の評価基準を統一して比較も可能なLPOツールです。

見たい情報を一つの画面に集約しており、別途データを集める必要もありません。施策の直接的な効果だけでなく、間接的にどの程度成果を上げたのかもチェックできます。サイト規模を問わずに使える汎用性の高さも魅力です。

提供元株式会社ビービット
初期費用無料
料金プランクリック数従量制:20,000~50万円/月

※追加サービス:固定費 50,000円/月~

導入企業数600社以上
機能・特徴広告効果の一元管理、アトリビューション分析、カスタマージャーニー分析、コンテンツマーケティング分析、動画の効果測定、スマホ広告の効果測定など
URL公式サイト

【無料】LPOツールおすすめ3選比較

この章では、無料LPOツールのおすすめ3選を紹介していきます。費用対効果の測定が難しい場合や、資金に余裕がない場合の選択肢にしてください。

1.Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが無料で提供しているWebページの解析ツールです。サイト訪問者の検索キーワードや国、地域などを特定し、LPの運営と分析に役立ちます。

ページごとに表示回数や滞在時間などを確認でき、複数のLP運用にも効果的です。リアルタイムでの効果測定も行え、タイムリーな情報発信が多い企業にも向いているでしょう。何より多くのユーザーがいるGoogleのサービスである点から、信頼性も高く担保できます。

提供元Google LLC
初期費用無料
料金プラン無料
機能・特徴Google独自のインサイト、機械学習機能、リアルタイム利用状況、流入経路、成果情況
URL公式サイト

2.Ptengine

世界中に20万以上の利用者がいるPtengineは、ノーコードで利用できるLPOツールです。色により識別性を高めたヒートマップ、流入元や離脱状況を知れるレポートなど、欲しい機能が充実しています。

訪問者の年齢や好みに合わせてページを最適化することで、顧客体験を向上可能です。無料プランは3,000PVまでに対応しているため、駆け出しのLPで試してみるのも一手でしょう。

提供元株式会社Ptmind
初期費用要問い合わせ
料金プラン【Insight】
  • Free:無料
  • Growth:月払い6,578円(税込)/月~、年一括払い5,478円(税込)/月~
  • Premium:要問い合わせ

【Experience】

  • Free:無料
  • Growth:月払い9,878円(税込)/月~、年一括払い8,778円(税込)/月~
  • Premium:要問い合わせ

【Bundle Pack】

  • Free:無料
  • Growth:月払い12,980円(税込)/月~、年一括払い10,978円(税込)/月~
  • Premium:要問い合わせ
導入企業数20万以上の利用者
機能・特徴アクセス解析、A/Bテスト、行動計測、リアルタイムアクセスの計測、ヒートマップツール、レポーティング
URL公式サイト

3.ミエルカヒートマップ

ミエルカヒートマップは、3種類のヒートマップでLPOが実践できるツールです。よく読まれている点や離脱が多い箇所、クリックされたところを可視化できます。

改善前後のデータを比較したA/Bテストのほか、自動キャプチャ保存や競合広告分析機能も使用可能です。Webアナリストによる無料セミナーを開催しているため、ツールとともに活用すると良いでしょう。

提供元株式会社Faber Company 
初期費用無料
料金プラン
  • 無料プラン:0円
  • ミニマム:9,800円/月
  • ビジネス:19,800円/月
  • ファースト:49,800円/月
  • エキスパート:99,800円/月
  • スーパー:14万9,800円/月

※いずれも年間契約時の金額。半年契約時よりも毎月約30%引き

導入企業数1,300社以上
機能・特徴ヒートマップ機能、A/Bテスト、ポップアップ表示機能、競合広告分析機能、パラメータフィルタ機能
URL公式サイト

LPOツールの主な機能

LPOに搭載されている主な機能について解説していきます。機能の役割を知り、目的に合う製品選びに役立ててください。

LP制作機能

LPOツールには、LP制作機能を備えるものがあります。テンプレートやデザインツールを活用して、魅力的で効果的なLPを簡単に作成することが可能です。画像やテキストを配置したり、フォームやボタンを設置したりできます。

LP制作機能があるツールを選べば、デザインやページの構築にかかるコストを削減可能です。デザインには視認性や使いやすさを意識した設計が必要なほか、ページ構築にもコーディングの専門知識が欠かせません。LPOツールに搭載されている機能を使うことで、高いスキルを要さず低コストでLP制作が行えます。

LP分析機能

LP分析機能は、LPの効果を評価し、改善のためのデータを収集します。ユーザーのニーズや関心を把握できることから、効果的なLPOの実現に有効です。

読まれている文章やクリックされやすいボタンなどから、配置や大きさが最適であるかを判断できます。思った効果が出ていない場合、LPのデザインを変えるといった対策が可能です。LPOツールを用いたLP分析の結果によって、改善点や維持すべきポイントが明白になるでしょう。

ターゲティング機能

ターゲティング機能を活用すれば、訪問者のニーズや属性に合わせて最適なコンテンツを表示可能です。興味のある情報を優先して提供したり、表示を切り替えたりできます。ターゲティング機能をLP運用に紐づければ、CV率の向上も期待できるのです。

LPOツールに搭載されるほかの機能とも連携し、より効果的なターゲティングを行うこともできます。流入キーワードに沿って部分的に表示を変えるなど、細やかな対応も可能です。ターゲティング機能を利用して訪問者に最適なコンテンツを提供すれば、高いパフォーマンスを実現できるでしょう。

A/Bテスト機能

A/Bテスト機能は、LPの効果的な改善に不可欠です。A/Bテストとは異なる2つのバリエーションで比較を行う機能で、最適な設計やコンテンツを特定するために使います。

キャッチコピー、レイアウト、ボタンのデザインなど、特定の要素においてどちらのバージョンが効果的かを同時にテストできます。A/Bテストの結果は訪問者の反応やCV率などから測定し、より良いバリエーションの追求に活用可能です。LPOのパフォーマンスを向上させるうえで、A/Bテストは欠くことのできない機能といえます。

【2023年最新】ABテストツールおすすめ9選比較|無料製品や選び方を解説

多変量テスト機能

多変量テスト機能は、複数の要素を同時に変更する際に用いるテストです。異なる要素の組み合わせがどのように相互作用するかを評価し、最適な組み合わせを見つけることができます。

LPOツールで多変量テストを実施すると、デザインやユーザビリティーのレベルを向上可能です。キャッチコピーと画像の組み合わせはどれが最適か、色と形のバランスなど複雑な比較も行えます。

LPOに多変量テストの成果を反映すれば、LPにおいて有効性の高い改善や分析ができるでしょう。より効果的なLPの制作にも役立てられ、Webマーケティングを支援します。

レポート機能

レポート機能は、LPOに必要なデータの可視化や分析結果の報告に役立ちます。LPのパフォーマンスや成果の把握に寄与する機能です。

グラフや図表での表示に対応するLPOツールであれば、レポートの内容を理解しやすくなります。データを収集して出力するだけでなく、集計項目や表示形態が幅広いレポート機能が理想です。

利便性の高いレポート機能はデータ収集・整理の業務を短縮し、効率的なLPOを実現します。

LPOツールのメリット

LPOツールで得られる2つのメリットについて解説していきます。LPの成果アップに役立つメリットばかりです。

ターゲティングの精度を向上できる

LPOツールの導入により、ターゲティングの精度向上が可能です。LPOツールのターゲティング機能を活用することで、属性や行動履歴に基づき、個別のターゲットに合ったコンテンツを提供できます。行動や属性はシステムにより自動分析されるため、精度と速度を高水準で実現できるのです。

優れたターゲティングにより、LPにおける顧客体験が向上します。ユーザーの満足度やCV率の上昇にも貢献し、販売機会を最大化できるのです。

LPを効率的に作成できる

LPOツールを使用することで、LPを作成する手間や業務負担も軽減されます。直接的なLP制作機能はもとより、高い分析機能を活用することで作成に必要なデータ収集が効率化するのです。

最適なLPの制作には相応のスキルが要求され、外注する場合はコストを捻出しなくてはなりません。LPOツールの機能を駆使すれば、LP制作そのものの時短化のほか、定量的なデータに基づく実用性に富んだLPが作れます。

LPOツールはLPの内製化を促し、自社完結で高クオリティなLP制作を可能とするでしょう。

LPを改善するポイント

この章ではLPを改善するポイントを3つ紹介します。LPOツールの効果をより良いものにするためにも押さえておきましょう。

ファーストビューを意識する

ユーザーがWebページを評価する時間は3秒から5秒とされるため、ファーストビューを意識したLP改善が求められます。わずかな時間でユーザーが求めている情報を確実に伝えるには、第一印象で目をひきつけることが重要です。特にキャッチフレーズや画像、申し込みフォームを盛り込んだファーストビューを意識しましょう。

短くわかりやすいキャッチフレーズは、得られるメリットや特徴を瞬時に伝えられます。視覚的な魅力を持つ写真や画像を選ぶほか、申し込みボタンを目立つ位置に配置するのもポイントです。ファーストビューにこだわることで訴求からアクションまでの時間を短くし、CV率の向上が期待できます。

スマホにも対応したデザインにする

スマートフォンにも対応したLPデザインが重要です。現代のユーザーはスマートフォンを頻繁に利用するため、小さな画面で閲覧したときの見やすさを重視する必要があります。

パソコンと比較して表示領域が狭いため、情報の整理とレイアウトの最適化が不可欠です。重要な情報やコンテンツを端的に表示し、スクロールやズームの操作を最小限に抑えましょう。ユーザーエクスペリエンス向上につながり、効果的なLP制作が実現します。

CVポイントを適切な箇所に設置する

ユーザーの行動特徴や傾向を考慮して、適切な箇所にCVポイントを設置する必要があります。申し込みや資料請求のボタンが該当し、CV率に直結する要素です。基本となるLPの上部・中間・下部の3つに設置するほか、訪問者の行動分析から適した位置を理解するのも大切でしょう。

ファーストビューの領域になるLP上部は、閲覧者数が多く集中するためクリック確率が上がります。商品への理解が深まったタイミングでも購入できるよう、中間と下部への設置も忘れず行ってください。CVポイントの適切な配置は、ユーザーがストレスなく購買アクションをとるために必要不可欠です。

訴求ポイントを強調する

訴求ポイントを強調することも、LPの制作・改善において大事です。ユーザーは他社のサービスと比較検討するケースも多く、自社製品の特長が明確に伝わらなければCVにつながりません。そのため、LP上で独自の価値や利点を強調し、他のサービスとの差別化を明確に示すことが必要です。

強く主張したい箇所は目立つ色やデザインにする、具体的な特典の提供でお得感をアピールするといった手法があります。訴求点が曖昧だと購入アクションにつながらないほか、他社の類似品との競争力も低下する恐れがあるでしょう。LPにおいて訴求ポイントはしっかり提示し、ユーザーの興味を強くひきつけることが大切です。

おすすめLPOツールを比較し最適な製品を導入しよう

LPOツールの機能や選び方のほか、おすすめのLPOツールを紹介してきました。各製品の特徴を把握し、ニーズを満たすLPOツールの導入を目指してください。

LPOツールの活用効果を高めるには、LP改善のポイントを意識した使い方が重要です。正しい知識をもとに、最適なLPOツールの導入と活用を実現しましょう。

LPOツールの記事をもっと読む

LPOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム