LPの売れるキャッチコピーとは?作成のポイントや注意点・惹きつける秘訣を紹介

2024/07/08 2024/07/09

LPOツール

LPのキャッチコピー

LP(ランディングページ)に訪れたユーザーが最初に目にする「キャッチコピー」。LPを最後まで読み進めるか、商品・サービスの売れ行きにも影響する重要な要素のため、適切に設定することが重要です。本記事では、LPの売れるキャッチコピーについて、作成のポイントや注意点、惹きつける秘訣などを紹介します。

LPにおけるキャッチコピーの重要性

LPのファーストビューに表示されるキャッチコピーは、ユーザーが最初に目にする部分です。このファーストビューは、離脱率が高く、ユーザーがLPを最後まで読み進めるかどうかを判断する重要なポイントと言えます。商品の売れ行きにも大きく影響するため、ユーザーの興味・関心を引くようなキャッチコピーを設定することが大切です。

魅力的なキャッチコピーは、ユーザーの心をつかみ、LP全体の効果を高める鍵となります。

ランディングページ(LP)のファーストビュー作成ポイント|適正サイズや成果につなげるコツ

LPの売れるキャッチコピーの特徴とは?

ここではLPにおける売れやすいキャッチコピーの特徴を3つ紹介していきます。

情報が分かりやすく簡潔にまとめられている

売れるキャッチコピーの一つの特徴は、情報が分かりやすく簡潔にまとめられていることです。長すぎる文章は、ユーザーの関心を引くどころか、かえって注意を散らしてしまいます。

シンプルで明瞭な表現を用いることは、ユーザーに素早くメッセージを伝え、商品の魅力を効果的にアピールするために重要です。

セールスコピーになっていない

売れるキャッチコピーのもう一つの特徴は、売り込みではなく、ペルソナの悩みや課題に寄り添った文言になっていることです。

ユーザーは押し付けられるようなセールスコピーには抵抗感を抱きやすいですが、自分の悩みや問題に共感してくれるメッセージには心を開きやすいものです。ユーザーが「この商品は自分の問題を解決してくれるかもしれない」と期待を持てるようなコピーにする必要があります。

納得できる情報が提供されている

根拠があり信頼できる情報が提供されていることも、売れるキャッチコピーの大きな特徴です。

ユーザーは、単なる主張や宣伝だけではなく、具体的なデータや実績、専門家の意見などを求めています。信頼性の高い情報を盛り込むことで、ユーザーは商品の価値を理解しやすくなり、納得して行動に移せるのです。

ランディングページの作り方!作成の流れやポイントを初心者向けに解説!

LPに必要な3種類のコピー

ここでは、LPに必要となる3種類のコピーについて紹介していきます。

キャッチコピー

ファーストビューに記載されるキャッチコピーは、ユーザーが最初に目にする部分であり、LPの成功を左右する3種類の中で最も重要な要素です。このキャッチコピーは、ユーザーの興味を引き、続きのコンテンツを読ませるための鍵となるため、短くてもインパクトのある表現が求められます。

ユーザーの関心を瞬時に引きつけることで、LP全体の効果を最大化できるのです。

ボディーコピー

ボディーコピーは、LPの中盤であるボディ部分に位置し、商品の特徴やメリット、他社との違いなどを説明する意味合いがあります。ユーザーに商品の価値を理解してもらうために必要なコピーです。

ボディーコピーは、商品に対する信頼感を高める役割を果たします。明確で分かりやすい言葉を使い、ユーザーが疑問を持たずに情報を受け取れるようにすることが大切です。

クロージングコピー

クロージングコピーは、LP終盤のクロージング部分に配置され、ユーザーの具体的なアクションを促すためのコピーを指します。

クロージングコピーには、ユーザーに購入や問い合わせなどの行動を起こしてもらうための強力なメッセージが必要です。簡潔で魅力的な言葉を使い、ユーザーに「今すぐ行動しなければ」と感じてもらえるような工夫をしましょう。

LPの売れるキャッチコピーの作り方・作成のポイント

LPの売れるキャッチコピーの作り方と、その作成のポイントについて、紹介していきます。

LPのターゲットのペルソナを明確にする

LP全体の方向性やキャッチコピーの文言を決めるために、LPのターゲットのペルソナを明確に設定しましょう。ペルソナとは、想定する顧客像のことを指し、年齢、性別、職業、悩みやニーズなどを具体的に想定します。

ペルソナを明確にすることで、ユーザーに響くメッセージを作成しやすくなり、より効果的なキャッチコピーに仕上がるでしょう。

伝えたい情報を簡潔にまとめる

人が一度に知覚できる文字数は9〜13文字と言われており、これを「13文字の法則」と呼びます。キャッチコピーを作成する際には、この法則を参考にして、13文字以内で伝えたい情報を簡潔にまとめることが大切です。

短くてインパクトのあるコピーは、ユーザーの注意を引きやすく、記憶にも残りやすくなります。伝えたいメッセージをシンプルに表現することで、より印象的なキャッチコピーを作成できます。

流入経路に合わせて作り変える

キャッチコピーは、流入元のページを訪れたユーザーの属性に合わせて作成するとよいでしょう。異なる流入経路から訪れるユーザーは、それぞれ異なるニーズや関心を持っています。そのため、キャッチコピーを複数作成し、流入経路に応じて使い分けることが望ましいです。

こうすることで、各ユーザーに最も響くメッセージを届けられ、自分向きの商品であると判断してもらえます。

ランディングページ(LP)のワイヤーフレームの作り方|作成手順やテンプレート

LPのキャッチコピーでユーザーを惹きつける秘訣

ここでは、キャッチコピーでユーザーを惹きつけるコツについて、具体的な文言の例も交えて紹介します。キャッチコピーを作成する際の参考にしてください。

未来をイメージしやすいようベネフィットを伝える

ユーザーがLPを見た際に、購入や利用によって得られるベネフィットを明確に伝えることが重要です。キャッチコピーに具体的なベネフィットが盛り込まれていれば、ユーザーはその商品やサービスを利用することで得られる未来をイメージしやすくなります。

例えば、「これであなたの時間がもっと自由に!」というような表現は、ユーザーに具体的な利点を感じさせ、購買意欲を高めます。

数字で信頼性・具体性を高める

お客様満足度や商品利用による効果などを分析し、その結果を具体的な数字でキャッチコピーに含めることは、信頼性を高めるために非常に効果的です。

例えば、「利用者の98%が満足」「累計販売数100万本」といった具体的な数字を示すことで、ユーザーはその商品やサービスの効果を直感的に理解できます。

客観的な事実を示すことで、ユーザーはその情報に信頼感を抱き、安心して商品やサービスを選べるでしょう。

最新情報を盛り込む

キャッチコピーに最新のトレンドや技術に関する情報を盛り込むことで、ユーザーは「今、知っておくべき情報だ」と無意識に興味を引かれるものです。

例えば、「最新のAI技術で効率アップ!」「今年最新!」というように、「新しい」ことを強調した情報を示すことで、ユーザーの関心を高められるでしょう。

手軽さをアピールし興味を引く

ユーザーの興味を引くためには、手軽さをアピールすることが有効です。

例えば、「最短5分で成果が出る!」や「これだけで成功!」といった表現は、手軽に成果を得たいと考えるユーザーの関心を引きやすいです。手軽さをアピールすることで、商品やサービスを利用するハードルも低く感じてもらえるはずです。

インパクトのある文言で好奇心・関心を持たせる

ユーザーの好奇心や関心を引きつけるためには、試してみたいと思わせるようなインパクトのある文言を採用することが効果的です。例えば、「今すぐ試せる」「驚きの効果を体感!」などの強い表現を使うことで、ユーザーの注意を引きつけ、興味を持たせられます。

インパクトのある文言は、ユーザーの記憶に残りやすく、LP全体の魅力を高める重要な要素となります。

ペルソナが回避したいことを盛り込む

そもそもユーザーが気になっていて回避したい事柄が盛り込まれたキャッチコピーには、自然と目が行くため効果的です。例えば、「〇〇な状態を放置すると~になる」という表現を使うことで、ユーザーに危機感を抱かせ、問題の解決を促せます。

ペルソナの悩みや恐れに共感し、それを解決する方法を提示することで、ユーザーの関心を引き、行動を促す力強いキャッチコピーを作成できます。

LPのキャッチコピー作成の注意点

LPのキャッチコピーを作成する際に念頭に置くべき注意点を2つ紹介します。

ネガティブな表現は控える

商品の印象を悪くしないために、キャッチコピーにはネガティブな表現を控えるようにしましょう。ネガティブな言葉はユーザーに不快感を与え、商品の魅力を伝えるどころか逆効果になりかねません。

代わりに、ポジティブな表現を用いることで、商品の価値を高めユーザーの興味を引きつけやすくなるでしょう。例えば、「簡単に失敗しない」よりも「簡単に成功する」という表現の方が好印象を与えます。ネガティブな表現を避け、ポジティブなメッセージでユーザーの関心を引くことが大切です。

LP(ランディングページ)ライティングのコツ|基本構成や参考にすべきテクニックを解説

誇張した表現に注意する

キャッチコピーで実際の効果以上のアピールを行うことは、景品表示法や薬機法に違反する可能性があるため、注意が必要です。

誇張した表現は一時的にユーザーの関心を引くかもしれませんが、法的な問題を引き起こすリスクがあるだけでなく、誇張された情報が後に誤りであると判明すると、企業の信頼性も大きく損なわれます。

適切で正確な情報を提供し、ユーザーに対して誠実なメッセージを伝えることが、長期的な信頼を築くために重要です。

ユーザーの心に刺さる誠実なキャッチコピーを考えよう

LPのキャッチコピーはユーザーの心をつかむ重要な要素です。商品の魅力を効果的に伝えるキャッチコピーを作成するには、ペルソナを明確にしたうえで、訴求力のある表現を用いることや、正確な情報を提供することが大切です。

強いインパクトと信頼性のあるメッセージを持つキャッチコピーを考え、LPの効果を高めましょう。

LPOツールの記事をもっと読む

LPOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達