【2024年最新】リードジェネレーションツールおすすめ16選を比較!選び方や手法を解説

2023/09/20 2024/03/21

リードジェネレーション

おすすめのリードジェネレーションツール

リードジェネレーションは見込み顧客獲得を目的とする活動を指しますが、思うように獲得につながらない・効率化ができないなど悩みを抱えている方も多いと思います。そこで、本記事ではおすすめのリードジェネレーションツールを16種類厳選して紹介していきます。併せて、選び方や導入するメリットなども解説していくので、検討している方はぜひ参考にしてみてください。

リード獲得・リードジェネレーションとは?

リードジェネレーションとは、自社の商品・サービスに関心を持つ見込み顧客を獲得することです。現時点において商品・サービスを認知していない人たちの中から、将来顧客になる可能性のある人を抽出し、顧客の増加を目指します。

顧客を新たに生み出す第一歩となるため、リードジェネレーションの実施は重要なマーケティング手段です。

見込み顧客の獲得後はコミュニケーションを継続していき、商品・サービスの購入につながるよう働きかけていきます。

【オフライン】リードジェネレーションの主な手法

リードジェネレーション・リード獲得の手法を大きく分類すると、「オフライン」「オンライン」の2つになります。「オフライン」の主な手法である次の4つについて解説します。

  • 電話(テレアポ)
  • セミナー
  • DM(ダイレクトメール)
  • 展示会

電話(テレアポ)

電話をかけて売り込みをする手法、いわゆるテレアポです。訪問の約束を取りつけたり、資料を送付したりすることによるリードジェネレーションの手法です。

特別な準備も必要なく、人員さえあればすぐに始められるのがメリットです。電話ができる環境なら可能なので、予算も少なく済みます。

一方で、担当者が不在であればアプローチができない、断られると非効率的になるといった弱みもあります。最近は電話営業を嫌がる顧客も多いため、取り扱いに気をつけなくてはなりません。高いコミュニケーションスキルが求められるほか、営業スタッフの精神的負担にも配慮する必要があります。

セミナー

セミナーを開催する手法もあります。自社の商品・サービスに関心のある人を集客して情報を発信し、対話などから商談につなげるリードジェネレーションです。

商品・サービスに関心のある人が参加しているため、来場者に直接アプローチすることによって、見込み顧客が獲得できる可能性が高いのがメリットです。

デメリットとしては、会場を手配する場合の会場費をはじめ、集客をするためのコストが発生することが挙げられます。近年普及がすすむオンラインのセミナー「ウェビナー」を利用すれば、会場費などのコストを大きく抑えることが可能です。

DM(ダイレクトメール)

見込み客になりそうな顧客情報リストがある場合には、商品・サービスの情報をダイレクトメールによって送る手法が使えます。IT・DX化がすすんでいない業界には特に有効です。

送付先リストの精度が高ければ、ある程度の成果が期待できるのがメリットです。一方、情報の送付が一方通行になるため、ターゲットが情報を見たかどうかを確認できないことがデメリットと言えます。

展示会

展示会に商品を出展するリードジェネレーションの手法です。規模が大きいほどアプローチの機会も増え、多くの見込み顧客獲得が期待できます。

商品への関心事項や、サービスに対する要望などを直接聞ける点がメリットでしょう。具体的なヒアリングをもとに、商品の改善につなげられます。

デメリットは多額の出展コストが発生することです。費用対効果が想定を下回る場合もあるため、入念な対策が必要となります。

【オンライン】リードジェネレーションの主な手法

オンラインでのリードジェネレーションの主な手法は次の4つです。

  • オウンドメディア
  • SNS
  • デジタル広告
  • コンテンツマーケティング

インターネットを活用した、現代ならではの手法が豊富です。それぞれについて説明していきます。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、企業のWebサイトやブログなど、企業が発信するメディアのことを指します。検索エンジンからオウンドメディアにたどりついたユーザーに、自社商品・サービスの認知を促す手法です。

メリットとしては、適切なキーワードを設定することによって、効果的にリードジェネレーションが行えることが挙げられます。ユーザーの検索意図とキーワードを予測し、検索目的を満たすコンテンツを作るのがポイントです。

一方、コンテンツの作成から検索エンジンでの上位表示までに時間がかかることがデメリットとなります。オウンドメディアの設計・運営には、相応の知識やコストも必要です。

SNS

X(旧:Twitter)、Facebook、InstagramなどのSNSを活用するリードジェネレーションの手法です。フォロワーを増やし、投稿やキャンペーン施策などを通じて見込み顧客の獲得につなげます。

メリットは、コストをかけずにすぐ導入できることです。自社の商品・サービスについて投稿をしているアカウントにアプローチしたり、ユーザーとコミュニケーションを取ったりすることもできます。

炎上リスクがある点には注意が必要で、ネットリテラシーなどの習得が欠かせません。フォロワー増加と見込み顧客の獲得までに時間がかかることも、デメリットであると言えます。

デジタル広告

デジタル広告とは、Web上に広告を出すリードジェネレーションの手法です。

検索エンジンの検索結果に表示させる「リスティング広告」、動画や画像を活用できる「SNS広告」などさまざまな種類があります。自社が行うリード獲得施策との親和性を考慮し、目的に合わせた選択が重要です。

デジタル広告のメリットは、短期間で成果が出やすいこと、効果測定がしやすいことです。デメリットはコストがかかることであり、広告の規模や種類によっても費用は変動します。

コンテンツマーケティング

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信する手法が、コンテンツマーケティングです。有益な情報を提供することで見込み顧客を育成し、自社の商品・サービスのファンになってもらうことを目指します。

コンテンツマーケティングのメリットは、潜在顧客にも効果的に発信ができることです。動画やブログを使うことで、商品・サービスを認知していない層に向けてアピールできます。

中長期的な運用が必要なコンテンツマーケティングは、成果が出るまでに時間がかかる傾向です。即効性を期待する場合にはデメリットとなるでしょう。

リードジェネレーションツールおすすめ7選比較

おすすめのリードジェネレーションツールを7種類紹介します。ツールごとの強みや機能、料金などを比較して導入を検討しましょう。

1.Chatwork広告

Chatwork広告はビジネスチャットであるChatworkのユーザーに対して、サービスや商品の宣伝ができるサービスです。

PCやスマホ、メルマガなどのさまざまな手法での集客が可能であり、利用者のニーズに応じた最適な広告プランを提案してくれます。

提供元Chatwork株式会社
初期費用なし
料金プラン
  • 配信単価:1円/1通〜
  • 最低配信予算:30万円〜
機能・特徴
  • chatworkのユーザーデータを活用
  • 低コストで効率よく集客可能
  • バナー制作も可能
URL公式サイト

\資料請求は完全無料!/

Chatwork広告の資料請求はこちら>>

2.オンラインプロモーション

コンテンツ制作からリード獲得・活用までトータルにサポートするツールです。自社が求めるリードを件数保証で提供してくれるため、確実性の高い成果が期待できます。

PDFや動画など、さまざまな媒体向けにコンテンツ制作の支援を受けられるのも魅力です。リード活用オプションを使えば、情報収集やリードとのコミュニケーションサポートなど多くのメリットを享受できます。

提供元アイティメディア株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数年間500社
機能・特徴件数保証×属性保証、時期問わず実施可能

記事型、PDF、動画 コンテンツ制作から支援

リード活用を支援する豊富なオプションを展開

URL公式サイト

3.LeadPool

リスト作成・顧客詳細情報の調査を行い、CRM/SFAへのデータ入力を効率化するリードジェネレーションツールです。

500万社以上の企業データと、300万人以上の​プロスペクト情報が検索できます。膨大な企業・人のデータから、アプローチすべきターゲットを社内で共有可能です。CRM連携で見込みリストの作成を自動化できるため、上質なリストを効率的に入手できます。

提供元株式会社Mer
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴企業検索のみならず人物軸での検索も可能、豊富なデータベース、1to1アプローチ、CRM連携
URL公式サイト

4.GeAIne

BtoB向けのリードジェネレーションツールで、新規開拓営業をサポートしてくれます。企業の問い合わせフォームに自動で営業メールを送り、新規アポの獲得を促すのが強みです。AIによるアタックリストの自動分類、営業文章の効果測定といった、リードの獲得に役立つ機能も使えます。

3日間限定のトライアルプランは、送信数200社、リスト取得300件の条件付きで利用可能です。無料で使えるため、まずは使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

提供元エッジテクノロジー株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン基本プラン(最低利用期間3ヶ月)
  • ビジネス:40,000円/月
  • スタンダード:67,500円/月
  • ハイエンド80,000円/月

営業リスト付プラン(最低利用期間3ヶ月)

  • ビジネス:70,000円/月
  • スタンダード:12万1,500円/月
  • ハイエンド16万円/月
機能・特徴新規開拓における問い合わせフォーム営業を自動化、受注確度の高いキーマンへアプローチが可能、自社に適したアタックリストをAIが自動分類、営業文章をA/Bテストし効果が高い文章に最適化
URL公式サイト

5.ホットアプローチ

フォーム営業を得意とするリード獲得ツールに、ホットアプローチが挙げられます。フォーム営業とは、企業のホームページなどにあるお問い合わせ窓口を通じて営業をかける手法です。

480万社以上の企業データべ―スから、ターゲット企業のアプローチリストを作成し、一斉送信ができます。アプローチ結果を行動ログから確認できるため、営業を優先すべき顧客の判定も容易です。

提供元株式会社ハンモック
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴「ビジネス情報」を選ぶだけの企業選定、送信文面の雛形を搭載、一斉送信、反応があった企業にアプローチ
URL公式サイト

6.APOLLO SALES

営業リストの作成から、フォーム営業・メール営業にまで対応したリード獲得ツールです。条件を指定するだけで企業リストを自動収集するなど、作成プロセスを効率化してくれます。リスト先へのメール送信やフォーム営業も自動です。

導入サポートが充実しており、操作方法や営業メールの文面まで提案してくれます。営業を強化したい企業を後押しし、新規営業のハードルを下げるのにも役立つでしょう。

提供元株式会社Onion
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数1,000社以上
機能・特徴簡単に営業リストを作成できる、作成した営業リストに自動でアプローチ、営業の人材不足を解決、誰もが理解しやすいインターフェイス
URL公式サイト

7.アポレル

決裁者へのアプローチに特化しているのが、アポレルの特徴です。オンライン完結型の営業活動を実現し、効率的かつスピーディーに決裁者のアポイント獲得を支援します。

決裁者しか登録できない、完全審査制のサービスです。商談の決定権を持つ人だけに絞れるため成約率を上げやすく、費用対効果も高く期待できます。

提供元株式会社アライアンスクラウド
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴決裁者限定、完全審査制、完全オンライン
URL公式サイト

【営業リスト作成に特化】リードジェネレーションツールおすすめ5選比較

営業リスト作成に特化した、リードジェネレーションツールのおすすめ5選を紹介します。精度の高いリストを作りたい、リスト作成を効率化したい企業におすすめです。

1.Musubu

法人営業のターゲティングから成約までを支援するMusubuは、140万件以上の企業情報データベースを活用できるリードジェネレーションツールです。営業に必要なあらゆる情報を取りそろえており、高精度のデータから営業リストを作成できます。

豊富な検索軸を活用し、期待値の高い見込み顧客のみを抽出可能です。過去の営業活動を解析することで、成約確率の高い企業をピックアップする機能もあります。ただ情報を集めた営業リストではなく、成果の出やすい高品質なリスト作成ができるでしょう。

提供元Baseconnect株式会社
初期費用0円
料金プラン
  • フリープラン:0円
  • 3ヶ月スタートプラン:16万5,000円(税込)
  • 6ヶ月プラン:30万円(税込)
  • 12ヶ月プラン:54万円(税込)
導入企業数通算導入利用社数11万1,755社
機能・特徴140万件以上の企業情報データベース、新たなアプローチ先を見つけるための豊富な検索軸、メール一斉配信、成果分析、シンプルで直感的なマウス操作、営業活動を支援するための充実した導入サポートや活用支援
URL公式サイト

2.Urizo

全国560万件以上の企業情報を営業リストとして取得できるリードジェネレーションツールです。iタウンページやハローワークなど30以上のサイトからメールアドレス・電話番号などを収集し、企業リストを自動で作成します。

リスト収集にかかるコストは1件あたり1円以下なので、予算が限られる企業にもおすすめです。情報の収集はリアルタイムで行われるため、鮮度の高い営業リストが完成します。直感的な操作で一覧化できるのも魅力でしょう。

提供元株式会社セールスサポート
初期費用5,500円(税込)
料金プラン
  • 無料版 0円
  • ベーシック:9,900円(税込)/月
  • スタンダード:15,400円(税込)/月
  • プレミアム:23,100円(税込)/月
  • スーパープレミアム:44,000円(税込)/月
導入企業数ダウンロード数70,000以上
機能・特徴リスト収集ツールなので低コスト、誰でも簡単に使えてすぐに企業リストを作成できる、クローリングと人の目チェックで新鮮なデータを収集、最新の様々な企業リストを30以上のWEBサイトから簡単に収集
URL公式サイト

3.FORCAS

受注しやすい顧客を可視化し、売上向上に寄与するリードジェネレーションツールです。増収増益や採用傾向といった多角的な検索条件から、リスト化のための絞り込みが行えます。

作成したリストは自動分析にかけることができ、特徴や重要度などの項目から見込み顧客を抽出可能です。通常のリストからさらに踏み込んだ注力企業リストの作成も行え、営業を優先すべき企業が一目瞭然になります。

提供元株式会社ユーザベース
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴営業の感覚に沿った企業リストを作成、3ステップで簡単に顧客の傾向を分析、ターゲット企業の情報を短時間で深く理解できる
URL公式サイト

4.ListA

価値あるターゲティングリストの作成にこだわりたいなら、ListAが選択肢に入るでしょう。Web上から収集したデータに基づいて、リストを簡単に自動作成できます。

情報のリアルタイム収集はもちろん、データの出所が明確であることも強みです。正確で高鮮度のリストを作ることができ、着実な成果へと導いてくれるでしょう。対応エリアであれば訪問サポートを受けられるほか、定期的に開催される無料の勉強会で知識を深められます。

提供元エコノス株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • ライト:11,000円(税込)/月
  • スタンダード:22,000円(税込)/月
  • エンタープライズ:44,000円(税込)/月
  • シンプル:22,000円(税込)/月
機能・特徴キーワード検索、ハウスリストツール、新規事業者の抽出、業種×住所検索、チェックツール、問い合わせURLの抽出
URL公式サイト

5.BIZMAPS

企業情報プラットフォームであるBIZMAPSを活用すると、営業リストの効率的な作成を実現可能です。業種・事業内容・売上など複数の項目から絞り込み、企業情報を手に入れることができます。

展示会への出展情報やサイト掲載の有無など、細やかな条件からターゲットを絞り込めるのが利点です。営業目線に立って見込み顧客を抽出でき、確度の高いアプローチへとつなげることができます。

提供元株式会社アイドマ・ホールディングス
初期費用要問い合わせ
料金プランデータ販売
  • Free:0円
  • 個別購入:5,500円/月〜

定額プラン5000

  • 3ヶ月: 49,900円
  • 6ヶ月: 34,900円
  • 12ヶ月: 24,900円

定額プラン1000

  • 3ヶ月: 9,980円
  • 6ヶ月: 6,980円
  • 12ヶ月: 4,980円

トップアプローチ:要問い合わせ

リストプラス:要問い合わせ

フォームアプローチ:要問い合わせ

導入企業数32,000社以上
機能・特徴データベースは月100件まで無料提供、導入製品や展示会出展履歴からデータベースを検索可能、リサーチャーが随時更新する精度の高いデータベース
URL公式サイト

【MAに特化】リードジェネレーションツールおすすめ2選比較

MAに特化したおすすめのリードジェネレーションツールを2選紹介します。MAとはマーケティングオートメーションの略称で、マーケティング活動の効率化を支援する技術です。

1.List Finder

自社サイトの閲覧時間やアクセス頻度などを解析し、製品・サービスの購入を検討している見込み顧客が一目で判別できるツールです。ニーズのあるターゲットを浮かび上がらせ、効率的なアプローチを可能にします。

アプローチタイミングも知らせてくれるため、最短の道筋で商談につなげることが期待できます。一斉メール配信機能で休眠顧客の発見ができるほか、開封率や閲覧状況の分析機能も便利です。

提供元株式会社Innovation X Solutions
初期費用
  • フリー:0円
  • ライト:10万円
  • スタンダード:10万円
  • プレミアム:10万円
料金プラン
  • フリー:0円
  • ライト:39,800円/月
  • スタンダード:59,800円/月
  • プレミアム :79,800円/月
導入企業数1,800アカウント以上
機能・特徴自社製品・サービスを検討中の顧客が見つかる、アプローチタイミングを自動でお知らせ、休眠顧客の掘り起こしができる
URL公式サイト

2.SATORI

匿名の見込み顧客との接点を作り出せる、MAに特化したリードジェネレーションツールです。Webサイト内のユーザーの行動履歴を把握し、関心の高い見込み顧客を発見できます。見つけた顧客に対して、アプローチすべき最適なタイミングを提示してもらうことが可能です。

匿名客への営業が行えるため、実名客だけの場合よりも商談機会の増加が期待できます。ビジネスチャンスが広がり、効果的なマーケティング施策の実現にも役立つでしょう。

提供元SATORI株式会社
初期費用33万円(税込)
料金プラン16万2,800円(税込)/月(年間契約)

※契約は前払いの一括請求のみ

導入企業数導入実績1,500社以上
機能・特徴顧客獲得に強い、導入・操作が簡単、手厚いサポート体制
URL公式サイト

【ウェビナーに特化】リードジェネレーションおすすめツール2選比較

ウェビナーに特化したリードジェネレーションツールのおすすめ2選を紹介します。オンラインイベントを使って商品・サービスを広めたい企業に適しているでしょう。

ネクプロ

顧客・視聴データの活用に寄与する、ウェビナー・動画配信プラットフォームです。配信機能とマーケティング機能を兼ね備えているため、一元的にマーケティング対策を行えます。

動画配信やオンラインイベントなどでのリードの獲得、記事作成やアンケートによる顧客育成が可能です。顧客に応じてコンテンツをパーソナライズ化し、求めている情報をピンポイントに提供できます。ウェビナーやオンラインイベントの効果を最大化できるツールの一つでしょう。

提供元株式会社ネクプロ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数導入実績400社以上
機能・特徴オンラインで情報を発信、集客し接点を獲得、継続的に顧客とコミュニケーション、顧客行動の分析からコンテンツ改善
URL公式サイト

EXPOLINE

ビジネスイベントの設計・管理を総合的にサポートする、セミオーダー型のプラットフォームです。オンラインのイベントはもちろん、オフラインイベントやハイブリッドイベントにも対応しています。

イベントで提供するコンテンツの制作や、来場者とのコミュニケーションを促す機能も豊富です。サイトの回遊性を高める機能も備わっており、より効率的に商品やサービスの魅力を伝えられます。

提供元株式会社スプラシア
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業数導入イベント数400件以上
機能・特徴自社オリジナルなオンラインイベントを実現可能、リード獲得から育成までのデータを管理・運用、イベントを独自のオウンドメディアへと昇華
URL公式サイト

リードジェネレーションツールを導入するメリット

リードジェネレーションツール導入の主なメリットは、以下の3つです。

  • リード獲得を効率化できる
  • リード獲得のコツや情報を共有できる
  • 場所を選ばずリードを獲得できる

ツールの導入は、リード獲得に多くの恩恵をもたらします。それぞれどのような効果があるかみていきましょう。

リード獲得を効率化できる

ツールを使うことのメリットに、リードジェネレーションの効率化が挙げられます。

ツールを導入することで作業を自動化することができ、顧客検索や営業リストの作成、優先ターゲットの絞り込みなど多くの業務をシステムに任せられます。メールの一斉送信など、大量営業も可能になるのです。

手作業に比べるとスピードが格段に上がり、事前準備や顧客情報の管理を大幅に効率化できます。ターゲット層への効率的なアプローチが可能になり、見込み顧客の創出を促すことができるのです。

リード獲得のコツや情報を共有できる

リードジェネレーションツールを導入すると、リードジェネレーションに関するさまざまな情報を社内で共有できます。ツールを使ったイベントやウェビナーの開催は、代表的な共有手段の例です。ほかの社員の商談を見ることができ、現場に触れるかたちで多くの学びを得ることができます。

知識の獲得や学習がスムーズになる分、営業活動を素早く展開可能です。リード業務を誰もが理解することで、仕事の属人化も予防できるでしょう。

場所を選ばずリードを獲得できる

場所を問わずにリード業務ができるのも、ツール導入のメリットです。これまでのリードジェネレーションは、営業担当者が企業や顧客のもとに出向き、コミュニケーションの積み重ねによって成り立っていました。

しかし、リードジェネレーションツールを導入すると、相手のところまで出向く必要はなくなります。メール営業やウェビナー配信などが活用でき、パソコンやスマホからリードジェネレーションが実施できるのです。

移動時間がなくなり、遠方の相手ともコミュニケーションが取れるため、より多くの商談の機会を設けられるでしょう。

リードジェネレーションツールの選び方

リードジェネレーションツールの選び方として、次の3点を解説します。

  • 自社の目的に合ったツールであるか
  • 必要な機能は備わっているか
  • 費用対効果に優れているか

自社の目的に合ったツールであるか

リードジェネレーションツールにはそれぞれの特徴があり、機能もさまざまです。自社の目的に合致したツールであるかどうかが、ツールを選ぶ際の重要なポイントになります。リストの作成が得意、MAに優れるなどツールごとの特性から判断するのが基本です。

自社の抱えている課題を明確にすると、目的に沿ったツールを選びやすくなります。課題の内容を踏まえ、解決に最適なツールを選定しましょう。

例えば、営業リストの精度を高めたいなら、リスト作成に特化しているツールがおすすめです。ウェビナーを開催したい、メルマガを発信したいなどの具体的なニーズから絞るのも良いでしょう。目的達成や課題解消が実現できるツールを選べば、効果的なリードジェネレーションが期待できます。

必要な機能は備わっているか

リードジェネレーションツールは、それぞれに備わっている機能が異なります。自社が求める機能の有無からツールを選ぶのも一手です。欲しい機能が多いほど目標達成に役立ち、見込み顧客の獲得を促せます。

CRMなどの既存システムとの連携機能があれば、顧客管理やリスト作成の効率化が可能です。営業活動をさらに幅広く展開したい場合、SNS連携や集客コンテンツの制作ができる機能があると良いでしょう。

ただし、機能は多ければ良いというわけではなく、あくまでも自社にとって必要な機能が備わっているかが重要です。無駄な機能を省くことで使いやすさが上がり、コストカットにもつながります。

費用対効果に優れているか

リードジェネレーションツールが費用対効果に優れているかどうかも、重要なポイントです。導入時の初期費用に加えて、運営費も発生します。費用を加味した上でどの程度リード獲得に寄与するか、見合った効果を得られるかを検討しなくてはなりません。

ツールの機能を活用して何人の見込み客が得られるのか、申し込みは何人獲得できるかなどについて把握しましょう。一定の投資に対し、問題解決の効果を十分に実感できるリード獲得ツールを選ぶことが大切です。

リードジェネレーションツールを導入する際の注意点

リードジェネレーションツールを導入する際の注意点は、次の2つです。注意点を理解しておけば、ツール選びや運用の失敗を防げるでしょう。

  • 成果が出るまでには時間がかかる
  • 料金・費用が増加する可能性がある

成果が出るまでには時間がかかる

リードジェネレーションツールを導入しても、リードジェネレーションへの効果がすぐに得られるとは限りません。リード獲得率の増加など、目に見える成果が出るまではある程度の時間がかかることが一般的です。

ターゲットへのアプローチと分析、結果に応じた営業活動の変更などを長期的に繰り返していかなければなりません。

ツールの機能や使い方によっても、成果が出てくる時間は異なります。早急に結果を求めるのではなく、長い目で見た運用が大切です。

料金・費用が増加する可能性がある

リードジェネレーションツールを使うことで、利用料金の増加や追加費用が発生するケースがあります。リードジェネレーションを行った期間に応じてコストが上がるほか、獲得したリード数が多いほど支払金額が増える料金プランもあるのです。

想定より料金が多くなる場合もあるため、プラン内容や追加費用について事前に検討しておきましょう。あらかじめ、費用の増加を見込んで予算を組んでおくという方法もあります。

おすすめツールを比較・導入しリードジェネレーションを成功させよう

リードジェネレーションとは、自社の商品・サービスに関心を持つ見込み顧客を獲得することです。将来顧客になる可能性のある人を抽出し、顧客の増加を目指すことを目的として行われます。

リードジェネレーションツールを導入すると、リードを獲得に向けて最適な施策を立てられたり最大化できたりとさまざまなメリットがあります。ツールの選び方を参考に、自社にとって最適なツールを選んでください。

リードジェネレーションの記事をもっと読む

リードジェネレーションの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールとExcelの違いとは?機能やできること・できないことを簡単に解説

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

廃業とは?倒産・閉店・休業との違い、手続きや回避する方法を解説

最終更新日時:2024/06/24

経営

最終更新日時:2024/06/24

経営

ストレスチェックで高ストレス者への面談内容とは?流れやメリット・デメリット

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

コンピテンシー評価とは?項目例や導入の流れ、メリットとデメリットを解説

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達