販売管理の業務フローについて|必要な書類や販売管理システムを利用するメリット

最終更新日時:2023/12/01

販売管理システム

販売管理の業務フロー

適切に販売管理を行うために、業務フローを改善したいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。本記事では、販売管理の目的から必要な書類、業務フロー改善の方法まで詳しく解説します。販売管理システムの特徴や選定方法など、ぜひ導入を検討する際の参考にしてみてください。

この記事の要約

・販売管理は大きく6つの業務フローに分けられる
・販売管理の業務フローを効率化する上ではシステムの導入がおすすめ

販売管理の業務フローとは?

販売管理とは企業の利益を計算するために、お金と物の流れを管理する業務のことです。販売管理を行うことで、無駄なコストの可視化や業務・在庫の最適化が行えます。

そして販売管理の業務フローとは、商品やサービスの販売過程を効率的に管理する一連の手順です。ここからは、販売管理における業務フローの流れとそれぞれのポイントを解説します。

1.受注管理

受注管理は販売管理業務の最初のステップで、顧客からの注文内容を正確に記録するプロセスです。受注管理では、注文された商品やサービスの種類、数量、価格、配送先、納期などの情報を詳細に確認し、顧客の要望に応じた対応を行います。

受注管理の正確さは、その後の生産管理や在庫管理、配送計画にも直接影響を与えるため、ミスの発生は大きなリスクとなります。また、顧客からの問い合わせや要望に迅速かつ柔軟に対応できる細やかな管理は、顧客満足度を高める要因ともなるでしょう。

適切な受注管理により、販売プロセス全体のスムーズな進行と顧客満足の向上が期待できます。

2.出荷管理

主に商品の出荷と納品の工程を管理する出荷管理では、正確かつスピーディに商品を届けられるよう在庫のチェックと配送リソースの調整を行ないます。

出荷の際には、商品の種類や数量が注文内容と一致しているかを確認し、配送方法や配送先の情報も正確に管理します。また、配送の遅延や商品の破損を防ぐための梱包方法や輸送手段の選択も重要なポイントです。

出荷後は問題なく納品されたことを確認し、納品伝票や受領証に確認印が押されることで納品工程が完了します。出荷管理は、サービス品質の向上や物流コストの削減に寄与し、企業の競争力を高める要因となります。

3.請求管理

主にお金の流れを管理するのが請求管理です。販売した商品・サービスの詳細を記載した請求書を作成し顧客に送付。その後、期日までに代金が入金されているかを確認します。

請求書における記載事項の誤りや対応ミスは、顧客との信頼関係に関わります。また、ずさんな管理による請求もれや未回収代金の発生は、企業のキャッシュフローを悪化させる原因にもなるでしょう。

取引先ごとに異なる請求内容、支払い期限、支払い方法の管理は、非常に複雑なため、多くの場合、エクセルでの一元管理や、請求管理システムなどの導入により作業の効率化が図られるのが通常です。

4.在庫管理

在庫管理は、販売に必要な商品の在庫量を適切に保持し、管理するプロセスです。在庫管理の目的は、必要な商品を適切な量、適切な時期に保有することにあります。

過剰在庫は、保管コストや廃棄コストの増大を招き、逆に、過小在庫は、顧客のニーズに対応できず機会損失が発生するリスクとなります。そのため、在庫管理では正確な需要予測により、過不足なく在庫を調整することで、コストの削減と顧客満足の向上を両立させなければなりません。

また、在庫状況はリアルタイムでのデータ追跡が重要となるため、販売・生産管理とのデータ連携ができるシステムの導入が不可欠な業務といえるでしょう。

5.仕入管理

仕入管理は、販売に必要な資材を、適切な量と品質、条件で供給者から仕入れする業務です。仕入管理を適切に行うことで、在庫コストの削減や品質管理が可能になります。また、仕入れた商品が需要の変動に応じてスムーズに販売につながるよう、需要予測や市場動向を考慮することが重要です。

仕入管理においては、信頼できる供給者との関係構築も大切であり、長期的なパートナーシップを築くことで、安定した供給や価格交渉に有利に働きます。

販売管理の業務に必要となる主な書類

販売管理には、注文から配送までの各段階を記録する多くの重要な書類が必要です。ここからは、​販売管理の業務に必要となる主な書類​を紹介します。

見積書

見積書は、商品・サービスの提供にかかる費用や内容、数量などを詳細に記載した書類のことです。商取引において、主に販売者から購入者へ提出され、購入や契約を判断する際の基礎となります。

見積書は、販売者と購入者間における交渉のツールとしても機能し、取引の金額や内容についての認識を共有し、後々のトラブルを防ぐための大切な書類です。また、後に作成される請求書は、この見積書の内容をもとにして発行されます。

注文書

注文書は、顧客が商品やサービスを購入する際に発行する書類です。注文された商品の種類、数量、価格、配送先などの情報が含まれています。

注文書は、販売契約の成立や受注管理の基準として機能し、商品の正確な提供を保証する重要な役割を果たします。

請求書

請求書は、商品やサービスを提供した後、代金を顧客に請求するための書類です。提供された商品やサービスの詳細、数量、単価、合計金額などが記載されています。

請求書は、代金の支払いを求める書類であり、企業と顧客間に取引があったことの証明にもなります。

納品書

納品書は、商品やサービスを提供した際に、その内容や数量、価格などを明記して受け取り側(顧客)に渡す書類のことです。

納品書は、販売者が商品やサービスを正しく提供した証拠となり、また、購入者がそれらを受け取った証拠ともなります。また、万が一にも商品の数量や内容に問題があった場合は、注文書と納品書を参照して対応にあたることになります。

販売管理の業務フローを改善するにはシステムの導入がおすすめ

販売管理の効率化には、最新の管理システムの導入が大きな助けとなります。販売管理システムを導入することで、販売管理の業務フローを自動化して効率的な管理が可能です。

ここからは、販売管理システムを導入するメリットを2つ紹介します。

業務の速度や精度の向上につながる

販売管理システムを導入することで、販売管理業務の速度と精度が大きく向上します。

システムにより、注文の処理から在庫の管理、請求書の発行までの一連の作業が自動化され、手作業で行うよりも迅速かつ正確に処理が可能です。特に、人の手で行うとミスが起きやすい数値の入力や計算も、システムを利用することで誤りを減らせます。

また、リアルタイムでの情報更新が可能になるため、常に最新の状態を把握することができ、迅速な意思決定や対応が可能です。このようにシステムを活用することで、業務の効率化だけではなく、顧客サービスの質の向上にも寄与できます。

必要な情報を一元管理できる

販売管理システムによって、販売に関わるあらゆる情報を一ヶ所で管理できるようになります。これにより、顧客情報、商品の在庫状況、注文履歴、請求状況など、さまざまなデータを素早く確認し、必要なときにすぐにアクセスすることが可能です。

集約された情報の検索や共有が容易になることで部署間の情報の連携もスムーズに行えるでしょう。そのため、業務の効率化はもちろん、戦略的な意思決定の基盤としても活用できるのです。

【2023年最新】おすすめの販売管理システム16選比較|メリットや機能・選び方を解説

販売管理業務に導入するシステムの比較ポイント

販売管理システムを選ぶ際には、機能性やコスト、使いやすさなどを比較することが重要です。ここからは、比較ポイントを詳しく紹介します。

導入形態

販売管理システムの運用方法は、主に自社サーバー上で運用するオンプレミス型と、インターネットを通じてサービスを利用するクラウド型があります。

オンプレミス型は初期費用が大きくなりがちですが、システムの管理やカスタマイズが容易です。一方、クラウド型は初期投資が少なく、保守やアップデートがサービス提供者によって行われるため、管理の手間を最小限に抑えることができます。ただし、安定したインターネット環境の確保が重要です。

また、システムの種類として必要な機能を初めから備えたパッケージタイプと、自社仕様にカスタマイズされたオーダーメイドタイプの2種類があります。ニーズや予算、IT環境に応じて、最適な導入形態を選ぶようにしましょう。

搭載機能

販売管理システムに必要な基本機能は、主に注文管理、在庫管理、請求書作成、顧客情報管理などがあります。これらの基本機能が搭載されているかどうかを確認することが大切です。

また、業務の特性に応じて、見積作成や営業支援ツール、生産管理機能などの追加機能も考慮する必要があります。さらに、データ分析やレポート作成機能が充実していると、正確な売上予測や需要予測の大きな助けとなるはずです。

自社のビジネスニーズや業務フローに合わせて、最適な機能を備えたシステムを選びましょう。

サポート内容

サポート内容には、導入支援、トレーニング、障害時の対応、定期的なアップデートやメンテナンスなどが含まれます。

特にシステムの導入初期には、ベンダーによる研修実施といった導入支援があるとスムーズな移行と早期の運用定着が見込めます。

さらに、定期的なアップデートやメンテナンスの頻度、障害が発生した場合のサポート体制など、サポート内容の詳細とサポートに関連した追加料金が発生するかどうかを、あらかじめ確認しておくと安心です。

業務効率化におすすめの販売管理システム

ここからは、業務効率化におすすめの販売管理システムを3つ紹介します。

楽楽販売

楽楽販売は、使いやすさを重視した販売管理システムです。注文管理、在庫管理、請求書の作成など、基本的な機能が直感的な操作で利用できるため、システム化に不慣れな企業においても簡単に使いこなせます。

またデータの一元管理が可能で、リアルタイムでの在庫や売上の確認が行えるため、即時の意思決定が可能です。コストパフォーマンスにも優れ、初期導入のハードルが低い点も魅力の一つです。

提供元株式会社ラクス
初期費用16万5000円(税込)
料金プラン66,000円(税込)~/月
導入実績3,000社以上(※2023年5月時点)
機能・特徴
  • 見積管理
  • 受注・発注管理
  • 請求管理など
URL公式サイト

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、中規模から大規模の企業向けに設計された販売管理システムです。販売管理、在庫管理、購買管理などの基本機能に加え、プロジェクト管理や会計連携機能も提供しており、あらゆる業務をサポートします。

カスタマイズ性が高く、企業の特定の要件に合わせて機能を調整することが可能です。また、安定したパフォーマンスと充実したサポート体制も、アラジンオフィスの強みです。

提供元株式会社アイル
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績5,000社以上
機能・特徴
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 在庫管理など
URL公式サイト

SKit FLEXi

SKit FLEXiは、柔軟性と拡張性を特徴とする販売管理システムです。さまざまな業種や規模のビジネスに対応できるよう設計されており、基本的な注文処理、在庫管理、会計管理に加え、ユーザーのニーズに合わせて幅広い追加機能を組み込むことが可能です。

インターフェースは直感的で使いやすく、初心者から上級者まで幅広く利用できます。また、クラウドベースで提供されるため、どこからでもアクセスが可能でリモートワークや多拠点運用にも対応しています。

提供元株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・セキスイシステムズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 販売・仕入
  • 在庫管理
  • 債権・債務
  • 会計管理
  • 外貨管理など
URL公式サイト

適切な販売管理の実現には業務フローの理解が必要

効果的な販売管理を実現するためには、業務フローの全体像を理解しましょう。注文から請求、出荷までの各ステップを正確に把握し、それぞれのプロセスがいかに連携しているかを知ることが不可欠です。

この理解に基づいて適切な販売管理システムを選び、業務の効率化を図ることが企業の成長と顧客満足度の向上につながります。

販売管理システムの記事をもっと読む

販売管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

見やすい在庫管理表とは?エクセル・手書きでの作り方やおすすめの無料テンプレート

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

チャットボットの正答率はどのくらい?向上させる方法や平均値を解説

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット