クラウド型のおすすめ販売管理システムを比較!メリットや選ぶ際のポイント

最終更新日時:2023/12/05

販売管理システム

クラウド型の販売管理システム

受注管理・在庫管理・購買管理など煩雑になりやすい販売管理業務を効率化する「販売管理システム」。なかでも、導入・運用のしやすさからクラウド型の販売管理システムが注目されています。本記事ではクラウド型のおすすめ販売管理システムを比較し、メリットや選ぶポイントを解説します。

クラウド型販売管理システムとは?

クラウド型販売管理システムは、インターネットを介して、販売管理に必要な業務を効率化できる機能を提供するシステムです。従来のオンプレミス型システムと比べて、管理や運用が簡単で、場所や特定のPCやサーバーに依存せずにアクセスできるというメリットがあります。

データがクラウドに集約されることから、複数の拠点間での情報共有においても、一元的に、かつリアルタイムで更新された情報にアクセスすることが可能です。

システムの機能は、クラウド上で構築されているため、自社サーバーを準備する必要がなく、導入コストが低く抑えられることも大きなメリットといえるでしょう。

クラウド型販売管理システムの選び方

販売管理システムは、これまでオンプレミス型が主流でしたが、アクセス性の高さだけでなく、API連携などによる拡張性の高さなどから、​クラウド型のシステムを導入したり、移行したりするケースも増えています。

しかし、自社に合うシステム選びを成功させるには、いくつかのポイントを踏まえて精査しなければなりません。ここでは、押さえておきたいシステム選びの基準について紹介します。

自社の業務内容にあっているか

クラウド型販売管理システムは、主に、受注してから納品するまでの商品管理と、それに伴うお金の流れを管理するための2つの機能を備えています。

システムを選定する際は、まずこれら2つの機能が、自社の販売プロセスや業務体制とマッチするかを精査します。また、営業管理など、販売管理と親和性に高い業務に既存システムが導入されている場合は、それらシステムとの連携が可能かどうかも重要な選定基準となるでしょう。

加えて、販売管理システムには、業界を問わず導入できる汎用型システムと、特定の業界・業種向けに特化した機能を備えた特化型システムの2種類があります。

機能、システムの種類を踏まえ、自社の利用規模や業務に合ったものを選定してください。

サポート体制・セキュリティ対策は十分か

クラウド型販売管理システムを選ぶ際には、サポート体制とセキュリティ対策が十分かどうかも重要なポイントです。

クラウドサービスのセキュリティレベルは、日々向上していますが、それでもサイバー攻撃によるリスクを「ゼロ」にすることはできません。セキュリティ面が不安であれば、経済産業省が発表した「クラウドセキュリティガイドライン」を参照するとよいでしょう。

サポート体制については、サポート窓口の営業時間や問い合わせ手段、トラブルが発生した際の対応方法などを確認します。ベンダーによっては、専任の担当者によるサポートや、導入時の初期設定サポートなどが受けられることもあります。具体的なサポート内容をしっかり把握しておきましょう。

マルチデバイスに対応しているか

在宅勤務をはじめ、サテライトオフィスなどを活用したテレワークなどの働き方が普及した今、オフィス外からもアクセスできるシステムの導入は、業務効率や生産性に直結します。

そのため、PCだけでなく、スマホやタブレットなどの端末からも操作が行えるマルチデバイス対応の機能は必須といえるでしょう。クラウド型の多くはマルチデバイス対応となっているものがほとんどですが、導入前に、PC以外の端末からの操作性についても確認しておくと、より安心です。

中小企業向けのおすすめ販売管理システム!選び方や導入するメリットについて

【2023年最新】おすすめの販売管理システム16選比較|メリットや機能・選び方を解説

クラウド型販売管理システムを一覧で比較!

ここからはクラウド型販売管理システムを9つ紹介します。特徴や機能を比較して、選定の際の参考にしてください。

楽楽販売

楽楽販売は、ルーチンワークの自動化、自社仕様へのカスタマイズといった充実の機能のほか、マウス操作だけでシステム構築ができる使いやすさも兼ね備えた販売管理システムです。

特に、Excelのデータをマウス操作だけで取り込み、システムを構築できる機能は、Excelデータの一元化をスムーズに実行し、データ転記時のミスも低減してくれます。サポート体制も手厚いため、システムを初めて使用する企業においても安心して導入に踏み切れるでしょう。

提供元株式会社ラクス
初期費用16万5000円(税込)
料金プラン66,000円(税込)~/月
導入実績3,000社以上(※2023年5月時点)
機能・特徴
  • 見積管理
  • 受注・発注管理
  • 請求管理
  • マルチデバイス対応
  • 請求書、報告資料の自動作成
URL公式サイト

商蔵奉行クラウド

商蔵奉行クラウドは、汎用性が高く、柔軟に設定がしやすいという特徴があります。

商品・在庫・販売・顧客・発注の管理といった販売業務をオールインワンでカバー。さらに、税込・税別の切り替えや割引条件など細かい設定機能を備えることで、さまざまな業種に対応しています。

ECサイトと実店舗の販売管理を一元化することができ、スマホ用アプリも提供されているため、現場での販売管理も楽に行えます。

提供元株式会社オービックビジネスコンサルタント
初期費用

◼︎商奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:無料
  • iJシステム:50,000円
  • iAシステム:50,000円
  • iBシステム:60,000円
  • iSシステム:70,000円

◼︎蔵奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:無料
  • iJシステム:50,000円
  • iAシステム:50,000円
  • iBシステム:60,000円
  • iSシステム:70,000円

◼︎商蔵奉行クラウド(セット)

  • iEシステム:無料
  • iJシステム:50,000円
  • iAシステム:50,000円
  • iBシステム:60,000円
  • iSシステム:70,000円
料金プラン

◼︎商奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:7,340円/月(88,000円/年)
  • iJシステム:10,000円/月(12万円/年)
  • iAシステム:17,000円/月(20万4000円/年)
  • iBシステム:20,250円/月(24万3000円/年)
  • iSシステム:24,000円/月(28万8000円/年)

◼︎蔵奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:7,340円/月(88,000円/年)
  • iJシステム:10,000円/月(12万円/年)
  • iAシステム:17,000円/月(20万4000円/年)
  • iBシステム:20,250円/月(24万3000円/年)
  • iSシステム:24,000円/月(28万8000円/年)

◼︎商蔵奉行クラウド(セット)

  • iEシステム:13,000円/月(15万6000円/年)
  • iJシステム:18,000円/月(21万6000円/年)
  • iAシステム:27,500円/月(33万円/年)
  • iBシステム:32,100円/月(38万5000円/年)
  • iSシステム:36,700円/月(44万円/年)
機能・特徴
  • 見積・受注・売上管理
  • 請求処理
  • 債権・入金管理
URL公式サイト

freee販売

freee販売は、直感的な操作が可能な使いやすいインターフェースが特徴のシステムです。

そのほか、複数の販売チャネルの一元管理、分析機能や出力帳票の豊富さ、カスタマイズ性の高さなどが評価されています。サポート体制も、導入サポートをはじめ、FAQ、マニュアルが完備されており安心です。

単体で使用するのはもちろん、同シリーズの「freee会計」と連携することで、さらなる業務効率化を目指せる点も魅力といえるでしょう。

提供元フリー株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン◼︎スタータープラン
  • 月払い:3,960円(税込)/月※47,520円(税込)/年
  • 年払い:3,278円(税込)/月※39,336円(税込)/年

◼︎スタンダードプラン:要問い合わせ

機能・特徴
  • 顧客・案件管理
  • 売上・粗利管理
  • 見積書・請求書・発注書
URL公式サイト

フリーウェイ販売管理

フリーウェイ販売管理は、売上管理、請求書発行、入金伝票作成の3つの主要機能を備えたクラウド型販売管理システムです。

百を超える店舗の販売管理を一元化でき、ダッシュボードからの簡単操作で管理機能や帳票のデザイン等を細かく、自由にカスタマイズできます。また、プラットフォームには、セキュリティが万全なAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)が使われています。

「1000伝票、3人のデータ共有まで永久無料」プランもあるため、まずはコストをかけずに販売管理システムを試してみたい、という企業にもおすすめです。

提供元株式会社フリーウェイジャパン
初期費用無料
料金プラン月額 2,980円~
※無料版もあり
導入実績11,557ユーザーが利用(2023年10月31日時点)
機能・特徴
  • 売上伝票の入力
  • 請求書の発行
  • 入金伝票の入力
  • マルチ言語対応
URL公式サイト

FLAM

FLAMは、クラウドのストレスを感じさせない「高速レスポンス」に定評のある販売管理システムです。

販売管理に必要な基本機能を網羅的に搭載し、ワンクリックで会計データの出力ができるなど、関連作業を軽減する機能も充実しています。

年間約70回以上実行されるアップデートにより、常により良い環境が提供されるのも、クラウドならではの環境を存分に活用した、ユーザーファーストのシステムといえるでしょう。

提供元株式会社フリップロジック
初期費用無料
料金プラン
  • STANDARD:10,230円(税込)/月
  • PROFESSIONAL:21,780円(税込)/月
  • PREMIUM:54,780円(税込)/月
機能・特徴
  • 売上・仕入・在庫管理
  • メール一括送信
  • 伝票払出(受入)一括処理
URL公式サイト

クラウドERP ZAC

クラウドERP ZACは、IT・システム業、イベント業、クリエイティブ業など、プロジェクト単位で案件を取り扱うケースの多い業界に特化した機能を網羅的に搭載したERPシステムです。

見込・引合管理から見積・受注・売上・請求管理まで、販売業務全体を管理できる機能を備えているほか、スケジュール管理や勤怠管理、プロジェクトごとのコスト管理など、プロジェクトの進行に欠かせない機能も搭載。また、受注確度管理や受注予定日管理などの案件管理機能に加え、ワークフロー機能、売上データ集計などのアウトプット機能も搭載しています。

提供元株式会社オロ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績900社
機能・特徴
  • プロジェクト管理
  • グループウェア
  • 管理会計
URL公式サイト

SKit FLEXi

SKit FLEXiは、販売管理から、受注・発注、購買管理まで、発生するプロセスをシームレスに管理できる機能を搭載したERPシステムです。

年商30億から500億という幅広い規模の事業に対応できる一方で、利用機能やユーザー数、データ量に応じて「必要な分だけ」の料金プランが利用できるため、運用コストを抑えることも可能です。

特に、卸売業の多岐にわたる業務プロセスを総合的に支援してくれる販売管理機能が充実したシステムといえるでしょう。

提供元株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・セキスイシステムズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 販売・仕入・在庫管理
  • 債権・債務・会計管理
  • 外貨管理
URL公式サイト

WorkVision販売管理クラウド

WorkVision販売管理クラウドは、株式会社WorkVisionが40年以上かけて改良を重ねたシステムをクラウド化したサービスです。

販売管理、仕入管理、在庫管理をサポートするだけではなく、業務プロセスの改善や内部統制の強化、コンプライアンス経営を支援する機能を搭載。月額20,000円からのサブスクリプション型を採用した料金体系のため、初期費用を抑えた導入ができることも魅力です。

提供元株式会社WorkVision
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 日次業務
  • 在庫管理
  • 債務・債権管理
  • マスタ管理
URL公式サイト

アラジンクラウドソリューション

アラジンクラウドソリューションは、インターネットからのアクセスのほか、専用のアクセスツールをインストールした個別端末からもアクセスができる販売・在庫管理システムです。

必要機能のみをシンプルに搭載した標準型パッケージのほか、5000社以上の導入実績から開発した業種特化型パッケージも提供しており、標準のパッケージをベースに、自社事業に必要なオプション機能を柔軟にカスタマイズできる点も特徴です。

提供元株式会社 アイル
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 単価・見積管理
  • 債権・債務管理
  • ロット管理、ハンディターミナル連携オプション
URL公式サイト

クラウド型販売管理システム導入のメリット

最後に、効率化とコスト削減を実現するクラウド型販売管理システムを導入するメリットを改めて確認しておきましょう。

導入費用や運用コストを抑えられる

クラウド型システムは、事業規模の拡大に合わせて利用範囲を広げることができる従量課金制の料金体系を採用しているサービスも多く、初期に将来的な事業拡大を見越した大型投資をする必要がありません。

さらに自社で専用サーバーの設置やシステム開発をする必要がない点も、導入コストを大幅に抑えられる理由です。運用面では、月額や年額の利用料金が発生し続けるため、利用期間によっては、必ずしもオンプレミス型よりも「安い」とは限りませんが、メンテナンスやアップデートを自社で行わないため、管理の人的・時間的コストは抑えられる傾向にあります。

低予算での導入、人的リソースの削減の2点を実現できる点は、とりわけ中小企業にとって大きなメリットがあるといえるでしょう。

情報共有が円滑になる

クラウド型販売管理システムでは、インターネット環境と端末さえあれば、システムの機能やデータに、いつでも、どこからでもアクセスすることが可能です。

常に最新の情報がシステム上で共有されるため、組織内の情報認識の正確性やリアルタイム性が確保されるのはもちろん、別途、情報をやり取りする手間が省けることから、生産性の向上にもつながります。このような環境は、迅速な意思決定や属人化の解消にも役立つでしょう。

クラウド型販売管理システムを導入し業務の効率化を図ろう

クラウド型販売管理システムの導入には、多くのメリットがあります。低コストで始められ、運用も手間も低減されるため、人手不足や予算確保に悩む中小企業にとっては最適なソリューションとなるはずです。

ぜひ、クラウド型販売管理システムを導入して業務の効率化を図り、ビジネスを次のステージへと進化させましょう。

販売管理システムの記事をもっと読む

販売管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム