中小企業向けのおすすめ販売管理システム!選び方や導入するメリットについて

最終更新日時:2023/12/04

販売管理システム

中小企業向けの販売管理システム

中小企業は販売プロセスを効率化し、限られた予算と時間の中で収益を最大化しなくてはなりません。当記事では、中小企業に多くのメリットをもたらす販売管理システムの選び方や、おすすめの製品を紹介します。導入を検討している方は、ぜひ製品選定時の判断材料にしてください。

中小企業の販売管理が抱えやすい課題

販売管理システムの導入効果を高めるためにも、どのような課題を解決するために導入されているかを把握しておきましょう。ここでは、中小企業の販売管理で抱えている主な課題を紹介します。

業務フローを確立できない

中小企業の販売管理で起こりやすい悩みとして、業務フローが確立できないことが挙げられます。人的リソースが限られた環境下では、さまざまな業務が交錯し、効率的なプロセスを作り出すことが難しいでしょう。

とくに販売管理では、注文の受付から発送、請求までの一連の流れが複雑に絡み合うことがあります。これにより、誤った注文処理や納期の遅れ、在庫の誤管理などが生じやすくなり、結果として顧客満足度が低下することにもつながります。

販売管理の業務フローについて|必要な書類や販売管理システムを利用するメリット

正確な会計管理が難しい

中小企業では正確な会計管理を行うのが難しい場合があります。その理由として、資源が限られているため、売上や支出の詳細をリアルタイムで追跡することが難しいことが挙げられます。とくに販売活動に関連する会計処理は、複雑で時間を要する作業であり、正確さを保つためには専門的な知識と注意が必要です。

高額なシステムは導入しにくい

中小企業にとって、高額な販売管理システムの導入は大きな負担となります。予算の制約があるため、先進的な機能を持つシステムの導入は難しい場合もあるでしょう。

しかし、なかには中小企業の予算に合う低コストで効果的な販売管理システムも存在します。これらのシステムを活用することで、効率的な業務を実現できるでしょう。

中小企業でクラウド型販売管理システムを導入するメリット

中小企業では、クラウド型販売管理システムの導入がおすすめです。ここでは、中小企業がクラウド型販売管理システムを導入するメリットを紹介します。

費用を抑えて導入できる

クラウド型販売管理システムは、導入にかかるコストを大幅に削減できます。毎月の利用料金を払えば利用でき、高価なハードウェアや専用ソフトウェアを購入する必要がありません。

システム保守のために人材を雇う必要もないため、人件費など運用にかかる費用も押さえられるでしょう。また、無料で利用できるトライアル期間を設けているものも多く、導入のしやすさも魅力のひとつです。

業務負担を軽減できる

クラウド型販売管理システムを導入することで、中小企業は日々の業務負担を大幅に軽減できます。注文処理や在庫管理、顧客情報の追跡など多岐にわたる業務を自動化することで、効率化を実現できるでしょう。

また、リアルタイムでのデータ更新やアクセスの容易さにより、迅速な意思決定を支援し、業務の透明性も向上します。これにより、従業員は煩雑な作業から解放され、より重要な業務に集中することが可能です。

トラブルへの対策になる

クラウド型販売管理システムは、中小企業におけるさまざまなトラブルへの対策としても優れています。このシステムを活用することで、データの誤入力や情報漏洩のリスクを軽減できます。

クラウド型のシステムは常に最新のセキュリティ対策が施されており、データのバックアップも自動的に行われるため、万が一のシステム障害時でも情報の損失を防ぐことが可能です。また、リアルタイムに情報共有することで、コミュニケーション不足などによって生じる誤解を防ぐこともできるでしょう。

蓄積したデータを活用できる

クラウド型販売管理システムでは、日々の業務で蓄積される大量のデータを効果的に活用できます。売上や顧客動向、在庫状況などの情報が一元的に管理され、必要な時に容易にアクセスできます。過去のデータを分析することで、ビジネス戦略や改善策の立案にも活用できるでしょう。

中小企業向け販売管理システムの選び方

販売管理システムを選定する際は、選び方のポイントを押さえておく必要があります。ここでは、中小企業向けの販売管理システムの選び方を見ていきましょう。

導入〜運用にどの程度の費用がかかるか把握する

販売管理システムを選ぶ際は、導入から運用にかかる費用を事前に把握することが重要です。初期費用だけでなく、月額の使用料やアップデートなどサポートに必要な追加費用も含めて検討する必要があります。

また、システムを最大限活用するための研修や従業員の教育にかかる費用も見積もることが望ましいです。製品や利用する人数によっても料金が異なるため、事前にかかる費用を明確にし、自社の予算に適しているかを把握しておきましょう。

導入する業務の規模を把握する

導入する業務の規模を正確に把握しておくことも重要なポイントです。中小企業は、現在の業務量と将来の成長予測を考慮して、システムの拡張性を評価する必要があります。

そのため、ビジネスが成長するにつれて対応できるシステムが理想的です。売上高や取引件数、顧客数など業務の範囲と複雑さを見極め、それに応じた機能を持つシステムを選びましょう。

サポート体制を比較する

提供されているサポート体制についても入念に比較しましょう。サポートの質や利用可能な時間、迅速な対応が可能かどうかは、システム導入後の運用に大きく影響します。とくに技術的な問題や操作方法に関する疑問が発生した場合は、すばやく的確なサポートが受けられるかが重要です。

また、サポートが日本語で提供されているか、トレーニングや資料が十分に提供されているかも確認するべきポイントです。良質なサポート体制が整っているシステムを選択することで、システムのトラブルにも早急に対応でき、業務の効率を維持できます。

【2023年最新】おすすめの販売管理システム16選比較|メリットや機能・選び方を解説

中小企業におすすめのクラウド型販売管理システム

ここからは、中小企業におすすめのクラウド型販売管理システムを紹介します。

楽楽販売

楽楽販売は、中小企業に適したクラウド型販売管理システムです。このシステムは使いやすさに重点を置いており、注文管理や在庫追跡、請求書発行などの基本的な機能を網羅しています。

また、直感的な操作が可能で、特別なトレーニングを受けることなくスタッフがすぐに使い始めることができます。低コストで利用開始できるため、予算に限りのある中小企業にとっても魅力的な選択肢となるでしょう。

提供元株式会社ラクス
初期費用16万5000円(税込)
料金プラン66,000円(税込)~/月
導入実績3,000社以上(※2023年5月時点)
機能・特徴
  • 見積管理
  • 受注・発注管理
  • 請求管理
URL公式サイト

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、中小企業の多様なニーズに対応するクラウド型販売管理システムです。売上の記録や在庫の管理、顧客情報の整理など、販売に関わるさまざまな業務を一元管理できます。

コストパフォーマンスに優れ拡張性も高いため、ビジネスの成長に合わせて機能を拡充できるのも大きな利点のひとつです。アラジンオフィスは、中小企業の効率的な販売管理を支援するツールとして活用できます。

提供元株式会社アイル
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 在庫管理
URL公式サイト

商蔵奉行クラウド

商蔵奉行クラウドは、利用者のペースで徐々にデジタル化できるクラウド型販売管理システムです。販売管理に関連する重要な業務をシンプルかつ効率的に処理できるよう設計されています。直感的な操作が可能なため、短時間で操作方法を習得できるでしょう。

提供元株式会社オービックビジネスコンサルタント
初期費用

◼︎商奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:無料
  • iJシステム:50,000円
  • iAシステム:50,000円
  • iBシステム:60,000円
  • iSシステム:70,000円

◼︎蔵奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:無料
  • iJシステム:50,000円
  • iAシステム:50,000円
  • iBシステム:60,000円
  • iSシステム:70,000円

◼︎商蔵奉行クラウド(セット)

  • iEシステム:無料
  • iJシステム:50,000円
  • iAシステム:50,000円
  • iBシステム:60,000円
  • iSシステム:70,000円
料金プラン

◼︎商奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:7,340円/月(88,000円/年)
  • iJシステム:10,000円/月(12万円/年)
  • iAシステム:17,000円/月(20万4000円/年)
  • iBシステム:20,250円/月(24万3000円/年)
  • iSシステム:24,000円/月(28万8000円/年)

◼︎蔵奉行クラウド(単体)

  • iEシステム:7,340円/月(88,000円/年)
  • iJシステム:10,000円/月(12万円/年)
  • iAシステム:17,000円/月(20万4000円/年)
  • iBシステム:20,250円/月(24万3000円/年)
  • iSシステム:24,000円/月(28万8000円/年)

◼︎商蔵奉行クラウド(セット)

  • iEシステム:13,000円/月(15万6000円/年)
  • iJシステム:18,000円/月(21万6000円/年)
  • iAシステム:27,500円/月(33万円/年)
  • iBシステム:32,100円/月(38万5000円/年)
  • iSシステム:36,700円/月(44万円/年)
機能・特徴
  • 見積・受注・売上管理
  • 請求処理
  • 債権・入金管理
URL公式サイト

FLAM

FLAMは、高速なレスポンスで快適な操作が行えるクラウド型販売管理システムです。直感的な操作性とシンプルなデザインが特徴で、販売管理に必要な基本的な機能を備えています。低コストのため手軽に始められるのも魅力です。無料のトライアル期間も設けられているので、ぜひ利用してみてください。

提供元株式会社フリップロジック
初期費用無料
料金プラン
  • STANDARD:10,230円(税込)/月
  • PROFESSIONAL:21,780円(税込)/月
  • PREMIUM:54,780円(税込)/月
機能・特徴
  • 売上・仕入・在庫管理
  • メール一括送信
  • 伝票払出(受入)一括処理
URL公式サイト

Simplex

「Simplex」は、通販業向けに設計されたクラウド型販売管理システムです。煩雑な販売プロセスを簡素化し、売上の記録や在庫の管理、顧客データの整理などの業務を効率的に行えます。

リピート型・ギフト型ともに機能が充実しているため、食料品や化粧品など幅広い通販業務をサポートします。自社で利用している主要物流会社との連携も可能で、出荷業務の効率化が期待できるでしょう。

提供元/td>株式会社システムリサーチ
初期費用

◼︎SimplexLite

  • サーバーライセンス+クライアントライセンス:105万6000円(税込)

◼︎Simplex

  • サーバーライセンス:264万円(税込)
  • クライアントライセンス:13万2000円(税込)/1CAL

※どちらのプランも別途保守費用が発生します

機能・特徴
  • 顧客CRM
  • 受注管理
  • 主要物流会社サービスと連携
URL公式サイト

中小企業に適した販売管理システムの導入が課題を解決に導く

中小企業に適した販売管理システムを導入することで、業務の手間を省くことができます。販売管理システムを選ぶ際は、必要な機能やかかる費用を確認し、自社の状況に適したものを選ぶことが大切です。本記事で紹介した選び方を参考にし、自社の条件に合ったシステムを選定しましょう。

販売管理システムの記事をもっと読む

販売管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

見やすい在庫管理表とは?エクセル・手書きでの作り方やおすすめの無料テンプレート

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

チャットボットの正答率はどのくらい?向上させる方法や平均値を解説

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット