販売管理システムとは?機能やできること・メリット、選び方について詳しく解説

2023/12/19 2023/12/19

販売管理システム

販売管理システムとは

販売管理システムを導入すると、部門ごとに分かれている販売に関する業務を一元管理でき、煩雑な業務の効率化が見込めます。この記事では、販売管理システムの基本や機能、メリットなどについて解説します。導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の要約

・販売管理システムとは、サービスや商品bなどの販売に関するプロセスを効率化できるシステムのこと
・販売管理機能をはじめ、在庫管理や購買管理に関連した幅広い機能を搭載している

販売管理システムとは?

販売管理システムとは、商品やサービスの販売プロセスを効率化するためのシステムです。

販売管理システムによって、在庫管理、注文処理、請求書作成、顧客情報の管理など、販売に関わるあらゆる業務を一元化・自動化することで、ビジネスの効率を大幅に向上させることができます。

特に、データの正確性を保ちながら時間とコストを節約できることが大きな強みといえるでしょう。

まずは、企業の競争力を高めるために不可欠なツールとなりつつある販売管理システムを導入する主な目的から解説します。

データを一元化するため

販売管理システムを導入する大きな目的の1つは、データを一元化することです。これは、会社のさまざまな情報を共通のシステムに集約することを意味します。たとえば、顧客情報、販売履歴、在庫データなど、これまで個別に管理されていた情報を1か所にまとめることで、情報の検索や分析が格段に楽になります。

この一元化によってデータの照合や更新の効率が向上し、誤りの少ない、スムーズな業務運営が可能になるでしょう。

業務フローを可視化するため

販売管理システムを導入するもう1つの重要な目的は、業務フローの可視化です。

たとえば、注文から配送、請求処理までの各ステップが一目でわかるようになると、業務の効率が高まり、問題点の早期発見や改善、業務の属人化の防止につなげることができます。

また、フローが可視化されることで、組織全体で見た時の自分の役割がわかりやすくなり、同じ目標を追う「チーム」としての意識も促進されます。このように業務フローの可視化は、組織全体の生産性と協調性を高めるために有用なのです。

【2023年最新】おすすめの販売管理システム16選比較|メリットや機能・選び方を解説

販売管理システムに搭載されている機能・できることについて

販売管理システムは、ビジネスの効率を高める多様な機能を備えています。在庫管理から顧客対応まで、あらゆる業務をサポートし、日々の作業をシンプルにしてくれるでしょう。

ここでは、主な機能の詳細について解説します。

販売管理機能

販売管理機能には、受注から配送、請求までのプロセスをスムーズにする個別の機能が含まれます。たとえば、リアルタイムでの販売状況の更新、顧客データの分析、注文履歴の追跡などの機能を使うことで、迅速な顧客対応や欠品による機会損失を防ぐことができるのです。

販売状況や顧客データ管理の徹底は、顧客満足度の向上や在庫の過不足の防止にもつなげることができるでしょう。

在庫管理機能

在庫管理機能は、商品の在庫量を適切かつ正確に管理し、過剰在庫や過小在庫を防ぐための機能です。

また、過去の出庫データを分析することで需要予測の精度を高めたり、生産に必要となる資材の購買タイミングの最適化を図ることもできます。

より正確な需要予測は、効果的な販売戦略の立案にも役立つでしょう。

購買管理機能

購買管理機能は、生産活動に必要な資材の選定、発注、納品のプロセスを効率化し、コストを最適化することを目的とした機能です。

また、供給業者との取引履歴の管理や、価格交渉、発注量の最適化なども、この機能で管理することができます。

販売管理システムを導入するメリット

販売管理システムには、業務効率化やコスト削減など、多くのメリットがあります。

業務負担の軽減・効率化につながる

販売管理システムでは、手作業では時間のかかる作業、たとえば注文の入力や在庫の確認、請求書の発行などのルーティン業務は、自動化することができます。手作業の負担が減ることで、従業員はより重要で戦略的な業務に集中できるようになるのです。

また、データの一元化と情報への即時アクセスによって、迅速な意思決定と柔軟な対応が可能となります。結果として、業務の生産性が高まり、ビジネスの成長を加速させることができるでしょう。

ヒューマンエラーを防止する

手作業の自動化は、ヒューマンエラーの大幅な削減に直結します。人の手や目による作業では、どうしても誤りが生じるリスクをゼロにすることはできません。そこで、システムを導入して自動化することでリスクを低減できるようになるのです。

負担が軽減された分、確認作業を徹底するなどのフローを追加することで、より正確性も保ちやすくなるでしょう。

収集したデータを活用できる

販売管理システムは、収集したデータをビジネス戦略に活用するための強力なツールでもあります。システムに蓄積される顧客情報、売上データ、在庫動向などは、戦略を立てるうえでの貴重な情報源となります。これらのデータを分析することで、顧客の購買傾向、市場の需要、効果的な在庫管理などを理解し、意思決定に役立てることができるのです。

また、過去のデータを基に将来の予測を立てれば、新たなビジネスチャンスの発見やリスクの回避につなげることができるでしょう。

クラウド型のおすすめ販売管理システムを比較!メリットや選ぶ際のポイント

販売管理システムのデメリット

多くのメリットが得られる販売管理システムの導入ですが、あらかじめ把握しておきたい、いくつかのデメリットもあります。

導入コストがかかる

販売管理システムを新たに導入する際、初期投資としてのコストが必ず発生してしまいます。

具体的には、システムの購入費用、設定やカスタマイズに必要な技術サポート、従業員の研修費用などです。特に、スタートアップや小規模事業者にとっては、システム購入予算の確保が大きな負担となることもあるでしょう。

初期費用やランニングコストは、選ぶシステムによって異なりますが、いずれも予算計画は慎重に行う必要があります。

知識を持った人材が必要になる

販売管理システムの機能を有効に使いこなすには、知識やスキルを持った人材の確保が求められることもあります。

特に、自社のサーバー内にシステムを構築するオンプレミス型の販売管理システムを導入する場合は、維持、トラブルシューティングに対応できる技術的スキルのある人材が必要となるでしょう。

業務フローを刷新しなければならない

販売管理システムを導入する際には、多くの場合、既存の業務フローを大きく変更することになります。

具体的には、紙ベースで行っていた業務のデジタル化やプロセスの見直し、自動化することで不要となる作業の廃棄や、新たに必要となる作業フローの構築などです。

慣れ親しんだ業務手順の変更は、時に抵抗や反発を招くことも少なくありません。システムを導入することで得られるメリットの共有をはじめ、従業員への十分な説明や研修を実施し、無理のない移行計画を実行しましょう。

販売管理システムの選び方

販売管理システムは、種類や開発元によってさまざまな特徴があります。ミスマッチがないように、ここでは選び方のポイントを3つ紹介していきます。

自社の業種・業態に適しているか

販売管理システムを選ぶ際は、自社の業種や業態に合致しているかを確認することが重要です。異なる業種では、必要とされる機能やデータ管理の方法も異なります。たとえば、小売業では在庫管理や顧客対応が重視されるのに対し、製造業では原材料の調達や生産プロセスの追跡機能も求められます。

自社特有のニーズを満たすシステムを選定することで、業務の効率化と、その先にある目標達成に近付くことができるでしょう。また、業種に特化したシステムを選ぶことは、より専門的なサポートを受けられる可能性があるという面でもメリットとなります。

直感的に操作できるか

販売管理システムの操作性も重要です。直感的に理解できるインターフェースは、システムへの適用期間を短縮し、さらには、操作を効率化させ、誤操作などのミスを防止してくれます。

誰もが使いやすいシステムにすることで、業務が属人化するリスクも低減されるでしょう。

サポート体制が充実しているか

技術的な問題や操作上の疑問が発生した際、迅速かつ専門的なサポートが受けられるかどうかは大切な判断基準です。特に、システム導入初期や新機能追加時には、サポートに助けられることも多いでしょう。

サポート体制には、ヘルプデスクの対応時間、トレーニング提供、オンラインリソースの充実度などが含まれます。充実したサポート体制を備えたシステムを選ぶことで、運用中のトラブルや疑問を迅速に解決し、業務の中断を最小限に抑えることができます。

販売管理システムを利用して業務の効率化を目指そう

販売管理システムは、手間のかかる作業を自動化し、重要なデータを一元的に管理することで、販売に関する業務の効率化を実現します。

自社に最適なシステムを選ぶことで、生産性の向上といったメリットが期待できますが、初期投資の負担や組織内のシステムへの適応については注意を払う必要があります。

導入を検討される際は、デメリットを考慮した上で自社が得られる効果を洗い出してみるとよいでしょう。

販売管理システムの記事をもっと読む

販売管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールとExcelの違いとは?機能やできること・できないことを簡単に解説

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

廃業とは?倒産・閉店・休業との違い、手続きや回避する方法を解説

最終更新日時:2024/06/24

経営

最終更新日時:2024/06/24

経営

ストレスチェックで高ストレス者への面談内容とは?流れやメリット・デメリット

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

コンピテンシー評価とは?項目例や導入の流れ、メリットとデメリットを解説

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達