無料で利用できる販売管理システムを比較|選び方やメリットを解説

最終更新日時:2023/12/19

販売管理システム

無料で使える販売管理システム

販売管理に関する業務を効率化する「販売管理システム」。販売管理システムには有料版・無料版がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。本記事では、無料で利用できる販売管理システムの選び方や導入のメリットを解説します。

販売管理システムとは?

販売管理システムは、販売に関する業務を一元的に管理する機能を持ったシステムです。商品の注文から配送、請求までのプロセスを効率化し、正確な売上分析や顧客対応を可能にします。

販売管理システムには、無料で提供されているものも存在します。基本的な販売管理機能は搭載されているため、小規模なビジネスであれば十分に利用できるでしょう。

販売管理システムとは?機能やできること・メリット、選び方について詳しく解説

販売管理システムの主な機能

販売管理システムに搭載されている主な機能について紹介していきます。

販売管理機能

見積管理機能見積の作成を行う機能。作成した見積データを検索し、一覧表示させることも可能。
受注管理機能受注した商品・サービスの情報を管理する機能。過去のデータを検索したり、受発注を同時に処理することもできる。
売上管理機能売上や売掛情報を管理する機能。データを集計し、ExcelやCSVで出力できる。
請求・債権管理機能売上データをもとに請求書を発行する機能。未回収分の確認や入金済みの債権の消込処理も行える。

これらの機能により、売り上げの記録が簡素化され、販売に関わる業務を円滑に進めることができます。

在庫管理機能

在庫管理機能は、商品の在庫状況を正確に把握し、適切に管理する機能です。具体的には、以下3つの機能が含まれます。

出荷管理機能受注確定後に出荷指示を作成する機能。商品の在庫確認や在庫調整なども行える。
入荷管理機能入出庫数の管理を行う機能。仕入れ管理と連携し、入荷数が自動的に在庫として計上される。
棚卸の管理・登録機能棚卸の管理・登録を行う機能。ハンディ端末などと連動して実在庫と実数の照合が行える。

これらの機能により、在庫過多や不足を防ぎ、適切な在庫数を維持することが可能です。また、在庫の動きをリアルタイムで追跡し、必要な時に迅速に補充することが可能になるため、効率的な在庫管理の実現と顧客満足度の向上にも寄与します。

購買管理機能

販売管理システムの購買管理機能は、必要な商材の仕入れに関わるプロセスを管理する機能です。主な機能は、以下のとおりです。

仕入れ管理機能発注契約の締結後に仕入れを確定し、在庫計上や仕入れ予定の入力を行う機能。データが一元化され、入荷管理との連携がスムーズに行える。
支払管理機能仕入れに伴う支払管理が行える機能。売れ筋の商品を把握して事前に入荷するかどうかの判断にも活用できる。

これらの機能を利用することで、必要な商品の注文や仕入れ先の管理、支払い条件の設定が容易になります。また、購入履歴の追跡や仕入れコストの分析により、コスト削減と供給の安定化を図ることが可能です。効果的な購買管理によって、経営効率のアップにつながるでしょう。

販売管理の発注業務について|流れやポイントについて解説

無料の販売管理システムの選び方

販売管理システムを選ぶ際は、求める機能が搭載されているかを確認することが大切です。

とくに無料のものから選ぶ場合、機能に制限があることも少なくありません。ここでは、無料の販売管理システムを選ぶ際のポイントを紹介します。

別のソフトとの連携ができるか

無料の販売管理システムを選ぶ際、他のソフトウェアと連携できる機能があるかが重要なポイントです。会計ソフトや顧客管理システムなど、既に使用している他のツールとスムーズに連携できるかを確認しましょう。

これにより、データの一元化が可能となり、作業の効率が大幅に向上します。また、データの移行や更新が容易になることで、時間の節約と作業ミスの減少につながります。

どの程度機能が制限されているか

無料の販売管理システムを選ぶ際、提供される機能の制限範囲を理解することが肝心です。無料版では、有料版に比べて利用できる機能が限られている場合が多く、データの保存量や同時に利用できるアカウント数に制限が設けられていることがあります。

また、高度な分析機能やカスタマイズオプションは利用できないことが多いでしょう。このような機能制限が許容範囲であるかについても確認し、自社に最適なシステムを選択してください。

サポート体制が充実しているか

無料の販売管理システムを選ぶ際、サポート体制の充実度も重要なポイントです。質問や問題が発生したときに、迅速かつ適切な対応を受けられるかどうかは、システムの使い勝手に大きく影響します。

ただし、無料のシステムではサポートが提供されていないものも多く、基本的に自社で対応しなくてはなりません。トラブル時などに自社内で対応できるか不安な場合は、無料でもサポートを受けられるシステムを選ぶようにしましょう。

中小企業向けのおすすめ販売管理システム!選び方や導入するメリットについて

無料で利用できる販売管理システム比較

ここからは、無料の販売管理システムを紹介します。各システムの特徴や費用などについて紹介していくので、選定時の参考にしてみてください。

フリーウェイ販売管理

「フリーウェイ販売管理」は、使いやすさと基本機能を重視した無料の販売管理システムです。売り上げの記録や在庫の管理、顧客情報の整理といった基本的な販売活動がスムーズに行えます。

また、直感的な操作性により、初心者でも容易に使いこなせる設計が特徴です。3人までの利用が無料で、小規模なビジネスや初めて販売管理システムを導入する企業に適したシステムと言えます。

提供元株式会社フリーウェイジャパン
初期費用無料
料金プラン

無料版:無料

有料版:3,278円(税込)/月

導入実績11,557ユーザー※2023年10月31日時点)
機能・特徴
  • 売上伝票の入力
  • 請求書の発行
  • 入金伝票の入力ほか
URL公式サイト

販売管理ソフトCOSMOS

「販売管理ソフトCOSMOS」は、多機能性を備えた無料の販売管理システムです。注文管理や在庫管理、請求書作成など、幅広い機能が搭載されており、メールや電話を利用して導入前の相談を行うことも可能です。

また、遠隔操作を行いながらの導入相談や、自社の環境に合わせた導入支援を受けたい場合は、有料で依頼することもできます。

提供元藤森プロダクション
初期費用無料※サポートなしの場合
料金プラン無料※サポートなしの場合
機能・特徴
  • 納品請求業務機能
  • 在庫管理機能
  • 伝票入力機能ほか
URL公式サイト

Main販売管理

「Main販売管理」は、直感的な操作性と豊富な機能を備えた無料の販売管理システムです。売り上げの追跡や在庫管理、顧客データの管理といった基本的な機能を手軽に利用できます。

はじめて利用する人でも操作しやすい「かんたんモード」と、さまざまな機能を利用できる「通常モード」の2種類のメニューが用意されているのが特徴です。また、無料のプランでもオンラインでの問い合わせに対応しています。

提供元メインソリューション株式会社
初期費用
  • PC1台:無料
  • PC2台以上:33,000円(税込)※クライアント設定料:7,700円(税込)/1台あたりが別途必要
  • 導入サービス:55,000円(税込)
料金プラン

無料版:無料

MBNサービス:ビジネス会員3,850円(税込)/月/3台まで

※4台以上は2,200円(税込)/1台あたり

導入実績1,000社以上
機能・特徴
  • 請求・入金管理
  • 在庫処理
  • 受注・売上管理ほか
URL公式サイト

セールスノート

「セールスノート」は、シンプルなデザインが特徴の無料の販売管理システムです。顧客管理や商品管理など、基本機能はすべて無料で利用できます。見やすいダッシュボードと顧客メニューによって、効率的な販売管理を実現できるでしょう。

提供元ピタリ株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プランセールスノート:無料

◆セールスノートプラス:

  • 月契約:1,078円(税込)/月/1ユーザー
  • 年間契約:10,780円(税込)/年/1ユーザー

◆セールスノートPRO:

  • 月契約:2,178円(税込)/月/1ユーザー
  • 年間契約:21,780円(税込)/年/1ユーザー
機能・特徴
  • 見積・販売管理
  • 顧客・代理店管理
  • 在庫・発注管理
URL公式サイト

無料の販売管理システムを導入するメリット

無料の販売管理システムを導入する最大のメリットは、コストの削減です。とくに初期投資を抑えたい小規模なビジネスやスタートアップにとっては、経費を節約しながら効率的な販売管理を実現できるでしょう。

また、本格導入の前にトライアルとして利用ができるのもメリットのひとつです。無料の販売管理システムを利用し、自社に適したシステムかどうかを確認することで、無駄なコストを削減することにもつながります。

有料の販売管理システムのメリットについて

無料の販売管理システムにはさまざまなメリットがありますが、ビジネスの規模によっては機能面などで物足りなさを感じるかもしれません。ここからは、有料の販売管理システムのメリットについても紹介します。

サポート体制が充実している

有料の販売管理システムを選ぶ大きな利点の一つは、充実したサポート体制です。トラブル発生時や疑問点がある場合、専門のサポートチームが迅速に対応し、解決へと導きます。これにより、システムの利用に関する不安が軽減され、安心して業務に専念できるでしょう。

また、定期的なアップデートや機能の改善も行われるため、常に最新の状態でシステムを利用でき、ビジネスの効率化を持続的にサポートします。

機能の制限がない

有料の販売管理システムの大きなメリットは、機能に制限がないことです。無料システムと異なり、有料版ではオプション機能なども利用可能です。

ただし、有料版でもプランによって段階的に機能を制限しているものもあります。このような場合は、自社に必要な機能が付いているプランを選ぶとよいでしょう。

カスタマイズ性に優れている

有料の販売管理システムの魅力の一つとして、カスタマイズ性の高さが挙げられます。有料の販売管理システムの多くは、ビジネスの特定の要求や業務プロセスに合わせて機能やレイアウトを調整することが可能です。

そのため、企業独自の販売戦略や顧客管理方法をシステムに反映させることができ、業務の効率化が大きく向上します。また、企業の成長や市場の変化に応じてシステムを進化させることも可能です。長期的な利用を検討している場合は、カスタマイズ性に優れたシステムを選ぶとよいでしょう。

【2023年最新】おすすめの販売管理システム16選比較|メリットや機能・選び方を解説

クラウド型のおすすめ販売管理システムを比較!メリットや選ぶ際のポイント

自社に最適の無料販売管理システムを導入しよう

自社に合った無料の販売管理システムを見つけることは、経費の削減と業務効率の向上に大きく貢献します。とくに重要なのは、自社のビジネス規模や業務の特性を理解し、必要な機能を備えたシステムを選ぶことです。

無料のシステムであっても、販売管理に必要な基本機能と使いやすさを兼ね備えたものもあります。ただし、利用する人数が複数人いたりサポートが必要な場合は、有料版を検討してみてもよいかもしれません。最適なシステムを導入して、販売管理業務の効率化を実現しましょう。

販売管理システムの記事をもっと読む

販売管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

新卒採用の手法について|トレンドやメリット・デメリット、適した手法を選ぶポイント

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

ホームページ制作はフリーランスに依頼しても大丈夫?注意点や費用相場・選び方

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

採用マーケティングとは?進め方やメリット・フレームワーク、事例を解説

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

人事評価制度がない会社とは?制度がないリスクやメリット・廃止した企業事例

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

目標管理制度(MBO)とは?メリット・デメリットや実施手順、OKRとの違いをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

人事考課とは?意味や目的・人事評価との違い、導入方法をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

能力評価とは?業績評価との違いや評価シートへの書き方・評価基準を解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

Web会議のハウリング・エコーの原因について|対策方法を詳しく解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

Web会議のやり方・必要なもの|準備や円滑に進めるための秘訣を解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット