SEOは意味ない?意味のある・成果が出るSEO対策のコツ

最終更新日時:2023/03/08

SEOツール

SEOは意味ない

自社のサイトを上位表示させるために不可欠なSEO対策。しかし、検索エンジンの進化により、SEO対策もひと昔前の一部の手法では意味がなくなってきています。そこで本記事では、そんな意味のないSEO対策について、意味のあるSEO対策も併せて徹底解説していきます。

意味ないSEO対策の具体的な手法

間違った施策を選ぶと、メディアのSEO効果は出なくなります。いったいどのような手法を取ると、SEO対策として意味がないのでしょうか。

キーワードの詰め込み

現在のGoogleアルゴリズムでは、「キーワードの使用回数が多い記事」よりも「ユーザーの疑問を解消できる記事」が評価される傾向があります。ひと昔前では無理やりキーワードを入れて対策をしているケースが多々ありましたが、昨今においてキーワードの詰め込みは意味があまりない対策となります。Googleからの評価を得られないだけではなく、無理にキーワードを詰め込みすぎてしまうと、ユーザーにとって読みにくい記事になるため注意が必要です。

しかし、キーワードが記事内に盛り込まれていないケースもSEOへの意味が薄れてしまいます。そのため、対策するキーワードは不自然にならないようなバランスで文中に盛り込むのが大切です。

長文コンテンツの作成

長文コンテンツは一見SEOに意味がある対策というイメージがありますが、必ずしも上位表示されるわけではありません。

昨今のGoogleアルゴリズムでは何千字〜何万字といった長文記事よりも、専門性・内容の網羅性・経験などE-E-A-Tが求められれています。

そのため、冗長表現や不要な情報のみを長々と書いた記事よりも、E-E-A-Tの領域を押さえた文章の方が高評価を受けて意味のある対策となる可能性が高いです。

自作自演の被リンク

被リンクはSEO対策をする上で非常に重要な要素の一つです。「被リンクを得る=被リンク先のサイトを評価している」という構図になるためです。信頼性のあるサイトから被リンクをたくさんもらうことによりSEOに意味のある対策となります。

しかし、自作自演での被リンクはあまり意味があるとは言えません。Googleでも自作自演行為の対策に力を入れており意味がないなどと発表しています。そのため、以下のような被リンクは避けてください。

  • 内容に関連性がないWebサイトからの被リンク
  • 同じWebサイトから大量にリンクを貼る
  • 同一IPアドレスからの被リンク

metaキーワードの記述

metaキーワードの記述は検索エンジンからも評価対象から外れておりSEOに意味のない対策です。metaキーワードは、表示ページと関連性が高いキーワードについて示すタグを指します。

また、metaディスクリプションも同様に順位に直接的な影響はしません。しかし、検索結果画面で表示され、その記事に何が記載されているのかが一目でわかりUIの視点では重要な要素です。少し手間にはなりますが、metaディスクリプションは設定しておいた方が良いでしょう。

動画や画像の無意味な埋め込み

動画や画像をコンテンツ内に埋め込むことは必ずしも意味のあるSEO対策とは言えないでしょう。クローラーは画像や動画の内容を認識できないためです。

しかし、SEO的な視点ではなくUIの視点からすると、記事内で文章だけでは伝わりにくい仕組みに関する図解を設置したり、目を惹くアイキャッチを作成したりするのは必要な対策なので必要に応じて活用しましょう。

SEO対策に使える無料ツール20選|目的別の選び方や使い方

意味がないSEO対策を避けるためのコツ

意味がないSEO対策を避けるには、さまざまなコツがあります。ここでは、主なコツを3つ紹介します。

常にSEOに関する最新の情報を収集する

SEOのアルゴリズムは常に変化しており、アップデートが実施されると検索上位だった記事が圏外になったり、伸び悩んでいたサイトが急激に成長したりと様々な変化が起きます。

このような変化に気づかずに同じようなSEO対策を続けても、SEOに意味のある対策は望めません。

そのため、変化し続ける検索エンジンのアルゴリズムに関しての情報をキャッチし、柔軟に対策していくのが重要となります。SNSではGoogleをはじめ最新の情報をキャッチできるので頻繁にチェックしておきましょう。

Googleが検索順位をつける仕組みを理解する

Googleのアルゴリズムが検索順位をつける仕組みを勉強し理解を深めることが、SEO対策をする上で非常に重要です。Googleは世界中のWebサイトからデータを集め、多くの要素と照らし合わせた結果を検索順位に反映させています。

仕組みの全容はGoogleも公式で発表しているわけではないため、すべての理解ではなく順位の考え方を・仕組みを理解できるようにしましょう。

仕組みを理解する上では、「上位記事がなぜ評価を受けているのか」「自サイトで上位表示できている・できていない記事の違いは何か」などを考えてみましょう。

上位表示されているメディアをベンチマークして分析する

自サイトと同じ領域で主要となるキーワードで上位表示に成功しているメディアがある場合、ベンチマークして詳細まで分析してみましょう。

「どのような部分が足りていないか」「コンテンツでどのような違いがあるのか」などを調査して、自サイトに足りない部分が分かれば改善につなげられます。

ベンチマークするメディアを決める際に一つに絞ってしまうと、そのメディアの順位が落ちた時に対処ができなくなるので、3メディア程度をベンチマークしておきましょう。

【2023年最新】おすすめのSEOツール25製品を比較!機能や特徴・課題に合った選び方

意味のある・成果が出るSEO対策の具体的手法

意味のあるSEO対策を行うには、いったいどのような手法を取ればいいのでしょうか。ここでは、具体的な手法を解説します。

検索エンジンに評価されるコンテンツの作成

もっとも重要なポイントは、Googleをはじめとした検索エンジンに評価されるコンテンツを作ることです。高い評価をもらうために、以下のような施策を行いましょう。

  • サイトマップ(新規制作ページや変更ページを伝えるファイルのこと)を送信する…検索エンジン側がコンテンツを見つけやすくなる
  • URLを正規化する…同一コンテンツのURLを統一させることで評価の分散を防ぐ
  • SSLを適用する…Webサイトとサーバーの通信を暗号化し、セキュリティ効果を高める

ユーザーファーストなサイトの設計

ユーザー目線でサイト設計を行うことも求められます。なぜならアルゴリズムでは、「ユーザーファーストで設計されたコンテンツ」が高い評価を受ける傾向にあるからです。ここでは、ユーザーファーストなコンテンツに近づけるための具体的な施策を4つ紹介します。

モバイルファーストインデックス登録への対応

1つ目は、モバイルファーストインデックス登録への対応です。インデックス登録などに対して、モバイル版コンテンツを充実させることを指します。現在ほとんどのユーザーがスマートフォンからサイトにアクセスするため、よりユーザーが使いやすいUIを提供しなければなりません。

ページの読み込み時間の削減

ページの読み込み時間を削減すると、アルゴリズムの評価も高まります。短時間でサクサクとアクセスできるコンテンツは、ユーザーはもちろん検索エンジンからの評価にもつながります。記事内の動画や画像を軽くしたり改善サービスの利用をしたりすることが、具体的な対応方法の1つです。

内部リンクの最適化

内部リンクの設置もSEOにおいて有効な施策の1つです。関連性が高いコンテンツ同士を内部リンクさせることで、UXの向上やクローラーのクローリングを最適化できます。文章内にアンカーリンクを設置させる場合、アンカーリンクの文章とリンク先の記事内容を一致させるように気をつけましょう。

ただ、内部リンクを記事内で大量に設置するのはあまり意味のある対策とは言えず、あくまでもユーザー視点で内部リンクを最適化していくのが大切です。

オリジナルで有益なコンテンツの作成

他コンテンツからの引用ではなく、オリジナル要素を多く盛り込んでユーザーにとって有益なコンテンツの作成が重要です。自社だからこそ提供できる情報や独自の目線で考察した視点などを記載すると、競合サイトと大きな差別化を図れるでしょう。

特に権威性・経験・網羅性は特に注目しておくべき要素で、検索上位のメディアではこれらの要素が盛り込まれており、非常にオリジナル性に富んでいます。

被リンクの自然な獲得

SEO対策をする上で被リンクの獲得は非常に重要な要素で「被リンクをもらう=発リンクサイトが被リンク先のサイトを評価する」という構図になるためです。権威性のあるサイトや関連性のあるサイトからの被リンクは特に効果が強い傾向があります。

被リンクを獲得する方法は非常に様々ありますが、引用の見込みがある記事で上位表示させる・SNSでの発信を強化するなど多岐に渡ります。アイデア次第で大量のリンクを獲得できるので、SEO担当者は常に被リンクを獲得するための施策を考えておきましょう。

SEO会社への依頼は意味ない?選び方・選定ポイント

社内に担当者がいない場合にはSEO会社にSEO対策を依頼する方法もあります。

もしSEO会社に対策を依頼する場合、どのようなポイントに気をつけて信頼性をチェックすればいいのでしょうか。ここでは、SEO会社の選び方や選定のポイントを解説します。

SEO会社の実績

まず確認すべきなのはSEO会社の実績です。自社と関連のある業種だけでなく、医療・金融分野など情報の正確性が問われるの業種に強い会社だと信頼性が高まります。また導入企業の社名を実績として実際にサイトへ記載している会社もおすすめです。

SEOには明確な正解がないため、実績=信頼となり選定をする上で非常に重要なポイントとなります。会社HPはもちろん、担当者と話をする場合には実績をより掘り下げて信頼できるか確認してみてください。

SEO対策のプラン

SEO対策のプランも細かく内容を確認してください。顧客に合わせてプラン内容や対策方法を提案してくれるような柔軟性のある会社がおすすめです。カスタマイズ性が高い会社やプランの数が多い会社を選ぶとよいでしょう。

プランによっては大幅に費用が異なるので、自社の予算に適しているかという視点も踏まえておきましょう。

費用・契約期間

SEO対策の費用や契約期間が適正かも調べましょう。一般的にSEO対策で結果を出すには、半年〜1年以上という長い期間が必要です。「数ヶ月の契約で結果を出す」と契約を強要してくるような会社や、あまりにも安すぎる費用を提示してくる会社は避けましょう。

意味ないSEO対策ではく意味のあるSEO対策を行っていこう

SEO対策は、日々内容が更新されています。そのため、常に新しい情報を得て実際に活かしていきましょう。自社の運営メディアが上位表示されるためにも、本記事で紹介した内容をぜひ参考にしてください。

おすすめのセミナー視聴

おすすめのお役立ち資料

SEOツールの記事をもっと読む

SEOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

新卒採用の手法について|トレンドやメリット・デメリット、適した手法を選ぶポイント

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

ホームページ制作はフリーランスに依頼しても大丈夫?注意点や費用相場・選び方

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

採用マーケティングとは?進め方やメリット・フレームワーク、事例を解説

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

人事評価制度がない会社とは?制度がないリスクやメリット・廃止した企業事例

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

目標管理制度(MBO)とは?メリット・デメリットや実施手順、OKRとの違いをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

人事考課とは?意味や目的・人事評価との違い、導入方法をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

能力評価とは?業績評価との違いや評価シートへの書き方・評価基準を解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

Web会議のハウリング・エコーの原因について|対策方法を詳しく解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

Web会議のやり方・必要なもの|準備や円滑に進めるための秘訣を解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット