【2024年最新】SEOタイトルの付け方|最適な文字数や注意点・ディスクリプションについて

2024/06/27 2024/06/28

SEOツール

SEOのタイトルの付け方

SEO対策の基本となる「タイトル付け」。検索エンジンに評価されるためには適切なタイトルの設定が必要ですが、SEOに強いタイトルとは、具体的にどのように設定すればよいのでしょうか。本記事では、SEOに強いタイトルの付け方や、注意点、変更のタイミングなどを解説します。

SEOにおけるタイトル(titleタグ)とは?

タイトルタグとは、その名のとおり、Webページのタイトルにあたる重要な要素です。検索エンジンがページの内容を理解するために最初に参照する情報の一つであり、ユーザーが検索結果をクリックするかどうかの判断材料にもなります。

タイトルタグを適切に設定することで、検索順位の向上やクリック率の増加を期待できるでしょう。

タイトル(titleタグ)の重要性

タイトルタグは、SEO対策の成果に直結する重要な要素の一つであり、タイトルが適切かどうかは検索順位に大きな影響を与えます。

検索ニーズを的確に捉えたタイトルを設定することでユーザーの関心を引き、クリック率の向上につながります。シンプルでわかりやすく、ページの内容を端的に表したタイトルにすることが成功のカギです。

SEO対策のやり方とは?初心者でもわかる上位表示させる秘訣

【基本編】SEOに強いタイトルの付け方

まずは、SEOに強いタイトルを付けるための基本的なポイントを紹介していきます。

記事に何が書かれているかをタイトルに盛り込む

記事の内容をタイトルに反映させることで、ユーザーはその記事でどのような情報を得られるかを一目で判断できます。

このため、ユーザーの期待に応えるためにもタイトルの付け方は重要です。タイトルと記事の内容が一致しない場合、ユーザーの期待から外れることになり、ページから離脱されてしまう可能性があります。明確で誠実なタイトルを付けることで、ユーザーの信頼を得ることができ、SEO効果も高まります。

対策するキーワードはタイトルの前半部分に入れる

ユーザーの視線は左から右に流れるため、対策したいキーワードはタイトルの前半に入れるようにしましょう。後半に配置すると、検索結果に表示されない可能性があります。

ただし、前半に入れることでタイトルに不自然さが出てしまう場合は、無理に前半に入れなくても構いません。あくまでも自然に組み込むことが大切です。

文字数を意識する

タイトルを付ける際は文字数を意識することも重要です。

検索結果に表示されるタイトルの文字数は、PCでは30〜32文字、スマートフォンでは30〜40文字です。タイトルが長すぎると検索結果にすべて表示されずに後半が省略されてしまうため、適切な文字数に納める必要があります。

ただし、文字数にこだわりすぎて対策キーワードを入れられないと本末転倒です。キーワードを盛り込みながらも、適切な文字数を保つよう柔軟に対応しましょう。

記号やカッコを入れる

タイトルに記号やカッコを使用すると、ユーザーの目を引きやすくなります。例えば、「【】」や「|」などがあると視覚的にタイトルが際立ち、より注目を集められるでしょう。

ただし、使いすぎると不自然に見え逆効果なため、バランスが大切です。工夫を凝らしながら、自然で効果的なタイトルを作成しましょう。

SEO対策の費用とは?施策別の費用相場をわかりやすく解説!

【応用編】SEOに強いタイトルの付け方

基本がわかったところで、続いては応用となるSEOタイトルの付け方を紹介していきます。基本に加えて応用のテクニックも取り入れ、より良いタイトル作成に役立ててください。

サジェスト・関連キーワードを含める

対策するキーワードだけでなく、そのキーワードに紐づくサジェストや関連キーワードもタイトルに含めることで、より効果的なSEO対策になります。これは、検索エンジンがより多くの検索クエリに対して関連性を認識し、上位表示につながりやすくなるためです。

幅広いキーワードを自然に盛り込み、ユーザーの検索意図に応えるタイトルを作成しましょう。

具体的な数字を入れる

タイトルに具体的な数字を入れることも、ユーザーの関心を引くためのポイントです。

例えば、「5つの方法」や「10のポイント」というように数字を使用することで、内容が具体的で信頼性があると感じてもらいやすくなります。インパクトのあるタイトルにするためにも、具体的な数字を効果的に活用しましょう。

競合サイトにはない独自の視点を入れる

競合サイトと類似したタイトルでは差別化が難しくなり、上位表示されにくくなります。

そこで、競合サイトにはない独自の視点を加え、差別化できるキーワードを入れることが重要です。独自の視点を取り入れるには、ユーザーの立場で考え、さまざまなキーワードで検索して競合調査を行う必要があります。

【2024年最新】おすすめのSEOツール27製品を比較!機能や特徴・課題に合った選び方

SEO効果を得るためのタイトル作成の注意点

ここでは、SEOコンテンツのタイトルを作成する際の注意点について紹介します。

同じキーワードを複数回使用しない

タイトル内に同じキーワードを複数回使用すると、Googleの品質ガイドラインに抵触するリスクがあります。キーワードの過度な繰り返しは検索エンジンにスパムと見され、結果としてSEO効果が低下する可能性があるのです。

せっかくの対策が逆効果にならないよう、自然で読みやすいタイトルを心がけ、重要なキーワードをバランスよく配置することが大切です。ユーザーに魅力が伝わるタイトルを付けることで、検索順位の向上につながるでしょう。

他のページと重複するようなタイトルをつけない

同サイト内の他のページとタイトルが重複していると、SEOに悪影響が出る可能性があります。

タイトルが重複していると、検索エンジンがコンテンツの独自性を判断しづらくなり、評価が分散されてしまうのです。そのため、各ページに固有のタイトルをつけるようにしましょう。

重複を避けるためには、ページごとに内容をよく確認し、それぞれに最適なタイトルを検討する必要があります。

競合サイトと被るタイトルにしない

競合サイトとタイトルが重複している場合も、SEO対策の効果が発揮されづらくなるため注意が必要です。同じキーワードの競合サイトが既に存在する場合、新たなページは検索エンジンに評価されにくく、なかなか上位表示されるようにならないためです。

差別化を図るためには、競合サイトとは異なる観点の意見や独自の情報を盛り込んだタイトルを工夫することが重要です。

誇大表現はしない

誇大表現はユーザーの誤解を招き、信頼を失う原因となるため避けなければなりません。

誇張されたタイトルは目を引くため、一時的にクリック率が上がるかもしれませんが、期待を裏切られたユーザーはすぐに離脱し、再訪も期待できません。

ユーザーと長期的な信頼関係を築くためにも、正確で誠実なタイトルを心がけましょう。ユーザーにとって有益で信頼性のある情報を提供することが、SEOにおいても重要なのです。

SEOコンテンツのタイトルを変更するタイミング

ページのパフォーマンスが期待を下回る場合や、検索トレンドが変わったタイミングでのタイトル変更が望ましいでしょう。変更時には、キーワードの適切な配置やユーザーの検索意図を検討し直すことが重要です。

また、タイトルを変更前のパフォーマンスを測定しておき、新しいタイトルにして効果が上がったかどうかを検証することも大切です。結果をしっかりと把握することで、検索順位の向上やクリック率の改善に活かせるでしょう。

タイトル変更はSEOに悪い影響があるケースもある

タイトルの変更は、場合によってはSEOに悪影響となることもあります。例えば、キーワードを過剰に詰め込んだり、関連性を低下させるタイトルを付けたりすると、検索エンジンからの評価が下がる可能性があるのです。

タイトルを変更する際は、ユーザーの検索意図を考慮し、わかりやすく自然にまとめることが重要です。

SEO対策のメリット・デメリット!必要性や施策の内容を解説

meta description(メタディスクリプション)タグとは

メタディスクリプションタグとは、Webページの概要を示す短い説明文です。検索結果に表示されるため、訪問前のユーザーがページの内容を把握しやすくなります。そのため、このタグを設定することでクリック率が向上し、訪問者数の増加を期待できるでしょう。

ただし、SEOに直接的な効果はありません。ここではユーザーの利便性を考え、ページ内容を的確に反映したメタディスクリプションを設定することが重要だといえます。

meta description(メタディスクリプション)を設定する際のポイント

メタディスクリプションを設定する際のポイントは以下のとおりです。

  • 対策キーワードを入れる
  • 検索結果に表示される文字数(PCでは約120〜160文字、スマートフォンでは約50〜80文字)に収める
  • ユーザーの検索意図を考慮する

これらのポイントを押さえて、魅力的で効果的なメタディスクリプションを作成しましょう。

基本と応用を踏まえて適切なSEOのタイトルを付けよう

SEOに強いタイトルを付けるためには、基本と応用の両方を理解し、実践することが重要です。対策キーワードを効果的に使い、ユーザーの検索意図を反映した自然なタイトルを作成しましょう。具体的な数字や独自の視点を取り入れることもポイントです。適切なSEOタイトルを設定し、検索順位の向上を目指しましょう。

おすすめのセミナー視聴

おすすめのお役立ち資料

SEOツールの記事をもっと読む

SEOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達