AIを活用したタレントマネジメントシステム!必要性や選び方

AIを活用したタレントマネジメントシステム

近年注目を集めているAI活用のタレントマネジメントシステム。しかし、実際にAIを活用することで、どのような影響や効果があるのかわからないという方も多いでしょう。そこで本記事では、AI活用のタレントマネジメントシステムについて徹底解説していきます。

AI・タレントマネジメントシステムの関係性

AIとタレントマネジメントシステムにはどのような関係性があり、組み合わせるとどのようなメリットがあるのかを3つの観点から解説します。

客観的な視点からマネジメントができる

AI搭載のタレントマネジメントシステムを使うことで、統一された基準で客観的な分析やマネジメントができます。人が判断する場合は、どうしても評価者の主観的な意見が反映されてしまうことがありますが、AIであればそのような事態を防ぐことができます。

特に人事評価の場面では公平・公正な評価が求められるため、客観的な評価が可能なAIとタレントマネジメントシステムは非常に相性がよいといえるでしょう。

社員情報の管理・処理がスムーズになる

タレントマネジメントシステムでは、従業員の職歴・能力・資質など膨大な社員情報を一元管理していますが、AIを搭載することでスピーディーで正確な処理が可能です。

通常のタレントマネジメントシステムでは情報管理はできても、分析は人の手で行うのが一般的です。しかし従業員数や集計するデータの種類が増えれば、分析にかかる時間や労力も増加してしまいます。

一方で、AIは膨大なデータの分析を素早く実施し、学習機能によって試行回数を重ねるたびに精度の向上にも期待できるでしょう。

離職率の低下にも寄与する

AI搭載タレントマネジメントシステムを活用すると、離職率を低下させられる可能性があります。タレントマネジメントシステムのなかには、今までの退職者データを学習し、離職しやすい人の抽出や離職の兆候を察知できるものがあるためです。

タレントマネジメントツールをうまく活用することで、普段から顔を合わせていない人にも適切な対応が可能になり、個別のサポートをすることでより長く働き続けてくれる環境を構築できるでしょう。

タレントマネジメントの課題とは?問題点からわかる失敗しないための対策

タレントマネジメントシステムを導入する際の流れ

タレントマネジメントシステムの導入は、以下の5ステップで行うのが一般的です。

  1. 導入目的の明確化・目標設定
  2. 導入に向けた協力体制の構築
  3. 人材情報のデータベース化・分析
  4. 目標達成に向けた計画と実行
  5. 実行結果の評価・見直し

導入にあたっては、導入目的の明確化と導入後の目標設定が非常に重要になります。タレントマネジメントシステムはあくまで適材適所に人材を配置したり育成したりすることが目的です。

タレントマネジメントシステムの導入効果を最大化するには、導入後も検証をくり返し、最適な活用方法を模索していくとよいでしょう。

中小企業でタレントマネジメントシステムは導入すべき?メリットやおすすめを紹介!

タレントマネジメントシステムの選び方・比較ポイント

タレントマネジメントシステムは、さまざまな企業が提供しているため、どのシステムを選択すべきか判断に迷っている方もいるでしょう。ここでは、タレントマネジメントシステムの選び方と、比較すべきポイントを3つ解説します。

目的に合った機能が搭載されているか

タレントマネジメントシステムは、自社の目的に適したシステムの選択が重要です。そのためには、あらかじめ自社の課題と導入の目的を明確にしておく必要があります。

多機能で優れたタレントマネジメントシステムは数多く存在しますが、不要な機能や使わない機能ばかりあっても使いにくくなる可能性があります。

料金プラン・運用コストが予算に見合うか

費用対効果が高く、自社の予算に見合うシステムを選びましょう。タレントマネジメントシステムは種類が多く、料金プランもさまざまです。同程度の価格帯であっても、性能に差があることも珍しくありません。

ただし、費用の詳細は問い合わせなければわからないものがほとんどです。自社に必要な機能を備えているシステムを見つけたら、まずは提供会社に問い合わせて見積もりを取ってみるとよいでしょう。

無料で使えるタレントマネジメントシステム5選!選び方と注意点

セキュリティ対策が充実しているか

タレントマネジメントシステムでは、セキュリティ対策も選定時の重要な項目です。システムには従業員の個人情報が保存されているため、情報漏えいには細心の注意を払わなければなりません。

たとえば、端末認証機能や特定IPのアクセス許可・拒否機能、端末紛失時の遠隔操作や自動バックアップ機能などのセキュリティ対策があると安心です。

【最新版】おすすめのタレントマネジメントシステム15選|失敗しない選び方とメリット

AIを活用したおすすめタレントマネジメントシステム

ここでは、AI搭載型のおすすめのタレントマネジメントシステムを5つ紹介します。実際に導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

crexta

crextaは、マイナビが提供するタレントマネジメントシステムです。

人材業界での豊富な経験と実績を活かし、人材の採用・適材適所・次期リーダーの選抜・評価制度の最適化などを総合的にサポートしています。また、一人ひとりのキャリア開発や離職率の低下を実現できる可能性があります。

提供元株式会社マイナビ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • データベース機能
  • エンゲージメント診断機能
  • パーソナリティ診断機能
  • ペルソナ分析機能
  • eラーニング機能
  • 組織シミュレーション機能
  • 人事評価機能
URL公式サイト

リシテア/AI分析

リシテア/AI分析は、日立ソリューションズが提供するタレントマネジメントシステムです。なお、リシテアは人事部門の領域ごとに異なるリシテアシリーズが提供されている人事総合ソリューションサービスとなっています。

リシテアシリーズで蓄積した就業管理情報・スキル情報・健康管理情報などを集約し、AIによる分析を行い、ストレスケアや組織全体のパフォーマンス向上に役立てます。ほかのリシテアシリーズとの併用が前提ですが、無料デモが提供されており体験できる点がメリットです。

提供元株式会社日立ソリューションズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績約1,490社
機能・特徴各リシテアサービスで集積した情報の分析
組織ストレス予測
URL公式サイト

タレントパレット

タレントパレットは、ラスアルファ・コンサルティングが提供するタレントマネジメントシステムです。

従業員数が300名以上の大手や中堅企業での導入実績が高く、継続率は99.6%という高さがポイントです。人事業務を効率化するだけでなく、人材データを分析し活用することで最適な配置や離職の防止などに期待ができます。サポートデスクの設置や活用勉強会の開催など、初期導入から導入後のサポートも十分なので安心してタレントマネジメントを活用できるでしょう。

提供元株式会社プラスアルファ・コンサルティング
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴
  • 人材データベース
  • 人材データ分析
  • 人的資本ダッシュボード
  • 労務管理
  • 異動シミュレーション
  • 人材育成・スキル管理
  • 人事評価
  • アンケート
  • サンクスポイント
  • TPOD(組織診断)
  • 健康管理・ストレスチェック
  • eラーニング・研修管理
  • 採用管理
  • マインド(適性検査)
  • 人事FAQ など
URL公式サイト

POSITIVE

POSITIVEは、グループ企業を持つ大手企業やグローバル企業向けのタレントマネジメントシステムです。

人事部門に必要なあらゆる業務機能を網羅した統合型パッケージで、Webブラウザのみで動作するクラウドシステムを採用しています。膨大な人事データからAIが関連性の深い情報を見つけ出し、職種や組織に適した人材の提案を行ってくれます。グローバル企業やグループ展開に最適なタレントマネジメント機能を搭載しているため、海外に拠点がある規模の大きな企業におすすめです。

提供元株式会社電通国際情報サービス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績約2,700社以上
機能・特徴
  • タレントマネジメント
  • 人事管理
  • 給与管理
  • 就業管理
  • 従業員向けWebサービス
  • モバイル申請・照会・就業
  • ビジネスプロセスオートメーション など
URL公式サイト

SUZAKU

SUZAKUは、組織心理学とAIを掛け合わせたタレントマネジメント・人材管理システムです。

主な機能は適材配置・育成支援・リテンションマネジメント・採用マッチングと幅広く、蓄積されたデータからAIが最適解を導き出します。UIがシンプルな点もポイントで、使いやすく定着しやすいシステムといえるでしょう。

提供元株式会社エスユーエス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績約3,000社以上
機能・特徴
  • 人材データの可視化・分析
  • 適材人材検索
  • AIによる活躍予測モデルの構築
  • 異動シミュレーション
  • HQ Profile(人材アセスメント)
  • アセスメント集計・分析
  • おすすめ研修表示機能
  • AIによる成長予測
  • 組織サーベイ
  • パルスサーベイ
  • フォローアップアドバイス
  • AIによる離職予兆モデルの構築
  • 適性検査
  • AIによる採用マッチング
  • 採用管理機能 など
URL公式サイト

AI活用のタレントマネジメントシステムで人事管理を効率化しよう

タレントマネジメントシステムは、組織の活性化やビジネスの発展に重要な意味を持っています。またAIの発展により、合理的で無駄のない人事管理ができるようになりました。

自社の課題を明確にし、適切なタレントマネジメントシステムを活用することで、人材管理の効率化や企業全体の成長が期待できます。今後タレントマネジメントシステムの導入を検討している方は、本記事を参考に導入までの流れや選定ポイントを確認し自社にあったシステムを導入してください。

タレントマネジメントシステムの記事をもっと読む

タレントマネジメントシステムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成