タレントマネジメントの課題とは?問題点からわかる失敗しないための対策

タレントマネジメントシステムの課題

戦略的な人材育成・配置等を目的とする「タレントマネジメント」。多くの企業で推進されていますが、成功させるためにはタレントマネジメントの課題や問題点の早急な解決が必要です。本記事では、タレントマネジメントの課題とは何か?失敗しないための注意点とあわせて解説します。

タレントマネジメント導入時の課題・問題点

タレントマネジメントとは、従業員一人ひとりの能力、スキル、知識、経験などの情報を一元管理・活用することにより、人材育成や配置、評価を最適化するマネジメント手法をいいます。

タレントマネジメントを導入することで、さまざまな人事課題の解決や戦略人事の実行が期待できます。一方で、導入にあたっては以下のような課題・問題点があります。

  • 人材データの見える化ができていない
  • 人材の適切な配置できていない
  • 計画的な人材育成ができていない
  • 人材不足の現状を把握できていない
  • 人事業務の負担が大きい

人材データの見える化ができていない

タレントマネジメントでは、社内にどのような人材がいるかわかるよう情報を集約し、人材データの見える化をする必要があります。従業員個人の経験や資格、キャリアプランなどを網羅的に把握することで、「この部署にはこういう人材がほしい」という目的に適した人材を発掘することができるからです。

情報収集の手段としては、面談やアンケート、キャリアシートの提出などがあります。しかし、全従業員の情報を収集してデータ化し、整理するのは膨大な時間と手間がかかるでしょう。

このような場合は、タレントマネジメントシステムの活用が有効です。効率的な情報収集や管理が可能となるため、スムーズに人材データの見える化を進められます。

人材の適切に配置できていない

従業員の情報を収集しデータ化しても、人材配置に活用しなければ意味がありません。従業員が自身の能力や経験を発揮できない部署に配属してしまうと、生産性が低下するばかりか、モチベーションの低下による離職を招くおそれもあります。

人材データの見える化を実施した後は、定期的に面談するなど適材適所を把握しながら、より良い人材配置ができるようにしましょう。

計画的な人材育成ができていない

タレントマネジメントは数年~10年単位に及ぶ長期的な取り組みであるため、成果を上げることを急がず、計画的に人材を育成していくことが大切です。

計画的な育成のためには、従業員のキャリアプランに関するヒアリングや教育体制が必要です。定期的に面談の機会を設け、育成状況を明確化したうえで、将来的なビジョンが把握できるような仕組みを作りましょう。

人材不足の現状を把握できていない

タレントマネジメントを導入する際は、人材が不足している部署や職種を明確にする必要があります。人材がどの部署でどれだけ不足しているかがわからないと、配置や採用活動に活かされず、非効率になってしまいます。

また、人材が定着しづらい原因や部署の把握も、効率的にタレントマネジメントを進めるうえで大切なことといえます。

人事業務の負担が大きい

人事業務は採用・人材育成・評価など人材のための業務が多く負担になることがあります。したがって、人材管理などを検討する余裕がない場合もあるでしょう。

タレントマネジメントはシステムの導入によって、業務を効率化できる場合があります。システムを導入して従業員の情報をクラウド管理するなど、人事担当の負担を減らす取り組みを実施することが大切です。

無料で使えるタレントマネジメントシステム5選!選び方と注意点

タレントマネジメント実施時の課題・問題点

タレントマネジメントは実施するにあたっても課題があります。実施時の課題・問題点として、以下の項目があります。

  • 経営層の知識・理解不足
  • 人事戦略が不明確

経営層の知識・理解不足

タレントマネジメントは経営戦略との関わりが深い施策であるため、経営陣は必要な知識や情報を最低限把握しておく必要があります。

意思決定権を持つ経営層がタレントマネジメントへの知識や理解がないとスムーズに進みません。

まずはタレントマネジメントに関する研修や勉強会を行い、他社の事例なども参考にしながら知識や理解を深めていきましょう。タレントマネジメントの効果を最大化させるには、経営層や幹部が必要性を理解し、従業員との共通認識を持つことが大切です。

人事戦略が不明確

人事戦略とは、採用や人材育成などで業務を改善し組織としての生産性を高めていくことです。

人事戦略が不明確だと、タレントマネジメントの目的共有・実行が困難になります。その結果、有益な人材情報を集められなかったり、求めている人材の採用や育成ができなかったりして、生産性の低下を招く可能性があります。

まずは自社の人事における問題や原因を洗い出し、課題を明確にしましょう。課題を明確にすることで、タレントマネジメントの効果を実感でき、効率的に進められます。

タレントマネジメントのメリット・デメリット!導入を検討している人は必見!

タレントマネジメント定着段階の課題・問題点

タレントマネジメントをスムーズに進めるには、定着段階での課題解決が必要不可欠です。定着段階の課題・問題点としては、以下の項目があります。

  • 目的意識の維持
  • 人材情報の管理・更新の手間
  • 業務フローへの組み込み
  • 目的達成が困難
  • PDCAサイクルの継続

目的意識の維持できない

タレントマネジメントは長期的な取り組みなので、目的意識が薄れてしまうことがあります。目的を見失うと、長期的な取り組みの最中に解決すべき課題の方向性がズレてしまう恐れがあるでしょう。

そうならないために、タレントマネジメントの目的を常に理解し、目的意識を保てるようなチームとしての取り組みをすることも大切です。

人材データの管理・更新の手間がかかる

タレントマネジメントの効果を最大化させるためには、人材データの管理・更新が欠かせません。できる限り詳細な情報を収集し、常に最新の状態に更新していくことで、人材の適材配置や育成に活かすことができます。

しかし、人材情報の収集やデータ化にかかる作業量は膨大であり、人事担当者の負担が大きくなってしまいがちです。

タレントマネジメントシステムを活用すれば、必要な情報の収集やデータ化を効率化できるため、人事担当者の負担を軽減することができるでしょう。

業務フローへの組み込み

業務フローとは、業務のプロセスを分かりやすく可視化したものです。タレントマネジメントを継続していくには、人材データの更新から評価までのプロセスを一定の間隔で業務フローに組み込むことが大切です。

人材データの管理がしやすい体制を構築し、できる限り業務の負担にならないように組み込みましょう。

目的達成が困難

タレントマネジメントの目的は、売上拡大や事業拡大を実現するための人事戦略を立て、実行することです。しかし導入すれば必ず期待する効果が得られるというものではなく、上手に活用できなければ目的の達成が困難になることもあります。

人材データを活用し適材適所を実現するためには、従業員から積極的に情報を提供してもらわなければなりません。まずはタレントマネジメントの目的や意義を周知し、理解を得ることが大切です。

スキルや知識など強みを活かした人材配置や、キャリアプランに合わせた教育などが可能となるなど、従業員にとってもメリットがあることを伝えることで、より自律的な情報更新を促していけるでしょう。

PDCAサイクルの継続

PDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の頭文字をとったもので、業務の品質や効率を高めるプロセスのことです。従業員のデータに基づいてPDCAを継続することで、より効率的に成果が発生しやすくなるでしょう。

タレントマネジメントのPDCAサイクルとしては、以下のような例があげられます。

Plan【問題発見・目標設定】人材の採用や人材育成計画
Do【計画を実行】人材の採用や人材の配置
Check【評価・分析】人事評価やレビュー
Action【改善】異動や能力開発

長期的な運用が必要なタレントマネジメントにおいて、PDCAによる改善は欠かせません。

現在おこなっている人事評価や労務管理をうまく活用し、無理なくPDCAサイクルを継続できる仕組み化が重要といえます。

タレントマネジメントが注目される背景

昨今では会社経営においてのタレントマネジメントが非常に注目を集めており、様々な企業が力を入れ始めている部分です。

ここからはタレントマネジメントが注目されている背景について紹介していきます。

人材の流動化が激しくなっているため

以前までは、終身雇用や年功序列による人事評価をおこなう企業が多かった日本ですが、現在では働き方が変わり、キャリアアップを目的とした転職が当たり前になりつつあります。

人材が流動化している現在において事業を継続していくには、優秀な人材の確保が必要不可欠となります。優秀な人材が確保できないと、企業の競争力が低下するだけでなく、後継者がいない事態にもなりかねません。

タレントマネジメントによる一人ひとりのスキルに合わせた部署の配置は、従業員の定着率を高める効果が期待できます。

慢性的な人手不足に陥っているため

少子高齢化が進む日本において、人手不足は多くの企業が抱える課題や問題といえます。人手不足を解消するには、少しでも多くの従業員に長く働いてもらう取り組みが欠かせません。

タレントマネジメントによって、従業員の定着率を高めると同時に、一人ひとりのスキルを底上げする環境を整えることが可能です。

働き方・人材の多様化しているため

働き方改革の推進やコロナ禍の影響により、在宅ワークへの移行や外国人労働者の採用をおこなう企業が増えており、従来の働き方とは異なってきました。働き方や人材の多様化に対応するためにも、タレントマネジメントは重要視されています。

タレントマネジメントで従業員のスキルを最大限に活かすことが、現在の企業経営にとって重要なポイントの1つといえるでしょう。

タレントマネジメントの課題・問題点からわかる失敗しないための注意点

タレントマネジメントにおける課題・問題点から、失敗しないために押さえておくべき注意点がわかります。

タレントマネジメントで失敗しないための注意点として、以下の4つがあげられます。

  • 目的の共有・浸透を徹底する
  • 人材データの管理・更新を継続する
  • PDCAサイクルを意識・運用する
  • 長期的な視点で取り組む

目的の共有・浸透を徹底する

タレントマネジメントの目的は、「生産性の向上」「売上目標達成」など成果を得ることです。タレントマネジメントの実施そのものが目的になってしまうと、成果を得ることができないばかりか、人材情報の収集やデータ化などの作業だけが負担として引き継がれていくことになりかねません。

そうならないためにも、タレントマネジメント本来の目的を全体で共有し、社内へ浸透させることが必要です。経営陣や幹部はもちろん、各部門の管理者までタレントマネジメントの目的を明確に共有しておきましょう。

また、従業員にどんな情報を取得し、どう活かしていくかといった周知をおこない、理解を得ることも大切です。評価者となる管理者に対しデータの入力や活用の方法をレクチャーする、運用マニュアルを用意するなどの取り組みも忘れてはいけません。

人材データの管理・更新を継続する

タレントマネジメントを効果的に実施するには、常に最新の人材データに更新していかなければなりません。

人材の情報は、育成や成果がでることで日々変化しています。最新の情報に更新しておくことで、従業員のスキルや知識を正しく把握でき、精度の高い人材配置がおこなえます。

人材データの管理・更新を継続するには、タレントマネジメントシステムの活用が有効です。自社の基幹システムとの連携や従業員へのアンケート実施が可能となるため、データ管理・更新にかかる作業を効率化できるでしょう。

PDCAサイクルを意識・運用する

タレントマネジメントを運用していくうえで、PDCAサイクルを意識することは非常に重要です。ビジネスシーンではPDCAサイクルを回すことが当たり前となっていますが、人事分野では計画・実行で止まってしまうことも少なくありません。

PDCAサイクルを意識して運用することで、人材の配置後も適切な評価や人事をおこない、必要に応じて教育体制の見直しや異動を検討できます。

長期的な視点で取り組む

一般的に、人材育成や企業の成長には数年~10年単位の時間を要します。また、タレントマネジメントの導入においても、従業員の理解を獲得し、仕組みが定着するまでに時間がかかります。

タレントマネジメントを成功させるには、短期的な成果を求めすぎず、長期的な視点で根気よく取り組むことが大切です。

タレントマネジメントにかかる平均相場・料金|価格に見合った効果を受ける秘訣

タレントマネジメントシステムの導入が課題解決のカギに

タレントマネジメントシステムとは、タレントマネジメントの運用を効率化させるシステムのことで様々な企業で導入が始まっています。

ここからはタレントマネジメントシステムの導入によってどのような効果があるのか紹介していくので、検討されている方はチェックしてみてくださいね。

  • 人材データを一元管理できる
  • 人材育成や組織体制の強化につながる
  • 人材不足の解消が見込める

人材データを一元管理できる

タレントマネジメントシステムを導入すれば、人材データを一元管理できます。

各従業員のプロフィールをデータベースにし、どのような能力があるのかを素早く分析可能です。欲しい人材の特徴で検索すれば、リクエストに応じた従業員を探すことができるため、人材の適材適所を実現できます。

人材育成や組織体制の強化につながる

人材育成は後継者不足を課題としている企業にとって、無視できない取り組みです。タレントマネジメントシステムの育成計画機能を活用すれば、確実性のある育成計画を立てられます。

また、後継者管理機能によって、リーダーとなり得る人材の発掘も可能です。

後継者となる人材の候補を選出し、育成計画にしたがって育てることができれば、組織全体の強化とともに、会社を存続させることも可能となります。

人材不足の解消が見込める

タレントマネジメントシステムによって、人材配置を最適化し、計画的に育成すれば、従業員の定着率アップにともなう人材不足の解消が見込めます。配置できていなかった才能ある人材の発掘も可能で、自分自身でさえ気づいていなかった能力に気づけるのもタレントマネジメントシステム導入の利点です。

人材不足が懸念される現在だからこそ、既存の従業員一人ひとりを大切にし、能力の底上げをおこなうことが、企業の競争力を高めるうえで大切といえます。

課題を解決しタレントマネジメントを成功させよう

タレントマネジメントの導入や実施、定着においては、さまざまな課題があります。それらの課題を解決し、タレントマネジメントを成功させるためには、会社全体で導入目的を共有し、浸透させていかなければなりません。

また、タレントマネジメントの効果を得るためには、常に人材データを最新の状態にする必要があります。従業員に積極的に情報を提供してもらう仕組みづくりとともに、人材データの管理・更新を効率化させ、人事担当者の負担を軽減できる体制を整えることが大切です。

タレントマネジメントシステムを導入すれば、人材データを一元管理できるため、効率的に従業員の能力やスキルや知識などを把握できます。さらに人材配置の最適化や計画的な人材育成などに活用すれば、優秀な人材の確保や定着につながり、企業競争力をより高められるでしょう。

人材の配置や育成に課題がある企業にとって、タレントマネジメントは重要な施策といえます。本記事を参考にして、タレントマネジメントを成功に導いていきましょう。

タレントマネジメントシステムの記事をもっと読む

タレントマネジメントシステムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達