中小企業でタレントマネジメントシステムは導入すべき?メリットやおすすめを紹介!

中小企業でのタレントマネジメントシステム

人材管理や評価の最適化を意味するタレントマネジメント。大企業を中心に導入が推進され、普及がすすんでいますが、中小企業においてはどうなのでしょうか。本記事では、中小企業はタレントマネジメントシステムを導入すべきか?導入のメリットやおすすめのシステムを紹介します。

タレントマネジメントとは?

タレントマネジメントとは、社員の能力や経験などの情報をデータ化し、採用や育成、適材適所への配置などに活用する、人材マネジメントのことです。アメリカのマッキンゼー&カンパニー社が刊行した「War for talent(人材育成競争)」という書籍の概念を起源とした人材マネジメントで、近年、日本を含め世界中の企業に広がっています。

中小企業がタレントマネジメントを取り入れる目的

中小企業がタレントマネジメントを取り入れる目的は、企業の成長や人材の適切な配置をすることです。また、タレントマネジメントの導入は、社員のモチベーションやスキルの向上にもつながるでしょう。

その一方で、中小企業では近年の人手不足を受け、優秀な人材の確保が難しくなっています。業績のアップを目指すためにも、タレントマネジメントを導入して、社員の定着や生産性を向上させ、時代の変化に対応できる人材を育成しましょう。

タレントマネジメントシステムの基本機能!機能を理解して導入を検討しよう

中小企業におけるタレントマネジメントの推進率

中小企業におけるタレントマネジメントの推進率は大企業と比較して低い傾向があります。おもな理由としては下記があげられます。

  • タレントマネジメントの認知度が低い
  • 人事課題としての認識が低い
  • 人事戦略が不明確 ・有能人材の不足
  • 導入による業務負担の増加

このことから、新たな時代の人事をおこなうためには、社内の意識改革や業務の改善も必要だといえるでしょう。

タレントマネジメントのメリット・デメリット!導入を検討している人は必見!

中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するメリット

中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するメリットについて解説します。さまざまな分野で業務の自動化が促進されている近年、人事評価などの業務もタレントマネジメントシステムを導入することで、さらなる進化が目指せます。

社内の人材配置を最適化できる

中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するメリットとして、社内の人材配置を最適化できる点が挙げられます。タレントマネジメントシステムでは、社員のスキルレベルを的確に把握し、特性を抽出することができます。

そのため、いままで特定の業務で実力を発揮できなかった社員も、このスキル管理特性によって人材配置をすることで、より適正がある業務に配置できるため、作業の効率化や生産性の向上にもつながるでしょう。

実績を数値として確認できて公平な評価ができる

実績を数値として確認できて公平な評価ができることも、中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するメリットの一つです。タレントマネジメントシステムを導入することで、評価基準やプロセスが透明化し、より客観的な評価ができるようになります。

業務が属人化しやすく、評価もブラックボックス化しやすい中小企業こそ、人事における客観的な視点が必要です。

コア業務に集中できて生産性の向上につながる

中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するメリットには、コア業務に集中できて生産性の向上につながる点も挙げられます。

データ入力や集計、分析などの人事まわりの煩雑な業務もタレントマネジメントシステムを導入することで、自動化できます。人事業務を効率化することで、人事担当者がコア業務に集中できるようになり、生産性の向上にもつながります。

適切な評価が社員のモチベーション向上につながる

中小企業がタレントマネジメントシステムを導入することで、適切な評価が社員のモチベーション向上につながるでしょう。勤続年数や上司の個人的な評価に左右されない公平な評価がされるとあれば、社員の仕事へのモチベーションの向上に期待ができます。

また、実績や成果など、はっきりとした評価基準がオープンになれば、社員の理解も進み、やる気を引き出すこともできるでしょう。

タレントマネジメントシステムとは?機能や特徴・活用事例を紹介!

中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するデメリット

人材育成や適切な人材配置に効果を発揮するタレントマネジメントシステムですが、中小企業によっては適さないケースもあるので、デメリットについても紹介していきます。

雇用方法に適さない可能性がある

中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するデメリットとして、雇用方法に適さない可能性がある点を忘れてはいけません。多くの中小企業では、新卒の一括採用、年功序列、終身雇用といった日本従来の雇用方法である「メンバーシップ雇用」を取り入れていますが、これがタレントマネジメントシステムに適さない場合があります。

タレントマネジメントシステムは欧米発祥のものが多く、決められた業務内容に対し適切な人材配置をおこなう「ジョブ型雇用」をベースに考えられています。日本のメンバーシップ型雇用とジョブ型雇用では対照的になってくるため、タレントマネジメントシステムによってはカスタマイズを施さないと、自社に適さないというケースもでてくるでしょう。

導入・運用に費用がかかる

タレントマネジメントシステムを導入する際には、導入・運用に費用がかかることも挙げられます。

また、選ぶタレントマネジメントシステムによっては、多機能ゆえに高額になってしまうケースも考えられるでしょう。そのため、予算に余裕がない中小企業では、導入を検討する前に、どの機能が必要で、どこまでの予算が出せるのかなど、自社の財政面の状況も確認してください。

定着するまでに時間がかかる

定着するまでに時間がかかることが、中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するデメリットです。タレントマネジメントシステムでは、社員が自分で情報を入力する項目があるため、導入に対して事前に理解が進んでいなければ、スムーズに運用することが難しくなります。

さらに、タレントマネジメントシステムの使い方がわかりづらいと、浸透しないまま持て余してしまうといった可能性も考えられるでしょう。

組織力を低下させる可能性がある

組織力を低下させる可能性があることも、中小企業がタレントマネジメントシステムを導入するデメリットとして考えられるでしょう。社員が少なく、人と人との距離が近い中小企業では、働くうえで人間関係が非常に重要になります。

ここに、タレントマネジメントという新たな概念を投下することで、良好だった人間関係のバランスが崩れてしまう可能性も否めません。最悪の場合は組織力を低下させ、業績悪化を招く場合もあります。

タレントマネジメントの課題とは?問題点からわかる失敗しないための対策

中小企業におすすめのタレントマネジメントシステム12選

ここでは、中小企業におすすめのタレントマネジメントシステムを紹介します。タレントマネジメントシステムのメリットやデメリットを把握したけれど、どのシステムを選べばいいか分からないといった方はぜひチェックしてみてください。

1.カオナビ

カオナビは、タレントマネジメントシステム7年連続シェアNo.1を誇る、顔写真や能力、スキルを視覚的に確認できるツールです。直感的に操作しやすくカスタマイズ性が高い人材データベースを用いているのもメリットの一つになります。

手厚いサポートとノウハウを学べるだけでなく、さまざまなプランが用意されているため、自社の課題や用途にあわせて選ぶことも可能です。

提供元株式会社カオナビ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績約2,500社(2022年3月現在)
機能・特徴人材データベース、社員情報ソート、社員リスト、組織ツリーズ、評価ワークフロー、社員アンケート、配置バランス図ほか
URL公式サイト

2.HRBrain

HRBrainは、タレントマネジメント顧客満足度No.1を受賞した、人事のアナログな業務を効率化し、蓄積されたデータに基づいて人事の意志決定をサポートしてくれるツールです。カスタマイズが自由で、人材データを一元管理でき、ほかのタレントマネジメントシステムとの連結が柔軟な点もメリットになります。

さらに、直感的に使いこなせる操作性も備わっており、システムの担当者だけでなく、すべての社員にとっての使いやすさを実現している点もメリットといえるでしょう。

提供元株式会社HRBrain
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績2,000社以上(2022年12月現在)
機能・特徴人材データベース、人事評価、組織図ツリー、組織分析、アンケート、配置シミュレーション、ダッシュボードほか
URL公式サイト

3.あしたのチーム

あしたのチームは、人事評価制度の構築やクラウド化ができるツールです。教育から人事制度の構築や運用、人事クラウドまでワンストップでサポートしてくれるため、作業の効率化につながるでしょう。

そのほかにも、評価基準と等級制度や賞与の報酬制度を連携させることで、社員がなぜこの給与をもらっているかなどを把握することが可能になり、社員のモチベーションアップも期待できます。

提供元株式会社あしたのチーム
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績4,000社以上
機能・特徴1on1、360度評価、経年分析、甘辛分析、組織図、売上管理、目標履歴、評価分析ほか
URL公式サイト

4.あしたのクラウドHR

あしたのクラウドHRは、社員データベースから目標設定や評価、査定、給与確定までの人事評価の運用を一元管理できるツールです。人事評価のプロによるサポート体制も整っています。

また、同サービスのメリットとしては、4,000社に導入してきたカスタマイズ性の高さが挙げられます。システムを導入したからといってすべてを変える必要がなく、自社の評価制度をそのまま再現することも可能なため、利用するのがはじめてでも受け入れやすいでしょう。

提供元株式会社あしたのチーム
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績4,000社以上
機能・特徴1on1、360度評価、経年分析、甘辛分析、組織図、売上管理、目標履歴、評価分析ほか
URL公式サイト

5.Wevox

Wevoxは、組織の状態を多角的に可視化し、次のアクションに気づく行程を総合的にサポートするツールです。社員のエンゲージメントの計測もスマホを使って3分ほどで回答でき、その回答直後に結果がわかるため、スピーディに変化を把握することが可能です。

さらに、導入には最低3名から利用でき、しかも月額ひとり300円からエンゲージメントを可視化することが可能な点も大きなメリットでしょう。無料でお試し期間も設けられているので、使用感を確かめたあとに導入するとミスマッチを避けられます。

提供元株式会社アトラエ
初期費用要問い合わせ
料金プランWevox Enagemento:300円~/月
導入実績要問い合わせ
機能・特徴サーベイ&即時分析、重要な変化の自動検出、豊富なデータ解析機能ほか
URL公式サイト

6.ヒトマワリ

ヒトマワリは、戦略人事に必要な情報が一元管理できるツールです。組織作りやビジネスに関する情報をパーソナルデータとして収集、蓄積、分析して、アウトプットしてくれます。

そのため、社員の評価管理がまとまらなかったり、人材データの管理が大変だったりする場合におすすめです。導入費用も0円かつ月額11,000円(税込)~で利用が可能なので、初めてタレントマネジメントシステムを導入しようとしている方でも気軽に利用できる点もメリットになります。

提供元株式会社Touch&Links
初期費用無料
料金プラン
  • スタートプラン:11,000円(税込)~/月
  • スタンダードプラン:66,000円(税込)~/月
導入実績要問い合わせ
機能・特徴人材データベース、組織シミュレーション、申請ワークフロー、採用管理、BI分析、評価ワークフロー、アンケート、帳票ほか
URL公式サイト

7.スキルナビ

スキルナビは、タレントマネジメントに必要な機能が豊富で使いやすいツールです。洗練されたデータベース構造で、自由自在にデータ抽出や分析ができるのもスキルナビの魅力になります。

また、社員データの管理や分析において、必要な機能は標準装備しているため、システムを導入したあとすぐにでもスタートすることができる点もメリットといえるでしょう。

提供元株式会社ワン・オー・ワン
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績要問い合わせ
機能・特徴社員データ管理、社員データ複合検索、社員の保有スキル管理、目標管理、育成施策管理、社員評価管理、アンケート、社員データ分析ほか
URL公式サイト

8.TUNAG

TUNAGは、組織の課題改善に向けた施策設計や改善活動をワンストップで実践できるツールです。エンゲージメントプラットフォームとして、タレントマネジメントをサポートしてくれます。

さらに、同ツールはエンゲージメント施策だけでなく、社員に浸透させるためのタイムラインやチャット機能なども豊富に揃えています。その結果、社員が日常的に利用することで、エンゲージメント施策が効果的に運用されるようになるのです。

提供元株式会社スタメン
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績500社以上
機能・特徴タイムライン、制度一覧画面、チャット、カレンダーほか
URL公式サイト

9.CYDAS PEOPLE

CYDAS PEOPLEは、人材情報の見える化を実現し、一元管理できるツールです。社員一人ひとりのキャリア希望やライフステージなどの動的データも、常に最新の状態で管理できます。

また、集められた社員のデータを元に、ローパフォーマーに対して別に業務を提案するなど、異動・配置計画も立てられるため、業務全体の効率化にもつながるでしょう。

提供元株式会社サイダス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績要問い合わせ
機能・特徴社員情報、社員検索人材リスト、社内掲示板、人事FAQ、人事申請、自己申告、アンケート、オンライン給与明細ほか
URL公式サイト

10.MINAGINE人事評価システム

MINAGINE人事評価システムは、人事評価のプロセスを一元管理できるツールです。人事評価の機能に特化したシンプルな構成で使いやすく、定量的な数値目標と定性的な行動目標よる評価で人材育成をサポートしてくれます。

くわえて、月額10,000円からと中小企業でも導入しやすいリーズナブルな価格ではじめることができる点も、MINAGINE人事評価システムのメリットといえるでしょう。

提供元株式会社ミナジン
初期費用200,000円~
※ 年額分の一括支払い
料金プラン
  • 基本料金 1~30名 10,000円/月
    ※ 年額分の一括支払い
導入実績要問い合わせ
機能・特徴勤怠管理、労務アウトソーシング、人事評価ほか
URL公式サイト

11.sai*reco

sai*recoは、組織の人事情報を蓄積し、経営情報として活用するサポートをしてくれるツールです。人事施策を可視化でき、人事情報を社内で共有するのにも役立ちます。

さらに、日々の定型業務の自動化をおこなってくれるため、ルーチンワークの無駄を省き、人事業務の効率化にもつながります。

提供元株式会社アクティブアンドカンパニー
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績要問い合わせ
機能・特徴組織全体管理、組織図、従業員管理、組織構成の履歴検索、給与明細、利用社設定、申請承認管理、2次元分析、アラートほか
URL公式サイト

12.奉行クラウドHR Suite

奉行クラウドHR Suiteは、人事労務業務をペーパーレス化できるツールです。給与明細などのあらゆる書類がペーパーレス化されるため、社員がわざわざ出社する必要がなくなり、いつでもどこでも手続きが可能な環境が整います。

まら、人事データベースに基づいた労務管理や給与明細、年末調整申告などの機能が豊富にパッケージされている点もメリットの一つです。

提供元株式会社オービックビジネスコンサルタント
初期費用要問い合わせ
料金プラン

■従業員規模1~1,000名

奉行クラウドHR DX Suite(モデル1) 

  • 月間契約:800円~/人
  • 年間契約(法人のみ):19万2000円・奉行クラウドHR DX Suite(モデル2) 
  • 月間契約:750円~/人
  • 年間契約(法人のみ):18万円

■従業員規模1,000~20,000名 

奉行V ERPクラウドHR DX Suite(モデル1) 

  • 要問い合わせ

奉行V ERPクラウドHR DX Suite(モデル2) 

  • 要問い合わせ
導入実績要問い合わせ
機能・特徴労務管理、給与明細、年末調整申告、マイナンバー、総務人事、給与ほか
URL公式サイト

タレントマネジメントシステムの選び方

ここでは、タレントマネジメントシステムの選び方について解説します。

導入・運用のコストが自社の予算に適しているか

タレントマネジメントシステムの選び方として、まず確認すべき点は、導入にかかる費用です。タレントマネジメントシステムを導入する場合、初期費用とランニングコストがかかります。

また、システムの導入後に社内の状況が変わったことによって、オプション機能を追加する必要が出てくることもあるでしょう。そのため、オプション機能でタレントマネジメントシステムをカスタマイズする費用も想定することが大切になってきます。

【最新版】おすすめのタレントマネジメントシステム15選|失敗しない選び方とメリット

ITリテラシーに関わらず操作可能か

ITリテラシーに関わらず操作可能かどうかも、タレントマネジメントシステムの選び方としてチェックするべき点の一つです。作業画面が複雑であったり、入力工数が多くなってしまったりすると、利用する上で時間がかかってしまうため、結果的に作業の遅延が発生するリスクがあります。また、システムを利用されなくなるケースもあるので十分に注意しておきましょう。

必要としている機能が搭載されているか

タレントマネジメントシステムの選び方には、必要としている機能が搭載されているかを確認することが重要です。人材データベース機能や評価機能など、タレントマネジメントシステムにはさまざまな機能が搭載されています。

多くのタレントマネジメントシステムでは、利用料金などによって使える機能も変わってきますので、自社に必要な機能がカバーできているかどうかは、しっかり確認しておきましょう。

提供形態は企業に適しているか

タレントマネジメントシステムには、クラウド型とオンプレミス型の2つの提供形態があります。クラウド型では、インターネット経由でシステム提供会社のサーバーにアクセスしてタレントマネジメントシステムを利用します。自社でサーバーを構築する必要がなく、常に情報更新がおこなわれるなどのメリットがありますが、利用している間ずっと運用コストがかかります。

一方で、オンプレミス型ではソフトをインストールしてタレントマネジメントシステムを利用します。自社の要件に合わせた追加機能などが比較的簡単におこなえますが、自社サーバーの構築などが必要で、導入時にかかるコストは高額になります。どちらのメリットもデメリットも理解したうえで、自社に適した提供形態を選んでください。

経営状況にあわせたカスタマイズは可能か

経営状況にあわせたカスタマイズが可能か確認することも、タレントマネジメントシステムの選び方として必要となってきます。タレントマネジメントシステムの導入後に自社の経営状況が変化すれば、新たな人事面の課題もみつかるでしょう。

また、新たな課題を解決するためには、タレントマネジメントシステムのカスタマイズも必要になってきます。そのため、導入後のプラン変更やカスタマイズができるかどうかは、あらかじめ確認しておくべき事項です。

サポート体制は十分か

タレントマネジメントシステムの選び方として、サポート体制の有無も重要な確認ポイントです。よっぽどの知識がないと、サポートなくして導入や運用はスムーズに進められません。

そのため、サポートページが設けられていることはもちろん、電話やチャットでのサポートが受けられるかどうかを導入前に把握しておくことが大切です。また、専門のスタッフによる手厚いサポートがあるタレントマネジメントシステムもありますので、こちらも導入前に販売会社に確認しておきましょう。

中小企業におすすめのタレントマネジメントシステム以外の手法

タレントマネジメントシステムは、さまざまな人材管理課題の解決を目的として開発されているため、機能が豊富で、大企業と比べると中小企業にはややオーバースペックに感じることがあるかもしれません。

中小企業におすすめのタレントマネジメントシステム以外の手法としては、自社の状況に合わせて適切に選択してください。

  • 人事評価システム
  • ジョブ型・ロール型雇用
  • 副業・外部人材の雇用
  • 評価制度の再検討
  • ピープルマネジメント
  • 1on1ミーティング
  • スキルマップの作成

組織に最適な手法を比較・検討し効果的な人材管理を実現させよう

タレントマネジメントシステムを導入することで、人材のスキルや知識がデータ化でき、適切な人材配置や人事評価、人材育成などに活用できます。

中小企業においても、上司などの評価に左右されない評価基準が設けられることで、社員の向上心ややる気を高めるきっかけになるだけでなく、さまざまなメリットが享受できます。しかしながら、日本型の雇用形態で、人間関係を重視してきた中小企業にとっては、導入への壁があることも否めません。そのため、自社の状況を把握し、目的を持ってタレントマネジメントシステムの導入を検討することが重要です。

タレントマネジメントシステムの記事をもっと読む

タレントマネジメントシステムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

VPNのセキュリティは安全?理解しておきたい仕組みやセキュリティリスク・被害事例について

最終更新日時:2024/07/19

VPN

最終更新日時:2024/07/19

VPN

WordPressでのLPを作る方法|メリット・デメリットやおすすめのテーマとプラグイン

最終更新日時:2024/07/19

LPOツール

最終更新日時:2024/07/19

LPOツール

CTIとは?導入する目的や搭載している機能・メリット、おすすめのシステムをわかりやく解説

最終更新日時:2024/07/19

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/19

コールセンター・CTIシステム

eラーニングの作り方とは?自作するステップやポイント・注意点を紹介

最終更新日時:2024/07/17

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/17

学習管理システム

データベースマーケティングとは?活用事例やメリット・CRMとの違い

最終更新日時:2024/07/17

データベースソフト

最終更新日時:2024/07/17

データベースソフト

データベース管理システム(DBMS)とは?機能や種類、エクセルとの違いをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/07/17

データベースソフト

最終更新日時:2024/07/17

データベースソフト