大企業におすすめのタレントマネジメントシステムを比較!失敗しない選び方

大企業におすすめのタレントマネジメントシステム

最適な人材管理を実現できるタレントマネジメントシステム。人材不足が深刻な昨今、大企業でもタレントマネジメントシステムを検討している方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、大企業におすすめのタレントマネジメントシステムについて徹底解説していきます。

タレントマネジメントシステムとは?

タレントマネジメントシステムとは、社員の基本情報・スキル・経験・保有資格などの情報を一元的に管理・共有できるシステムのことです。最適な人材配置や戦略的な人材育成を目的として、社員一人ひとりの情報を適切に管理すべく、導入する企業は増えつつあります。

もとは1990年代のアメリカで生まれた考え方ですが、2010年代ごろから問題視され始めた日本の労働人口減少により、少ない人材を最大限活用するための「タレントマネジメント」という概念が広く知られるようになりました。

人事システムとの違い

人事システムは、採用・育成・評価・勤怠管理・給与計算などの人事業務を効率化するためのシステムです。主に人事業務担当者をサポートする機能が搭載されており、タレントマネジメントシステムのように戦略的な人材配置や人材育成に直結する機能は搭載されていません。

このように、人事システムとタレントマネジメントシステムは、人事管理を効率化するという面では同じですが、目的や機能が異なります。

人事管理とタレントマネジメントの違いは?それぞれの目的や業務内容を解説

大企業でタレントマネジメントシステムを導入するメリット

大企業でタレントマネジメントシステムを導入するメリットは以下の3つです。

  • 最適な人材配置で社員のモチベーションが上がる
  • 膨大な社員の人事管理を効率化できる
  • 自社に埋もれているハイパフォーマーを発見できる

1つずつ詳しくみていきましょう。

最適な人材配置で社員のモチベーションが上がる

タレントマネジメントシステムでは、社員一人ひとりのスキル・能力を正確に把握できるため、個々のスキル・能力に応じた最適な人材配置が可能です。

一人ひとりが自分のスキル・能力を活かせる場所に配置されれば、社員のモチベーション維持・向上につながり、パフォーマンスの最大化や離職防止にも効果を発揮します。

人材配置の目的とは?考え方や最適化する方法を解説

膨大な社員の人事管理を効率化できる

大企業には多くの社員が在籍しているため、全社員の情報を管理するとなると、その情報量は膨大なものになります。しかし、タレントマネジメントシステムでは社員のあらゆる情報を一元管理できるため、採用・育成・評価・目標管理などの人事管理業務の効率化が可能です。

人事管理業務を効率化できれば、担当者はコア業務に充てられる時間が増え、結果として生産性向上といったメリットにつながるでしょう。

自社に埋もれているハイパフォーマーを発見できる

タレントマネジメントシステムで人材データが可視化されれば、自社に埋もれているハイパフォーマーを発見できるというメリットもあります。潜在的なスキル・能力を知ることは、リーダー候補の選定や後継者育成にも役立つでしょう。

また、社員のスキル・能力などの情報を総合的に分析すれば、社員に「何が不足しているか」「どこを伸ばせばよいか」といったことも把握でき、社内でハイパフォーマーへと育成することも可能です。

タレントマネジメントシステムの基本機能!機能を理解して導入を検討しよう

大企業におけるタレントマネジメントシステムの選び方

大企業におけるタレントマネジメントシステムの選び方として、以下4つのポイントを確認しましょう。

  • 目的とマッチした機能が搭載されているか
  • 外部システムと連携しやすいか
  • セキュリティレベルが高いか
  • ベンダーのサポート体制が充実しているか

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

目的とマッチした機能が搭載されているか

タレントマネジメントシステムには、シンプルな機能でリーズナブルに利用できるものから多機能なものまで、さまざまな種類があります。まずは、自社の抱える課題を明確化し、導入目的にマッチした機能が搭載されているかを確認しましょう。

例えば、組織体系や異動ワークフローが複雑になりがちな大企業では、キーワードや絞り込みによる社員検索、組織ツリー図などの機能があると便利です。

【最新版】おすすめのタレントマネジメントシステム15選|失敗しない選び方とメリット

外部システムと連携しやすいか

大企業では、勤怠管理システム・給与計算システム・労務管理システムなど、すでに外部システムを導入しているケースも多いでしょう。タレントマネジメントシステムによっては、このような外部システムとの連携が可能です。連携できれば、さらなる効率化も期待できます。

選定にあたっては、導入済みの外部システムと連携できるか、連携しやすいかを事前に確認しておくとよいでしょう。連携できないとなれば、同じデータをそれぞれのシステムに入力するなど、手間が増える可能性もあります。大事なチェックポイントのひとつです。

セキュリティレベルが高いか

大企業は他の企業に比べて社員数が多く、それだけタレントマネジメントシステムで管理する情報も膨大です。社内外を問わず情報漏えいが起これば、社員の不信感につながるだけでなく、社会的信用も失いかねません。

そのような事態を回避するため、導入するシステムにセキュリティレベルの高い機能が搭載されているかを必ず確認しましょう。具体的な項目としては、ID・パスワード設定の有無、アクセス権限機能の有無、端末紛失時の遠隔データ消去機能の有無などが挙げられます。

ベンダーのサポート体制が充実しているか

タレントマネジメントシステムを最大限活用するには、体制づくりや自社に合わせた運用方法の策定が重要です。しかし、組織体系や異動ワークフローが複雑になりやすい大企業では、うまく進められない可能性があります。

そのようなとき、不明点の相談や運用ノウハウの指導研修など、ベンダーのサポート体制が充実していると導入がスムーズです。「ベンダーが十分なノウハウを持っているか」「実績はあるか」「サポートに料金は発生するか」といったことも含めて、確認しておくとよいでしょう。

タレントマネジメントシステムとは?機能や特徴・活用事例を紹介!

大企業・大手企業におすすめのタレントマネジメントシステムを比較!

数多くのタレントマネジメントシステムがリリースされていますが、その中から、大企業・大手企業におすすめのタレントマネジメントシステムを5つ紹介します。

HRBrain

HRBrainは、人事評価から人材データの管理・活用までをワンストップで実現するタレントマネジメントシステムです。蓄積したデータを柔軟に分析する機能は、離職防止や育成・配置に役立ちます。データベースは検索性や実用性に優れているため、運用途中で見直しが発生しても安心です。

提供元株式会社HRBrain
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績累計2,000社以上(※2022年12月時点)
機能・特徴カスタムプロファイル、組織分析、人事評価、ダッシュボード、人材データベース、配置シミュレーション、アンケート、組織図ツリーなど
URL公式サイト

タレントパレット

タレントパレットは、大手企業向けに提供されているタレントマネジメントシステムです。人事に必要な機能が豊富に搭載されており、データを活用した科学的人事を実現するという特徴があります。あらゆる人材データを一元管理・分析することで、組織の力を最大化するのに役立ちます。

提供元株式会社プラスアルファ・コンサルティング
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴人材データベース、人材データ分析、人的資本ダッシュボード、労務管理、異動シミュレーション、人材育成・スキル管理、人事評価、アンケート、サンクスポイント、TPOD(組織診断)、健康管理など
URL公式サイト

crexta(クレクタ)

crexta(クレクタ)は、40年以上にわたって人材サービスを展開してきた「マイナビ」が開発したタレントマネジメントシステムです。

採用・配置、異動、人材開発や組織開発、評価などを総合的にサポートしてくれます。さまざまな診断機能も搭載されているため、迅速な現状把握や課題発見にも役立ちます。

提供元株式会社マイナビ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴データベース機能、エンゲージメント診断機能、パーソナリティ診断機能、ペルソナ分析機能、eラーニング機能、組織シミュレーション機能、人事評価機能など
URL公式サイト

SUZAKU

SUZAKUは、組織心理学とAIを掛け合わせた力で人と組織をサポートするタレントマネジメントシステムです。社員一人ひとりのスキル・特性・エンゲージメントを定量的に可視化する機能が搭載されているため、最適な配置や採用に役立ちます。

提供元株式会社エスユーエス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績3,000社以上(※2023年8月時点)
機能・特徴適材配置、育成支援、リテンションマネジメント、採用マッチングなど
URL公式サイト

カオナビ

カオナビは、社員の個性や才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。タレントマネジメントシステムとして高い人気を誇り、テレワーク・生産性向上・人材不足など、現代におけるさまざまな人事課題の解決に役立ちます。

提供元株式会社カオナビ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績3,000社以上(※2023年3月末時点)
機能・特徴人材データベース、社員情報ソート、社員リスト、組織ツリー図、評価ワークフロー、社員アンケート、配置バランス図、社員データグラフ、ダッシュボード、エニアグラム、クリエイティブマップなど
URL公式サイト

大企業でもタレントマネジメントシステムの導入を検討していこう

タレントマネジメントシステムは、戦略的な人材配置や人材育成を可能とするツールです。人的リソースが少ない傾向にある中小企業だけでなく、大企業においても利用価値は十分にあるため、各社で導入が進みつつあります。自社の抱える課題に合わせて最適なシステムを選定し、人事管理業務の効率化を目指すと同時に、社員のモチベーションを上げ、さらなる企業の成長を目指しましょう。

タレントマネジメントシステムの記事をもっと読む

タレントマネジメントシステムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

稟議書を電子化する方法|メリット・デメリットや注意点、おすすめのシステム

最終更新日時:2024/05/29

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/29

ワークフローシステム

BIツールの市場規模・シェア状況について|今後の予測や人気のサービスを紹介

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

【無料】おすすめのBIツール10選比較|選ぶポイントや注意点・有料版との違い

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

最終更新日時:2024/05/29

BIツール

【完全版】採用サイトの作り方|手順や掲載する情報・応募されやすいサイトの特徴

最終更新日時:2024/05/29

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/29

採用サイト作成

スタートアップの資金調達方法!事例やラウンド・成長フェーズ別に紹介

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

【図解あり】ファクタリングとは?仕組みや種類・注意点を簡単に解説

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/29

ファクタリング・資金調達

SEOライティングにおすすめの資格・検定|難易度や取得のメリット・注意点

最終更新日時:2024/05/29

SEOツール

最終更新日時:2024/05/29

SEOツール

社内稟議とは?必要性や通すためのポイント・効率化する方法を解説

最終更新日時:2024/05/28

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/28

ワークフローシステム

BIツール活用に向けたデータベース設計の基本|設計方法や活用例を解説

最終更新日時:2024/05/28

BIツール

最終更新日時:2024/05/28

BIツール

SEOのおすすめ資格を一覧で比較|難易度や必要性・取得するメリットを解説

最終更新日時:2024/05/28

SEOツール

最終更新日時:2024/05/28

SEOツール