在庫管理の課題・問題点とは?解決する方法やおすすめのシステムを解説

2023/12/20 2023/12/20

在庫管理システム

在庫管理の課題

在庫管理を適切に行うためには、自社が抱える「在庫管理の課題」を把握することが重要です。では、在庫管理に奮闘している企業はどのような課題・問題を抱えているのでしょうか。本記事では、在庫管理の課題・問題点とは何か、解決する方法やおすすめのシステムについて解説します。

在庫管理の目的

在庫管理は、商品や部材の在庫量を最適化することを目的としています。適切な在庫量を維持することで、顧客の需要に迅速に対応し、売上機会の損失を予防可能です。また、過剰在庫や品切れのリスクを減少でき、経営資源の最適化につながります。

在庫管理によって過剰在庫が改善すると、在庫の品質も安定し、商品や製造のクオリティも保てるのです。適切な量だけを仕入れることにもつながるため、無駄な支出が減りキャッシュの確保も実現できます。

効果的な在庫管理は、企業の競争力強化に不可欠であり、経済的な利益だけでなく、顧客満足度の向上にも直結します。

在庫管理の課題・問題点

在庫管理をする上でどのような課題や問題点があるのかを紹介していきます。旧来型の管理手法だけでは課題が発生しやすいことが多く、対策は急務です。

ヒューマンエラーが発生しやすい

在庫管理では、人の手作業に依存すると間違いや誤記が発生しやすくなります。例えば、入出庫の記録ミスや在庫数の誤算などがミスが発生しやすいポイントであり、ヒューマンエラーが多発すると在庫の不一致や品切れの原因となります。

在庫管理を人の手で行っているケースは未だに少なくありません。Excelや紙を使った在庫数の管理などが挙げられますが、いずれも一つひとつ入力や記入をしなくてはならず、手間が大きな作業です。変動の多い在庫情報の管理にミスなく対応することは、至難の業といえるでしょう。

在庫の保管場所がわからない

商品の保管場所の把握が不十分であると、在庫管理上で多くの問題が生じます。必要な商品を迅速に見つけられない、在庫量を正しく計算できないといったトラブルを招き、業務の効率が低下するでしょう。在庫の移動や整理が適切に行われない場合、商品の紛失や損傷のリスクも高まります。

在庫の保管場所がわからなくなるのは、ロケーション管理に不備があることが一因です。配置に一貫性がなかったり、位置情報を正しく管理できていなかったりするケースがあります。保管場所が不明瞭なままでは顧客への迅速な対応が困難になり、顧客満足度に影響を及ぼすことにもつながるでしょう。

棚の在庫管理を行う方法|課題や管理するためのコツ・管理方法について

在庫の過不足が発生する

在庫管理において、商品の過剰な在庫や不足が生じるのは一般的な課題です。過剰在庫は資金の固定化や保管スペースの無駄使いを意味し、在庫が不足してしまうと、顧客の要望に応えられないリスクを高めます。市場の需要予測の誤りや、在庫の回転率の低下がこのような問題を引き起こす主な原因です。

部門ごとに仕入れを行っている場合、在庫の過剰が発生しやすいと考えられます。在庫不足を懸念するあまり、適正在庫以上の仕入れをしてしまうのが理由です。過不足を起こさないためには、仕入れの適正化や需要の見極めといった対策以外に、部門を横断する管理体制の必要性も考慮すべきでしょう。

在庫管理をシステム化するのが難しい

在庫管理のシステム化は、多くの企業にとって難しい課題です。在庫管理のプロセスは企業独自の要件も多く、システム化が技術的に困難である場合も少なくありません。システムを使いこなせる人材がいないという問題もあるでしょう。

特に中小企業では、資金や技術的なリソースの制約が大きな障害となることがあります。闇雲にデフォルトの既製品を使っても、自社の求める機能がなくプロセスに適さなければ、システムの導入は効果を発揮しません。

在庫管理に時間・手間がかかる

在庫管理が正しく行われていないと、多大な時間と手間を消費します。商品の入出庫の追跡、在庫数の確認、データの更新など、一連のプロセスは煩雑です。時間がかかることで市場の動きに素早く対応できず、機会損失を招いてしまうでしょう。

在庫管理に時間・手間をとられると、コア業務へのリソースが縮小されます。利益に直結するコア業務には本来リソースを割くべきですが、在庫管理が非効率的であるとその影響をうけてしまうのです。生産性の低下は免れず、売り上げや顧客満足度にも悪影響となるでしょう。

収集した在庫データを効果的に活用できない

在庫管理が適正化されていると、収集したデータをすぐに閲覧でき、効果的に用いることができます。一方、膨大な在庫情報は複雑化しやすく、効率的に活かせない課題が生じがちです。情報が不完全であったり、分析のための適切なツールが欠けている場合も、在庫データの活用が困難になります。

在庫データの活用には専門知識が求められますが、適した人材が不足していると実現できません。正確なデータを用いた運営ができず、過剰在庫や品切れの問題が悪化する可能性があります。

在庫管理が属人化している

在庫管理が特定の個人に依存する「属人化」は、決して無視できない問題です。属人化した業務があると、その人が不在の場合、在庫管理のプロセスに混乱が生じることがあります。

作業手順を標準化していないと、担当者が各自の判断でやり方を変えてしまう恐れがあります。担当者にしかわからない手順で固定され、業務の属人化が起こってしまうのです。属人化により、在庫管理の一貫性や透明性が損なわれ、効率的な意思決定が困難になります。

在庫管理の見える化とは?メリットや成功事例・改善方法を解説

在庫管理の課題・問題を解決する方法

在庫管理にはさまざまな課題がありますが、それぞれ適した方法で解決を図ることが可能です。ここからは、課題を解決するための方法について紹介していきます。

在庫管理業務のマニュアルを作成する

在庫管理業務のマニュアル化は、一貫性と効率を高めるために欠かせません。マニュアルには、商品の入出庫方法や在庫の記録手順、データ更新のプロセスなどを明確に記載しましょう。正確なマニュアルにより業務の標準化が促進され、属人化の防止や社員教育にも活用できます。

作成したら従業員へ素早く周知徹底を図り、誰もがアクセスしやすい場所に明示しましょう。また、定期的な見直しと更新を続けることで、在庫管理業務を常に標準化できます。

ロケーション管理を実施する

ロケーション管理は、在庫商品の正確な保管場所を追跡し、効率的な取り扱いを実現する在庫管理の方法です。「固定ロケーション」「フリーロケーション」「ダブルトランザクション」といった方法があり、それぞれ特徴が異なります。

固定ロケーションは、保管する在庫の位置を固定する手法です。決まった場所から動かさないため、保管場所の把握が容易になります。空いている棚に随時在庫を保管していくフリーロケーションでは、倉庫スペースを最大限活かすことが可能です。ダブルトランザクションとは、保管エリアとピッキングエリアに分けて運用する方法で、保管とピッキング作業の両効率を高めることができます。

各ロケーション管理の方法は、企業の方針や取り扱う在庫の種類によって相性が違います。品数が少なければ単純明快な固定ロケーションで管理する、在庫の流動が活発ならフリーロケーションで管理効率を上げるなど、品種や事業の方向性に応じた選択が必要です。

需要予測の精度を向上させる

需要予測の精度を高めることは、在庫管理の効率化とコスト削減に直結します。予測の精度向上には、先進的な分析機能やAIを搭載したITツールの導入が効果的です。

ITツールによる正確な需要予測により、過剰在庫や品切れを避け、在庫の最適化が可能となります。マンパワーだけで需要予測を行っても、複雑な計算や素早い数値化に対処できず、精度には限界があるでしょう。より正確で洞察に富んだ需要予測を行うためにもITツールを活用し、在庫管理の全体的なパフォーマンス向上を目指してください。

在庫管理システムを導入する

在庫管理システムを導入すれば、在庫管理の課題を大幅に軽減できます。在庫管理システムには、在庫の正確な追跡やデータの自動更新など、効率的な在庫管理に役立つ機能が豊富です。システムを駆使することで在庫の過不足を防ぎ、顧客のニーズに迅速に対応することができます。

バーコードやQRコードと連携したシステムもあり、コードを読み取るだけで多くの情報を得ることが可能です。数え間違いや記入ミスといったヒューマンエラーを抑制でき、管理に割く手間を劇的に改善できます。在庫に関する詳細なレポートや分析機能も使えるため、戦略的な意思決定をサポートしてくれるでしょう。

【2023年最新】在庫管理システムおすすめ18選比較|機能や種類・選び方を解説

在庫管理の課題・問題解決におすすめのシステム

ここからは在庫管理の課題を解決する、おすすめのシステムを紹介していきます。システムの特徴や搭載機能などを参考に、自社に最適な製品を選びましょう。

zaico

zaicoは、在庫管理に特化したシンプルで使いやすいシステムです。パソコンからはクラウドアプリとして、スマホからはモバイルアプリとして使える、優れた多様性を持ちます。

無料版では複数の在庫データを一覧できるほか、データの編集やエクスポート、QRコードに基づく検索などが可能です。有料版になると、より詳細な項目を含めたデータの編集機能が使え、写真や音声による在庫データの照会もできます。事業規模に応じて最適なプランを選択すれば、在庫管理の適正化に役立つでしょう。

提供元株式会社ZAICO
初期費用無料
料金プラン

無料プラン:無料

※最大200件のデータ登録と簡易検索機能

  • ミニマム:4,378円(税込)/月/3ユーザー
  • ライト:10,780円(税込)/月/3ユーザー
  • フル:43,780円(税込)/月/10ユーザー
  • エンタープライズ:10万円~
導入実績16万社(※2023年11月時点)
機能・特徴物品登録・編集、入庫・出庫、在庫確認、棚卸機能、外部連携ほか
URL公式サイト

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、中小企業向けに設計された在庫管理システムです。在庫の追跡、発注管理、外部機能との連携などを一元的に行えます。

在庫管理システムは業種によって最適なものが違いますが、アラジンオフィスでは業界ごとに特化したパッケージを用意しているため、幅広い業種・業態で利用可能です。個別要件にもカスタマイズで対応するなど、柔軟にシステムを構築できます。他社システムとの連携にも優れることから、独自要素の多い生産事業においても高い適合性が期待できるでしょう。

提供元株式会社アイル
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績5,000社
機能・特徴見積管理、受注管理、売上管理、請求・入金・支払管理、債務管理、出荷管理、入荷管理、在庫管理(ハンディーターミナル連携)ほか
URL公式サイト

MPS LOGI

企業規模や拠点数を問わず、さまざまなシーンで使える在庫管理システムがMPS LOGIです。在庫データの管理や棚卸機能、入出荷にまつわる機能まで幅広く搭載しており、基幹システムとの連携もできるので社内のデータを一元的に統括したい際にも重宝するでしょう。

また、ロケーションごとに詳細なルールを指定できたり、補充とピッキングをセットで管理できたりと、細やかな在庫管理機能を強みとしています。在庫管理を一連の流れに沿って適正化でき、業務効率の大幅な改善が見込めます。

提供元オザックス株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴入出庫管理、在庫管理、棚卸、複数拠点の在庫の可視化、ハンディ端末連携、帳票印字ほか
URL公式サイト

システムを導入し在庫管理の課題を解決しよう

在庫管理の課題を解決するには、具体的な解決策を用いることが大切です。なかでも在庫管理システムの導入は効果的であり、自社に合ったシステムを採用することで、業務の適正化を促せます。現状から課題を見据え、改善に必要な機能を持った在庫管理システムを選択しましょう。

在庫管理のシステム化をはじめとした解決策を講じ、課題の解決によってビジネスの成長を図ってください。

在庫管理システムの記事をもっと読む

在庫管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

マーケティングにおけるBIツールの活用方法|導入するメリットやおすすめツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

BIツールの価格相場・費用はいくら?価格を決める要素やコストを下げるポイント

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

ストレスチェックの結果の保管方法とは?保存期間や保存場所を紹介

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

ストレスチェックの導入の流れ!導入時のポイントや注意点を解説

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

個人事業主と法人の資金調達の違いについて|それぞれのおすすめ調達方法を紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

中小企業の資金調達は難しい?最適な方法や成功させるポイントを紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

BIツール・DWH・ETLの違いや関係性|メリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

BIツールのダッシュボードとは?機能や活用するメリット・作り方のポイント

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール