製造業における在庫管理の重要性とは?課題や最適化する方法

2023/12/20 2023/12/20

在庫管理システム

製造業における在庫管理の重要性

製造業には部品や原材料をベストなタイミングで投入できるよう、適切な在庫管理が求められています。企業競争力にも影響する製造業の在庫管理は、どうすれば最適化されるのでしょうか。本記事では、製造業における在庫管理の重要性を、課題や最適化する方法とあわせて解説します。

製造業における在庫管理の重要性

製造業では、在庫過剰は資金の浪費、在庫不足は生産遅延を招くため、精度の高い需要予測や供給チェーンの最適化に基づいた、適切な在庫管理が不可欠となります。

原材料の在庫がなければ製品を作ることができず、欠品の発生は、顧客満足度の低下や企業の信頼性の失墜にも影響するでしょう。

製造業では、つねに在庫を過不足なく管理することが重要な課題となるのです。

製造業における在庫管理の種類

製造業における在庫管理には、大きく3つの種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

部品・原材料

部品・原材料は、外部の業者から購入するものです。購入後、加工してから使う「原材料」と、購入したらそのまま使う「部品」の2種類があります。

部品・原材料を発注してから納品されるまでの期間は発注(調達)リードタイムと呼ばれます。在庫管理は、発注(調達)リードタイムを読みながら、過不足がないように行わなければなりません。

仕掛品

製造途中で、加工の工程が残っているものを「仕掛品」と呼びます。例えば、食品の缶詰を作る場合の、缶に詰める前の食材などは仕掛品です。仕掛品は製造ラインの生産性や最適化に直接関係します。多すぎるとスペースやコストのムダにつながり、少なすぎれば生産遅延の原因となるため、適切に管理しなければなりません。

完成品

製品が完成し、販売できる状態になっているものが「完成品(製品)」で、出荷されるまでは在庫となります。缶詰の食品でいえば、食品が缶に詰められてラベルが貼られ、顧客に販売できる状態になっているものを指します。

製造業における在庫管理の課題

製造業における在庫管理については、さまざまな課題があります。どのようなものなのか、みていきましょう。

在庫の発注から検品完了までに時間がかかる

製造業の在庫管理を難しくさせる要因の一つが、部品・原材料の発注から、製品の製造、検品、納品されるまでには、時間がかかることです。

また、それぞれのプロセスが依存関係にあるため、前段階のプロセスでかかる時間の見誤りや、トラブルにより発生した遅れは、そのまま納品の遅れにつながってしまいます。その結果、需要が高まるタイミングでの過小在庫による機会損失や欠品が発生してしまうのです。

過剰在庫が発生する

部品・原材料、完成品の欠品が起きないように、つねに在庫を確保しておくことは大切ですが、在庫が増えすぎても別の問題が起きてしまいます。在庫が過剰になることで、保管場所の確保や在庫を管理する人的、時間的コストが増え、利益率を低下させてしまうのです。

また、使用期限などがある原材料は、過剰在庫が廃棄コストの増大や製品品質の低下を招くこともあるでしょう。

また在庫は棚卸資産であり、必要以上に増やせば、キャッシュフローが悪化して資産効率の低下につながります。

データと在庫数が一致しない

在庫データと実際の在庫数が合わないという問題も、在庫管理でしばしば起こります。このギャップが生じている限り、在庫管理は意味をなさなくなり、金銭的な損失に直結します。在庫データと実在庫はつねに整合している必要があり、そのためには正確なデータをリアルタイムで確認できる体制を整えなければなりません。

製造業における在庫管理のステップ

在庫管理を適正に行うには、押さえておくべきいくつかのステップがあります。ここからは3つのステップにおけるポイントをそれぞれ詳しく説明します。

適正在庫数を決める

在庫管理の最初のステップは、適正在庫数の設定です。適正在庫数は、市場の需要や発注(調達)リードタイム、保管コストなどを考慮して見極めます。計算式は、製造プロセスによっても異なりますが、最もシンプルな算出方法が、以下の計算式です。

適正在庫数=安全在庫+サイクル在庫

安全在庫は、需要や発注(調達)リードタイム、その他の変動があっても対応できる数量、サイクル在庫は、発注後、次の発注までの間に使う在庫の半分の数量を意味します。

その他には、過去の供給量や商品の回転率なども参考にすべきでしょう。

在庫状況を可視化する

在庫管理の次のステップは、在庫状況の可視化です。「どこに・何が・どのような状態で・いくつ」あるのか、正確な量や場所、状態を一目で把握できるようにデータをまとめ、関係者が、いつでも閲覧できるよう整理します。

リアルタイムで正確なデータが反映される仕組みを作り、共有性を上げることが、適切な在庫管理と生産計画につながります。

在庫管理を実施する

在庫状況を可視化した後は、在庫管理のオペレーションの最適化に着手します。そのためには、リアルタイムで情報を更新する仕組みを作ることが不可欠です。在庫の不足が見込まれる時点でアラートが出るようなモニタリングの仕組み、手入力を減らす仕組み、部署間で情報を共有できる仕組みなど、全社的なオペレーションを考え、実施しましょう。

在庫管理の見える化とは?メリットや成功事例・改善方法を解説

製造業の在庫管理を最適化する方法

製造業の在庫管理はどのように最適化したらよいのでしょうか。

マニュアルの作成やエクセルの活用、在庫管理・生産管理のシステムの導入などについて具体的に解説します。

在庫管理マニュアルを作成する

在庫管理を最適化するために、まず有効なのが、在庫管理マニュアルの作成です。

マニュアルには、在庫管理の業務フローやルール、注意点などを記載し、一貫した業務手順で在庫を管理できるようにします。また、マニュアルを作成する段階では、従来の管理方法のムダや非効率さが発見されることも多く、業務改善につなげることもできるでしょう。

マニュアルは「作成して終わり」ではなく、徹底して共有し実行すること、また、定期的に見直すことも忘れないようにするのが重要です。

発注から販売まで全てのプロセスで在庫管理を意識する

製造業では、部品・原材料の調達からはじまって、仕掛品、完成品と続く全ての工程に在庫管理が関わっています。そもそもの販売計画が多すぎたり、少なすぎたりすれば、その計画に基づいて立てられる生産や在庫管理の計画も精度を高めたり、最適化したりすることはできません。

在庫管理は、販売管理、生産管理との連携が重要であり、依存関係にあることを理解して、在庫管理だけでなく、在庫に関わる全てのプロセスを意識して最適化を図りましょう。

エクセルを活用する

エクセルは、製造業の在庫管理でもよく使われているツールです。すでに導入されていることの多いツールのため、初期費用コストが低く抑えられる点も魅力といえるでしょう。関数やマクロなどの機能を活用することで、ある程度、自動化した在庫管理を行うこともできます。

テンプレートも数多く出回っており、参考になる書籍や動画も豊富にあります。デメリットとしては、入力ミスをはじめとする人的ミスが多くなりがちであること、複雑なデータや膨大なデータには対応が難しいこと、共同編集がしづらくリアルタイムでのデータ更新がしにくいことなどが挙げられます。

在庫管理・生産管理システムを導入する

製造業における在庫管理を効率化し最適化するためには、在庫管理・生産管理システムの導入が非常に効果的です。

在庫管理システム

在庫管理システムは、入出庫の情報、保管位置情報、使用期限などの在庫に関わる情報を管理することができるシステムです。ハンディターミナルやスマートフォンからアクセスできるシステムもあるなど、現場状況にあわせて使用でき、生産管理や販売管理などの他のシステムとの連携も可能です。

【2023年最新】在庫管理システムおすすめ18選比較|機能や種類・選び方を解説

生産管理システム

生産管理システムは、製造業の販売、生産から在庫管理、進捗管理、品質管理までをトータルで管理するためのシステムです。在庫管理の最適化を進める際、全社的なオペレーションも含めて考えていく必要があるため、生産管理システムの導入を検討するのも良い方法です。

生産管理システムを導入することで、全社的な情報の一元化、リアルタイムでの情報共有が実現できます。

【2023年最新】生産管理システム18選比較!選び方や活用方法・主な機能を紹介

製造業の在庫管理におすすめのツール

製造業での在庫管理に特におすすめのツールについて紹介していきます。

在庫スイートクラウド

在庫スイートクラウドは、クラウドベースの在庫管理ツールです。現品ベースの実在庫管理システムで、ハンディターミナルやスマートフォンなどのデバイスからアクセスできます。在庫数や拠点数に制限はありません。ラベル発行機能も充実しており、初めてバーコードでの在庫管理を導入する場合でも安心して使えます。

提供元株式会社インフュージョン
初期費用【初期設定費用】
      在庫スイートクラウド 棚卸:16万5,000円(税込)
      在庫スイートクラウド Lite:33万円(税込)
      在庫スイートクラウド Pro:33万円(税込)
料金プラン

◆在庫スイートクラウド 棚卸
  • 27,500円(税込)/月/10ユーザーまで
  • 33,000円(税込)/月/50ユーザーまで
  • 38,500円(税込)/月/100ユーザーまで
  • ※以降50ユーザー追加毎に月額5,000円加算

◆在庫スイートクラウド Lite

  • 33,000円(税込)/月/10ユーザーまで
  • 41,800円(税込)/月/50ユーザーまで
  • 49,500円(税込)/月/100ユーザーまで
  • ※以降50ユーザー追加毎に月額7,000円加算

◆在庫スイートクラウド Pro

  • 38,500円(税込)/月/10ユーザーまで
  • 50,600円(税込)/月/50ユーザーまで
  • 61,600円(税込)/月/100ユーザーまで
  • ※以降50ユーザー追加毎に月額10,000円加算
導入実績導入拠点840カ所以上
機能・特徴リアルタイムの在庫管理、履歴検索、複数倉庫対応、ハンディターミナル対応、音声入力、商品画像表示、セット品対応ほか
URL公式サイト

生産管理システム FUSE

生産管理システム FUSEは、製造業の在庫管理と生産プロセスを同時に支援するツールです。見積もり、受注、生産、出荷までの業務を管理でき、20つある機能のなかから、必要な機能のみを選んでシステムを構築できるため、無駄のない運用ができるほか、段階的な拡張も容易に行えます。会計システムとの連携、図面情報や動画情報との紐づけも可能です。

提供元株式会社日本コンピュータ開発
初期費用要問い合わせ
料金プラン◆プラン別維持費用:要問い合わせ

◆パッケージ料金

  • FUSE19機能導入プラン:385万円(税込)
  • 製造業務管理強化プラン:264万円(税込)
  • ※受注管理など個別機能ごとの料金、要件定義費用などが別途必要
機能・特徴見積管理、受注管理、作業指示、進捗管理、原価管理、マスタ/台帳管理ほか
URL公式サイト

製造業における在庫管理の重要性を理解しよう

適切に在庫を管理できれば、コストを削減し、生産効率を高めることができます。

また、在庫管理の最適化は、顧客への商品提供や製品品質の安定につながることから、顧客満足度や企業の信頼性の向上といった効果も期待できます。システムの導入や管理業務の標準化を推進し、ムダのない在庫管理を実現することで事業の発展を目指しましょう。

在庫管理システムの記事をもっと読む

在庫管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールとExcelの違いとは?機能やできること・できないことを簡単に解説

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

廃業とは?倒産・閉店・休業との違い、手続きや回避する方法を解説

最終更新日時:2024/06/24

経営

最終更新日時:2024/06/24

経営

ストレスチェックで高ストレス者への面談内容とは?流れやメリット・デメリット

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

コンピテンシー評価とは?項目例や導入の流れ、メリットとデメリットを解説

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達