在庫管理の見える化とは?メリットや成功事例・改善方法を解説

最終更新日時:2023/12/19

在庫管理システム

在庫管理の見える化

在庫管理に関する課題を改善する手段の1つとして、管理業務の見える化があります。見える化は他の業務にも用いられる方法ですが、在庫管理の場合、企業にどのような効果をもたらすのでしょうか。この記事では、在庫管理を見える化する方法や成功事例を紹介します。

在庫管理の見える化とは?

在庫管理の見える化とは、在庫データを直感的に理解できる形で表示する手法です。この手法を用いることで、在庫量の把握、発注ミスの削減、効率的な資源配分を行うことができます。

たとえば、グラフやダッシュボードを用いれば、リアルタイムで在庫状況を把握することができるでしょう。在庫状況が、現状との時差や誤差もなく見える化されることで、的確な意思決定と在庫コストの削減が実現できるのです。

在庫管理を見える化するメリット

在庫管理を見える化することによってさまざまなメリットが得られます。ここでは、具体的なメリットを4つ紹介します。

在庫状況を把握しやすくなる

在庫管理の見える化によって、在庫状況の把握が容易になります。リアルタイムのデータを通じて、どの商品がどれだけ残っているか、即座に確認できるようになるためです。

これは、過剰在庫や品切れを防ぐために重要で、特に多品種少量生産を行う現場では、正確な在庫情報は業務の効率化とコスト削減に直結します。見える化は、在庫管理の精度を高め、スムーズな業務運営に役立つのです。

業務効率の改善につながる

在庫管理を見える化すると、業務効率が大幅に改善されます。在庫データが一目でわかるため、在庫確認や発注作業にかかる時間を削減できます。

また、直感や経験に頼るのではなく、収集されたデータを分析し、その結果に基づいて行動を起こすアプローチであるデータ駆動型の意思決定が可能になり、在庫の最適化やリソースの有効活用も実現します。

見える化によって在庫管理に関する業務プロセスがスムーズになり、生産性を上げることで時間とコストの節約にもつながるのです。

管理コストを削減できる

在庫管理の見える化は、管理コストの削減にも大きく貢献します。在庫状況が明確になることで、無駄な在庫を抱えるリスクが減少し、保管コストを抑えることができます。

また、過剰な発注や急な品切れを防ぎ、経済的損失を最小限に抑えることも可能です。データに基づく効率的な在庫管理は、リソースの浪費を防止し、経営コストの削減に役立つのです。

在庫の品質を保持できる

在庫管理の見える化によって、在庫の品質維持がしやすくなるのもメリットの1つです。

具体的には、適切な時期に在庫を回転させることで、品質が劣化しやすい商品の管理を効率的に行えるのです。顧客に対しても商品の品質を保証することができるようになるため、顧客満足度の向上につながるでしょう。在庫の状態を健全に保つことは、ブランドの信頼性と企業の評判を高める重要な要素となります。

在庫管理を見える化するための方法

在庫管理を見える化するには、大きく2つの方法があります。ここで、それぞれの方法を詳しく解説します。

ロケーション管理の実施

ロケーション管理とは、商品や資材が倉庫のどの場所に保管されているかを管理することを指します。

例えば、大量の商品や資材を持つ大きな倉庫では、どの商品がどこにあるのかを把握していないと、必要な商品を探すのに時間がかかってしまったり、在庫の把握が難しくなったりするでしょう。

そこで、商品ごとにロケーションを決めて管理することで、必要な商品をすぐに見つけられるようにしたり、在庫の把握を正確に行ったりできるようにするのです。

また、ロケーション管理は、よく出入庫する商品は倉庫の出口に近い場所に配置するといった工夫に活かすことで入出庫作業の効率化や、在庫の適正化にもつながります。

ロケーション管理は、細分化すると、固定ロケーションとフリーロケーションの2つに分けられます。

固定ロケーション

固定ロケーションは、商品や資材を常に倉庫内の同じ場所で保管する方法です。この方法では、商品の位置が常に同じであるため、スタッフが迅速にアイテムを見つけられます。これにより、ピッキング時間が短縮され、全体の作業効率向上を見込めます。

また、在庫の整理や監視のフローも固定化されるため、在庫管理を標準化しやすいメリットもあります。固定ロケーションは、特に大量の同種商品を取り扱う場合に効果的で、在庫管理をシンプルにすることができます。

フリーロケーション

フリーロケーションは、商品を倉庫内の任意の場所に配置する方法です。フリーロケーションでは、一般的に、入庫順に空いたスペースに商品が格納されるため、倉庫のスペースを無駄なく活用することができるのです。

フリーロケーションは特に、多品種の商品を扱う場合や、商品の需要の変動が激しい場合に有効です。ただし、この管理方法を運用するには、商品の正確な位置情報を追跡するための高度な在庫管理システムが必須となります。

棚の在庫管理を行う方法|課題や管理するためのコツ・管理方法について

システムやツールの活用

Excelや在庫管理システムなどのツールを利用して見える化することも可能です。ここではExcelと在庫管理に特化したシステムを活用するケースの2つの方法について詳しく説明します。

Excel

Excelは、在庫管理にも活用できます。表計算機能を使って、在庫量、発注量、製品情報などを管理でき、データの視覚化も可能です。関数を組み合わせて過剰在庫や過小在庫となる基準値に近づいた場合にエラー表示させる設定をしておくことで、リスクを防ぐこともできるでしょう。

また、Excelは、すでにビジネスシーンに浸透しているツールのため、基本的な操作方法を学ぶ必要がないのも魅力です。小規模ビジネスや在庫管理の初心者にも適した方法ですが、大規模な在庫や複雑な要件には対応しきれないため、そのような場合は専門の在庫管理システムの使用がおすすめです。

在庫管理システム

在庫管理システムは、その名の通り在庫管理の業務に特化した機能を備えたツールです。

在庫一覧の作成、入出庫管理、検品、返品管理などの在庫管理に必要な機能を網羅的に搭載しているほか、システムによっては、在庫データの集約、分析、そしてリアルタイムでの更新を自動化できるものもあります。

さらに、発注プロセスの自動化や、過去の供給データに基づく需要予測など、高度な機能を備えたシステムもあるなど、その機能はシステムによって異なります。そのため、在庫管理の煩雑さや業務負担に課題を抱える企業にとっては、適切な在庫管理システムの導入が、時間とコストの節約、業務効率の向上など、さまざまな課題解決の有効な手段となるでしょう。

【2023年最新】在庫管理システムおすすめ18選比較|機能や種類・選び方を解説

在庫管理の見える化を維持する手法

せっかく在庫管理の見える化を進めても、その状態が一過性で終わってしまえば意味がありません。

ここでは、見える化した状態を維持する2つのポイントについて詳しく見ていきましょう。

5Sを徹底する

5Sは、整理(Seiri)、整頓(Seiton)、清掃(Seiso)、清潔(Seiketsu)、躾(Shitsuke)の5つの言葉の頭文字から成る作業場の管理方法です。

在庫管理における5Sの徹底は、倉庫の整理整頓と入出庫作業の効率化につながります。不要なアイテムを排除し、必要なものを適切に配置することで、在庫の把握も容易になるでしょう。

5Sに基づいて管理することで、在庫の状態を常に最良に保ち、誤発注や在庫過剰を防ぐことができます。

定期的に棚卸しをする

棚卸しの作業では、実際の在庫情報と管理システム上のデータを照合し、誤差や誤情報を修正します。定期的な棚卸しは、企業の財務状況を正確に把握するためにも必要な作業ですが、在庫の過剰や不足を避け、在庫管理の質を維持するためにも行わなければなりません。

倉庫内の5Sを徹底しておくことで、棚卸しの効率も大幅に上げることが可能です。

在庫管理の見える化で課題を改善した成功事例

ここからは、在庫管理を見える化した結果、課題の改善に成功した企業の事例について紹介していきます。

株式会社ティップネスの事例

スポーツジムやフィットネスクラブを展開する株式会社ティップネスは、在庫管理の見える化に成功しました。

同社は、各店舗でスポーツウェアやサプリメントの販売も手掛けており、在庫データのリアルタイム追跡と分析によって必要な商品の正確な発注を可能としました。これにより、過剰な在庫を抑え、保管コストの削減を実現したのです。

また、在庫の正確な把握を、欠品の予防など顧客サービスの向上にもつなげ、顧客満足度を高めることにも成功しています。ティップネスの事例は、在庫管理の見える化が業務効率と経済的効果の両方が期待できることを示しているといえるでしょう。

[参照元:富士通Japan「短期間でスムーズな導入を実現し、発注業務や在庫管理業務の負荷を大幅軽減」]

株式会社岩田産業グループホールディングスの事例

株式会社岩田産業グループホールディングスは、7つのグループ会社を中心に外食産業向けの食品卸業を展開しています。

同社は、グループ会社の基幹システムを統一することで、売上情報や受発注、出荷といった在庫関連業務を効率化しました。受注から出荷までの業務をシームレス化し、在庫管理にかかる業務時間の大幅削減にも成功。今後は、効率よく収集されるようになったデータのさらなる活用を目指しているといいます。

[参照元:富士通Japan「基幹システム刷新でグループ全体の共通基盤を構築。」]

株式会社にんべんの事例

かつお節の製造販売の老舗、株式会社にんべんは、2つ所有する倉庫それぞれで異なる運用の在庫管理が行われていたこと、さらに、賞味期限管理の属人化や、在庫情報が一元化されていないなどの問題を抱えていました。

そこで新たな管理システムの導入を決定。賞味期限管理をシステム化し、誤出荷の大幅削減やトレーサビリティ強化を実現しています。

[参照元:株式会社セイノー情報サービス「WMSで賞味期限管理をシステム化、誤出荷大幅削減・トレーサビリティ強化」]

在庫管理の見える化に便利なシステム

最後に、在庫管理の見える化を実現できる便利なシステムを紹介します。

zaico

「zaico」は、在庫管理をシンプルかつ効率的に行うことを可能にするクラウドベースのツールです。スマートフォンやタブレットからもアクセスできるマルチデバイス対応で、在庫の追加、更新、確認を簡単に行えます。

バーコードスキャナー機能を利用すれば商品情報を迅速に登録・追跡でき、在庫状況をリアルタイムで確認できる機能も搭載。小規模から中規模の在庫管理に適しており、在庫管理の見える化を容易に実現します。

提供元株式会社ZAICO
初期費用無料
料金プラン

無料プラン:無料

※最大200件のデータ登録と簡易検索機能

  • ミニマム:4,378円(税込)/月/3ユーザー
  • ライト:10,780円(税込)/月/3ユーザー
  • フル:43,780円(税込)/月/10ユーザー
  • エンタープライズ:10万円~ 
導入実績16万社(※2023年11月時点)
機能・特徴物品登録・編集、入庫・出庫、在庫確認、棚卸機能、外部連携ほか
URL公式サイト

mylogi

「mylogi」は、在庫管理を効率化し、見える化を実現するための総合的なツールです。

在庫の追跡・管理の自動化やデータ分析などを備え、ユーザーフレンドリーなインターフェースによって、在庫レベル、発注履歴、商品の移動状況などの重要な情報を一目で把握できます。

また、mylogiは複数の倉庫や店舗の在庫管理も一括で行うことが可能なため、ビジネスの拡大に伴う在庫管理の複雑化にも対応できます。

提供元アートトレーディング株式会社
初期費用無料
料金プラン
  • Basic:15,000円/3ユーザー※従量課金:出荷件数300件まで無料、301件以降は30円
  • Standard:30,000円/5ユーザー※従量課金:出荷件数1,000件まで無料、1,001件以降は20円
  • Premium:60,000円/利用者数無制限※従量課金:なし
機能・特徴在庫管理、​倉庫管理、入荷・入庫、受注、ハンディ機能、出荷通知メールほか
URL公式サイト

アラジンオフィス

「アラジンオフィス」は、中規模から大規模なビジネス向けの販売管理・在庫管理システムです。

在庫管理だけでなく、生産管理や輸入管理など、さまざまなオプションも用意されているため、生産から販売まで、全ての管理を一元化することも可能です。そのほか、製造業や小売業、食品、医療など業種に特化したパッケージも展開されているため、カスタマイズしやすいのも魅力です。

提供元株式会社アイル
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績5000社
機能・特徴見積管理、受注管理、売上管理、請求・入金・支払管理、債務管理、出荷管理、入荷管理、在庫管理(ハンディーターミナル連携)ほか
URL公式サイト

在庫管理業務の効率化には見える化が重要

効率的な在庫管理の鍵は見える化です。また、見える化に付随するリアルタイムでの在庫状況の把握は、適切な発注、過剰在庫の防止、そして業務効率の向上に不可欠といえます。

多様なツールやシステムの中から最適な方法を選択して在庫管理を見える化し、ビジネスを成長させていきましょう。

在庫管理システムの記事をもっと読む

在庫管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

見やすい在庫管理表とは?エクセル・手書きでの作り方やおすすめの無料テンプレート

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

最終更新日時:2024/02/19

在庫管理システム

チャットボットの正答率はどのくらい?向上させる方法や平均値を解説

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット

最終更新日時:2024/02/19

チャットボット