マニュアル作成におけるデザインの重要性とは?作成時の注意点も解説

2022/10/16 2024/04/16

マニュアル作成ツール

マニュアルデザインの重要性

マニュアルを見やすいようデザインすることは大事ですが、どのようにデザインすればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、マニュアルにおけるデザインの重要性や見やすいデザインの特徴、注意点を解説します。おしゃれなマニュアルデザインを作成する際の参考にしてみてください。

マニュアル作成におけるデザインの重要性

マニュアルにおけるデザインは、マニュアルのわかりやすさを左右する重要な要素です。デザイン性が低く、読み手に「文字ばかりで読みづらい」「どこが重要なポイントなのかわからない」と感じさせてしまうと、マニュアル自体が活用されなくなります。

マニュアルを読みやすくする上で最も大切なのは「視認性の高さ」「デザインの最適化」です。

文字や画像の配置、図表の活用といった点に気を配ることで、マニュアルはグッと見やすくなり、読み手に伝わりやすいものとなります。マニュアルを有効活用してもらおうと考えるのであれば、デザインへ性に注目して見ましょう。

【2023年最新】マニュアル作成ツールおすすめ20選!選定ポイントも解説

見やすいマニュアルデザインの特徴

見やすいマニュアルデザインには、いくつかの特徴があります。ここでは、その特徴について紹介していきます。

フォントが統一されている

マニュアルで使用するフォントが統一されていると、全体に統一感が出て読みやすくなります。一方で、マニュアル内で複数のフォントが使用されている場合は、読み手の気が散りやすくなるため逆効果です。

フォントを選ぶ際は、「クセがなく読みやすい」「文字化けなどが起こらない」「機種依存文字ではない」ことを意識して選ぶのがおすすめです。なかでも​明朝体やゴシック体​などは一般的に幅広く使用されているため、フォントを選ぶ際に検討してみてください。

文字の大きさ・カラーにメリハリがある

マニュアル内の文字の大きさ・カラーにメリハリをつけることも大切です。

たとえフォントを統一したとしても、文字の大きさやカラー、太さが変わらず同じであればメリハリがなく、重要な部分の印象が残りづらくなります。そのため、重要な部分は文字を大きく・太くしたりカラーをつけたりするなど、適宜強調させてメリハリをつけましょう。

ただし、見境なく文字を強調させると、かえって重要な部分がわかりづらくなるので、強調する部分を絞り込むようにしてみてください。

情報を詰め込みすぎずに適度な余白がある

マニュアル内に情報が詰め込まれすぎていると非常に読みづらく、読み手が必要としている情報にたどり着くまで時間がかかったり、情報の優先度がわかりづらくなったりします。

適度な余白を設けることで文章が読みやすくなり、読み手のストレスも大幅に軽減されます。万が一、文章量を減らして余白を作るのが難しい場合は、文字を小さくして余白を作るのも有効です。

しかし、余白がありすぎるとかえって読みづらくなるため、適度な余白を作ることを意識しましょう。

マニュアルは目次の構成が肝心!重要な理由や作成方法を解説!

表や箇条書きが活用されている

表は箇条書きが活用されていると、情報が整理されて見た目がスッキリするためマニュアルが読みやすくなります。特に長文が続いている部分は、表や箇条書きで簡潔に説明できないかを意識してみるとよいでしょう。

文章だけではなかなか理解できなかった内容が、表や箇条書きで情報を整理することで理解しやすくなることもあります。

文章や写真のレイアウトが定まっている

マニュアル内の文章や写真は、縦・横の位置や大きさなどのレイアウトが定まっていると読みやすさが向上します。

一方で、文章や写真のレイアウトにばらつきがあれば、一貫性がなく読みづらくなるためレイアウトは揃えるようにしましょう。

マニュアル作成ツールの左揃えや中央揃え、インデントなどの機能を活用しながらレイアウトを定めて、読みやすいデザインを意識してみてください。

関連情報ごとにグルーピングされている

関連情報がグルーピングされているとマニュアルの視認性は向上します。関連情報はできるだけグルーピングして、一か所にまとめるようにしましょう。

グルーピングした関連情報は、マーカーや囲い線などを活用すると同じグループの情報であることがわかりやすくなります。

適度に遊び心がある

注目してほしい部分には適宜アイコンつけたり、親しみやすいキャラクターが解説を進めたりするなど、適度な遊び心を出すことで、読み手の心理的障壁をなくしてマニュアルを読み進めやすくできます。

また、適度な遊び心は作成者の心理的な作業負担も軽減し、楽しくマニュアル作成を進められるメリットもあります。

マニュアルを読む場面は、読み手が初めての業務に携わる場合がほとんどなため、適度な遊び心で読み手をリラックスさせて、安心して業務に集中できるようにサポートしましょう。

【基本】見やすいマニュアルの作り方!失敗しないコツやポイントも解説

マニュアルのデザインを整えるメリット

マニュアルのデザインを見やすくすることのメリットは、以下の3つです。

  • 内容が伝わりやすくなる
  • 視覚で情報を伝えられる
  • 一貫性が生まれる

それぞれ詳しく解説していきます。

内容が伝わりやすくなる

マニュアルのデザインを整えることで、内容がより伝わりやすくなります。

例えば、文章だけが羅列されたマニュアルは読みづらく、重要なポイントもわかりづらくなります。しかし、イラストや図表などを用いてデザインを整えることで読みやすくなり、読み手の理解をさらに促進できます。

また、デザインを整えるためには内容の取捨選択も重要です。情報の網羅性を意識することも大切ですが、すべてを事細かく伝えようと情報を盛り込んでしまうと、結局何が重要であるかが読み手に伝わりません。

重要度が低い内容は削ることで、情報が整理されてより内容が伝わりやすくなります。

【必見】わかりやすい操作マニュアルの作り方!ポイントや注意点を解説

視覚で情報を伝えられる

文字ばかりのマニュアルを読むのが、負担に感じてしまう人も存在します。どれほど情報価値の高いマニュアルを作成しても、読みづらさから読み手の利用頻度が少なくなったり、内容理解がはかどらなかったりしては意味がありません。

デザインを見やすくするために図や写真を活用していけば、視覚的に情報をわかりやすく読み手に届けられます。例えば、文字にして説明すると何百字も必要な機械の動かし方でも、実際に機械を動かしている写真を数枚貼っただけで伝わることもあるのです。

デザインを意識するということは、マニュアル内の視覚情報を増やすことでもあると覚えておきましょう。

一貫性が生まれる

マニュアルのデザインを考える際、重要なポイントの一つがレイアウトです。見やすいデザインのマニュアルは、文字や画像の配置ルールがしっかりと定められている傾向があります。

作成者によって画像サイズや文字サイズが異なってしまうと、ビジュアルにばらつきが生じ、統一感のないマニュアルとなってしまいます。

見やすいデザインを追求することでマニュアル全体のレイアウトに統一感が生まれ、視認性の高い内容へと仕上げられるのです。

マニュアルが活用されない原因は?よくある課題や整備の必要性を解説

マニュアルデザインにこだわりすぎてしまうのはNG

マニュアルのデザイン性を意識することによって、見栄えが良くて読みやすいマニュアルを作成できますが、くれぐれもこだわりすぎには注意しましょう。

デザインには明確な正解がないため、どこまでもこだわり続けることができてしまいます。しかし、マニュアルの本来の目的は「方法や手順を伝えること」であり、デザインは伝わりやすくするプラスαの要素です。

そのため、デザイン作成にこだわりすぎて時間がかかるのは本末転倒ともいえます。

マニュアルは改善して良くしていくのが重要

マニュアルは、初めから完璧であることにこだわって作成する必要はありません。

マニュアルは定期的に更新して改善していくものであるため、初めから完璧なものを作るよりもステップを踏んでいく中で完成度を高めた方が効率的です。

更新を前提としてマニュアルを作成し、まずは必要最低限の情報を記載して、必要に応じて内容を改善していきましょう。

マニュアル作成ツールなら見やすいマニュアルを簡単に作成可能

おしゃれで見やすいマニュアルを一から作ろうとすると、デザインの考案や調整などに時間がかかり、作成者の負担が大きくなってしまう恐れがあります。

そこで、マニュアル作成ツールを利用することで、おしゃれなマニュアルを簡単に作成可能です。

マニュアル作成ツールには複数のテンプレートが用意されており、マニュアル作成に慣れていない方でも簡単に作業が進められます。また、作成したマニュアルはWeb上でも確認できるため印刷する必要がなく、いつでもどこでも内容を確認できる点もメリットです。

【2024年最新】マニュアル作成ツールおすすめ20選!選定ポイントも解説

おすすめのマニュアル作成ツール

最後に、おしゃれなマニュアルが簡単に作成できるおすすめのマニュアル作成ツールを3つ紹介します。

COCOMITE

COCOMITEは、オンライン上でマニュアル作成から配布、管理までをワンストップで行えるマニュアル作成ツールです。

基本的なレイアウトはすでに用意されており、それに沿って入力を進めていくだけで簡単におしゃれなマニュアルが作成できます。ITツールに慣れていない方でも、画像、動画、PDF、Word、Excel、PowerPointが入った幅広いタイプのマニュアルを作成・更新できる点が特徴です。

提供元コニカミノルタ株式会社
初期費用65,000円
料金プラン■エントリープラン
  • 月額契約:28,600円/月
  • 年額契約:286,000円/年

■スタンダードプラン

  • 月額契約:78,000円/月
  • 年額契約:780,000円/年

■エンタープライズプラン

  • 月額契約:286,000円/月
  • 年額契約:2,2860,000円/年
機能・特徴画像添付・編集、動画添付・ストリーミング再生、表作成、パブリック公開(パスワード設定、QPコード生成可)、モバイルアプリ、PDF出力、ファイル添付、UI日英言語設定、閲覧ログレポート、ワークスペース管理等
URL公式サイト

\資料請求は完全無料!/

COCOMITEの資料請求はこちら>>

NotePM

NotePMは、マニュアルやノウハウの作成に特化したマニュアル作成ツールです。

高機能エディタとテンプレートを備えており、直感的な操作でアイコンや画像などを活用しながらおしゃれでわかりやすいマニュアルを作成できます。また画像編集機能もあり、画像自体に説明を簡単に書き込むことも可能です。

提供元株式会社プロジェクト・モード
初期費用無料
料金プラン
  • プラン8:4,800円(税込)/月
  • プラン15:9,000円(税込)/月
  • プラン25:15,000円(税込)/月
  • プラン50:30,000円(税込)/月
  • プラン100:60,000円(税込)/月

※別途人数に応じたプランあり

機能・特徴画像添付・編集、動画添付・ストリーミング再生、表作成、パブリック公開(パスワード設定、QPコード生成可)、モバイルアプリ、PDF出力、ファイル添付、UI日英言語設定、閲覧ログレポート、ワークスペース管理等
URL公式サイト

\資料請求は完全無料!/

NotePMの資料請求はこちら>>

Teachme Biz

Teachme Bizは、テンプレートに沿うだけで簡単にマニュアルを作成できるツールです。

自動翻訳機能もついており、20言語に対応しているため外国人スタッフの教育も大きな負担なく行えます。さらに、読んでもらいたいマニュアルを複数選んで、トレーニングコースを作成することも可能です。マニュアルを読みながらトレーニングコースで学習できるため、効率よく内容を理解できます。

提供元株式会社スタディスト
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • スタータープラン:59,800円(税込)/月
  • ベーシックプラン:119,800円(税込)/月
  • エンタープライズプラン:319,800円(税込)/月
機能・特徴ステップ構造、画像・動画編集、写真・動画の取り込み、スナップショット機能、PC画面・動画キャプチャ、スライドショー表示、共同編集、PPT、Word、PDFのインポート、PDFエクスポート、マニュアル複製、マニュアルリンク登録、クリップボード機能など
URL公式サイト

おしゃれなデザインのマニュアルは専用のツールで作成しよう

マニュアルを作成する際は、内容だけではなくデザインにも意識を向け、利用者にとって読みやすい内容に仕上げることが重要です。

マニュアル作成ツールを活用すれば、自作では難しいレイアウトやデザインの調整も簡単に行えるため、誰でもおしゃれで読みやすいマニュアルを作成できるようになります。本記事で紹介した3つのマニュアル作成ツールを参考に、デザイン性や視認性を重視したわかりやすいマニュアルを作成しましょう。

おすすめのお役立ち資料

マニュアル作成ツールの記事をもっと読む

マニュアル作成ツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成