マニュアル作成におけるデザインの重要性とは?作成時の注意点も解説

記事更新日:2022/12/01

マニュアル作成ツール

シンプルなデザインのマニュアル

マニュアルを見やすいようデザインすることは大事ですが、どのようにデザインすればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、マニュアルにおけるデザインの重要性や注意点を解説しています。マニュアルのデザインを作成する際の参考にしてください。

ビズクロ編集部がおすすめ!

オンラインマニュアル作成・運用サービス

  • 業務のバラツキや属人化を解消
  • 手軽にノウハウを集積して人材育成に活用
  • 必要な情報はすばやく共有&検索
COCOMITE デバイス画像

「COCOMITE」は、わかりやすい業務手順を いつでも どこでも だれとでも 共有できるオンラインマニュアル作成・運用サービスです。画像や動画を活用した見やすいマニュアルが誰でも簡単に作成でき、社内のナレッジやノウハウを手軽に集積してマニュアル化できます。業務の属人化が解消され、生産性の向上や人材育成に大きな効果をもたらします。

マニュアル作成におけるデザインの重要性

マニュアルにおいて重要なことは、いかに読み手に読んでもらえるかです。読み手に「文字ばかりで読みづらいな」「どこが重要なポイントなのかわからない」と感じさせてしまうと、マニュアルを利用する意欲を削いでしまいかねません。

マニュアルを読みやすくするポイントはいくつかありますが、その中でも効果の高いものの1つに「デザインの最適化」があります。

文字や画像の配置、図表の活用といった点に気を配ることで、マニュアルはグッと見やすくなり、読み手に伝わりやすいものとなるのです。

マニュアルを有効活用してもらおうと考えるのであれば、デザインへのこだわりは必要不可欠といえるでしょう。

マニュアルのデザインを見やすくするメリット

マニュアルのデザインを見やすくすることのメリットは、以下の3つです。

  • 内容が伝わりやすくなる
  • 視覚で情報を伝えられる
  • 一貫性が生まれる

それぞれ詳しく解説していきます。

内容が伝わりやすくなる

デザインを見やすくするためには、内容の取捨選択が重要です。情報の網羅性を意識することも大切ですが、すべてを事細かく伝えようと情報を盛り込んでしまうと、結局何が重要であるかが読み手に伝わりません。

重要なポイントはイラストや図表を用いて詳しく解説し、重要度の低い情報は思い切って削ってみることで、デザイン性に富んだマニュアルになるだけでなく、読み手の理解を促進する内容へとブラッシュアップが図れるのです。

視覚で情報を伝えられる

文字ばかりのマニュアルを読むのが、負担に感じてしまう人も存在します。どれほど情報価値の高いマニュアルを作成しても、読みづらさによって読み手の利用頻度が少なくなったり、内容理解がはかどらなかったりしては意味がありません。

デザインを見やすくするために図や写真を活用していけば、文字情報だけでなく視覚情報を読み手に届けられます。文字にして説明すると何百字も必要な機械の動かし方でも、実際に機械を動かしている写真を数枚貼っただけで伝わることもあるのです。

デザインを意識するということは、マニュアル内の視覚情報を増やすことでもあると覚えておきましょう。

一貫性が生まれる

マニュアルのデザインを考える際、重要なポイントのひとつなのがレイアウトです。見やすいデザインのマニュアルは、文字や画像の配置ルールを定めている傾向があります。

作成者によって画像サイズや文字サイズが異なってしまうと、ビジュアルにばらつきが生じ、統一感のないマニュアルとなってしまうでしょう。

見やすいデザインを追求することでマニュアル全体のレイアウトに統一感が生まれ、視認性の高い内容へと仕上げられるのです。

▼ビズクロ編集部おすすめのマニュアル作成ツール「COCOMITE」▼

オンライン上でマニュアルの作成〜運用が行えるCOCOMITEは、誰でも手軽にデザイン性の高いマニュアルを作成できるツールです。

操作しやすいデザイン性で、基本レイアウトに沿って入力すれば様々なタイプのマニュアルを作成できます。

資料請求はこちら

マニュアルのデザインで注意するポイント

マニュアルのデザインで注意すべきポイントは、以下の3つです。

  • レイアウトを整理する
  • 文字フォントの形や色を整える
  • 図や表の配置を意識する

それぞれの注意点を、詳しくみていきましょう。

レイアウトを整理する

文字や図の位置がバラバラ、余白が少なく文字が羅列しているなど、レイアウトが整理されていないマニュアルは見づらいものです。

複雑になりがちなマニュアルにおいて、できるだけ読み手に負担をかけないためには簡潔かつシンプルなレイアウトを心がけましょう。図と文字を併せて使用する場合は、それぞれの位置関係を確認し、バランスのとれた全体ページとなるよう意識します。

また、文字数に関してはできるだけ長文とならないよう注意します。簡潔な文章にすることでページに余白が生まれ、読み手に負担を感じさせないマニュアルに仕上げられるでしょう。

文字フォントの形や色を整える

マニュアルに記載されている情報の中にも、伝える内容に優先順位が存在します。重要なポイントや押さえるべき点は、文字フォントの形や色を変えて強調しておくとよいでしょう。

文字に関しては、あらかじめマニュアルに使用するフォントやサイズを決めておきます。強調には赤色、重要なキーワードは文字サイズを大きくするなど、マニュアル内で統一しておくと視認性が高まります。

赤色・緑色・黄色などと、たくさんの色を使い分けて装飾するのは、おすすめできません。重要なポイントがわからなくなるため、色やサイズは絞っておいたほうがよいでしょう。

図や表の配置を意識する

見やすいマニュアルづくりには、図や表の活用が欠かせません。ただし、バラバラに配置してしまうと読み手に読みにくさを感じさせてしまうため、配置に注意する必要があります。

たとえば、同じ大きさの図を複数並べる場合は、図の端が揃うように配置したり、同じ長さの余白を設けたりしておくと、視認性の高いデザインとなります。また、図や表を1つのページにたくさん盛り込んでしまうと見づらくなってしまうため、1ページに使用する図や表の数を絞るよう心がけましょう。

見やすいマニュアルの作成方法

見やすいマニュアルは、以下の手順で作成します。

  1. 目的を決める
  2. 情報を整理する
  3. 構成を組み立てる
  4. マニュアルを作成する
  5. 実際に運用する

スムーズなマニュアル作成を図るためにも、流れをあらかじめ確認しておきましょう。

1.目的を決める

まずは「何のためにマニュアルを作成するのか」といったマニュアル作成の目的を定めます。目的が不明確だと、利用者をイメージできず、情報の抜け漏れが発生してしまう可能性があるからです。

たとえば「業績トップの営業マンのノウハウを新入社員へ共有する」「工場で働く作業員の衛生意識を向上させる」など、さまざまな目的が考えられます。

目的が違えばマニュアルの内容や見せ方も変わります。利用価値の高いマニュアルを用意するためにも、「誰が」「誰のために」「何を」といった点を明確にしておきましょう。

2.情報を整理する

目的が決まれば、次はマニュアルに掲載する情報の整理です。情報を整理する際には、マニュアルの対象業務の内容や工程を洗い出していきます。業務内容を可視化し、既存の問題点や改善点をチェックしていきましょう。

特に、ベテラン社員と若手社員の間で効率に大きな差がある作業は、ベテラン社員のコツやノウハウを言語化し、マニュアルに盛り込んでいくと効果的です。

3.構成を組み立てる

情報の整理が完了したら、すぐに内容を作成するのではなく、まずはマニュアルの構成や見出しを組み立てます。構成や見出しは書籍でいう「目次」のようなものです。

構成の組み立ては、マニュアル作成の中でも重要な作業のひとつです。構成をしっかり練っておけば、一貫性のあるマニュアル内容に仕上げられます。構成の組み立て方の一例は、次のとおりです。

  1. マニュアル作成の目的をふまえて全体像をイメージする
  2. 全体像をもとに大きな見出しを作成する
  3. 各大見出しの中で必要な情報の見出しを作成する

全体の内容を決定する重要なプロセスであるため、構成の組み立てには複数の人間に関与してもらい、経営陣やマネージャーの同意のもと構成内容を確定するとよいでしょう。

4.マニュアルを作成する

構成の組み立てが完了したら、いよいよマニュアルの作成に入ります。デザインを整え、利用者にとって読みやすいマニュアルを作成するよう心がけましょう。

一通りマニュアルを作成したら、実際にマニュアル通りに業務を実施してみて、問題点や改善点がないか確認していきます。問題点があればマニュアルを修正し、内容をブラッシュアップしていきましょう。

5.実際に運用する

マニュアルが完成したら、いよいよ実際の運用です。運用開始後は、定期的に利用者の声を聞く場を設け、使い勝手や理解しにくい点がないかチェックしていきます。業務内容の変化によってマニュアル内容も変えていく必要があるため、マニュアルは更新し続けるものと認識しておきましょう。

▼ビズクロ編集部おすすめのマニュアル作成ツール「COCOMITE」▼

オンライン上でマニュアルの作成〜運用が行えるCOCOMITEは、基本レイアウトに従って入力するだけで簡単にマニュアルの作成が可能です。

いつでもどこでも共有することもでき、社内にマニュアルを有効的に活用してもらえます。

資料請求はこちら

おすすめのマニュアル作成ツール3選

最後に、おすすめのマニュアル作成ツールを3つ紹介します。

1.ココミテ

ココミテは、オンライン上でマニュアル作成から配布、管理までをワンストップで行えるマニュアル作成ツールです。

さまざまな形式のマニュアル作成が図れるツールで、画像、動画、PDF、Excelなどに対応しています。レイアウトに従って内容を埋めるだけなので、ITツールに詳しくない人でも気軽にマニュアルを作成できる点が本サービスの強みです。

提供元 コニカミノルタ株式会社
初期費用 初期登録料:71,500円(税込)
※30日無料トライアルあり
料金プラン
  • エントリープラン(編集者3人、閲覧者0人)
    月額:24,200円(税込)
  • スタンダードプラン(編集者20人、閲覧者100人)
    月額:66,000円(税込)
  • エンタープライズプラン(編集者100人、閲覧者500人)
    月額:24万2000円(税込)

※大規模以上のプランは要問い合わせ
※ユーザー数や容量の増加、オプションの有無により料金が変動

機能・特徴
  • マニュアル編集・閲覧
  • ワークスペース管理
  • フォルダごとにアクセス権限設定可能
  • 公開バージョン管理
  • UI日英言語設定

資料請求はこちら

2.tebiki

tebikiは、スマートフォンで撮影した動画からマニュアル動画を簡単に作れるサービスです。新人教育に最適化されたサービスで、食品業界からブライダル業界まで幅広い分野で利用されています。

自動翻訳機能が搭載されているため、外国人スタッフへの教育にも活用可能です。動画映像と併せて作業内容を解説することで、閲覧者の理解度向上が期待できます。

提供元 Tebiki株式会社
初期費用 要問い合わせ
料金プラン 要問い合わせ
機能・特徴
  • 自動字幕
  • 画面録画
  • 映像編集
  • 図形挿入
  • レポート
  • 自動翻訳
URL 公式サイト

3.Teachme Biz

Teachme Bizは、株式会社スタディストが運用するマニュアル作成ツールです。

テンプレートに沿ったマニュアル作成が気軽に行えることに加え、タスク配信ツールを活用し、マニュアル利用者の閲覧を促進することも可能です。

システム内でマニュアルの運用状況を可視化・分析できることから、マニュアル運用後のフォローアップも安心して取り組めるでしょう。

提供元 株式会社スタディスト
初期費用 要問い合わせ
料金プラン
  • スタータープラン:55,000円(税込)/月
  • ベーシックプラン:11万円(税込)/月
  • エンタープライズプラン:33万円(税込)/月
  • ボリュームディスカウント:要問い合わせ
機能・特徴
  • ステップ構造
  • PC画面、動画キャプチャ
  • 動画、画像編集
  • PDFエクスポート
URL 公式サイト

マニュアルの内容だけでなくデザインにも意識を向けよう

マニュアルを作成する際は、内容だけでなくデザインにも意識を向け、利用者にとって読みやすい内容に仕上げることが重要です。

マニュアルのデザインを考える際は、図や表の配置といったページ全体のレイアウトを意識すると、視認性の高いマニュアルとなります。また、作成前にマニュアルの対象者や目的を明確に定めておくと、一貫性の高いマニュアル内容が作成可能です。

デザインを意識したマニュアルづくりを心がけ、社内業務の効率化や生産性アップを図っていきましょう。






ビズクロ編集部がおすすめ!

オンラインマニュアル作成・運用サービス

  • 業務のバラツキや属人化を解消
  • 手軽にノウハウを集積して人材育成に活用
  • 必要な情報はすばやく共有&検索
COCOMITE デバイス画像

「COCOMITE」は、わかりやすい業務手順を いつでも どこでも だれとでも 共有できるオンラインマニュアル作成・運用サービスです。画像や動画を活用した見やすいマニュアルが誰でも簡単に作成でき、社内のナレッジやノウハウを手軽に集積してマニュアル化できます。業務の属人化が解消され、生産性の向上や人材育成に大きな効果をもたらします。

次に読みたいおすすめ記事

  • ご相談・ご質問は下記ボタンのフォームまたは、お電話からお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

    TEL:0120-987-053(無料)
    【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

メールパーミッションとは?重要性や取得するポイントを解説

2022/11/28

メール配信システム

2022/11/28

メール配信システム

ワークライフバランスを整える働き方とは?仕事と生活のバランスを保つコツ

2022/11/24

ワークライフバランス

2022/11/24

ワークライフバランス

【最新】テレワークにおすすめのキーボード10選!最適な選び方も解説

2022/11/24

テレワーク

2022/11/24

テレワーク

業務改善とは?必要性や基本手順・実施する際のポイントを解説

2022/11/23

業務効率化・業務改善

2022/11/23

業務効率化・業務改善

日程調整メールの正しい書き方とは?返信方法やマナー・注意点を解説

2022/11/23

日程調整ツール

2022/11/23

日程調整ツール

CTB分析とは?特徴や目的・分析方法をわかりやすく解説!

2022/11/23

CRM(顧客管理システム)

2022/11/23

CRM(顧客管理システム)

【2022年最新】タイプ別おすすめ給与計算ソフト!選び方や性能を徹底比較!

2022/11/22

給与計算システム

2022/11/22

給与計算システム

SDGsで簡単に実践できることは?〜私たちの日常生活での取り組み〜

2022/11/22

SDGs

2022/11/22

SDGs

働く女性の理想のワークライフバランスとは?現在の課題や社会進出について

2022/11/22

ワークライフバランス

2022/11/22

ワークライフバランス

日程調整後のお礼メールは必要か?書き方やマナーを文例付きで解説

2022/11/21

日程調整ツール

2022/11/21

日程調整ツール