SEO対策のメリット・デメリット!必要性や施策の内容を解説

2024/06/26 2024/06/26

SEOツール

SEO対策のメリット・デメリット

SEO対策は、Webサイトの検索エンジンランキングを向上させる重要な施策です。適切に対応を施すことでアクセス数や可視性を改善し、ブランドの認知度を高められます。ただし、メリットだけでなくデメリットもあるため、SEO対策のポイントなどと併せて確認しておきましょう。

SEO対策とは?実施する必要性

SEO対策とは検索エンジン最適化を意味し、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自社のWebサイトが上位に表示されるようにする施策です。この施策の目的は、より多くの人にサイトを訪れてもらい、商品の販売やサービスの利用を促進することにあります。

検索エンジンのアルゴリズムは複雑で変動しやすいため、SEO対策には継続的に取り組まなければなりません。SEO対策を実施することで、自然検索からの訪問者が増え、広告費を抑えながら集客力を高めることができるでしょう。

SEOは意味ない?意味のある・成果が出るSEO対策のコツ

SEO対策のメリット

SEO対策を行うことにはさまざまなメリットがあります。ここでは、具体的なメリットについて詳しく解説します。

費用対効果が高い

SEO対策はリスティング広告などとは異なり、出稿料や掲載料がかかりません。初期の製作費はかかるものの、良質なコンテンツを作成すれば、それらは半永久的にインターネット上に残り続けます。

結果として一定のアクセスを継続的に得ることができ、広告費を抑えつつも効果的な集客につながります。さらに、一度検索上位にランクインすれば、その効果は長期間続くため、費用対効果が高い施策だといえるでしょう。

顕在層・潜在層へのアプローチができる

SEO対策は、既に購買意欲がある顕在層だけでなく、まだはっきりとした購買意欲はないけれど情報を求めている潜在層にもアプローチするチャンスを生み出します。

例えば、「問題解決方法」や「製品比較」といった検索キーワードで上位表示されるように対策を行えば、幅広い層にリーチすることができるでしょう。新たな顧客層を開拓し、ビジネスを成長させるためにも、SEO対策は重要なのです。

作成したコンテンツが資産になる

SEO対策のためのコンテンツは、一度作成すれば継続的にユーザーにアプローチできる点が大きな魅力です。掲載期間が限られるWeb広告とは異なり、中長期的なアクセスを期待できるため、安定した集客につながるでしょう。

また、質の高いコンテンツはサイト自体の価値を高めるため、将来的にサイトを売買する際にも有利に働く可能性があります。このように、作成したコンテンツはデジタル資産としての役割も果たすのです。

ブランディングにつながる

SEO対策は自社のブランディングにもつながります。検索結果で上位に表示されることで、ユーザーに信頼感を与えることができるためです。特に、企業名やブランド名が検索結果に頻繁に登場すると、ブランドの認知度や信頼度が自然と向上します。

つまり、SEO対策は単なる集客手段にとどまらず、企業のブランディングにも大きく貢献するのです。市場での競争力や存在感を強化するためにもSEO対策は重要だといえるでしょう。

SEO対策のやり方とは?初心者でもわかる上位表示させる秘訣

SEO対策のデメリット

SEO対策には多くのメリットがある一方で、当然デメリットも存在します。続いては、SEO対策を進めるうえで知っておきたいデメリットについて解説します。

成果が現れるまでに時間がかかる

SEO対策のデメリットの1つ目が、成果が現れるまでに時間がかかることです。

検索エンジンの評価は急には上がらず、良質なコンテンツを提供し続けることで徐々に評価が上がっていきます。そのため、目に見える成果が出るまでには数か月から半年以上の時間が必要です。

即効性のある広告とは性質が異なり、長期的な視点で取り組む必要があるため、忍耐力が求められます。

SEO対策に必須の「インデックス登録」とは?

インデックス登録とは、検索エンジン側でWebページの内容をデータベースに登録し、ユーザーが検索した際にそのページが検索結果として表示されるようにするプロセスです。

具体的には、検索エンジンのクローラーがWebサイトを巡回し、各ページの情報を収集します。その後、収集した情報がインデックスに登録されることで、検索エンジンはそのページの内容を理解し、関連するキーワードで検索された際に表示できるようになるのです。

インデックス登録がされていないページは検索結果に表示されることがないため、まずは正しくインデックスされることがSEO対策の基本中の基本となります。

上位表示されないとアクセスが見込めない

検索結果で上位表示されないとアクセスが見込めないこともデメリットといえるでしょう。

SEO対策の目的は、検索結果で上位に表示されることです。一般的に、検索結果の1ページ目に表示されることで、クリック率が大幅に向上します。

日本では、検索1位のクリック率は13.94%ですが、2位の時点で7.52%に低下し、2ページ目の終わりまでにユーザーの61.47% が欲しい情報を見つけ出しているという分析結果があります。この結果から見ても、上位表示を目指して継続的な努力が必要なことがわかるのです。

[参考:seoClarity「CTR Research Study」]

アルゴリズムの変更による影響を受ける

Googleのアルゴリズムは定期的に更新されるため、そのたびに検索順位が大きく変動することがあります。つまり、上位にランクインしていたページが突然下位に表示されることもあるのです。

アルゴリズムの変更は予測が難しく、影響を受けないようにするためには最新の情報を常にチェックし、柔軟に対応する必要があるでしょう。

コンテンツ制作にコストがかかる

SEO対策には高品質なコンテンツが欠かせませんが、これには制作費や人件費といったコストがかかります。特に専門的な内容を扱う場合には、その分野に詳しいライターや専門家に執筆・監修を依頼する必要があるでしょう。

コンテンツを定期的に更新し続けるためには、十分なリソースを確保しておく必要があるといえます。

SEO対策の費用とは?施策別の費用相場をわかりやすく解説!

競合の状況に結果が左右される

SEO対策の成果は、競合サイトの状況によっても大きく左右されます。競合サイトが強力であれば、自社サイトが同等のレベルに達するため、多くの施策を継続的に実施しなければなりません。

例えば、競合が高品質なコンテンツを頻繁に更新している場合、それに負けないコンテンツを同等以上の頻度で作成し続ける必要があります。また、競合サイトが多くのバックリンクを獲得している場合、同様にバックリンクを増やす取り組みも必須です。

こうした対策には時間とリソースがかかるため、1年以上の長期間を見込んでの予算と人手が必要です。競合が強い分野であればあるほど、SEO対策の効果が出にくいことを把握しておきましょう。

SEO対策のポイント

SEO対策を成功させるためには、いくつかの重要なポイントを押さえることが必要です。ここでは、特に効果的なポイントについて詳しく解説します。

ユーザーの使いやすいサイト設計を心がける

ユーザーの使いやすいサイト設計は、SEO対策において重要なポイントです。ユーザーがサイト内をスムーズに移動できるようにすることで、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

具体的には、ナビゲーションをシンプルにし、必要な情報にすぐにアクセスできるようにする施策が考えられます。また、ページの表示が遅いサイトは離脱率が高くなるため、読み込み速度も重要でしょう。

これらの要素を改善することで、ユーザーのサイト滞在時間が長くなり、結果として検索エンジンからの評価向上につながります。

有益なコンテンツを制作する

SEO対策においては、ユーザーにとって有用なコンテンツを制作することが不可欠です。具体的には、ユーザーが抱える問題を解決する情報や、興味を引く内容を提供することが求められます。

役に立つ質の高いコンテンツは、ユーザーのページ滞在時間を延ばし、再訪問の確立を高めます。また、自然な形でのリンク獲得にもつながるため、検索エンジンの評価が向上するでしょう。

有益なコンテンツをコツコツ提供し続けることが、SEO対策の成功につながるのです。

E-E-A-Tを意識してコンテンツを作る

SEO対策では、E-E-A-T(Experience:経験、Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性)を意識したコンテンツ作りが重要です。これは、Googleがコンテンツの品質を評価する際の基準とされています。

オリジナリティの高い内容や、専門家の意見を取り入れることで、ほかのサイトとの差別化を図ることができます。また、信頼性を高めるために、公的な情報の引用や参考文献を明示することも効果的です。

こうした取り組みはユーザーにとってより価値のある情報を提供できるだけでなく、検索エンジンからの高評価にもつながります。

【2024年最新】おすすめのSEOツール27製品を比較!機能や特徴・課題に合った選び方

SEO対策による高い効果が見込める企業の特徴

SEO対策はすべての企業に効果がありますが、特に高い効果を見込める企業にはいくつかの共通点があります。ここでは、その特徴について詳しく解説します。

予算や人員のコストに余裕がある企業

予算や人員のコストに余裕がある企業は、SEO対策で効果を出しやすいといえます。SEO対策は長期的な視点で取り組む必要があるため、最低でも1年以上実施できる予算と人員を確保できる企業に向いているのです。

SEO対策は成果が現れるまでに時間がかかるため、短期的な利益を求めるのではなく、長期的な投資として捉えることが重要です。予算や人員コストに余裕があれば、改善と最適化を継続的に行うことができ、結果として高い効果を得ることができるでしょう。

ネットで扱いやすい商品を提供する企業

ネット検索で情報を比較しやすい商品やサービスを提供する企業も、SEO対策に向いています。例えば、家電製品やデジタルガジェットなど、ユーザーが詳細な情報を求める商品は、SEO対策によって大きな効果を上げることができるでしょう。

消費者が検索エンジンを使って商品の比較やレビューを探す際に自社サイトが上位に表示されていれば、購買意欲が高まり、オンラインでの売上向上につながります。

競合が少ない企業

ライバルとなるWebサイトが少ない企業も、SEO対策に向いているでしょう。競合が少ない分野での上位表示は比較的容易であり、効果も早く現れやすいといえます。

例えば、ニッチな市場や地域限定の商品・サービスを提供している企業は、この点で大きなメリットを得られます。SEO対策を効果的に行うことで、検索エンジンからのトラフィックを独占し、ビジネスを大きく成長させられるかもしれません。

SEO対策はWebマーケティングに不可欠な要素

SEO対策は、Webマーケティングにおいて欠かせない要素です。検索エンジンでの上位表示を目指すことで、自然な形で集客を行うことができ、広告費を抑えつつ継続的にトラフィックを獲得できます。また、高品質なコンテンツはユーザーの信頼につながり、ブランド価値を向上させるでしょう。SEO対策は長期的なビジネスの成功を支える重要な施策なのです。

おすすめのセミナー視聴

おすすめのお役立ち資料

SEOツールの記事をもっと読む

SEOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達