マネジメントによくある課題・問題点|解決策や予防方法を解説

マネジメントの課題

企業の発展や成長には欠かせないマネジメント。しかし、マネジメントで発生した課題や問題点には、どのような対処法やスキルが必要なのでしょうか。本記事では、そんなマネジメントによくある課題や問題点について、解決策や予防方法を徹底解説していきます。

マネジメントによくある課題・問題点

管理職がマネジメントをするにあたって、課題や問題が発生する場合はよくあります。トラブルをそのままにしておくと、どのようなリスクにつながってしまうでしょうか。ここでは、課題解決のために取り組むべきことを紹介します。

従業員とのコミュニケーションが不足してしまう

業務を効率よくおこなうには従業員と信頼関係の構築が大切です。しかし、コミュニケーションの取り方がわからず良好な関係を築けないと悩む管理職は多いです。

コミュニケーションが上手くとれないと、こちらの意図が上手く伝わらなかったり指示に従ってくれなかったりする場合があります。

意思疎通ができないと業務を円滑に進められないため、日頃から従業員と積極的なコミュニケーションをとり信頼関係を構築していきましょう。またリモートワークの企業は、コミュニケーションツールの見直しも効果的です。

従業員のスキルによって仕事量が偏ってしまう

能力の高い従業員がいると、多くの仕事を任せてしまうことがあります。部署やチーム内で仕事量が偏ってしまうと、業務量の多い従業員が不満を持ち仕事へのモチベーションが低下する可能性があります。

さらに他の従業員が業務経験を積めないため、個々の成長につながらず属人化してしまうことも防がなければなりません。

部署やチーム全体の成長と人材育成の観点から、業務量と人員のバランスを考えて働く環境を整えることが大切です。

タレントマネジメントとは?仕事内容や目的・期待効果を紹介

チーム内の組織力が不十分で生産性が下がる

チーム内の組織力が不十分だと、生産性が下がってしまい事業目標の達成ができません。

そのため従業員がチームの一員だと認識し、協力しながら取り組む必要があります。しかし業務に追われていると、チーム内で上手く連携できないこともあるでしょう。

生産性が上がらなければ、定期的にチームで話す機会やプロジェクトの目的や個々の役割を確認してください。チーム内でペアを組んで共同作業する方法も組織力の強化には効果的です。また部下の悩みなども定期的に確認する場を作ることも大切です。

従業員の退職などで人員が定着しない

転職が一般的になっている中で、従業員の退職などで人員が定着しない問題もあります。

優秀な従業員が退職してしまうと、企業の売上にも影響を及ぼすだけでなく、他の従業員に仕事の負担がかかってしまうリスクがあります。

さらに人材確保のために採用や育成をおこなうと、時間やコストがかかるため企業にとって大きなデメリットになるでしょう。

従業員を定着させるには、要望の聞き取りや働きやすい環境の構築などの施策に取り組むことが重要です。

リーダーシップを思うように発揮できない

複数の従業員をマネジメントしていくには、リーダーシップのスキルが必要です。しかしリーダーシップが思うように発揮できないと悩む管理職は多く、その要因はコミュニケーション不足の可能性が高いです。

リーダーシップを最大限に発揮するためにも、積極的にコミュニケーションをとって信頼関係の構築をおこないましょう。

リーダーシップは個々が生まれ持った才能ではなく、研修やトレーニングなどで習得できるスキルでもあります。自分で資格の習得や講座を受講して、スキルを高めてください。

タイムマネジメントのハードルが高い

​​管理職は、チーム内の統括や他部署との連携が必要で、自分の業務に取り組む時間が少なくなるケースもあります。

マネジメントにも手が回らない状況になると、チーム内の生産性が低下するため注意が必要です。したがって自分の仕事を後回しにしないように仕事に集中する時間を決め、チーム内の共通カレンダーで予定を記載し従業員にも周知しておくとよいでしょう。

業績への強いプレッシャーを感じてしまう

管理職は、業績を上げなければいけないプレッシャーがあり、過度なプレッシャーは精神的に大きな負担となってしまい業務に悪影響を与える可能性があります。

また一人で張り切ると周囲からの理解を得られず、従業員がついてこないことも考えられるでしょう。

新任の管理職の場合は、未経験なので上手くいかなくても仕方がないと割り切ることも大切です。心身の健康のためにも、セルフマネジメントやセルフケアをおこなっていきましょう。

タレントマネジメントの課題とは?問題点からわかる失敗しないための対策

マネジメントの課題や問題点の解決に必要なスキル

マネジメントの課題や問題点を解決するにはスキルの習得が必要です。ここでは、どのようなスキルがマネジメントに求められるのかを紹介します。

コミュニケーションスキル

マネジメントをおこなう上で高いコミュニケーションスキルがあれば、組織力の強化によい影響を与えます。さらに他部署との連携や顧客とのやり取りで適切にコミュニケーションが取れれば、良好な関係を築けます。

自分の意見を相手に伝えるだけでなく、論理的にわかりやすく伝えることで、業務上のトラブルやミスの防止につながるでしょう。

人材育成スキル

部下を育てるポジションでもある管理職にとって、人材育成のスキルは必要不可欠です。従業員一人ひとりの特性やスキルが異なるため、同じ内容を教える場合でも従業員にあわせて説明や指導を変えなければなりません。

しかし、チームの全従業員をサポートすることは容易ではないため、チーム内でフォローしあえる環境を整備するのもひとつの方法です。

従業員同士で活発にコミュニケーションをとることで個々の成長につながり、結果的にチームや企業全体の業務効率化にも期待できます。

目標設定スキル

管理職は経営層が決めた事業方針をチームに伝え、チーム全体と従業員一人ひとりの目標を設定するスキルが求められます。

適切な目標を設定しないと、部下のモチベーションが低下し企業全体の業績にも大きく影響する可能性があるので注意してください。

目標を達成しやすくなるためにも従業員一人ひとりの能力や特性を把握し、以下の項目を明確にしておくことが大切です。

  • 課題解決に必要な情報の収集
  • 課題の優先度を決定
  • 従業員に任せる業務量
  • 目標の定量化・具体化

意思決定スキル

管理職はさまざまな場面で意思決定が必要なため、場合によっては迅速に決定すべき状況があり、その際に適切な判断ができると部下やチームの信頼が高くなり、リーダーシップ力の強化にもつながります。

しかし意思決定をする際には、自分自身の言動に責任を持って取り組むことが重要なため現状を把握し目標を明確にしてください。

進捗管理スキル

現状から目標達成までにどのようなスケージュールを立てるかは、マネジメントする上で重要なスキルです。

従業員の業務効率を上げられるように、人数や工数を想定し計画的に進捗管理をしていく必要があります。さらに、プロジェクトは予算や期間が決められていることがほとんどです。したがって従業員を上手くコントロールできなければ、事業目標が達成できないというリスクがあります。

計画通りに進まないこともあるため、スケジュールの柔軟な見直しも必要です。

問題解決スキル

マネジメントでトラブルがよく起こります。万が一トラブルが発生した際には何が原因でどのように対処すべきかを考えなければなりません。

結論や解決策をすぐに出そうとせず、論理的思考力を使って計画的に考えていくことも重要なマネジメントスキルです。

【解説】ナレッジマネジメントとは?注目される背景や手法・具体例を紹介

マネジメントの課題や問題点の発生を防ぐ解決策

マネジメントの課題やどのような問題点が発生しやすいかを事前に把握しておくことで、対策を立てることができます。ここでは、具体的な課題や問題点と発生を防ぐ解決策を紹介します。

根本的な原因を探る

問題が発生した際には、再発を防ぐために根本的な原因の究明が重要です。原因を追求しないままその場限りの対応をしてしまうと、何度も同じ問題に見舞われてしまいます。

日々の業務が忙しい中で原因の究明に時間はかけられないため、今後のためにも問題点を明確にしプロセスを立てて根本を解決していきましょう。

リスク管理を徹底する

管理職は、プロジェクトの進捗管理だけでなくリスク管理の徹底もポイントです。思い浮かぶトラブルに対して、どのような対策が有効か、問題が発生した際にリスクを最小限に抑える方法を考えておく必要があります。

状況に応じてチーム内で情報共有をしておくことで、柔軟に対応できる体制を整えておくこともおすすめです。

部下の声に耳を傾ける

マネジメントで発生する問題を防ぐためにも、日頃から部下の声に耳を傾けたり話しやすい環境を作ったりしておきましょう。環境を整備することで、部下が大きなトラブルを抱えてしまう前にサポートでき早期に問題の解決ができます。

日々の業務では、どうしても上司から部下へ一方通行のコミュニケーションになりやすいです。適切にマネジメントするためにも、普段から部下に話しかけたり、1on1面談を設けたりと積極的なコミュニケーションの工夫をしていきましょう。

仮説を立てて検証する

課題の発生防止や解決策を導くためには、仮説を立てて検証することがポイントです。仮説と検証を繰り返していくことで、効率的な改善ができるだけではなく課題解決の精度をより高められます。

日頃からネットなどで時事ニュースを検索し、例えを使って仮説検証してみるとよいでしょう。「なぜそのような問題が起こってしまったのか」「今後どのようなリスクが生じるのか」を考えながら、自分なりの仮説を立てて検証してみてください。

適切な間隔で進捗を確認する

部下やチームに指示を出しても、期日までに成果がでているとは限りません。そのため、適切なタイミングでの声かけや進捗状況の確認が必要です。方向性や考え方が間違っている際は、内容を伝えて軌道修正をおこなってください。

何度も進捗を確認すると部下への精神的な負担につながるため、タイミングやバランスは都度確認してください。

【2023年最新】ナレッジマネジメントツールおすすめ20選を徹底比較!

タレントマネジメントシステムの活用もおすすめ

タレントマネジメントシステムを導入することで、人材育成や社員のモチベーション維持が期待できます。また、マネジメントの課題を解決することも可能です。ここでは、おすすめのタレントマネジメントシステムを3つ紹介します。

カオナビ

カオナビは、テレワーク・生産性向上・人材不足など、さまざまな人事課題に対応しているサービスです。人材データベースや組織ツリー図・配置バランス図など、組織構築に必要な機能が搭載されているため、より企業に最適なチーム構築が実現できるでしょう。

サポート体制も充実しており、実際にサービスを利用しているユーザーのノウハウを把握できるユーザーコミュニティや活用テクニックを掲載したライブラリがあります。また、カスタマーサポートによる企業課題や活用フェースの提案といったサービスも受けられるため安心です。

提供元株式会社カオナビ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績約2,500社以上
機能・特徴人材データベース、社員情報シート、組織ツリー図、評価ワークフロー、社員アンケート、配置バランス図など
URL公式サイト

HRMOSタレントマネジメント

HRMOSタレントマネジメントは、誰もが直感的に使えるデザイン画面が特徴で、社内でツールの定着促進にも期待できます。

同システムが提供している採用管理システム「HRMOS採用」と連携することで、内定承諾をした候補者のデータを自動で同期できるため情報の一元管理ができ便利です。設定した項目ごとに。閲覧や編集権限の設定が柔軟に対応できます。

提供元株式会社ビズリーチ
初期費用スタンダードプラン:要問い合わせ
データベースプラン:要問い合わせ
料金プランスタンダードプラン:要問い合わせ
データベースプラン:要問い合わせ
機能・特徴組織シミュレーション、従業員データベース、評価管理、1on1支援、組織診断サーベイ、個人コンディションサーベイなど
URL公式サイト

HRBrain

HRBrainは、人材データからタレントマネジメントまで一元管理できるサービスです。人事業務の効率化や蓄積した人材データを分析でき、離職率防止や人材育成・人材配置などで役立ちます。

1on1の運用サポート機能もあり、目標達成までのプロセスを可視化でき、部下の成長促進やパフォーマンス向上に期待できます。

提供元株式会社HRBrain
初期費用タレントマネジメントクラウド:要問い合わせ
料金プランタレントマネジメントクラウド:要問い合わせ
導入実績約2,000社以上
※ITreviewカテゴリーレポート「タレントマネジメント部門」(2022Spring)2022年12月時点
機能・特徴人事評価、人材データベース、組織図ツリー、組織分析、配置シミュレーション、アンケート、分析ダッシュボード、カスタムプロファイルなど
URL公式サイト

マネジメントによくある課題や問題点を押さえておこう

複数の部下やチームをマネジメントする管理職は、さまざまなスキルが求められるためトラブルが発生することもよくあります。

しか、どのような課題や問題点があるのかを把握しておくことで、事前の対策やトラブル発生時のスムーズな解決が可能です。

本記事で紹介した課題や問題点を参考に、スキルの習得やタレントマネジメントシステムの導入を検討してください。

タレントマネジメントシステムの記事をもっと読む

タレントマネジメントシステムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成