Android対応のおすすめ名刺管理アプリ14選!活用方法や失敗しない選び方

2023/03/10 2023/03/10

名刺管理システム

Android対応の名刺管理アプリ

名刺情報をデジタル化し保存する名刺管理アプリ。Android・ios対応やさまざまな提供形態のアプリが開発され普及が促進、活用している企業も増加しています。本記事では、Android対応のおすすめ名刺管理アプリ14選を、失敗しない選び方等とあわせて解説します。

Android対応の名刺管理アプリを活用するメリット

名刺管理アプリは紙の名刺をそのまま管理するよりもメリットが多いのが特徴です。

名刺管理アプリを活用する主なメリット3つについて、それぞれ解説します。

  • 名刺情報の共有を円滑化できる
  • 名刺管理業務を効率化できる
  • 場所を選ばずにスマホ一つで名刺の検索ができる

名刺情報の共有を円滑化できる

名刺管理アプリを利用すると、営業先・顧客から受け取った名刺をデータ化できて社内のメンバー同士で素早く共有できるのが魅力です。データ化した名刺は紛失するリスクもありません。

また、相手の昇進や異動など立場が変わった場合でも、名刺データが更新されるため速やかに最新の情報を共有することが可能です。

紙の名刺の場合、メンバーと共有するためには実物の名刺を見せなければならず、様々な工程が発生するので全ての名刺をデータ化できるのは名刺管理アプリならではのメリットと言えます。

名刺管理業務を効率化できる

紙の名刺はを管理するとなると、保存や保管などの管理工数に手間がかかり、数が多くなると見つけ出すのも難しく、紛失するなどのリスクも考えられます。

一方、名刺管理アプリを活用すれば実物の名刺を管理する手間がなくなり、ネット環境やスマホで手軽に見ることができます。検索機能もあるので、名刺を探すときも非常にスムーズです。

場所を選ばずに名刺の検索ができる

名刺管理アプリは場所を選ばず検索可能で、スマートフォンがあれば社内や出張先などの場所を選ばずに必要な名刺情報をチェックできます

紙の名刺の場合、外出するときに名刺を持ち出さなければならず、紛失のリスクもあるため、名刺管理アプリならではのメリットです。

【2023年最新】おすすめ・人気の名刺管理アプリ17選を徹底比較!

Android対応の名刺管理アプリを活用するデメリット

名刺管理アプリは大変便利ですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 情報漏洩のリスクがある
  • 機能制限がある
  • 業務負担増加の可能性がある

上記3つのデメリットについて、それぞれ解説します。

情報漏洩のリスクがある

名刺管理アプリには情報漏洩のリスクがあります。選択した名刺管理アプリが悪質なものだった場合、登録した名刺データを抜かれてしまう可能性があるのです。

名刺データは個人情報ですので、万が一漏洩してしまった場合に、企業としての信用が失墜してしまうでしょう。

ログインの二重認証や通信の暗号化など、セキュリティ対策がしっかりとられている、信頼性の高い名刺管理アプリを選ぶことが大切です。

機能制限がある

名刺管理アプリを無料で利用する場合、アプリによっては機能制限があります。

登録可能な名刺の枚数・外部連携・ユーザー数など、アプリごとに異なる機能制限が設けられていることがあるため注意してください。

名刺管理アプリの長期的な利用を考えている場合は、機能が制限されない有料プランがおすすめです。

業務負担増加の可能性がある

名刺管理アプリを使うことで業務負担が増加する可能性があります。

紙の名刺をそのまま管理している場合、大量の情報をアプリに取り込むために手間と時間がかかってしますでに他のツールを使って名刺を管理している場合も、名刺管理アプリに入力し直す手間が発生します。

負担が増えるイメージだけが先行しないよう、切り替え完了後は業務が効率化するということを、メンバーにしっかり説明する必要があるでしょう。

名刺管理アプリでつながりたくない!つながらない対策とオフライン利用できるアプリ

【完全無料】Android対応のおすすめ名刺管理アプリ

Androidに対応している無料の名刺管理アプリを紹介します。

自社に合うアプリはどれか、機能や特徴などを比較検討してみてください。

おすすめのアプリは、次の5つです。

  • Eight
  • CamCard
  • Wantedly People
  • myBridge
  • 名刺ファイリングCLOUD

1.Eight

Eightは名刺をスキャンすることで、自分だけのキャリアプロフィールが自動で作成できるアプリです。

名刺の管理や検索も簡単にでき、手間と時間をかけることなく利用できます。

提供元Sansan株式会社
初期費用無料
料金プランEightプレミアム:480円/月または4,800円/年
導入実績
  • サイバーエージェント
  • 株式会社坪井利三郎商店
  • 金鶴食品製菓株式会社 他多数
機能・特徴プロフィールの自動生成・名刺情報の管理・検索・オンライン名刺交換
URL公式サイト

2.CamCard

CamCardは世界中で多く利用されている名刺管理アプリで、名刺管理に役立つさまざまな便利機能が利用できます。

また、名刺の読み取り機能が高性能で、スマートフォンで名刺を撮影するだけで自動的に情報が保存されるため、手入力が不要であることもメリットです。

提供元イントシグ
初期費用無料
料金プラン
  • STANDARD:1,700円/ID/月
  • PROFESSIONAL:2,500円/ID/月
導入実績
  • 株式会社サカイ引越センター
  • 株式会社ホープ
  • 株式会社グッドクロス 他多数
機能・特徴オンライン名刺交換・マルチデバイス・共有機能・簡易SFA機能・

外部サービス連携など

URL公式サイト

3.Wantedly People

Wantedly Peopleは複数の名刺をその場でデータ化できるアプリです。

過去の職歴や学校名からでも検索可能で、すべての名刺情報は人工知能での処理と暗号化通信により情報漏洩の心配がなく、安心して利用できます。

提供元ウォンテッドリー株式会社
初期費用無料
料金プラン無料
導入実績公式サイトに掲載なし
機能・特徴連絡先との同期・連絡先共有・データの簡単移行・Excelへの書き出し
URL公式サイト

4.myBridge

myBridgeは名刺をスマートフォンで撮影するだけで、名刺に書かれているすべての情報を正確にデータ化できるアプリです。

会社名や役職名などのキーワードで簡単に検索できるほか、共有名刺帳で社内の名刺を一括管理することもできます。登録したデータをLINEやメールなどで共有することが可能なため、大変便利です。

提供元LINE株式会社
初期費用無料
料金プラン無料
導入実績公式サイトに掲載なし
機能・特徴撮影によるデータ化・共有名刺帳・アドレス帳連携・Excel書き出し・

オンライン名刺機能

URL公式サイト

5.名刺ファイリングCLOUD

名刺ファイリングCLOUDは名刺を簡単、瞬時にデータ化できるアプリでセキュリティ対策も万全で、登録した名刺データをしっかり保管できます。

電話発信やメール送信などへの利用も簡単で、業務効率が飛躍的にアップするでしょう。

提供元株式会社NTTデータNJK
初期費用無料
料金プラン
  • 無料(名刺100枚まで)
  • Standard:2,620円(税込)/年(名刺1,000枚まで)
導入実績公式サイトに掲載なし
機能・特徴名刺データ化・オペレーターによるデータ作成・データ共有 など
URL公式サイト

【人気が高い】Android対応のおすすめ名刺管理アプリ

名刺管理アプリの中でも、特に人気が高いAndroid対応のアプリを紹介します。性能が高いものばかりですので、よく比較し、自社で長く利用できるアプリを見つけてみてください。

  • Sansan
  • トーニチネクスタメイシ
  • ホットプロファイル
  • Knowledge Suite
  • eセールスマネージャーRemix Cloud
  • THE 名刺管理 Business
  • 名刺バンク
  • 名刺de商売繁盛
  • メイシー

1.Sansan

Sansanは7,000社以上の導入実績がある名刺管理アプリで、名刺情報だけでなく社内の連絡先も同期可能なため、連絡帳をひとつに集約できます。

また、セキュリティ水準が非常に高く、情報漏洩リスクが最小限に抑えられているため、安心して利用できるでしょう。

提供元Sansan株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績
  • 日本通運株式会社
  • 株式会社京都銀行
  • 三菱倉庫株式会社 他多数
機能・特徴検索・メモ登録・コンタクト管理・メッセージ・組織ツリー など
URL公式サイト

2.トーニチネクスタメイシ

トーニチネクスタメイシは企業単位で名刺を管理し、メンバー一人ひとりが持っている人脈の可視化と共有ができるアプリです。

名刺データを蓄積して情報資産にでき、人事異動や退職などのときもスムーズに引き継ぎできます。

提供元東日印刷株式会社
初期費用無料
料金プラン660円(税込)/月
導入実績
  • 千代田ビル管財株式会社
  • 鳳工業株式会社
  • トヨタS&Dフリート西東京株式会社 他多数
機能・特徴自動名寄せ・タグ付け・メモ書き・コンタクト管理・インポート・

エクスポート など

URL公式サイト

3.ホットプロファイル

ホットプロファイルは名刺管理だけでなく、営業支援や見込み客を発掘するためのツールも搭載されているアプリです。

データベースから企業の属性情報を自動付与したり、スマートフォンのGPS機能を利用して現在地から近い顧客を表示させたりするなど、営業活動を効率化できます。

提供元株式会社ハンモック
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績
  • BCC株式会社
  • 株式会社ビックカメラ
  • テクノホライゾン株式会社 他多数
機能・特徴データ化・名寄せ・人脈可視化・企業属性情報の自動付与・

企業ニュース取得・お客様カルテ

URL公式サイト

4.Knowledge Suite

Knowledge Suiteはクラウド型SFA/CRMのアプリです。

名刺をスキャンすることでOCRによってデータ化でき、うまく読み取れない場合もオペレーターが補正してくれます。

国内大手IDCが運用しているため、セキュリティが高いことも特徴です。

提供元ナレッジスイート株式会社
初期費用無料
料金プラン
  • グループウェア:11,000円(税込)/月
  • SFAスタンダード:55,000円(税込)/月
  • SFAプロフェッショナル:88,000円(税込)/月
導入実績
  • 株式会社東洋レーベル
  • 株式会社ほしゆう
  • フットマーク株式会社 他多数
機能・特徴営業支援・顧客管理・名刺デジタル化サービス・Web名刺交換サービス・スケジュール管理 など
URL公式サイト

5.eセールスマネージャーRemix Cloud

eセールスマネージャーRemix Cloudは名刺管理や人脈管理に対応しているCRM/SFAのアプリです。

利用継続率が95%、導入実績5,500社以上と信頼性が高く、名刺のスキャンやスケジュール管理などができます。

提供元ソフトプレーン株式会社
初期費用無料
料金プラン
  • スタンダード:11,000円/月
  • ナレッジシェア:6,000円/月
  • スケジュールシェア:3,000円/月
導入実績
  • 東通インテグレート株式会社
  • NECネクサソリューションズ株式会社
  • GMOメイクショップ株式会社 他多数
機能・特徴案件管理・商品別案件管理・案件シナリオ・商談管理・日報管理・

地図機能 など

URL公式サイト

6.THE 名刺管理 Business

THE 名刺管理 BusinessはSalesforceのプラットフォーム上で動作し、デジタル化した名刺情報の共有と一元管理ができるアプリです。

日本最大級となる820万拠点の企業データベースを持っており、企業名の揺れや最新情報にデータを自動変換できます。

提供元株式会社NTTデータNJK
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績公式サイトに掲載なし
機能・特徴名刺情報共有・一元管理・企業情報の自動変換・名刺データ訂正サービス
URL公式サイト

7.名刺バンク

名刺バンクは名刺情報をデジタル化し、一元管理できるアプリです。

企業単位の情報をデータセンターで安全に一括管理でき、ID数ではなく名刺枚数による従量課金制という特徴があります。

提供元株式会社アイネット
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績公式サイトに掲載なし
機能・特徴名刺データ連携・CSV出力・簡単操作・管理効率化・セキュアな名刺管理など
URL公式サイト

8.名刺de商売繁盛

名刺de商売繁盛は、ユーザー数にかかわらず定額で利用できるアプリです。

コンタクト履歴を時系列で登録できる機能が搭載されており、日報や議事録としても活用できます。

提供元ヤマトシステム開発株式会社
初期費用無料
料金プラン33,000円(税込)/月
導入実績
  • 株式会社阪急阪神エクスプレス
  • 辻・本郷ITコンサルティング株式会社 他多数
機能・特徴高精度の名刺スキャン・データベース機能・メール配信での活用など
URL公式サイト

9.メイシー

メイシーは名刺の住所をクリックするだけで地図アプリを開いて場所を確認したり、企業情報を画面上からアクセスできたりするなど、さまざまな機能が搭載されているアプリです。

情報はISMS取得済みのデータセンターにて管理されており、ネットワークはSSLで暗号化されているため、安心して利用できます。

提供元株式会社もぐら
初期費用無料
料金プラン2,178円(税込)/月
※データ入力料金25円(税込)/枚、スキャン料金10円(税込)/枚が別途必要
導入実績公式サイトに掲載なし
機能・特徴名刺情報共有・コンプライアンスチェック・出張スキャン・

簡単利用機能・複数ユーザー管理機能 など

URL公式サイト

Android対応名刺管理アプリの失敗しない選び方

Android対応の名刺管理アプリは多数あるため、自社に合うアプリを探し出すのが大変です。

名刺管理アプリを探す際に失敗しない選び方やポイントを解説します。

  • 安全対策は十分か
  • 必要機能は備わっているか
  • 登録可能な名刺枚数は希望に合っているか
  • オフライン利用可能か
  • データ化の方法は何か
  • 操作性は高いか
  • 対応している言語は何か
  • 他ツールと連携は可能か

安全対策は十分か

名刺管理アプリの安全対策は十分かよく確認しておきましょう。

プライバシーマークを取得していれば、個人情報を厳格なチェックのもとで保護できていることが認定されているので安全対策への信頼性は高いです。

また、IPアドレスで制限がかけられるかどうかも重要で、制限する機能があると、ユーザー側でも外部からのアクセスを制限できるため、より高いセキュリティ効果が期待できます。

必要機能は備わっているか

名刺管理アプリに自社にとって必要な機能が備わっているか、チェックしておきましょう。

名刺管理アプリは名刺情報のデータ化以外にも、多言語対応やオンライン名刺交換、商談管理など、アプリによってさまざまな機能があります。

そのため、自社に必要な機能を搭載しているアプリを選択することで、業務効率が大きくアップするはずです。

登録可能な名刺枚数は希望に合っているか

登録可能な名刺枚数が十分かどうか確認しておきましょう。無料プランの場合、機能制限によって登録できる名刺枚数が制限されている場合があります。

また、一定の枚数ごとに金額が変わる有料アプリも多いため、自社にとってどれぐらいの枚数が登録できれば問題ないか見積もっておくことが必要です。

今後も名刺が増えることを想定して選ぶと安心して利用できます。

オフライン利用可能か

名刺管理アプリがオフラインで利用可能かどうかも重要です。

外出先でもデータを閲覧できるのが名刺管理アプリのメリットですが、地下鉄や混雑している街中、ビル群など、電波状況が悪い場所にいる場合も少なくありません。

「ネットにつながらないからアプリが利用できない」ということにならないよう、オフラインでも利用できるか確認しておきましょう。

データ化の方法は何か

名刺情報をどのようにデータ化するのか、その方法を把握しておきましょう。

スマートフォンのカメラによるOCRスキャンやオペレーターによる手入力など、名刺をデータ化するための機能はアプリによってさまざまです。

さらに、スキャンによりデータ化するアプリの場合は、精度が悪いと自分で入力し直す手間が発生するため、アプリのスキャン精度もチェックしておいてください。

操作性は高いか

操作性が低く実務で使いにくい名刺管理アプリを選んでしまうと、効率化するどころか業務効率の低下につながります。

操作性に関しては、実際に利用してみないとわからない部分が多いので、無料トライアル期間があるアプリを活用して使用感を確かめてみましょう。

また、全社員を対象に導入するのではなく、一部の社員からスモールスタートで始めるのもミスマッチを防ぐ上で効果的です。

対応している言語は何か

名刺管理アプリが対応している言語は何かを確認しておきましょう。英語や中国語のほか、アプリが多言語対応していると海外での利用に便利です。

また、日本国内でも海外を本拠地としているグローバル企業と接する機会が多い場合は、多言語対応のアプリが役立ちます。

英語・多言語対応の名刺管理ソフト6選!選ぶポイントや活用術

他ツールと連携は可能か

名刺管理アプリが他ツールと連携可能かどうかもチェックしておきましょう。

営業プロセスを効率化できるSFAと連携できれば、名刺情報の管理から営業までを効率的に進められます。

また、地図アプリやネットの情報と連携できる名刺管理アプリを利用すれば、訪問先を調べる時間の短縮・企業情報を効率的に入手できるなどのメリットが得られます。

地図アプリやネットの情報と連携できると、アプリひとつで必要な情報を入手できます。

SFAと名刺管理ソフトの違いとは?連携メリットや機能・役割について

Android対応名刺管理アプリの活用方法

Android対応の名刺管理アプリはどのように活用されているのでしょうか。

名刺管理アプリの業界での活用事例を3つ紹介します。

建設業

建設業では生産性向上と営業機会の拡大を目的として、名刺管理アプリが利用されています。

個人で管理していた名刺情報を一元化し、複数人で共有したことにより、営業チャンスの拡大、メンバーの人脈可視化などを実現しています。

広告業

広告業は営業担当者の外出が多いのが特徴です。

名刺管理アプリはスマートフォンを使っての位置情報確認、メールアドレスや電話番号などの企業情報のデータ管理が可能なため、効率よく営業活動を行うことに役立っています。

卸売業

卸売業はBtoBの仕事が大半で、多くの取引先情報を持っています。

しかし取引先ごとに担当者を確認し、やり取りするのは非常に大変です。

名刺管理アプリを利用することでバラバラに持っていた名刺情報の一元化、可視化ができたため、必要な情報にすぐにアクセスできるようになっています。

Android対応アプリを活用し名刺管理を効率化しよう

Android対応の名刺管理アプリは、紙の名刺を管理することに比べて非常に便利です。

名刺管理アプリを活用するメリットとしては、社内での情報共有の円滑化や、名刺管理業務の効率化、場所を選ばず検索できることなどがあります。

一方で、自社に合ったアプリを選ばなければ、情報漏洩のリスクが高まったり、かえって業務増加につながったりしてしまうこともあるでしょう。

今回紹介したおすすめのアプリや、失敗しない選び方を参考にして、機能や特徴を比較検討してみてください。

Android対応の名刺管理アプリを上手に活用し、名刺管理業務を効率化しましょう。

名刺管理システムの記事をもっと読む

名刺管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

マーケティングにおけるBIツールの活用方法|導入するメリットやおすすめツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

BIツールの価格相場・費用はいくら?価格を決める要素やコストを下げるポイント

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

最終更新日時:2024/06/12

BIツール

ストレスチェックの結果の保管方法とは?保存期間や保存場所を紹介

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

ストレスチェックの導入の流れ!導入時のポイントや注意点を解説

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/12

健康管理システム

個人事業主と法人の資金調達の違いについて|それぞれのおすすめ調達方法を紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

中小企業の資金調達は難しい?最適な方法や成功させるポイントを紹介

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/10

ファクタリング・資金調達

BIツール・DWH・ETLの違いや関係性|メリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

BIツールのダッシュボードとは?機能や活用するメリット・作り方のポイント

最終更新日時:2024/06/10

BIツール

最終更新日時:2024/06/10

BIツール