資金調達コンサルタントとは?依頼するメリットや選び方・相場についてわかりやすく解説

2024/06/05 2024/06/06

ファクタリング・資金調達

資金調達コンサルタント

資金調達に関するサポートを専門に行う「資金調達コンサルタント」。依頼することで資金調達の成功率アップや、業務の効率化を期待できます。本記事では、資金調達コンサルタントについて、依頼するメリットや選び方、依頼する際の費用相場などをわかりやすく解説します。

資金調達コンサルタントとは?

資金調達コンサルタントとは、資金調達を行いたい企業のサポートを行う専門家です。

企業が成長を続けるためには、適切なタイミングで必要なだけの資金を確保することが重要ですが、その方法や手順は複雑です。そこで資金調達コンサルタントが、依頼主の企業の現状を分析し、資金調達のために最適な方法を提案してくれます。

資金調達には、銀行からの融資、株式の発行、ベンチャーキャピタルからの投資など、さまざまな手段があります。資金調達コンサルタントは、それぞれの手段のメリットやデメリットを説明し、企業が最も適した方法を選ぶための助けとなるのです。

資金調達コンサルタントの業務内容

資金調達コンサルタントは、企業が最適な資金調達を実現するための全般的なサポートを提供するため、業務内容は多岐にわたります。ここでは、具体的な業務内容について詳しく見てみましょう。

資金調達方法のアドバイス

資金調達方法のアドバイスは、資金調達コンサルタントの業務の中心といえます。企業の経営状況や調達したい資金額を考慮し、最適な資金調達方法を提案するのです。

資金調達には銀行融資、株式発行、クラウドファンディングなど多様な手段がありますが、必ずしも知識が詳しい企業ばかりではありません。そこで資金調達コンサルタントが各方法のメリット・デメリットを丁寧に説明し、企業が自社に最適な手段を選択できるよう助言します。

資金調達コンサルタントに依頼することで、企業は無駄なく効率的に資金を調達できるのです。

審査に向けた準備のサポート

審査に向けた準備のサポートも資金調達コンサルタントの業務です。

実際に資金を調達するためには審査に通過しなければならないため、準備が非常に重要です。そこで資金調達コンサルタントは、事業計画書の作成支援や代行、面談対策など、審査に向けた準備の全面的なサポートを行います。

企業のビジョンや戦略を明確に示す事業計画書を作成し、審査官からの質問に適切に対応できるよう面接対策を行うことで、企業は安心して審査に臨むことができるでしょう。

資金繰りに関するアドバイス

資金調達コンサルタントは資金繰りに関するアドバイスも行います。企業は資金調達を達成したら終わりではありません。成長のためには、その後の資金繰りの適切な管理が欠かせません。

資金調達コンサルタントは、調達した資金の効果的な運用方法や、将来的な資金計画の立て方についての助言を行います。具体的には、支出の優先順位付けやキャッシュフローの管理方法の提案などを通して、企業が健全な財務状況を維持できるようサポートするのです。

こうしたサポートを受けることで、企業は資金不足に陥るリスクを回避し、持続的な成長につなげることができるでしょう。

資金調達コンサルタントに依頼するメリット

専門家である資金調達コンサルタントにサポートを依頼することで、企業は資金調達の成功率を高めることができます。ここでは資金調達コンサルタントに依頼する具体的なメリットを紹介します。

資金調達を効率的に進められる

メリットの1つ目に挙げられるのが、資金調達を効率的に進められる点です。資金調達を成功させるためには、その企業に適した方法の選定や必要な書類の作成といった準備が欠かせません。

そこで、資金調達コンサルタントに依頼すれば、こうした準備を専門家の視点を踏まえながら効率的に進めることができるでしょう。アドバイスを行うだけでなく、契約内容によっては書類作成や手続きの代行も行います。

企業側も専門家に任せることで時間と労力を大幅に削減でき、本業に専念することができます。

資金調達成功の可能性が高まる

資金調達成功の可能性が高まる点も資金調達コンサルタントに依頼するメリットです。

資金調達コンサルタントは、専門家として豊富なノウハウと経験を持っています。そのため、企業のニーズに最適な資金調達方法を提案するだけでなく、資金調達プロセス全体をサポートすることが可能です。

企業はコンサルタントのアドバイスやサポートを受けることで、資金調達に失敗するリスクを最小限に抑えることができます。

資金調達の選択肢が広がる

資金調達コンサルタントはさまざまな資金調達方法に精通しているため、選択肢の幅が広がることも挙げられます。

資金調達には銀行融資、ベンチャーキャピタル、株式公開など、多岐にわたる選択肢があり、不慣れな場合、自社に最適な方法を判断することが難しいといえます。そんな場合も、コンサルタントの助言を受けることで、資金調達の幅を広げることができるのです。

資金繰りの改善が期待できる

資金繰りの改善が期待できる点も資金調達コンサルタントに依頼するメリットです。

資金調達コンサルタントが企業の財務状況をチェックし、資金計画を見直すことで資金繰りの改善を図ることができます。状況に沿ったアドバイスを実行していくことで、無駄な支出を削減し、効率的な資金運用につながるのです。

また、将来的な資金ニーズを見越した計画を立てることで、資金不足に陥るリスクを軽減し、安定した経営を維持できるでしょう。

コア業務に専念できる

資金調達業務は企業にとって大きな負担となりますが、資金調達コンサルタントに依頼することで、担当者の負担を軽減できるようになります。

具体的には、経営者や担当者が資金調達に関する煩雑な業務から解放され、本来の業務に専念することができるのです。特に中小企業にとっては、限られたリソースを有効活用し、事業の拡大や成長に注力できることは大きなメリットだといえます。

資金調達に起こりうるトラブルを防止できる

資金調達時に起こりうるトラブルも、コンサルタントに依頼することで防止可能です。

資金調達のプロセスでは、契約や法律に関するさまざまなトラブルが生じることがあります。資金調達コンサルタントは、こうしたトラブルを未然に防ぐための対策を講じるのです。

例えば、調達先との契約内容のチェックや、法律上の問題に対するアドバイスを提供します。このサポートにより、企業は安心して資金調達のプロセスを進めることができるでしょう。

スタートアップの資金調達方法!事例やラウンド・成長フェーズ別に紹介

資金調達コンサルタントに依頼する場合の費用相場

資金調達コンサルタントに依頼する場合の具体的な費用は、コンサルタント会社によって異なりますが、一般的には以下のような相場があります。

費用項目金額
着手金約3万円前後
成功報酬調達金額の最大5%まで(例:500万円の調達で最大25万円)

まず、着手金として3万円前後が必要です。これは、コンサルタントが業務を開始するための初期費用です。さらに、調達金額に応じて成功報酬が発生します。成功報酬の上限は、出資法によって最大5%と定められているため、例えば500万円の資金を調達した場合、成功報酬は最大25万円までの範囲内で設定されることになるのです。

資金調達コンサルタントの選び方

資金調達コンサルタントを選ぶ際には、自社のニーズに合うかどうかを確認することが重要です。ここでは、具体的な選び方のポイントについて説明します。

コンサルタントの専門分野で選ぶ

資金調達コンサルタントにはそれぞれ得意とする分野があるため、専門分野で選ぶのが1つの方法です。

例えば、融資や出資など、自社の資金調達ニーズに合致する専門分野を持つコンサルタントを選ぶことで、効果的な支援を受けることができます。

コンサルタントの資金調達実績で選ぶ

コンサルタントを選ぶ際には、過去の資金調達実績を確認することが重要です。コンサルタントのサイトやクチコミを参考にし、成功事例が豊富なコンサルタントを選びましょう。

実績の多さは、ノウハウが豊富で信頼性が高い証拠です。特に、自社と同じ業界や規模の企業で資金調達に成功した実績がある場合、その経験を活かしたアドバイスを期待できるでしょう。

担当者との相性で選ぶ

担当者との相性も、資金調達コンサルタントを選ぶ際には大切です。信頼できる相手と良好なコミュニケーションが取れるかどうかを見極める必要があります。

初回相談時や打ち合わせでの印象を基に、誠実で話しやすい担当者を選びましょう。担当者としっかりとした信頼関係を築ければ、資金調達のプロセスもスムーズに進みます。

料金形態や業務内容で選ぶ

料金形態や業務内容で選ぶことも方法の1つです。

資金調達コンサルタントの料金形態には、固定報酬型と成功報酬型の2種類があります。また、コンサルタントがどこまでの範囲に対してどのようなサポートを提供するかも確認が必要です。

具体的な業務内容や料金形態を比較し、自社にとって最適なコンサルタントを選びましょう。

個人事業主が資金調達するには?適した融資制度や調達する方法について

自社にとって最適な資金調達コンサルタントを選ぼう

資金調達コンサルタントは、企業がスムーズに資金調達ができるよう、アドバイスやサポートを提供します。資金調達コンサルタントを選ぶ際には、専門分野、実績、担当者との相性、料金形態や業務内容を総合的に判断することが重要です。自社に最適なコンサルタントを選び、効率的かつ効果的な資金調達を実現しましょう。

おすすめのセミナー視聴

ファクタリング・資金調達の記事をもっと読む

ファクタリング・資金調達の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールとExcelの違いとは?機能やできること・できないことを簡単に解説

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

廃業とは?倒産・閉店・休業との違い、手続きや回避する方法を解説

最終更新日時:2024/06/24

経営

最終更新日時:2024/06/24

経営

ストレスチェックで高ストレス者への面談内容とは?流れやメリット・デメリット

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

コンピテンシー評価とは?項目例や導入の流れ、メリットとデメリットを解説

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達