【図解あり】ファクタリングとは?仕組みや種類・注意点を簡単に解説

2024/05/29 2024/05/29

ファクタリング・資金調達

ファクタリングとは

売掛金を利用する資金調達方法である「ファクタリング」。負債を増やさずに資金調達できるため、資金繰りを改善したい場合におすすめです。本記事では、ファクタリングとは何か、ファクタリングの種類、注意点、ファクタリングの仕組みについて、図解を用いて簡単に解説します。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、企業が持つ未回収の売掛債権をファクタリング会社や金融機関に売却することによって資金を調達する方法です。日本語で「債権買取り」とも呼ばれ、確定している売上に対する支払いを受けるまで期日が空く場合などに、その間の必要資金を賄うことを目的として利用されます。

ファクタリングを利用すれば資金の流動性を高めることができるため、特に資金繰りに課題を抱える企業にとって有効な選択肢だといえます。売掛金を売却することで、取引先への支払いや新事業への投資、従業員への給与などに充てられる資金を確保することができるのです。

ファクタリングと手形割引の違い

手形割引は、企業が受け取った受取手形を期日前に金融機関に売却し、その代金を前倒しで得る方法です。この方法でもファクタリング同様、企業は支払期日を待たずして資金を調達できますが、割引料が発生するため、実際の受け取り額は額面よりも少なくなります。また、売却した受取手形が不渡りとなった場合、利用者が満額に利息分を加えた金額を弁済しなければなりません。

一方、ファクタリングでは売掛金そのものが売却されるという点が異なります。手形を使用せず、直接売掛債権を買い取ってもらうため、手形割引と比較して手続きがシンプルで速やかに資金を手に入れることが可能です。また、ファクタリングでは売掛金の回収リスクは一般的に金融機関が負担するため、利用者は万が一の場合でも弁済する必要がありません。

ファクタリングは手形割引よりも高い手数料率が設定されていますが、それと引き換えに資金調達の迅速さや償還請求権なしというメリットを得られます。

ファクタリングの申し込みから現金調達までのスピード

ファクタリングの大きなメリットとして、資金を迅速に調達できる点が挙げられます。

申し込みから現金化までの時間は、サービスを提供するファクタリング会社や金融機関、売掛金の状況によりますが、一般的には数日から数週間の範囲で完了します。初めてファクタリングを利用する場合を例とすると、契約の締結や必要書類の提出、債権の審査などを経て、約1週間から2週間で資金が手元に届くことが多いです。

既に同じファクタリング会社を利用している企業であれば更にスピーディーに、場合によっては申し込みから数日以内に資金を受け取ることも可能です。ファクタリング会社の中には数十分から数時間での資金提供が可能な旨を強みとして打ち出している会社もあるため、状況に合わせて柔軟な選択ができるでしょう。

ファクタリングの種類

ファクタリングには「買取型」と「保証型」の2種類があります。買取型は名称のとおり、ファクタリング会社が売掛金を直接買い取り、企業に代金を支払う形式です。一方の保証型は、保険のようなイメージで売掛金の支払い保証を受ける形式です。

この2種類の詳細について詳しく見ていきましょう。

買取ファクタリング

買取ファクタリングは一般的に利用されているファクタリングの形式です。この形式では、企業が保有する売掛金をファクタリング会社が直接買い取ります。そのため、企業は売掛金の支払期日を待たずに、すぐに必要な資金を手に入れることができるのです。

このスピーディーさは、資金繰りをできるだけ早く改善したい企業にとって大いに役立つでしょう。売却した売掛金が万が一回収不能となった場合も責任を負わないため、企業はリスクを回避し財務の安定性を高めるとともに、経営の柔軟性を確保することが可能です。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、直接的な資金調達の手段ではなく、売掛金の未回収リスクを軽減するためのサービスです。この形式のファクタリングでは、利用者は金融機関などに保証料を支払い、売掛金の回収を保証してもらいます。その後、支払期日になっても売掛金が支払われなかった場合に、設定された保証上限額に応じて保証金が支払われるのです。

つまり、取引先の信用が不安な場合に、保険のような役割を果たしてくれると考えるとわかりやすいでしょう。この形式を利用することで、企業は売掛金未回収リスクを軽減し、経済的な損失を防ぐことができます。

保証ファクタリングは、新規の取引先や信用情報が不十分な取引先とのビジネスを行う場合や、売掛金が支払われるまでの期間が長い建設業などで利用されています。

【図解】2社間・3社間ファクタリングの仕組み

ファクタリングには、主に2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの方法があります。2社間ファクタリングでは、利用者とファクタリング会社の間で直接的な取引が行われ、一方の3社間ファクタリングは、利用者、ファクタリング会社、そして売掛先で取引が行われることが特徴です。

ここでは、それぞれの方法の仕組みについて見ていきましょう。

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社のみで取引が完結する方法です。売掛先の合意が必要ないため手続きがスピーディーに進むほか、ファクタリングの利用を理由に売掛先に資金繰りの悪化の懸念をさせずに済みます。

具体的な流れは以下のとおりです。

  1. 利用者から売掛先に売掛金が発生する
  2. 利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却する
  3. ファクタリング会社が利用者に売却代金を支払う
  4. 支払期日に売掛先から利用者に売掛金が支払われる
  5. 利用者は回収した売掛金をファクタリング会社に支払う

2社間ファクタリングとは?手数料やメリット・デメリット、3社間ファクタリングとの違い

3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリングは、利用者、ファクタリング会社、そして売掛先の3社で取引が行われる方式です。2社間ファクタリングとは異なり売掛先が関与するため、資金提供までのスピードは落ちますが、ファクタリング会社が売掛金の存在をしっかりと確認できることで、審査に通りやすくなるといえます。

具体的な流れは次のとおりです。

  1. 利用者から売掛先に売掛金が発生する
  2. 利用者が売掛先からファクタリングの利用に対して承認を得る
  3. 利用者とファクタリング会社が契約を行う
  4. ファクタリング会社が利用者に売却代金を支払う
  5. ファクタリング会社が売掛先にファクタリングの利用を通知する
  6. 売掛先は支払期日にファクタリング会社に対して売掛金支払いを行う

3社間ファクタリングとは?メリット・デメリットや手数料、流れについて

ファクタリングのメリットとは?

ファクタリングには迅速に資金調達ができることや業種・事業形態を問わず利用できることなど、多くのメリットがあります。具体的な内容を見ていきましょう。

負債を増やさずにスピーディーに資金を調達できる

ファクタリングを利用する大きなメリットの1つが、負債を増やすことなくスピーディーに資金を調達できることです。

ファクタリングは借り入れではなく、未回収の売掛金を売却するため、バランスシート上での負債は増加しません。そのため、企業の信用度や財務健全性が保たれるのです。また、売掛金の早期現金化によって、支払期限までの間のキャッシュフローの問題も解消されます。

取引先の倒産に伴う貸し倒れリスクを回避できる

ファクタリングのメリットには、取引先の倒産による貸し倒れリスクを回避できる点も挙げられます。

特に保証型ファクタリングを利用する場合、売掛金の回収前に売掛先が倒産しても、ファクタリング会社から契約に基づいた保証金を受け取ることができます。つまり企業が潜在的な損失から自社を守ることにつながるのです。

買取型ファクタリングのほうは売掛金を売却することで即座に現金を得られるため、売掛先の信用状況がのちに悪化したとしても未回収リスクは発生しません。ファクタリングは企業の財務安定性を高め、リスクを抑えるために有効なのです。

売掛先が倒産しても返済の義務が生じない

ファクタリングの中でも特に「ノンリコース」タイプの契約では、売掛先が売掛金支払い前に倒産しても、売却した売掛金に対する返済の義務が生じません。売却した売掛金に対して償還請求権や買取請求権が存在しないため、一旦ファクタリング会社に売掛金を売却したあとは、ファクタリング会社が未回収リスクを負うことになるのです。

つまり、企業は売掛金の回収リスクから完全に解放され、のちのことを心配せずに済みます。

業種・事業形態を問わず個人事業主でも利用できる

ファクタリングは、多様な業種や事業形態の人が広く利用できる点もメリットです。特に注目すべきなのは、法人だけでなく個人事業主も利用が可能な点でしょう。

個人事業主やフリーランサーでも、キャッシュフロー改善のための資金調達の手段としてファクタリングを活用することが可能です。ファクタリング会社の中には個人事業主やフリーランサーの利用に特化した会社もあり、少額の売掛金も売却可能なため便利に利用できるでしょう。

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

企業の信用情報に悪影響がない

ファクタリングは融資とは異なり、売掛金を前払いで現金化する金融サービスです。そのため、企業がファクタリングを利用しても借り入れが増えることはなく、信用情報に悪影響を与えることがありません。

通常の借り入れは信用履歴に記録され、その後の信用評価に影響を与える可能性がありますが、ファクタリングではそのような心配は不要です。この性質は、ファクタリング利用以降に新しい融資を受けることを考えている企業にとって、大きなメリットだといえます。

担保や保証人が不要で中小企業や個人事業主でも利用しやすい

ファクタリングは、融資と異なり担保や保証人が必要ないため、特に中小企業や個人事業主にとって利用しやすい資金調達方法です。ファクタリングであれば、資産が少ない企業や、保証人を用意することが難しい個人事業主も、売掛金を即座に現金化することができます。

利用者は売掛金を売却するだけで済み、リスクを負う必要なく新たな投資や急な資金需要に対応することができる、手軽さから、幅広い業種で利用されています。

信用情報に問題があっても利用できる

ファクタリングは、赤字経営や債務超過、税金滞納など、従来の信用基準では問題があると判断される企業や個人事業主でも利用可能です。

ファクタリングは利用者の信用情報よりも売掛金の質や売掛先の信用情報を重視することが一般的です。そのため、利用者側の財務状況が厳しい場合でも、確実に回収が見込める売掛金があれば、ファクタリング会社に買い取ってもらえます。

法人がファクタリングを利用するメリット・デメリット|審査項目や選び方

ファクタリングのデメリットとは?

ファクタリングには多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。ファクタリングを利用する際には、これらのデメリットについても理解しておかなければなりません。ここでは具体的な内容を解説していきます。

ファクタリングの売買手数料が高め

ファクタリングの利用においては、売買手数料の高さがデメリットとなる場合があります。手数料が高いということは、その分調達できる資金が減るということです。特に悪徳業者と契約してしまった場合、手数料による影響はさらに大きくなる可能性があります。

また、ファクタリングに依存しすぎると、資金繰りがさらに悪化する恐れもあるでしょう。ファクタリングでは手数料が発生するため、売掛金の満額回収はできません。そのため、企業の財務を徐々に圧迫する可能性があるのです。

ファクタリングを利用する際は、手数料や契約条件について十分に検討し、適切な業者を選ぶことが重要です。

3社間ファクタリングは取引先に承諾を得る必要がある

3社間ファクタリングを利用する場合は取引先の承諾が必要となることも、取引先との関係によってはデメリットになり得ます。

3社間ファクタリングでは利用者・ファクタリング会社・売掛先の間での調整が必要なため、売掛金の管理がファクタリング会社に移行することを売掛先に了承してもらう必要があります。これにより、売掛先が利用者の財務状況を懸念し、その後の取引や契約に影響を及ぼすかもしれません。

特に、ファクタリングの頻繁な利用は、売掛先からキャッシュフローに問題があると見なされるリスクもあります。したがって、3社間ファクタリングを利用する際は慎重に検討を進める必要があるのです。

債権譲渡登記が必要になるケースがある

ファクタリングを利用する際、売掛債権の移動を第三者に明確に示すため、ファクタリング会社に債権譲渡登記を求められる場合があります。

この登記は、売掛債権の所有者が変更されたことを公式に記録し、将来的な紛争を防ぐ効果があります。一方で、債権譲渡登記のためには登記手数料が必要であり、このコストはファクタリングの利用者が負担するものです。

こうした費用はファクタリングの総コストを高める要因の1つとなり得るため、利用を検討する際には、忘れずに計算に入れることが重要です。債権譲渡登記は、特に大規模な取引や複数の売掛金を扱う場合に必須となることが多い傾向にあります。

ファクタリングと電子記録債権(でんさい)の違い|共通点やメリット・デメリット

売掛金の金額以上は資金調達できない

ファクタリングは、未回収の売掛金を現金化する方法ですが、融資とは異なり、売掛金の額を超える資金は調達できません。そのため、売掛金の金額が資金需要に対して十分でない場合、ファクタリングだけでは資金不足を賄えないのです。

また、ファクタリングの利用に際しては手数料がかかるため、受け取ることができる資金は売掛金の額面よりも減ります。大きな資金が必要な場合には、ほかの資金調達方法の併用を検討する必要があるでしょう。

全額一括送金で返済しなければならない

2社間ファクタリングでは、売掛金を現金化したあとのファクタリング会社への返済は原則として全額一括で行う必要があります。この一括返済は、ファクタリングの基本的な取り決めの一部であり、分割での返済を提案する業者には注意が必要です。

分割返済を許容する場合、その取引は「貸金」に該当する可能性があるため、提案した業者が貸金業として正式に登録されているかを確認することが重要です。正式な登録がない場合、法的な問題や、それに伴う追加の財務リスクを招くことになるため、契約前にしっかりと調査するようにしましょう。

ファクタリングの手数料の目安

ファクタリングの手数料の目安は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで異なります。

2社間ファクタリングの手数料は売掛金の総額の約20%〜30%の範囲で設定されることが一般的です。ファクタリング会社が債権未回収リスクを負うため、このように高く設定されています。

一方の3社間ファクタリングの手数料は、通常売掛金の総額の1%〜5%程度とされています。3社間ファクタリングでは、売掛先の関与によって売掛金の存在を確認できるため、ファクタリング会社のリスクが抑えられることを理由に、手数料も低く設定されているのです。

これらの手数料は、売掛金の金額や信用リスクの程度によっても変動するため、具体的な契約を結ぶ際に詳細を確認することが重要です。

【2024年最新】ファクタリングの人気おすすめ優良会社12選!即日・手数料を比較

ファクタリングの申し込みに必要な書類

ファクタリングを申し込む際には、必要な書類をあらかじめそろえておくことで手続きをスムーズに進めることができます。以下に、一般的に要求される主な書類を列挙します。

  • 登記簿謄本(法人の場合):利用者の企業が実在することを証明するため
  • 印鑑証明書:契約書に使用する印鑑を証明するため
  • 身分証明書:本人確認のための代表者の運転免許証やパスポートなど
  • 決算報告書や確定申告書:企業の業績を審査するために過去3期分ほど必要
  • 取引履歴の印字がある通帳:売掛先からの継続的な支払いがあることを証明するため
  • 売掛先との契約書:売掛先との取引の証明のため
  • 売掛先との売買契約書:3社間ファクタリングの場合に必要
  • 売却する売掛金が記載された請求書など:売掛金の存在を証明するため

これらの書類は、ファクタリング会社が利用者と売掛先の取引関係や信用状態、売掛金の質を評価するために使用されます。提出書類は最新であり、正確な内容が記載されていることを確認しておきましょう。

ファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングを利用する際には、悪徳業者の存在に注意が必要です。ファクタリングの在り方を直接定める法が整っていないため、残念ながら悪徳業者が紛れているのが事実なのです。

悪徳業者と契約してしまうと、企業が大きな不利益を被る危険性があります。ここからは、悪徳業者を見分け、安全にファクタリングサービスを利用するための注意点について詳しく説明します。

契約書が「債権譲渡契約」になっているか確認する

ファクタリングを利用する際には、契約書に「債権譲渡契約」と正しく記載されているかを確認することが非常に重要です。

債権譲渡契約とは、売掛金という形の「債権」、つまり将来売掛金を受け取ることができる権利をファクタリング会社に譲渡することを意味します。この契約を締結することで、ファクタリング会社は債権者となり、売掛金の回収権を持つことになるのです。

正しい契約書には譲渡の条件や範囲、回収の責任について明確に記述されています。契約書に「債権譲渡契約」という言葉が含まれていない場合や、内容が曖昧な場合は、相手が悪徳業者の可能性があります。

契約を結ぶ前には、契約書を隅々までチェックし、必要なら法律の専門家に相談するようにしましょう。

ファクタリング会社が実在するか確認する

サービスを利用する前に、ファクタリング会社が実際に存在するかどうかを確認することも、悪徳業者を避けるために役立ちます。

具体的には、会社の住所や電話番号、公式ウェブサイトなどを調べ、実際に連絡を取ってみるとよいでしょう。実在する企業であれば、これらの情報は明確に掲載されており、問い合わせに対して適切な対応が返ってくるはずです。

特に、住所が正確であるか、記載の電話番号がつながるかを確かめることで、架空の業者や詐欺的な業者を避けることができます。情報が不明確な場合や、対応が不適切な場合は警戒が必要です。安全な取引のためにも、事前の確認作業を怠らないようにしましょう。

手数料が高すぎないか確認する

ファクタリングを利用する際には手数料の支払いが必須ですが、この手数料が適正な価格であるかどうかはきちんと見極めなければなりません。

特に、悪徳業者は手数料を明確に示さず、契約後に高額な手数料を請求する場合があります。ファクタリング会社を選ぶ際は、手数料の詳細を事前に確認し、ほかの業者と比較して妥当な金額であるかを検討するようにしましょう。

ファクタリングの手数料は、売掛金の金額に対する一定の割合として設定されていることが一般的です。市場の平均的な手数料率を調査し、それに基づいて判断するとよいでしょう。

手数料が明記されていない、あるいは不透明である場合は、その業者との契約を白紙に戻すことをおすすめします。

契約書の控えを受け取る

ファクタリング契約を結ぶ際には、契約書の控えを必ず受け取るようにしましょう。

契約書の控えは、将来的に何らかのトラブルが発生した場合に契約内容を証明するための重要な証拠となります。契約書には手数料率や支払い条件、債権譲渡の詳細など、取引に関するすべての情報が含まれているため、これを保持しておくことで、両者の権利と義務を明確に示せるのです。

また、不明瞭な点や認識の不一致が発生した場合にも、迅速に問題を解決するために契約書の控えが役立ちます。これらの理由から、契約時には必ず契約書のコピーを受け取り、安全な場所に保管しておくようにしましょう。

不審な給与ファクタリングは利用しない

給与ファクタリングとは、個人が給与として受け取る予定の債権を事前に買い取り、現金を提供するサービスです。このような取引は貸金業に該当する場合があり、ファクタリング会社が貸金業登録をしていない場合、違法な取引となる可能性が高いでしょう。

不審な給与ファクタリングサービスを利用すると、法的な問題に巻き込まれる危険性があります。実際に給与ファクタリング業者の訴訟や代表者逮捕といった事例があることから、給与ファクタリングの利用は避けるべきだといえるでしょう。

ファクタリングを利用しスピーディに資金調達をしよう

ファクタリングは、売掛金を即座に現金化し、企業の資金流動性を高める効果的な手段です。利用時には手数料や契約条件を事前に確認し、悪徳業者にだまされないように注意しましょう。ファクタリングを安全に活用すれば、資金繰りの課題が改善し、ビジネスチャンスを捉えることにつながります。

おすすめのセミナー視聴

ファクタリング・資金調達の記事をもっと読む

ファクタリング・資金調達の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールとExcelの違いとは?機能やできること・できないことを簡単に解説

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

廃業とは?倒産・閉店・休業との違い、手続きや回避する方法を解説

最終更新日時:2024/06/24

経営

最終更新日時:2024/06/24

経営

ストレスチェックで高ストレス者への面談内容とは?流れやメリット・デメリット

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

コンピテンシー評価とは?項目例や導入の流れ、メリットとデメリットを解説

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達