飲食業におすすめの受発注管理システムを比較|選び方や課題・導入メリットを紹介

2024/01/19 2024/01/19

受発注管理システム

飲食業におすすめの受発注管理システム

受発注システムは、その名のとおり受注と発注を管理するためのシステムです。受注と発注の両面から業務効率を改善できることから、飲食業でも導入している企業が増えつつあります。この記事では、受発注システムのメリット・デメリットや、おすすめの受発注システムを紹介します。

飲食店が抱える受発注管理に関する課題

食材をはじめ、さまざまなものを扱う飲食店にとって、受発注の管理は非常に重要です。しかし、現実には在庫の過不足、注文ミス、納期の遅延など、多くの課題があります。

こうした課題は業務効率を低下させ、コスト増加につながりかねません。特に、食材の鮮度や消費期限を考慮する必要がある飲食業界では、正確かつ迅速に受発注ができるシステムが欠かせません。適切なシステムを導入することで課題を解決し、業務の効率化とコスト削減を実現させましょう。

受発注業務を効率化する方法|課題と改善方法・効率化するメリットを解説

飲食業において受発注システムを導入するメリット

飲食業が受発注システムを導入するメリットはさまざまあります。特に注目したいメリットは以下の2点です。

受発注業務の負荷を軽減できる

受発注システムを導入すると、これまで時間をかけて手作業で行っていた注文処理や在庫管理が自動化されることで、より迅速かつ正確に業務を行えるようになるでしょう。

結果として、店舗スタッフの業務負担が減少し、顧客サービスに注力できる余力が生まれます。こうした効果は、飲食店運営の効率化と顧客満足度の向上に直結するメリットです。

ヒューマンエラーの防止につながる

飲食店における受発注システムの導入は、ヒューマンエラー、つまり手作業が原因で発生するミスを大幅に減らす効果があります。注文の誤入力や在庫数の誤計算など、手作業では防ぎきることができないミスが、システムによって自動化することで大幅に減少できるのです。

注文が正確であれば、在庫切れや納品されないといった事態を回避でき、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。また、誤りの訂正に費やされる時間と労力も削減され、よりスムーズな店舗運営を実現できます。

【飲食店向け】受発注管理システムの選び方

受発注管理システムにはさまざまな種類がありますが、その中のすべてが飲食店に適しているわけではありません。ミスマッチを防ぐためにも、ここでは飲食店向けの受発注システムの選び方を紹介していきます。

課題解決に役立つ機能があるか

飲食店に導入する受発注管理システムを選ぶ際、大切なのは実際の業務課題を解決できる機能があるかを確認することです。

たとえば、自動注文機能や在庫追跡、データ分析など、店舗運営の効率化に直結する機能は外せないでしょう。また、使いやすさや充実したサポート体制も重要です。自社や自店舗に必要な機能を揃えたシステムを選ぶことで、注文ミスの減少、在庫管理の最適化、業務プロセスの改善といった、運営の質を底上げする改善が見込めるのです。

柔軟にカスタマイズできるか

受発注管理システムは、柔軟なカスタマイズが可能かどうかもチェックしておくべきポイントです。飲食店はそれぞれ異なるニーズを持っているため、画一的なシステムでは需要を満たすことができません。

たとえば、メニュー変更や季節ごとの特別なキャンペーンに容易に対応できるシステムであれば、新たな施策を次々に打ち立てることで、顧客を飽きさせない店づくりができるでしょう。店舗独自性や戦略を活かすためには、カスタマイズ性の高いシステムである必要があるのです。

同業種・業界での実績はあるか

同業種や同業界での導入実績がある受発注システムかどうかも、忘れずに確認しましょう。導入実績のあるシステムは、飲食業界特有のニーズや課題を理解し、効果的に対応できるよう設計されている可能性が高いです。

成功事例や他店の利用状況を調べることで、導入を検討しているシステムが自店舗に合うかどうかの判断材料にすることができます。業界内での信頼性と実績があるシステムならば、業務改善への期待を高めることができます。

【2024年最新】受発注システムおすすめ12選比較|機能や選び方・クラウド版と無料版に分けて紹介

飲食業におすすめの受発注システム

ここからは、飲食業界におすすめの受発注システムを紹介していきます。

CO-NECT

CO-NECTは、注文の簡易化や在庫管理の効率化を図れるだけでなく、データ分析機能なども搭載されている受発注システムです。ユーザーフレンドリーなインターフェースによって、従業員は負担なく操作を行うことができるでしょう。

また、リアルタイムでの在庫確認機能や、月間売上推移などの分析レポートは、経営の最適化にも役立ちます。CO-NECTは、飲食業界のさまざまな課題を解決するための強力なツールといえるのです。

提供元CO-NECT株式会社
初期費用無料
料金プラン
  • フリー:無料
  • エンタープライズ・アルティメット・カスタム:要問い合わせ
導入実績25,000社以上(※2023年12月時点)
機能・特徴受注管理、出荷管理、取引先別注文ページ作成、請求書作成ほか
URL公式サイト

資料請求はこちら

MOS

MOSは、迅速な注文処理や正確な在庫管理、売上分析ができる受発注管理システムです。特に、直感的な操作性と情報処理の速さが特徴で、店舗スタッフは作業負担の軽減を実感できるでしょう。また、スマホやタブレットなどのモバイル端末で利用できる手軽さも魅力です。

MOSは、食品業界をはじめ、多様な業界での運用実績を持つシステムで、使い勝手と機能性のバランスが優れています。FAXレイアウト表示機能などは、デジタルが苦手な従業員にも嬉しい機能でしょう。

提供元株式会社アクロスソリューションズ
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴受注機能、発注機能、在庫表示機能、発注商品総数表示、サイズ・カラー展開対応ほか
URL公式サイト

らくうけーる

らくうけーるは、シンプルな操作性と高い機能性を兼ね備えた受発注システムです。注文の自動化や在庫管理のリアルタイム追跡に加え、わかりやすいレポート生成ができます。操作が簡単で直感的なため、従業員のトレーニングに時間をかけることなく、すぐに実際の業務に取り入れることができます。

また、らくうけーるは取り扱っている商品やサービスに応じて、生鮮向け・非生鮮向け機能を使い分ける・併用することができるため、多様な物品を扱う店舗にも適しています。

提供元JFEエンジニアリング株式会社
初期費用要問い合わせ
月額料金内訳
  • 基本料金:22,000円(税込)/月
  • 担当者ID料金:2,200円(税込)/月/ID
  • 独自ログイン画面:11,000円(税込)/月
  • 独自URL:22,000円(税込)/月
  • FAX送信単価:11円(税込)/枚
機能・特徴入荷案内(提案書)の作成、商品提案、注文入力(お得意先様用の画面)、受注の確認、追加・修正、ピッキングリストの印刷・システム連携ほか
URL公式サイト

HANZO 自動発注

HANZO 自動発注は、特に在庫の自動管理と発注の最適化に焦点を当てており、手間と時間の大幅な削減を実現します。曜日や天候、季節を加味したインテリジェントな需要予測によって過剰在庫や在庫切れのリスクを減らせば、在庫管理の効率化も見込めるでしょう。

また、直感的で操作が簡単なインターフェースによって、従業員のトレーニング負担を軽減することができます。

提供元株式会社Goals
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴売上・出数・食材使用量の自動予測、適正発注案の自動作成、異常値アラート、ロス等、各種報告機能、イベント対応機能、納品スケジュール自動計算ほか
URL公式サイト

FOODIT

FOODITは、飲食業界に特化した受発注システムです。食品管理として、廃棄や食材移動などの情報も店舗と本部で共有することができます。目標管理機能や勤怠管理機能も効率的な店舗運営を後押しするでしょう。

また、豊富なラインナップのサブシステムから必要なものを必要なだけ選択できるため、自社・自店舗に最適なシステムとしてカスタマイズできます。サブシステムの1つである「管理権限」を導入すれば、ユーザーアカウントごとに細かい権限を設定できるため、セキュリティ面も安心です。

提供元株式会社メディアミックス
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴予実(目標)管理、勤怠管理、仕入管理、販売管理、セキュリティ強化、導入・ヘルプデスクほか
URL公式サイト

COREC

CORECは、飲食業界だけでなく、多様な業界で多くの導入実績を持つ受発注システムです。取引先ごとに注文フォームをカスタマイズできる機能や受注を知らせるメール機能などによって、それぞれの注文に手早く対応することができます。

また、受注会や対面販売といった場も活用できる点が魅力で、その場で取引先や受注数量を入力することで後日の入力作業を省けます。発注側では、発注内容に基づき、入荷・未入荷の管理を行うことができるため、業務のスピードアップも実現できるでしょう。

提供元株式会社ラクーンコマース
初期費用無料
料金プラン
  • 無料プラン:無料
  • ビジネスプラン:3,278円(税込)/月
導入実績68,000社以上(※2024年1月時点)
機能・特徴取引先ごとに注文フォームをカスタマイズ、商談や電話などの受注も登録可能、いつでもどこでも受注がわかる、受注データをダウンロード、受注データから納品書・請求書を作成、発注額集計レポート、作成途中の発注書を一時保存、発注履歴からの再発注、入荷状況のチェックほか
URL公式サイト

飲食業における受発注システムを導入するデメリット

受発注システムの導入にはさまざまなメリットがある一方で、デメリットがあるのも事実です。ここでは特に2点を紹介します。

導入や運用にコストが発生する

受発注システムの導入や運用には、一定のコストが伴います。導入時には初期投資としてシステムの購入やカスタマイズの費用がかかり、プランによっては月額料金の設定もあるでしょう。また、定期的なメンテナンスやアップデートにも費用がかかる場合があります。

さらに、従業員へのトレーニングやシステム導入に伴う業務の一時的な停滞も考慮する必要があります。これらのコストは、特に小規模な飲食店にとっては大きな負担となるでしょう。ただし、長期的には効率化とコスト削減のメリットが期待できるため、導入を検討する価値は大いにあります。

システムが定着するまで時間を要する

飲食店に限らずどの業界においても、新たに導入したシステムが完全に定着するまでには時間がかかります。新しいシステムを効率的に活用するためには、まず従業員がシステムを使いこなせるようにならなければなりません。この過程では、やむを得ず一時的な生産性の低下などが発生する可能性があります。

また、システムのカスタマイズや調整にも時間を要する場合があるでしょう。このような過渡期は、特に業務が忙しい飲食店にとっては高いハードルかもしれません。

受発注システムの導入を検討すべき店舗の特徴

ここでは、受発注システムを導入すべき店舗の特徴を2点紹介します。

従業員の残業時間が多い

残業時間が多い飲食店では、受発注システムの導入が大きな効果を発揮します。従業員の残業を増加させる原因には、手作業による注文や在庫管理も含まれるでしょう。

受発注システムを導入することで、これら手作業のプロセスが自動化され、業務効率を改善できます。結果として、従業員の業務負担が軽減され、残業時間を削減できるのです。

コスト削減の課題を抱えている

コスト削減を目指したい飲食店にも、受発注システムの導入が有効です。特に、在庫管理や注文プロセスの自動化は、人為的なミスによる過剰在庫や誤発注による損失を減らし、コスト削減に貢献します。

また、データ分析機能があるシステムならば、受注や発注のトレンドを把握し、適切な在庫数を保つよう調整することができます。食材の廃棄を減らし、資源の最適利用とコスト削減の両方を実現するためにも、受発注システムは重要なツールなのです。

飲食業向けの受発注システムで課題を解決しよう

飲食業界は動きが速く、効率的な運営が求められます。受発注システムによる自動化は、注文ミスを減らし、在庫管理を簡素化します。また、食材の無駄を削減するといった飲食業界特有の課題に対応する鍵にもなるでしょう。

導入にはコストや時間がかかることもありますが、長期的にはビジネスの成長と安定に大きく貢献する受発注システム。飲食店経営を成功へと導くために、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのお役立ち資料

受発注管理システムの記事をもっと読む

受発注管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達