ウェビナーの背景はどうすべき?設定するメリットや決める時のポイント

2024/04/24 2024/04/25

ウェビナーツール

ウェビナーの背景

自由な環境で開催できる「ウェビナー」。リモートワークが普及したことで、自宅から配信するケースが増えていますが、背景をどうするか悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。本記事では、ウェビナーの背景はどうすべきか、背景を設定するメリットや選ぶ際のポイントを解説します。

ウェビナーの背景とは?

ウェビナーの背景とは、文字通り配信者の後ろに広がる空間のことを指しますが、ウェビナーツールにおいては、参加者に見せる「仮想の背景」も意味します。

実際の背景をそのまま映す代わりに、ぼかし効果をかけることでプライバシーを保護したり、任意の画像を設定してプレゼンテーションに彩りを加えたりすることができます。このバーチャル背景は、配信者が自宅などのプライベート空間を隠し、意図する雰囲気を作り出すための大切なツールであるとともに、参加者の集中を助ける効果もあります。

特にビジネスシーンにおいて、視覚的なコミュニケーションは非言語的なメッセージを伝える手段となります。そのため、ウェビナーを通じて情報発信する際には、背景選びも成功の秘訣となるのです。

ウェビナー(Webセミナー)とは?目的やメリット・デメリットを解説

ウェビナーのバーチャル背景を設定するメリット

ウェビナーを開催する際にバーチャル背景を設定することには、ただの装飾以上の意味があります。ここでは、具体的にどのようなメリットがあるのかを紹介します。

後ろの風景を気にせず自由な環境で配信できる

バーチャル背景を使用することで、ウェビナーの配信者は背後を気にすることなく、自由な環境で情報発信ができます。例えばリビングルーム、カフェ、または移動中の電車内であっても、バーチャル背景を設定すれば、場所を気にせずにウェビナー配信が可能なのです。

このように、バーチャル背景によって自由な環境で配信できることは、配信者にとって大きなメリットです。このツールを利用することで、配信者はプレゼンテーションの質を向上させることができるだけでなく、視聴者に対してもプロフェッショナルな印象を与えることができるでしょう。

サービスやロゴを活用すれば企業の知名度アップになる

ウェビナー開催時のバーチャル背景として企業のサービスやロゴを活用すれば、ブランディング効果を得られるでしょう。配信者の背後に常に企業のロゴを表示させておくことで、参加者の記憶に残るようになるためです。

特に、複数の企業が共同でウェビナーを開催する場合、独自のバーチャル背景を設定することで他社と差別化を図り、自社の知名度向上につなげることができるでしょう。このように、ウェビナーを通じて自社のビジュアル要素を前面に出すことで、ブランド認知度の向上が期待できるのです。

ウェビナーへの集中力を高められる

参加者にウェビナーに集中してもらうためにも、背景設定は重要です。雑多な背景は参加者の注意を散漫にし、本当に伝えたい内容が伝わりづらくなってしまいます。

そのようなことがないよう、邪魔にならない落ち着いたイメージや関連性の高いイメージを背景に設定することで、参加者がウェビナーの内容に集中できるようにしましょう。

心理的にも視覚的にも快適な背景であれば、参加者は情報をスムーズに受け取ることができ、ウェビナーの効果が高まるのです。

自宅から配信する場合はプライバシーの保護になる

自宅からウェビナーを配信する際、プライバシー保護の観点からもバーチャル背景の設定は重要です。設定しないままでは、配信者の自宅の様子や間取り、場合によっては窓から見える風景によって周辺環境が分かってしまいます。

こうした情報は個人情報につながるためリスクがあります。そこでバーチャル背景を活用することで、プライベートな部分を隠し、個人情報を守ることができるのです。

ウェビナー集客を成功させるコツ|集客率アップのポイントやおすすめの代行サービス

ウェビナーのバーチャル背景を決める時のポイント

ウェビナーのためのバーチャル背景選びは、参加者の集中力に影響を及ぼします。適切な背景であれば、プロフェッショナルな印象を与えることもできるでしょう。そこで、ここではバーチャル背景を決める際のポイントを紹介します。

ウェビナーツールが推奨している縦横比に合う画像を選ぶ

バーチャル背景を選ぶ際には、ウェビナーツールが推奨している縦横比に合致する画像を選択することが重要です。縦横比が合わない画像を選ぶと、背景が不自然に引き延ばされたり、圧縮されたりしてしまい、結果としてプロフェッショナルな印象を損なうだけでなく、参加者に不信感を与える恐れもあります。

適切な縦横比の画像を使用することで配信中のビジュアルが整い、参加者も安心して聴講することができます。ウェビナーの質を高めるためには、このような細かい点にも注意を怠らない姿勢が重要です。

縦横比に配慮したバーチャル背景の選択は、ウェビナー成功に欠かせないポイントだといえるでしょう。

ウェビナーの内容にあった背景を選ぶ

ウェビナーで使用するバーチャル背景は、配信する内容と調和していることが望ましいです。配信する内容と背景がマッチしていないと、参加者は違和感を感じ、本来伝えたいことがうまく伝わらない可能性があります。

例えば、フォーマルなビジネス関連のウェビナーにカジュアルなビーチの背景を選ぶと不適切に思われるのは想像に難くありません。テーマや目的に合ったバーチャル背景を選ぶことで、ウェビナーの内容をより引き立て、参加者の理解を深めることができるのです。

配信者の服の色にかぶらない背景を選ぶ

バーチャル背景を選ぶ際には、配信者の服の色と重ならないように注意することが大切です。バーチャル背景の色が服と同じだと、服が背景に同化して顔や腕が不自然に浮き上がって見えてしまう可能性があります。

このような映像は参加者の集中を妨げ、ウェビナーの質を下げてしまうでしょう。当日着る予定の服とは異なる色の背景を選ぶことで、配信者がくっきりと画面に映り、表情やジェスチャーを含むメッセージを伝えやすくなります。

目に優しい色合い・シンプルな背景を選ぶ

ウェビナーで使用するバーチャル背景は、長時間見ていても疲れない、目に優しい色合いやシンプルなデザインを選ぶとよいでしょう。

奇抜な色や複雑な模様の背景は、開始直後は注目を集めるかもしれませんが、時間が経つにつれて参加者のストレスになり、集中力の低下を招く恐れがあります。参加者がウェビナーの内容に集中できるよう、落ち着いた色調の背景や、派手すぎないデザインを選ぶことが重要です。

シンプルで心地よい背景は、プレゼンテーションの質を高めると同時に、参加者が情報をスムーズに受け取れるポイントにもなるのです。

ウェビナー背景をバーチャル背景に設定する方法

ここまで解説したとおり、ウェビナーでプロフェッショナルな印象を与えるためには、バーチャル背景の設定が欠かせません。ここからは、各ウェビナーツールでバーチャル背景を設定する方法を紹介します。

ZOOMのバーチャル背景を設定する方法

ZOOMでのバーチャル背景の設定方法は簡単です。まずはZOOMアプリを開き、設定またはプロフィールの項目に進みます。そこで「バーチャル背景」のオプションを選択し、事前に用意した背景画像やZOOMが提供するバーチャル背景から選択するだけです。

バーチャル背景をよりリアルに見せたい場合は、背後に緑色のスクリーンを設置すると、バーチャル背景との境界がより自然になります。

Google Meetのバーチャル背景を設定する方法

Google Meetの場合、ミーティングを開始する前、またはすでにミーティングに参加している状態で、画面右下の「その他のオプション」(三点リーダー)をクリックし、「バーチャル背景を変更」を選択します。

ここから、Googleが提供するさまざまな背景の中から好みのものを選択できるほか、自分で用意した画像をアップロードして使用することも可能です。

Teamsのバーチャル背景を設定する方法

Teamsでは、会議やビデオ通話の開始前・開始後のいずれのタイミングでもバーチャル背景を簡単に設定することが可能です。具体的には、画面下部のメニューから「その他の操作」(三点リーダー)をクリックし、「バーチャル背景の表示」オプションを選択します。

そこでMicrosoftが提供するさまざまな背景野中から選ぶことができるほか、ほかのウェビナーツール同様、自分で用意した画像をアップロードして使用することもできます。

【2024年最新】おすすめのウェビナーツール12選を比較!選び方や利用するメリット

バーチャル背景を設定しウェビナーのクオリティを高めよう

バーチャル背景は、ウェビナーをよりプロフェッショナルに、魅力的に見せるために重要です。また、プライバシー保護の観点からも事前の設定が必須です。縦横比に注意し、ウェビナーの内容や配信者の服装と調和する背景を設定することで、参加者の集中力を高め、実り多いウェビナーとしましょう。

ウェビナーツールの記事をもっと読む

ウェビナーツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

ファクタリングと債権譲渡登記の違い・関係とは?必要性やメリット・デメリット

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

2社間ファクタリングとは?手数料やメリット・デメリット、3社間ファクタリングとの違い

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/16

ファクタリング・資金調達

【2024年版】ホームページ制作で使える補助金・助成金|地域別やIT導入補助金について

最終更新日時:2024/05/16

ホームページ制作

最終更新日時:2024/05/16

ホームページ制作

SEO対策を学べるおすすめの本11選|初心者〜上級者向けに紹介

最終更新日時:2024/05/17

SEOツール

最終更新日時:2024/05/17

SEOツール

次世代EDIとは?EDIの課題や違い、注目されているWeb-EDIについて

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

全銀EDIシステム(ZEDI)とは?インボイス制度・金融EDIとの関係性やメリットについて

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

最終更新日時:2024/05/15

EDIツール

ファクタリングが違法ではない理由について|違法業者の見分け方・法的根拠について

最終更新日時:2024/05/15

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/15

ファクタリング・資金調達

HTMLを活用したホームページの作成方法|公開までの手順やコード例やテンプレートを解説

最終更新日時:2024/05/15

ホームページ制作

最終更新日時:2024/05/15

ホームページ制作