名刺管理はGoogleKeepがおすすめ!使い方やメリット

最終更新日時:2023/07/21

名刺管理システム

Googlekeepでの名刺管理

ビジネスの拡大や成長において、名刺が役立つ場面は多々あります。手元にある名刺の数が増えるほど管理が難しくなり、名刺を失くすなどの不安もあるでしょう。名刺を簡単に管理するには「GoogleKeep」の活用がおすすめです。GoogleKeepの使い方やメリットなどを解説するので、名刺管理に役立ててください。

名刺管理におすすめのGoogleKeepとは

GoogleKeepとは、Googleから無料で提供されているメモツールです。Googleアカウントがあれば誰でも利用でき、パソコン・スマホ・タブレットといった、さまざまな端末で利用できる点が魅力です。

GoogleKeepでは、写真付きメモの作成・メモのラベル分け・OCRなどの機能が搭載されています。名刺を撮影するだけでテキスト部分を自動でデータ化してくれたり、ラベル分けされた名刺を簡単に検索したりすることが可能です。

このように、GoogleKeepには名刺管理を円滑化してくれる機能が豊富に備わっているため、名刺管理におすすめのツールといえます。

GoogleKeepの基本的な使い方

名刺管理にGoogleKeepを活用する際の基本的な使い方を紹介します。スマホアプリでの操作方法を例に解説しましょう。

1.名刺を撮影しラベルを付与する

アプリを開いてアンダーメニュー内の写真ボタンをタップし、「写真を撮る」から名刺を撮影します。

撮影した写真には、必要に応じてラベルを付けましょう。例えば「〇〇プロジェクト」というラベルを作成し、プロジェクト関係者の名刺写真に付与します。ラベルを振り分けておくことで、プロジェクトの関係者のみを簡単に抽出可能です。

GoogleKeepを普通のメモアプリとして利用している場合、メモと名刺が混在します。メモと名刺の区別がつくように「名刺」「名刺管理」といったラベルを作るのもおすすめです。

2.撮影した名刺を検索する

撮影した名刺に含まれる名前やキーワードから、該当する名刺の写真が検索できます。

GoogleKeepでは、入力したキーワードを含む写真や画像を検索可能です。テキスト情報だけでなく、画像データからも情報を読み取って結果を表示してくれます。正式な名前や社名がわからない場合も、わずかなキーワードがあれば名刺を抽出できるのです。

3.OCRでデータ化する

OCRとは、写真や画像のテキスト部分を認識し、自動でデータ化する機能です。GoogleKeepのOCRでは、名刺に記載された会社名・名前・連絡先などを自動でデータ化してくれます。

撮影した名刺をデータ化していないと、写真を見ながらテキストにおこさなくてはなりません。OCRで名刺情報をデータ化すれば、住所をコピー&ペーストするのみで入力可能です。

ただし、テキストの認識精度は100%ではありません。OCRでデータ化されたものと実際の名刺情報が合っているか、必ず確認しましょう。

たまった名刺はどうやって捨てるべき?正しい捨て方・処分方法を紹介

名刺管理にGoogleKeepを利用するメリット

GoogleKeepには、名刺の整理や保存に優れている特徴があります。名刺管理にGoogleKeepを活用するメリットは以下の2つです。

  • 導入コストがかからない
  • シンプルな機能性で名刺管理がしやすい

導入コストがかからない

名刺管理に特化した名刺管理システムは、多くの場合に導入コスト・ランニングコストがかかりますが、GoogleKeepは基本的に無料で利用できるため、導入コストを抑えられます。

パソコン・スマホ・タブレットなどのさまざまな端末に対応している点もメリットです。従業員個人が持つ端末にアプリをインストールするだけで利用でき、専用端末を配布する必要もありません。

エクセルを活用した名刺管理術!自作管理のメリットや注意点

シンプルな機能性で名刺管理がしやすい

GoogleKeepはシンプルな機能で構成されるため、名刺管理において操作方法に迷うことが少ないでしょう。直感的に操作できるため名刺管理がしやすく、初めてのツール導入にもおすすめです。

多種多様な機能が搭載されている場合、「すべての機能を使いこなせない」「管理が複雑になる」といった問題につながりかねません。名刺管理のみを行うなら多機能である必要性は低く、GoogleKeepに備わっている機能で十分活用できます。

名刺管理におすすめの方法|アナログ・デジタル別の管理術を紹介!

名刺管理にGoogleKeepを利用するデメリット

扱いやすいGoogleKeepにも、注意すべき点があります。名刺管理にGoogleKeepを活用する際には、以下のデメリットを知っておきましょう。

OCR機能の精度に注意が必要

GoogleKeepに搭載されているOCRの精度は完璧ではありません。字を誤って認識したり、そもそも認識できない部分があったりします。

OCR機能を使ってデータ化したテキストは必ず確認し、必要に応じて手作業で修正してください。データ化したテキストの確認を怠ると、誤った情報を利用する恐れがあるため注意しましょう。

【2023年最新】おすすめ・人気の名刺管理アプリ17選を徹底比較!

GoogleKeepで名刺管理の効率を向上させよう

GoogleKeepはメモアプリですが、シンプルな機能と優れた操作性から、名刺管理にもおすすめのツールです。無料で利用できるため、コストを抑えて導入できます。名刺の撮影・検索・OCRによるデータ化など、名刺管理に活用できる機能が揃っているのも魅力でしょう。GoogleKeepを導入して、効率的な名刺管理を実現してください。

名刺管理システムの記事をもっと読む

名刺管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム