在庫管理を自動化する方法!重要性やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2023/12/22

在庫管理システム

在庫管理を自動化する方法

在庫管理の自動化は、アナログな管理による人的ミスやルーティンワークの負担などの課題を解決してくれます。本記事では、AIによる画像認識、RFID、IoT重量計といったさまざまな方法による在庫管理の自動化について、メリットやおすすめのツールを紹介します。

在庫管理を自動化する重要性について

在庫管理は、商品の数量や種類、入出庫の情報と保管の位置など、多くのデータを扱う作業です。そのため、管理する資材や商品が多種多様になればなるほど、手作業や目視のみに頼った方法による管理には限界があるでしょう。

在庫を正確に把握できていなければ、過剰在庫や欠品、消費期限切れした在庫の廃棄、商品の紛失・盗難といった、組織全体の資金繰りにも影響する、あらゆるリスクが発生します。

そこで在庫管理の自動化は、手作業の負担を軽減して業務効率を上げ、人的なミスを大幅に減らすことで在庫の正確な管理を可能にしてくれるのです。そのほかにも、正確な在庫数の把握による過剰在庫や在庫不足の回避、在庫動向の追跡と過去データの分析による、需要予測の精度向上は、ビジネス戦略を立てるのに役立ちます。

在庫管理システムによって自動化する主な方法

在庫管理を自動化するには、まず、入出庫情報をはじめ、在庫一覧表示機能、検品、返品、棚卸などの管理機能を備えた在庫管理システムを導入する必要があります。

ただし、在庫管理システムとひと口に言っても、機能はさまざまです。そこでまずは在庫管理業務の自動化につながる機能について解説します。

AI(人工知能)

AI(人工知能)を活用した在庫管理システムでは、リアルタイムで一元化された在庫情報を管理できるだけではなく、蓄積された大量データの分析、需要予測、顧客属性の変化などから、最適な発注量を計算することができます。また、発注業務を自動化することも可能です。

画像認識

画像認識による在庫状況のリアルタイム把握は、実際に大手コンビニエンスストアなどで運用されています。具体的には、IoTの仕組みを使って、店内のカメラで撮影された画像データからAIが各商品の在庫状況を把握、在庫管理システムに連携し、リアルタイムで在庫数を管理するというものです。

この仕組みは、「売れ筋商品」の分析による正確な需要予測にも役立つことから、フードロスの削減にもつながります。

RFID

RFID(Radio Frequency Identification:無線周波数識別)は、商品に取り付けられた小さなチップ(RFタグ)の情報を、専用のリーダー機器が読み取ることで商品を管理する仕組みです。

近年よく目にするようになった商品を指定の場所に置くだけで自動で認識してくれるセルフレジには、このRFIDの仕組みが使われています。

RFIDを使った在庫管理では、リーダーをかざしたり、リーダーを設置したゲートを通すだけで、非接触で在庫の品目や数量を把握することができます。

重量計

重量計を用いた在庫管理は、あらかじめ登録した在庫管理対象アイテムのの重量を計測し、在庫数を自動でカウントしてくれるものです。

重量計による管理は、RFIDや画像認識では対応しづらい、ネジなどの小さなパーツから、大型の部品にも対応できる汎用性の高さが魅力の方法といえるでしょう。

重量計の機能とIoTの仕組みを利用し、重量データを自動的にシステムに反映することも可能です。重量計は、大量に扱われるバルク製品や液体製品の在庫管理にもよく使われています。

在庫管理業務を自動化するメリット

在庫管理業務の自動化には、多くのメリットがあります。ここでは主な3つのメリットを解説します。

作業効率の向上が見込める

在庫管理を自動化すると、作業効率が大幅に向上します。

棚卸し作業の効率化や正確性の向上はもちろん、毎日の終業後に在庫確認を行っていた現場などでは、確認作業が残業時間の増大の要因になっているケースも少なくありません。

手作業による数える手間を省くことで、より生産的な業務に集中できるようになるでしょう。自動化は、在庫数の把握を正確にするだけでなく、生産性の向上、労働環境の改善などのメリットも見込めるのです。

データを有効活用できる

在庫管理システムには、業務を自動化するだけでなく、生産・販売などの在庫管理と親和性の高いデータを一元管理できるメリットもあります。

生産管理や販売管理とのデータ連携は、在庫不足を防ぐだけでなく、精度の高い需要予測を可能にし、適切な在庫数の管理につなげることができます。

顧客満足度の向上につながる

在庫管理が自動化されることで、在庫切れによる納品遅れや、在庫の回転率の見誤りによる品質劣化など起こりにくくなるため、安定した商品供給ができ、顧客満足度を高めることができます。

常に、質の高い商品をスムーズに出庫できるため、サービスの質や顧客体験の向上が期待できるのです。

在庫管理の見える化とは?メリットや成功事例・改善方法を解説

在庫管理を自動化する際の注意点

在庫管理の自動化はメリットが多いとはいえ、導入前にあらかじめ理解しておくべき注意点もあります。ここでは3つの注意点について解説します。

セキュリティ体制を整える

まず注意すべきなのは、セキュリティです。大量のデータを扱う在庫管理システムは、情報漏えいが起こらないよう、内部統制を強化しなければなりません。

さらに、クラウド型のシステムであればサイバー攻撃のリスクにも備えておく必要があります。システムを導入する場合は、サービスを提供する業者のセキュリティ体制をしっかり見極めましょう。

導入前に在庫を整備する

在庫管理システムによる自動化を実行する際には、現状の在庫を正確に把握するための棚卸しを行いましょう。

実際の在庫と帳簿を突き合わせながら整合性を確認し、併せて古い在庫の廃棄や清算などの手続きを進めておきます。いくら正確な管理ができるシステムでも、導入時のデータに誤りがあれば、その効果を十分に享受することはできません。システムの導入前にしっかり準備をしておきましょう。

属人化を解消しておく

在庫管理の自動化は、その前段階として自動化できる業務の洗い出しをする必要があります。そのため、業務が属人化していると、そもそも自動化できる業務がわからないケースもあるのです。

属人化は、「その人がいないと業務が進められない状態」のため、業務停滞や生産性低下などのリスクもはらんだ課題です。徹底した自動化を目指すためにも、業務の可視化や標準化を進め、属人化を解消しておかなければなりません。

在庫管理の課題・問題点とは?解決する方法やおすすめのシステムを解説

在庫管理を自動化するシステムの選定ポイント

在庫管理を自動化する際のシステムはどのように選べばよいのでしょうか。数あるシステムの中から、自社に合ったシステムを選ぶときのポイントをお伝えします。

自社の業態や商材に適した機能があるか

はじめに自社の商材に適しているかどうかをチェックします。

業種や商品によって、在庫管理システムに求める機能は異なります。例えば、食品業界では賞味期限の管理が重要ですし、ファッション業界では、返品管理や店舗間の在庫調整などの業務も発生します。自社の事業特性に合った機能が搭載されているかを必ず確認しましょう。

トラブルに対応してくれるか

ベンダーによるサポート内容を確認しておくことも大切です。在庫管理は、生産や顧客への商品提供をスムーズに行うための中心となるシステムのため、不具合が発生した場合は、業務が完全にストップしてしまうことも考えられます。

システムトラブルのほか、操作上の疑問が生じたときに、どのようなサポートが受けられるのか、対応時間や対応方法などを確認しましょう。併せて、定期的なメンテナンスやアップデート実績についても忘れずにチェックしてください。

【2023年最新】在庫管理システムおすすめ18選比較|機能や種類・選び方を解説

在庫管理業務の自動化におすすめのツール

最後に、自動化による効率的な在庫管理を実現できる、おすすめツールを2つ紹介します。

ZAICON

ZAICONは、IoT重量計を使った自動管理と手動で管理を併用しながら、リアルタイムで一元管理できる在庫管理システムです。クラウド在庫管理ソフト「zaiko」に自動連携できることもあり、幅広い業界、業態の在庫管理に採用されています。-20度から65度までの耐久性があるため、低温・高温の環境にも強く、電池駆動によりケーブルレスで使え、さまざまな環境に対応できるところも強みといえるでしょう。

提供元株式会社ZAICON
初期費用0円〜

※初期費用は導入規模によって異なる

料金プラン12,925円/月(基本プラン)
機能・特徴
  • IoTマット
  • 在庫管理
  • 外部連携
  • 入出庫管理
URL公式サイト

スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、重量計を使ったIoTの在庫管理サービスです。商品だけではなく、部品、仕掛品、完成品、液体や粉などの原材料をマットの上に置くだけで在庫確認ができ、データを連携することで発注、棚卸といった業務の自動化を進めるともできます。

RFIDの併用もできるため、箱ごとの在庫確認、数百kgの大型アイテムの管理も可能。遠隔地への移動、定期的な棚卸も不要になり、時間的、人的コストの大幅削減が見込めます。各種システムとのデータ連携や業務改善サポートなど、サポート体制も充実しています。

提供元株式会社スマートショッピング
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入実績1,400件以上
機能・特徴
  • IoTマット
  • 在庫管理
  • 自動発注
  • 入出庫管理
  • 外部連携
URL公式サイト

在庫管理業務の人的ミスや負担の軽減には自動化が効果的

在庫管理の自動化は人的ミスを低減し、在庫を正確に追跡できるようになるため、在庫管理の負担を軽減しつつ、業務の質や正確性を向上することができます。

また、自動化によりリアルタイムで共有されるデータは、的確かつ迅速な意思決定にも役立つはずです。在庫管理を自動化し、生産性の向上、収益拡大といった組織の成長を実現しましょう。

在庫管理システムの記事をもっと読む

在庫管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム