在庫管理をDXする方法!メリットや事例・おすすめのツールを解説

最終更新日時:2024/01/15

在庫管理システム

在庫管理のDX化

商品カウントやデータ入力など、なにかと手間がかかる「在庫管理」。どうすれば在庫管理を正確かつ効率的にできるのか、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。本記事では、在庫管理をDXで改善する方法やおすすめツールを紹介します。DXのメリットや企業の事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の要約

・在庫管理のDXは、デジタル技術を用いて在庫管理を自動化することであり、データ分析の精度向上やコストの削減が見込める
・在庫管理のDXを進める上では、バーコードスキャンやRFID、在庫管理システムの3つの方法がある

在庫管理のDXとは?

在庫管理のDX(デジタルトランスフォーメーション)とは、在庫管理にデジタル技術を用いて自動化することを指します。在庫管理は製造業や飲食業、病院などあらゆる業界で欠かせない業務のひとつですが、効率化が遅れているのが現状です。

デジタル技術を活用して在庫管理をDXすることで、データ分析の精度向上や在庫の最適化、コスト削減などを実現できます。また、在庫管理を通して得たさまざまなデータを消費者ニーズの調査や新たなビジネスの創造につなげることも可能です。

AIを活用して在庫管理を効率化する方法|活用事例や課題・メリットを解説

在庫管理が正確に行われていない場合の問題

在庫管理が正確でない場合、どのような問題が生じるのでしょうか。ここからは、ずさんな在庫管理が引き起こす3つのリスクについて見ていきましょう。

在庫数とデータが一致しない

適切に在庫管理が行われていない場合、在庫数とデータが一致しないといったトラブルが発生することがあります。

アナログな管理による入出荷数の数え間違いや帳簿への入力ミスなどにより、実際の在庫数とデータの不一致が起こることも少なくありません。その結果、商品の過剰注文や不足、顧客満足度の低下、利益の損失につながるでしょう。

人的なミスが発生してしまう

在庫管理における人的ミスは避けられない問題です。手作業によるデータ入力の間違いや、在庫の誤計算、商品の誤配送などさまざまなミスが発生する可能性があります。

とくに複数の販路がある場合、別々に在庫管理を行うことも少なくありません。このような状況では、人の手だけで正確に管理するのは難しく、従業員にとって大きな負担となるでしょう。

在庫の過不足が起こる

正確な在庫を把握できていないと、在庫の過不足が発生する可能性が高まります。とくに発注から納品までのリードタイムが長いものは在庫不足になりやすいため注意が必要です。

在庫が不足することで、顧客からの注文に対応できず機会損失につながるでしょう。逆に余剰在庫が多すぎる場合は、管理コストがかさむだけでなく、廃棄による損失が出ることも考えられます。

在庫管理をDXするメリット

在庫管理業務をDXすることにより、さまざまなメリットが期待できます。ここからは、具体的にどのようなメリットが得られるのかについて見ていきましょう。

在庫管理業務を効率化・コスト削減につながる

在庫管理のDXによる最大のメリットは、業務の効率化とコスト削減です。在庫管理システムなどのデジタルツールを導入することで、入力作業などにかかる時間を短縮でき、効率的に在庫管理業務を進められます。

作業時間の短縮によって人件費を抑えられるため、コスト削減を実現することも可能です。また、在庫管理にかかる作業負担が軽減されることで、時間外労働や仕事に追われる心的ストレスによる離職リスクを下げることにもつながるでしょう。

在庫管理を自動化する方法!重要性やおすすめのツールを紹介

在庫をリアルタイムで管理できる

在庫管理のDXにより、在庫をリアルタイムで管理できます。クラウドベースのシステムを使用することで、どこからでも在庫データにアクセスすることが可能です。

複数の店舗や倉庫の在庫状況もリアルタイムに把握できるため、店舗間や倉庫間での在庫移動の際にも役立ちます。これらは、とくに複数の拠点を構える企業にとって大きな利点といえるでしょう。

適切な在庫管理ができる

DXにより、適切な在庫管理の実現につながります。デジタル技術を活用することで、在庫の正確な監視と分析が可能になり、データに基づいた需要予測を行えます。

その結果、過剰在庫や品切れを防ぎ、適正在庫を実現することが可能です。また、顧客のニーズに合わせた商品提供が行えるため、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

ヒューマンエラーの防止につながる

在庫管理のDXは、ヒューマンエラーの防止にも効果的です。アナログな手法による在庫管理では、人的ミスの発生は避けられません。デジタルツールや在庫管理システムの導入により、手作業によるデータ入力の誤りや計算ミスを防ぐことが可能です。

例えば、手書きで行っていた在庫確認にバーコードスキャナーを利用することで、商品の入出庫を正確かつ迅速に記録できます。

在庫管理の見える化とは?メリットや成功事例・改善方法を解説

DXできる在庫管理の業務一覧

在庫管理業務の中には、DXできるものとできないものがあります。ここからは、DXが可能な在庫管理業務を紹介します。

入荷管理業務

入荷管理とは、在庫が入荷した際に荷受け・検品・検収・入荷処理などを行う業務です。これらの業務にハンディーターミナルを導入することで、在庫管理のDXを進めることができます。これにより納品書との照合がリアルタイムで行えるようになるため、正確な在庫管理にも役立つでしょう。

棚卸業務

棚卸では、在庫管理の記録と実際の在庫が一致しているかの確認を行います。記録上の在庫数と実際の在庫の整合性を確認するためには、定期的に実施することが大切です。

棚卸にシステムを導入することで、商品の数量や状態をリアルタイムで把握できるようになります。複数倉庫がある場合もわざわざ現地に行く必要がなくなるため、棚卸業務を効率よく行えるようになるでしょう。

フリーロケーション管理業務

フリーロケーション管理とは、商品を固定の場所に保管せず、入荷時に保管場所を決める在庫管理の手法です。常に在庫状況の記録や情報共有が求められるため、DXとの相性がよい管理手法ともいえるでしょう。

フリーロケーションによる管理では、ハンディーターミナルを活用してシステム化し、どの商品がどこにあるかをリアルタイムで把握することが重要です。これにより、無駄な保管スペースが発生するのを防ぐことにつながります。

出荷管理業務

出荷管理は、在庫の出荷検品を行い、伝票を添付して発送するという出荷処理の一連の作業のことです。入荷管理と同様に、ハンディターミナルによるバーコード読み取りなどを導入することで、在庫管理をDXできます。

納品書と出荷する在庫をリアルタイムで照合できるため、出荷処理の内容に間違いがないかをその都度確認することが可能です。

返品管理業務

返品管理は、顧客からの返品や発注した材料の返品などを行う業務です。システムを導入することで返品情報がリアルタイムで反映されるため、返品に関わる業務が正確に行えるようになります。

また、通常在庫の管理とは別の方法で管理することも重要なポイントです。それにより、通常の入出荷と混同することなく、返品管理業務を円滑に進めることができます。

製造業における在庫管理の重要性とは?課題や最適化する方法

在庫管理のDXにおすすめのツール

ここからは、在庫管理のDXを進める際に便利なツールを紹介します。

バーコードスキャン

バーコードスキャンは、在庫管理のDXに欠かせないツールのひとつです。商品に付与されたバーコードをスキャンし、その情報を在庫管理システムに即座に反映できます。バーコードスキャンを利用することで、商品の入出庫や在庫確認、棚卸作業が正確に行えます。

また、ヒューマンエラーのリスクが低減され、時間と労力の節約につながるでしょう。ただし、バーコードによる管理では、在庫にバーコードを貼り付ける作業が発生します。とはいえ、在庫ひとつひとつに貼り付ける必要はないため、保管している棚に貼るなどバーコードの数が最小限になるような方法で負担を減らすことも可能です。

RFID

RFID(無線周波数識別)は、在庫管理のDXを進めるうえで非常に効果的なツールです。この技術は、商品に取り付けられたICタグからの信号を特殊なリーダーで読み取ることで、商品の追跡と管理を行います。RFIDは複数の商品を同時に読み取ることができるため、バーコードよりも在庫管理を効率的に行えるのが特徴です。

一方で、ICタグを用意するためのコストが必要になるだけでなく、バーコードと同様に在庫にICタグを貼り付ける作業が発生する点はデメリットといえるでしょう。また、RFIDで使用する電波は水や金属に弱いという性質があるため、使用する環境によっては想定した効果が得られないかもしれません。

在庫管理システム

在庫管理システムは、在庫に関するデータを一元管理できるシステムです。商品の入荷・保管・出荷までの各プロセスをデジタル化し、在庫の最適化を実現します。このようなシステムの導入により、在庫の過不足を防ぎ、コスト削減につながります。

AIを組み込んだ在庫管理システムであれば、需要の予測や自動再注文が可能になり、さらに効率的な在庫管理を実現できるでしょう。また、スマートフォンのカメラ機能や、IoTを利用した重量センサーを活用したシステムを利用することで、在庫管理にかかる手間を大幅に削減することが可能です。

【2024年最新】在庫管理システムおすすめ18選比較|機能や種類・選び方を解説

クラウド型の在庫管理システム8選|メリットや失敗しない選び方を解説

在庫管理をDXした事例

最後に、在庫管理のDXを実現した企業の事例を見ていきましょう。

亀栄建材株式会社

亀栄建材株式会社は、建築資材の卸売や設置工事を手がける企業です。同社は、人の手による在庫管理の労力と発注ミスを解消するため、IoTを活用した在庫管理システムを導入しました。

これまでは、週に2回倉庫まで足を運んで発注業務を行っていましたが、システムの導入によって発注や棚卸といった業務の大幅な時間短縮が実現しています。また、在庫不足や誤発注の心配もなくなったことで、従業員の精神的なストレスの軽減にも役立っているようです。

[参照元:SmartMatCloud「倉庫まで足を運ばず、遠隔(パソコン)で在庫を確認!半日がかりだった棚卸もたった5分で終了」]

株式会社マスヤ

株式会社マスヤは、給食用の食品製造を手がける企業です。同社では、週に2回食材や梱包資材などの消耗品の棚卸を実施し、一回につき1時間程度の時間を要していました。また、棚卸業務を行った従業員しか結果を知ることができないという課題も抱えていたようです。

そこで同社は在庫管理システムを導入し、商品の追跡と管理を効率化しました。このシステムにより、冷蔵庫など目の届きにくい場所に置かれている在庫の把握がしやすくなり、在庫状況の確認を行う手間が軽減しています。

[参照元:SmartMatCloud「給食用食材や梱包用品を工場に立ち入ることなく遠隔管理。棚卸の省力化と在庫の見える化を同時に実現」]

竹市株式会社

竹市株式会社は、すだれの製造販売を行う企業です。同社では、紙の帳簿で在庫管理を行っていたことから、顧客からの注文に即座に対応することが難しいという課題を抱えていたようです。そこでQRコードを活用した在庫管理システムを導入することで、リアルタイムに正確な在庫状況を把握できるようになりました。

また、これまでは製造のみを行っていた従業員も在庫管理に携わることができるようになり、システムの活用方法についての意見出しが活発化するなど、在庫管理への意識改革にもつながっています。

[参照元:zaico「在庫管理の可視化が実現・zaico導入で現場スタッフの意識改革も!」]

在庫管理のDXを進めよう

企業の業績を左右する在庫管理のDX化について解説しました。従来のアナログな手法による在庫管理では、時間とコストがかかるだけでなく、ヒューマンエラーも避けられません。

在庫管理をデジタル化することで、在庫の見える化や正確な需要予測、迅速な顧客対応を実現できます。本記事で紹介したツールを導入し、在庫管理のDXを進めていきましょう。

在庫管理システムの記事をもっと読む

在庫管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム