ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

2024/06/18 2024/06/18

LPOツール

ランディングページのコーディング

LPを作成するために必要な「コーディング」。制作会社への依頼を検討している場合、どのくらいの費用がかかるのか・どのような流れで進むのか疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。本記事では、LPのコーディング方法について詳しく解説します。

ランディングページ(LP)のコーディングとは?

コーディングとは、プログラミング言語を使ってWebページを作り上げる作業のことです。具体的には、HTMLやCSSといった言語を使ってソースコードを記載し、デザインやレイアウトを組み立て、実際にWeb上で表示される形に仕上げます。

この作業を通じて、LPと呼ばれる、訪問者が目にするページが完成します。

おすすめのLPOツール9選比較!無料で使えるツールやCVR改善につながる手法

ランディングページ(LP)のコーディングの流れ

ここからは、具体的なLPのコーディングの流れを紹介していきます。

デザインデータを確認する

LPのコーディングを始める前に、まずはデザインデータを確認します。デザイナーが作成したLPのレイアウトや配色、フォントなどの詳細を理解するための重要なステップです。

この確認作業を通じて、実際のコーディングに必要な情報を収集し、デザインどおりのページを具現化するための準備を整えます。具体的には、画像の位置やテキストの配置、ボタンの色などを細かくチェックする作業です。

HTMLコードを記述する

次に、LPの骨組みを作る作業として、HTMLコードを記述します。HTMLは、Webページ上でどこに何を表示するかを定義する言語です。例えば、見出しや段落、画像、リンクなどを配置します。

HTMLコードを書くことで、ブラウザがその指示を読み取り、正しく表示する仕組みです。このステップでは、デザインデータに基づいて、要素の配置や構造を丁寧に組み立てていきます。

CSSコードを記述する

次に、CSSコードを記述します。テキストのフォントや色、ボタンのデザイン、背景の色などを設定するのがCSSコードの役割です。

HTMLで作成した骨組みにデザインを加え、ページ全体の見た目や雰囲気を統一します。この作業により、魅力的な視覚のLPに仕上げることができます。

JavaScriptを記述する

次にWebページに動きを与えるJavaScriptを記述します。JavaScriptは、ボタンをクリックした際の動作や、ページをスクロールしたときのアニメーションなどの要素を追加するための言語です。

JavaScriptの記述により、静的な情報提供だけでなく動きのある演出を加えられるため、UX(ユーザーエクスペリエンス)の向上につながります。

動作テスト・修正をする

最後に、コーディングを済ませたLPがデザインどおりに表示されるかを確認します。ここでは、ページの各部分が正しく表示され、リンクやボタンが機能するかがチェックポイントです。

不具合が見つかった場合は修正し、再度確認を行います。繰り返し動作テストを行うことで、訪問者にとって使いやすく、企業の意図を正確に伝えるLPを作成できるでしょう。

ランディングページ(LP)のコーディングを依頼する場合の費用相場

ここではLPのコーディングを依頼する際の費用相場を紹介していきます。

フリーランスに依頼する場合

フリーランスにLPのコーディングを依頼する場合、コーディングのみで約5万円、LP全体の制作を依頼する場合は10万円から20万円程度が相場です。

フリーランスに依頼する利点は、比較的安価で柔軟な対応が期待できる点と言えます。ただし、デザインやコーディングのクオリティには個人差があるため、事前に実績や評価を確認することが重要です。

中小企業のLP制作会社に依頼する場合

中小企業のLP制作会社にLPのコーディングを依頼する場合、コーディングのみの費用は10万円から20万円程度が相場です。LP全体の制作を依頼する場合は、40万円から60万円程度かかります。

中小企業の制作会社に依頼する利点は、フリーランスよりも安定した品質とサポートが期待できる点です。また、制作プロセスが整っており、納期や要望に応じた柔軟な対応をしてもらえます。

大手LP制作会社に依頼する場合

大手LP制作会社にLPのコーディングを依頼する場合、コーディングのみの費用は25万円から40万円程度です。LP全体の制作を依頼する場合は、70万円から100万円程度かかります。

大手企業に依頼するメリットは、豊富な経験と高い技術力により、品質の高いLPを提供できる点です。また、プロジェクト管理やアフターサポートも充実しており、信頼性の高いサービスが期待できます。

ランディングページ(LP)コーディングの必須スキル

ここではLPをコーディングするうえで必要となるスキルを紹介していきます。

HTML・CSSのマークアップ言語スキル

LPのコーディングには、Webサイト作成の基本となるHTMLとCSSのマークアップ言語のスキルが欠かせません。

HTMLはWebページの構造を作り、見出しやテキストの段落、画像などの要素を配置するための言語です。また、CSSはその要素にスタイルを適用し、色やフォント、レイアウトを指定します。この2つのスキルを組み合わせることで、デザインどおりのLPを作成することができます。

JavaScript・PHPのプログラミング言語スキル

LPのコーディングには、JavaScriptやPHPのプログラミング言語のスキルも重要です。

JavaScriptは、ページに動きやインタラクティブな機能を追加するための言語で、例えばボタンのクリックやアニメーションの実装に使われます。PHPは、フォームの送信やデータベースとの連携など、サーバーサイドの処理に使用される言語です。JavaScriptとPHPにより、訪問者の使いやすさを向上させることができます。

ワイヤーフレームの作成スキル

LPのコーディングには、ワイヤーフレームの作成スキルも欠かせません。ワイヤーフレームとは、ページのレイアウトや要素の配置を視覚的に示した、いわばLPの設計図です。ワイヤーフレームを作成することで、デザインや機能の全体像を事前に把握し、効率的にコーディングを進められます。

ワイヤーフレームは、デザイナーやクライアントとLPの完成形を共有するためのコミュニケーションツールとしても役立ちます。

ランディングページ(LP)のワイヤーフレームの作り方|作成手順やテンプレート

Webデザインのスキル

LPのコーディングには、Webデザインのスキルも必要です。Webデザインのスキルを持つことで、訪問者が目的の行動を起こしやすいレイアウトや色使いを適用できます。

目的やターゲット像を明確にし、それらに合わせたデザインを行うことで、LPの成果を高めることができます。

ランディングページ(LP)のコーディングに関する理解を深めよう

LPのコーディングには、プログラミング言語やWebデザインなど専門的な知識とスキルが重要です。これらのスキルをバランスよく習得することで、効果的で魅力的なLPを作成できます。

自社の目的に合わせたLPを制作し、ターゲットに強く訴求するために、LPのコーディングの理解を深めていきましょう。

LPOツールの記事をもっと読む

LPOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達