【最新】PBXの市場・シェアを解説!トレンドと今後の動向も解説

2023/01/11 2023/01/11

PBX

PBX

None

多くの企業が導入しているPBX。業務の効率化を図る上で欠かせないサービスになりつつあります。また、PBXを導入する上で知っておきたいのが国内シェアや今後の動向です。本記事では、PBXの国内市場シェアやトレンド、主要サービスについて詳しく解説していきます。

PBXとは

PBXは「Private Branch eXchange」の略で、機内交換機と呼ばれるオフィス内に設置する電話交換システムです。

PBXを導入することで複数の電話回線の管理や社内の電話機による内線通話、外線を受けたり取ったりなどの回線制御をおこないます。

例えば外線で社内の担当者に電話がかかってきた場合、一度PBXにつながり、そこから担当者に転送される仕組みです。

外線を振り分けしたり別の拠点も内線として使える点がメリットです。

PBXとCTIの違いとは?仕組みや機能・連携メリットをわかりやすく解説

PBXの国内市場規模

PBXの国内の市場規模は近年250億円前後でほぼ変化していません。

なぜなら、現在のPBXの主な需要は今使っている機器の故障や寿命による買い替えであるためです。

加えて、PBX自体の耐用年数も他の機器と比べて耐用年数が長いため、使用方法や頻度にもよりますが、10年以上継続して使えるケースも少なくありません。

そのため、国内の市場規模としてはここ数年、横ばいに推移している現状です。

PBXの市場シェアと今後の動向

これまでPBXの市場シェアは従来型のPBXが主流でしたが、IP-PBXなどの新しいPBXの市場シェアが拡大しています。

NTT東日本とNTT西日本では2024年以降、アナログ回線の使用ができなくなるため、IP-PBXやクラウド型PBXのようなインターネットを使うPBXの需要が伸びているのです。

従来型のPBXは老朽化すれば交換しなければなりませんでしたが、インターネットを利用する新しいPBXは交換の必要がないため、今後も市場が伸びていくと考えられます。

トレンドはクラウド型PBX

現在のPBXのトレンドはクラウド型PBXです。

クラウド型PBXは従来のPBXのように社内に環境を構築する必要がなく、簡単に導入できてネット環境さえあればパソコンで着信も発信もできるという特徴があります。

クラウド型PBXはパソコンにアプリをインストールすることで、電話業務に必要なさまざまな機能が利用可能です。

日本国内でのシェアはまだ高くないものの、従来のPBXからクラウド型PBXに乗り換える動きもみられるなど、市場シェアは少しずつ伸びています。

クラウド型PBXの市場シェアが拡大していく3つの理由

従来型のPBXからクラウド型PBXに切り替える動きは今後も続いていくのでしょうか。

ここからは、クラウド型PBXの市場シェアが拡大していく理由について解説します。

1.テレワークの推進

テレワークの推進がクラウド型PBXの普及を後押ししています。

近年、オフィス以外で働くテレワークを選択する個人・企業が増えており、この傾向は今後も続くことでしょう。

そのため、社内でしか使えない従来型のPBXではなく、インターネット環境さえあればどこでも利用できるクラウド型PBXを選択する企業が今後も増えると考えられます。

クラウドPBXはテレワーク推進の鍵に?導入の重要性やメリットを解説

2.導入が簡単

クラウド型PBXの導入が比較的簡単なことも、市場シェアが拡大していく理由のひとつです。

クラウド型PBXは社内に環境構築する必要がないため、ネット接続するパソコンだけで導入できます。

電話業務に必要な機能はパソコンにアプリをインストールするだけなので手軽に利用を始められます。

3.コストがかからない

クラウド型PBXは社内で環境構築するコストがかかりません。

従来のPBXは環境構築にコストや時間がかかるうえ、故障や寿命などで、数年に1回は買い替える必要がありました。また保守や定期的な点検など、運用コストもかかります。

しかしクラウド型PBXは自社にPBXがないため、コストをかけることなく導入できます。

保守や運用、システムのアップデートもサービス提供元の会社がおこなうため、自社でかかる運用コストもありません。

クラウド型PBXの国内主要サービス7選

クラウド型PBXにはどのようなサービスがあるのでしょうか。

ここからは主なクラウド型PBXのサービスについて紹介します。

UNIVOICE

UNIVOICEは電話機能が充実しているクラウド型PBXサービスです。

外線や内線、保留などの基本機能のほか、音声応答やボイスメールなどの留守機能を搭載しています。

転送機能も充実しており、電話の取り逃しを防げます。

提供元トラムシステム株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン■月払い

  • Essentialプラン(月払いのみ) :1,200円/月
  • Professionalプラン:1,500円/月
  • Enterpriseプラン:2,500円/月

■12Mプラン(1年一括払い)

  • Professionalプラン:1,200円/月(1年分一括払い:14,400円/年)
  • Enterpriseプラン:2,000円/月(1年分一括払い:24,400円/年)

■24Mプラン(2年一括払い)

  • Professionalプラン:900円/月(1年分一括払い:21,600円/年)
  • Enterpriseプラン:1,500円/月(1年分一括払い:36,000円/年)

※すべて1ユーザーあたりの金額

導入企業数500社
機能・特徴

  • リモートワーク完全対応
  • 高品質な音声通話
  • 豊富なPBX機能
  • グローバル対応

URL公式サイト

ひかりクラウドPBX

ひかりクラウドPBXはスマートフォンを活用できる、クラウド型PBXサービスです。

社内外との通話機能をクラウド上のサーバから提供しており、専用アプリケーションを利用するとスマートフォンを内線化できたり、オフィス以外の場所からでもオフィスの電話番号で発着信ができます。

提供元東日本電信電話株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴

  • スマートフォンの内線化
  • スマートフォンからオフィスの電話番号で発着信可能
  • グループ着信機能
  • 転送機能
  • 留守番電話機能

URL公式サイト

トビラフォンCloud

トビラフォンCloudはビジネスで使う電話をすべてクラウド化し、電話業務のプラットフォームを構築するサービスです。

他社と比較しても低価格で始められ、自社に合わせて自由にプランをカスタマイズできます。

提供元トビラシステムズ株式会社
初期費用33,000円(税込)
料金プラン3,300円(税込)/月~
導入企業数ブランドユーザー数1,500万人(2022年8月時点)
機能・特徴

  • アプリで電話番号使い分け
  • 迷惑電話をフィルタリング
  • 発信元電話番号の特定
  • 万全のセキュリティ

URL公式サイト

MOT/TEL

MOT/TELは業界最安級のクラウドPBXサービスです。

15年以上自社でシステムを開発しており、多くの上場企業や官公庁に導入されています。

ネットFAXや専用チャットなどの豊富な機能、安定した音質で支持されています。

提供元株式会社バルテック
初期費用

  • スタンダード:32,780円(税込)~
  • ミドル :43,780円(税込)~
  • プレミアムA :65,780円(税込)~
  • プレミアムB :98,670円(税込)~
  • プラチナ:16万4450円(税込)~
料金プラン

  • スタンダード:4,378円(税込)/月~
  • ミドル:9,350円(税込)/月~
  • プレミアムA :16,500円(税込)/月~
  • プレミアムB :41,800円/(税込)月~
  • プラチナ:10万4500円(税込)/月~
導入企業数27,000社以上
機能・特徴

  • 専用チャット機能
  • 全国に専用データセンターを設置
  • アプリの使いやすさ
  • リモートからクラウド電話

URL公式サイト

Good Line

Good Lineは中小企業から上場企業まで、さまざまな業界で導入されているクラウドPBXサービスです。

豊富な機能を搭載しており、サポート体制も充実しているほか、情報共有と履歴分析によりこれまでわかりにくかった内容を「見える化」することで、課題が明確になります。

提供元株式会社GoodRelations
初期費用

  • Good LineSOHO:20,000円
  • Good Line:10,000円/内線(上限50,000円)
  • Good Call:10,000円/内線(10内線以上割引あり)
料金プラン

  • Good LineSOHO:3,000円/月
  • Good Line:6,000円/月
  • Good Call:9,000円/月
機能・特徴

  • 顧客リストの管理、共有、割当
  • 業務別カスタマイズ
  • マッピング機能、エリア分析
  • チャットツール連携

URL公式サイト

iスマートBiz

iスマートBizはクラウドPBXサービス開始から20年以上と、業界のパイオニア的存在です。

東日本大震災のときも安定的に稼働し続けたことで注目されました。

NTTやKDDI、SoftBankの主要キャリアに対応しており、電話番号をそのまま使えたり、携帯電話をビジネスフォンとして利用することで固定電話を減らしたりと、自社の状況に合わせた対応が可能です。

提供元株式会社アイルネット
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
機能・特徴

  • 固定電話機を日本国内のメーカーで統一
  • スマートフォンだけでなく、多くの端末で利用可能
  • 無料トライアルあり

URL公式サイト

OFFICE PHONE

OFFICE PHONEは会社電話番号での受発信、完全無料の内線通話が可能なクラウドPBXサービスです。

固定電話と変わらない音質、安定性のため、安心して使用できます。

また、外線通話料も非常に安く、社内設備が不要であるため、コストを大幅に削減できるのも大きなメリットです。

提供元株式会社ベルテクノス
初期費用24,800円
料金プラン

  • 月額料金 :3,400円/月~
  • ライセンス料金:98円~(端末一台あたり)
導入企業数導入累計数20,000社
機能・特徴

  • 通話録音機能
  • ネットFAX
  • IVR(自動音声対応)
  • CTI(顧客情報表示)

ほか

URL公式サイト

新規導入・乗り換えるならクラウド型PBXがおすすめ

PBXを新規で導入したり、従来のPBXから乗り換えることを検討しているならクラウド型PBXがおすすめです。

クラウド型PBXは自社内に機器を設置しないため、保守費用がかからず老朽化による交換などを心配する必要もありません。

クラウド型PBXはメンテナンスやアップデートは提供元がおこないますし、品質も従来のPBXと同等もしくはそれ以上なので、安心して使用できます。

自社のコストも大幅に抑えられるので、ぜひクラウド型PBXの導入を検討してみてください。

PBXの記事をもっと読む

PBXの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールとExcelの違いとは?機能やできること・できないことを簡単に解説

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

廃業とは?倒産・閉店・休業との違い、手続きや回避する方法を解説

最終更新日時:2024/06/24

経営

最終更新日時:2024/06/24

経営

ストレスチェックで高ストレス者への面談内容とは?流れやメリット・デメリット

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

コンピテンシー評価とは?項目例や導入の流れ、メリットとデメリットを解説

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達