販売管理と購買管理の違いとは?必要性や業務内容の違いについて解説

最終更新日時:2024/01/15

販売管理システム

販売管理と購買管理の違い

企業活動において、販売業務に関するお金や物の流れを管理する業務が販売管理、購買のプロセスを管理する業務が購買管理です。本記事では、販売管理と購買管理の違いを深く理解するために、それぞれの必要性や業務内容について詳しく解説します。業務の違いを正しく理解して、管理に役立てましょう。

この記事の要約

・販売管理がサービスや製品の販売業務の管理が目的であるのに対し、購買管理は製品やサービスを調達するためにコスト削減や効率化を追求するのが目的
・販売管理と購買管理を両立させることによって、企業活動の安定化につながる

販売管理と購買管理の違いとは?

販売管理と購買管理は、それぞれの役割に大きな違いがあります。

まず販売管理は、製品やサービスの販売業務の管理に重点を置き、顧客との関係構築や収益の最大化を目指します。一方で購買管理は、必要な商品やサービスを最適な条件で調達することに焦点を当て、コスト削減と効率化を追求することが特徴です。

このように、似ている言葉でありながら両者の役割には大きな違いがあります。

販売管理について

販売管理とは、受注や出荷、納品や請求、代金回収などの販売業務のプロセスを管理することです。製品やサービスの販売を通じて顧客との関係を強化し、売上の増加を目的としています。

販売管理を適切に行うことで、商品の売上や仕入れなどの状況を正確に把握でき、販売戦略も立てやすくなります。

販売管理の目的・必要性

販売管理は、大きく分けて3つの目的があります。

ここからは、それぞれの目的について詳しく解説します。

利益の向上

販売管理によって、商品の売上や仕入れ費用などのお金の流れが可視化できるため、利益を上げるための施策を立てやすくなります。例えば、仕入れ数を可視化して適切に管理できると、過剰在庫を防ぎコスト削減につながります。

効率的な販売管理は、企業の収益を高めるための鍵となり、持続的にビジネスを成長させることが可能です。

業務の効率化

販売管理における業務の効率化は、企業の生産性を高める重要な目的です。効率的なプロセスにより、時間とリソースの節約が可能となり、これが直接的に収益増につながります。

通常、販売業務には営業部門だけではなく製造や経理など幅広い部署が関わります。適切な販売管理を行えば、業務の流れを可視化して関係者が必要な情報を正確に把握できるようになるため、ヒューマンエラーも減り業務の効率化を図ることが可能です。

業務の効率化によって、各工程でより連携が強まることで利益の向上にも貢献するでしょう。

顧客満足度の向上

販売管理の中核を成すのは、顧客満足度の向上です。販売管理によって見積書や請求書など、顧客に必要な書類におけるミスを防げるようになるため、良好な信頼関係を構築できます。

また、販売管理システムで顧客ニーズを分析し、顧客の要望を満たした製品開発やサービスの打ち出しも可能です。

満足度の高い顧客はリピーターになり、口コミによる新規顧客の獲得にも貢献します。結果として、企業の売上とブランド価値が向上し、持続可能な成長を促進します。

【図解あり】販売管理とは?業務フローや目的・メリットについてわかりやすく解説!

販売管理の業務フローについて|必要な書類や販売管理システムを利用するメリット

販売管理の業務内容

ここからは販売管理の具体的な業務内容を5つ紹介します。

受注管理

受注管理は販売管理の重要な部分で、顧客からの注文を受注する段階までを管理します。具体的な内容は、見積もりや納期の提示、契約の締結や受注業務などです。

正確で迅速な受注管理は、顧客の信頼を獲得してリピート注文につなげられます。

受注確度とは?管理するメリットや判断基準・ランクの付け方を解説

出荷管理

出荷管理は、受注した商品の出荷から納品までを管理します。

受注後の主な業務内容は、商品の梱包、運送方法の選定、配送スケジュールの管理などです。最終的な納品業務では、納期までに商品を納品して納品書を発行することで、売上が確定します。

効率的な出荷管理により、配送コストの削減と配送時間の短縮が可能となり、顧客満足度を高められます。

請求管理

請求管理では、請求書を発行して代金の入金までを管理します。商品やサービスの対価として、顧客からの支払いを確実に受け取ることが請求管理の目的です。

大まかに請求業務と回収業務の2つがあり、請求業務では正確な請求代金や支払い期日を請求書に記載して送付します。回収業務では、支払い期日までに入金があるかどうかを確認します。

適切な請求管理により、誤った請求の防止や迅速な支払い処理、収益の確実な計上が可能です。

在庫管理

在庫管理では、商品の在庫数を適切に管理して、過不足なく在庫を維持することが求められます。

完成後の商品だけではなく、仕入れた資材の数や製造に使用する資材、製造中の商品の数なども適切に管理しなければなりません。定期的に棚卸しも行い、データ上の数字と実際の数字が一致しているかを確認する作業も必要です。

適切な在庫管理は、コスト削減や顧客サービスの向上、収益増加に貢献し、業務の全体的な効率と競争力を高めます。

在庫管理の見える化とは?メリットや成功事例・改善方法を解説

仕入管理

仕入管理では、必要な商品や材料の調達に関する管理を行います。具体的には、必要な商品や材料を選定して見積もりをして、契約の締結と発注、検品や支払いまでが主な管理内容です。

効率的な仕入管理により、仕入れのコスト削減、在庫の最適化、品質の維持が可能となります。

【2024年最新】おすすめの販売管理システム16選比較|メリットや機能・選び方を解説

購買管理について

購買管理とは、企業が必要な資材を調達するまでの購買プロセスを管理することです。

企業活動を維持するためには、高品質な資材を必要な時期に、必要な量だけ調達しなければなりません。このプロセスを適切に管理することで、コスト削減や生産性の向上が期待できます。

購買管理の目的・必要性

購買管理には主に3つの目的があります。

ここからは、それぞれの目的を詳しく解説します。

生産性の向上

適切に購買管理を行うことで、資材の発注や入荷、保管などのプロセスにかける時間を短縮できるため、生産性を向上できます。

仕入れが遅れてしまうと、製造や販売といった工程にも遅れが生じます。そのため、生産計画通りの業務が行えず、全体の生産性が下がってしまうでしょう。

生産管理を徹底し、供給元の選定と管理を効率化することで、時間とリソースを節約して全体的な生産性を高められます。また、品質の高い素材の確保は、製造する商品の品質向上にも寄与します。

粗利益の確保

購買管理を徹底すると、コストを抑えながら品質の高い材料を調達しやすくなります。これによって資材原価が下がり、粗利益を多く確保することが可能です。

資材原価を抑えることで販売価格も下げやすくなり、新たな顧客獲得の可能性も広がるでしょう。

また、安定した供給元との良好な関係を築くことで、長期的な価格交渉や条件の改善が可能となり、コスト削減にも寄与します。

不正の防止

購買管理を行うことで、購買プロセスが透明化されます。これにより、資材と私物の同時購入や経費の不正利用などを防止することが可能です。

たとえ少額であったとしても、不正を見逃していると慢心から別の大きな問題に発展する可能性があります。徹底した購買管理によって社員の意識を高め、企業の透明性と信頼性を保ちましょう。

購買管理システム15選比較|機能や選び方・中小企業・クラウド向けのシステムを紹介

購買管理の業務内容

ここからは、購買管理の具体的な業務内容を5つ紹介します。

仕入先とのやり取り

まず、仕入先とのやり取りで適切な商品の選定、価格交渉、品質保証、納期の合意などを行います。仕入先との信頼構築によって、長期的な取引の安定性を確保し、コスト効率を向上させることが可能です。

また、良好なコミュニケーションにより、予期せぬ供給の問題や納品遅延を未然に防げます。

品質の確認

購買管理における品質の確認は、商品の信頼性と顧客満足度を保証するために重要です。具体的には、仕入れた商品の検品や品質に問題がある資材の代替品の手配依頼などを行います。

適切な品質管理により、欠陥などのリスクを最小限に抑え、製造する商品の品質を確保することが可能です。また、品質の維持は、後の生産プロセスの効率化とコスト削減にも寄与します。

商品の保管

検収を終えた商品は、倉庫などの保管場所で温度や湿度を適切に保ちながら保管します。保管場所までの移動手段の確保も徹底して行いましょう。

商品をすぐに使わない場合は、品質が落ちないように管理しなければなりません。品質の維持が難しい商品は、保管期間が長くなりすぎないように適切な時期に発注するなどの購買管理が必須です。

納品

顧客への納品が必要な場合は、商品ごとに納期を設定して確実に納品を行います。出荷の手配から納品までを適切に管理しましょう。

また、納品業務は販売管理に位置付けられる場合がほとんどです。そのため、商品の状況などを販売管理の担当者へ適切に引き継ぎましょう。

棚卸管理

購買管理では、仕入れた商品や資材などの在庫状況を把握し、棚卸しで商品の数や品質などをチェックする必要があります。正確な棚卸によって、在庫の過剰や不足、品質低下のリスクを減少させることが可能です。

また、棚卸管理は需要の変動に合わせた在庫の調整や、不要な在庫の削減にも役立ちます。

安定した経営には販売・購買管理の違いについての理解が必要

企業活動を安定させるためには、販売管理と購買管理の違いを理解し、それぞれの役割を適切に果たすことが不可欠です。販売・購買管理を適切に行うことで、コスト削減と収益増加のバランスを取り、市場での競争力を高められます。

販売と購買の各プロセスを理解し、効果的に運用することが、企業の安定した成長と経営の安定につながるのです。

販売管理システムの記事をもっと読む

販売管理システムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム