SEOライティングにおすすめの資格・検定|難易度や取得のメリット・注意点

2024/05/29 2024/05/29

SEOツール

SEOライティングの資格

SEOライティングは、Webサイトやコンテンツを検索エンジンのアルゴリズムに最適化したものにするために重要なスキルです。スキルを向上させるために、資格取得を検討している方も多いのではないでしょうか。この記事では、SEOライティングに適した資格や取得メリットを紹介しています。

SEOライティングに役立つ資格・検定

現在、明確に「SEOライティング」と名のつく資格や検定はありません。

しかし、Web記事のライティング技能に関する資格や検定は多く存在しています。これらをSEO知識と組み合わせることで、より精度の高いSEOライティングが行えるようになるでしょう。ここでは、その種類と概要を解説します。

WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定は、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する資格の試験制度です。

ヒューマンアカデミーの講座と連携しており、ライティング初心者がWebライターとして活動するための基本的な技術を学ぶことができます。難易度は平均的で、受講後に実施される試験に合格することで「WEBライティング実務士」の資格が取得可能です。

また、クラウドソーシングで働くための知識や技能に特化しており、ビジネスマナーやSEO知識の基礎を身につけられるのも特徴です。

受験資格「WEBライティング技能検定講座」の購入
費用6,600円(税込)
合格率47.2%
URL公式サイト

Webライティング能力検定

Webライティング能力検定は、一般社団法人日本Webライティング協会が2012年から実施している試験制度です。デジタルコンテンツ制作における基本的な文章能力と、Web特有の表現技術を広く身につけることができます。

WebライティングとSEOの学習は、個別にカリキュラムが立てられており、基礎知識からSEOライティングの応用技能までカバーされています。メディアごとの注意点や、よくあるNG例など具体的な内容が多いのもポイントです。

受験資格なし
費用
  • 受験費用のみ:13,500円(税込)、学割6,750円(税込)
  • ビデオ講座セット:19,800円(税込)
  • 資格更新料:12,000円(税込)/2年
合格率記載なし
URL公式サイト

WEBライター検定

WEBライター検定は、日本最大級のクラウドソーシングサービス、クラウドワークス内で提供されている資格です。ライターのレベルに合わせて1〜3級の試験が用意されており、合格するとクラウドワークス内で認証バッヂや各種特典を受けることができます。

各級に応じた講座も用意されており、SEOやマーケティング効果の高い文章作成方法をはじめ、実践的なスキルを身につけられるなど、Webライティングの基本から応用技術まで幅広く学べます。

受験資格なし
費用
  • 3級:無料
  • 2級:10,000円(税込)
  • 1級:25,000円(税込)
合格率記載なし
URL公式サイト

ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定は、株式会社サーティファイ(サーティファイ著作権検定委員会)が2004年から実施している、著作権に特化した技能検定です。企業活動における著作権の理解と、適切な利用を目的としています。

この検定では、ビジネスの現場で頻繁に遭遇する著作権に関する問題への対応方法や、法的な背景といった知識が学べるのが特徴。文章・画像・音楽など、さまざまなコンテンツにおける著作権の基本ルール、侵害を避けるためのポイントなどを、実際の判例から習得できます。

Web上で記事を公開する際には著作権の取り扱いが問題になることも多いため、SEOライターとしての信頼性をアピールできる資格と言えるでしょう。

受験資格なし
費用
  • 初級:5,300円(税込)
  • 上級:8,200円(税込)
合格率記載なし
URL公式サイト

日本語検定

日本語検定は、日本語の使用能力を測定し、その知識を深めることを目的とした資格です。特別非営利活動法人日本語検定委員会が実施し、読売新聞社や時事通信社などが協賛しています。

この検定では、漢字・表記・敬語・言葉の意味・語彙・文法の6領域から、日本語の包括的に学ぶことができ、正確な日本語表現はクライアントからの信頼につながるため、多くのビジネスパーソンにとって価値ある資格となっています。

受験資格なし
費用
  • 1級:6,800円
  • 2級:5,800円
  • 3級:4,300円
  • 4級:3,000円
  • 5級:2,300円
  • 6・7級:2,200円
合格率記載なし
URL公式サイト

SEOに役立つ資格・検定

ここからは、SEOの知識や技能に特化した資格や検定を紹介していきます。

SEO検定

SEO検定は、主にビジネスで使用するSEOライティングの専門知識と技術を認定する資格です。

1級から4級まで実力に合わせた試験を受験でき、それぞれに公式テキストが用意されています。具体例や応用を取り入れた詳細なカリキュラムがあるのも特徴で、SEOの基礎を学びたい初心者から、ビジネスとしてSEOライティングを行うプロにまで役立つ検定です。

また、Googleアルゴリズムへの理解など最新の情報技術も学べ、SEO戦略を練る上での実践的なスキルが身につきます。ビジネスサイトを運営する企業や団体にとって、この検定資格は、ライターの信頼度を検討するうえでの、一つの基準にもなるでしょう。

受験資格なし
費用
  • 4・3級:5,500円(税込)
  • 2級:6,600円(税込)
  • 1級:8,800円(税込)
合格率記載なし
URL公式サイト

SEOマーケティングアドバイザー

SEOマーケティングアドバイザーは、デジタルマーケティングにおけるSEO戦略の専門知識を体系的に学べる認定プログラムです。専用テキストが付属するコースでは、テキストを自宅で解き、添削課題を提出することで試験対策ができるなど、初心者でも十分に合格が狙えます。

Webマーケティングに関わる知識・技能に特化しており、社内コンプライアンスの整備やコンサルタントとしての業務などにも役立つでしょう。

基礎的な知識を固められるため、SEOの専門家を目指す方だけでなく、自社のマーケティングを強化したいビジネスパーソンにもおすすめです。

受験資格なし
費用
  • テキスト教材+試験:49,500円
  • 試験のみ:11,000円
  • 再受験料:5,000円
合格率記載なし
URL公式サイト

認定SEOスペシャリスト

認定SEOスペシャリストは、SEO検定合格者が更なるスキルアップを目指すためのプログラムです。

動画による授業と複数のテキスト、レポート提出を用いたスクール形式で、SEOのプロフェッショナルを養成します。認定後は名刺やWebサイトなどに認定ステッカーを表示することができ、クライアントからの信頼を得る手掛かりになるのが大きなメリットです。

SEO検定全4級の合格が必要とレベルが高いですが、最新のデジタル事情に対応したカリキュラムはSEOの理解と応用に役立つでしょう。

受験資格SEO検定4級~1級全てに合格
費用

    SEOスペシャリスト学習カリキュラム

  • 一括払い:82,500円(税込)
  • 3回分割払い:27,500円(税込)

※SEO検定4級~1級未合格の場合は、別途SEO技術学習カリキュラムが必要

合格率記載なし
URL公式サイト

認定SEOコンサルタント

認定SEOコンサルタント資格も、SEO検定合格者が更なるスキルアップを目指せるプログラムの一つです。

社内SEOの担当者やプロのコンサルタントとして活躍するために役立つ技能ですが、ライターのスキルアップにも応用できます。また認定者は名刺やWebサイトなどに認定ステッカーを表示することができ、認定証とバッヂも保有できます。

コンサルタントとしての技能に特化しており、最新の検索エンジン解析や、業種に合わせた適切なSEO対策が学べるのが特徴。また、認定後も特別研修に参加できるなど、常に最新の動向をキャッチアップできる機会が提供されるのも魅力です。

受験資格SEO検定4級~1級全てに合格
費用

    SEOコンサルティング学習カリキュラム

  • 一括払い:165,000円(税込)
  • 3回分割払い:55,000円(税込)

※SEO検定4級~1級未合格の場合は、別途SEO技術学習カリキュラムが必要

合格率記載なし
URL公式サイト

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

Google アナリティクス個人認定資格

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)は、Google アナリティクスの使用方法に関する広範な知識と技術を証明する資格です。コースではWebサイトのトラフィック分析、ユーザー行動の解析、コンバージョンの追跡、広告のパフォーマンス評価といったデータの扱いを学べます。

Googleアナリティクスは、多くの中小企業や個人サイトで採用されているWebアクセス解析ツールです。ここで得られるデータを正確に分析・活用できる証明となる個人認定資格は、ライターやコンサルタントとして働く際に有利になるでしょう。

受験資格なし
費用無料
合格率記載なし
URL公式サイト

SEOライティングの資格を取得するメリット

ここでは、SEOライティングの資格を取得するメリットについて紹介していきます。

SEOライティングのノウハウが身に付く

SEOライティングの資格を取得する過程では、専門的なSEOのノウハウとライティングスキルが効果的に身につきます。すでにSEOライティングを仕事としていても、一度体系的に勉強することはさらなるスキルアップにも有効です。

最新のSEOトレンドやアルゴリズムの変動への対応策、効果的なキーワードの選定と配置、読者を引きつけ続けるための構成のほか、具体的な事例や実践的な演習を通じて、理論だけでなく実際のWebサイトへの応用方法も習得できるでしょう。

記事の信頼性・信憑性が向上する

実績の少ないライターにおいては、SEOライティングの実力や知識を証明するのは、なかなか難しいものです。そこで、関連する資格を持つことで、ライターとしての信頼性が大きく向上します。認証ステッカーなどを発行している団体も多く、クラウドソーシングサイトや個人サイトに表示すれば、クライアントの目にも留まりやすいでしょう。

他のライターと差別化できる

SEOライティングの資格を持つことは、保有していないライターとの差別化を図る重要な手段です。

資格があることで、専門知識と技術の証明になり、案件の獲得が容易になるだけでなく、報酬の面での優位性も期待できるでしょう。特にフリーランスのライターや転職を考えているビジネスパーソンにとって、有効な資格は自己の市場価値を高め、競争の激しい業界で一歩リードするための強力なツールとなります。

SEOは意味ない?意味のある・成果が出るSEO対策のコツ

SEOに関するの資格を取る際の注意点やデメリット

多くのメリットがあるSEO関連の資格取得ですが、実は注意しておきたいポイントやデメリットも存在しています。

取得費用がかかる

SEO関連の資格を取得する際には、講習費用やテキスト代、受験料といった初期費用がかかります。これらは資格によって異なりますが、一般的に数万円から十数万円の範囲です。

さらに、一部の資格では、取得後にも定期的な更新が必要となるため、更新料が発生する資格もあります。

そのため、資格取得を決定する際には、これらのコストを事前に検討し、自身のキャリアプランや投資対効果を考えることが重要です。短期的な出費として考えるのではなく、長期的な自己投資としての価値を見極めましょう。

難易度や認知度が異なる

SEO関連の資格は種類によって、その難易度や市場での認知度が大きく異なります。一部の資格は専門知識が深く要求され、高い難易度である一方で、初心者や学生向けの比較的容易なものも存在することに留意しましょう。

また、資格が業界内でどれだけ認知されているかは、その資格の価値を大きく左右します。したがって、資格を選ぶ際には、自分のキャリア目標や就きたい仕事、業務にどれだけ適しているかを考慮することが必要です。クライアントへのアピールを重視する場合は、認定ステッカーやバッヂが付与されるものを選ぶなど、工夫してみるといいでしょう。

SEOのおすすめ資格を一覧で比較|難易度や必要性・取得するメリットを解説

資格取得=成果につながるとは限らない

SEOの資格を取得することで得られる知識は、あくまで基本的なものに留まる場合がほとんどです。実際の成果を出すためには、それを基にコツコツと実績を積み上げるほかありません。

資格があるからといって、直接的にSEOの成功が保証されるわけではないことを理解し、トライアンドエラーを重ね、具体的な状況に応じて柔軟に対応する能力が求められます。資格取得はあくまでスタートラインであり、その後の努力と経験が成果に大きく影響することを忘れないようにしましょう。

取得後も学習を続ける必要がある

SEOの資格を取得した後も、検索エンジンのアルゴリズムは日々進化し続けます。そのため、資格を取得したからといって学習を止めることなく、常に最新のSEOトレンドや技術について学び続けることが重要です。

資格取得は、SEO分野での成長の第一歩に過ぎないため、その後の継続的な努力がSEOライティングの専門家としての成功を左右します。

SEO対策のやり方とは?初心者でもわかる上位表示させる秘訣

資格を取得してSEOライティングの質を高めよう

SEOライティングの資格を取得することは、自らの知識に自信を持ち、クライアントからの信頼を獲得することにもつながります。

また資格取得は、独学で身につけることの多いSEO分野の知識や技能について、具体的なテクニックを学ぶ良い機会です。質の高いSEOライティングスキルを身に付け、ビジネスのさまざまな場面に活用していきましょう。

おすすめのセミナー視聴

おすすめのお役立ち資料

SEOツールの記事をもっと読む

SEOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールとExcelの違いとは?機能やできること・できないことを簡単に解説

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

最終更新日時:2024/06/24

BIツール

廃業とは?倒産・閉店・休業との違い、手続きや回避する方法を解説

最終更新日時:2024/06/24

経営

最終更新日時:2024/06/24

経営

ストレスチェックで高ストレス者への面談内容とは?流れやメリット・デメリット

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

最終更新日時:2024/06/24

健康管理システム

コンピテンシー評価とは?項目例や導入の流れ、メリットとデメリットを解説

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

最終更新日時:2024/06/24

人事管理システム

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達