タレントマネジメントとLMSの関係性とは?連携するメリットを解説

タレントマネジメントとLMS

戦略人事実現を目的とするタレントマネジメントとLMS。人材育成・人事管理の点から普及が推進され、相乗効果が期待できるシステム連携にも注目が集まっています。本記事では、タレントマネジメントとLMSの関係性や、システムの機能や連携するメリットを詳しく解説します。

タレントマネジメントシステムとは?

タレントマネジメントとは、企業の目標を達成するために人材の採用・部署配置・スキル・ノウハウの育成をおこなうことです。個々のポテンシャルを引き出し、成果を目指す人材育成をおこないます。

タレントマネジメントシステムとは、タレントマネジメントを行う上で必要となる従業員一人ひとりの情報を一元的に管理できるシステムのことを指します。

タレントマネジメントシステムの主な機能

タレントマネジメントシステムの主な機能は6つです。

  • レポート、分析
  • スキル、プロフィール検索
  • コンピテンシー管理
  • 育成プラン
  • 後任者管理
  • 目標管理

従業員が持つ能力や資質の検索機能や分析を基にした目標管理、優秀な従業員の行動特性を抽出して基準値を設定するなどの機能がタレントマネジメントシステムには搭載されています。タレントマネジメントシステムの機能を活用することで、企業は人材を適材適所に配置し人材育成をしていくことが可能です。

タレントマネジメントとは?仕事内容や目的・期待効果を紹介

LMS(学習管理システム)とは

LMSとは、Learning Management Systemの略称で、パソコンやスマートフォンなどを用いたe-ラーニングをする際に必要な基本システムです。

企業が人材教育でe-ラーニングを活用することは増えています。LMSがあることで教材の管理や学習進捗の管理・研修の申し込み手続きなど、e-ラーニングの実施に必要な情報のマネジメントができます。

LMSの主な機能

LMSの主な機能は6つです。

  • 受講者管理
  • 教材制作
  • 最適なコースの設定管理
  • 進捗管理
  • 成績データ管理・分析
  • 成績データ管理・分析

教材の設定から受講者の進捗管理・成績の分析など、e-ラーニングを活用した人材育成業務をLMSなら総合的にカバーできます。なおLMSはオンプレミス・クラウド・特化型・統合型など、さまざまな種類に分類されることも理解しておきましょう。

タレントマネジメントシステムとLMSの関係性

タレントマネジメントシステムとLMSは、根本的な役割が異なります。タレントマネジメントシステムは人材のデータ管理や分析が目的であり、LMSはe-ラーニングによる教育実施を円滑に進めることが目的です。

しかし、実際にはタレントマネジメントシステムとLMSを合わせて使うと、より効果的な人材育成・マネジメントができます。LMSにより従業員教育の実施や管理をおこない、そこで得たデータをタレントマネジメントシステムで人材配置などに活かすことで相乗効果が期待できるでしょう。

タレントマネジメントシステムのデメリット

従業員の情報を一元管理できるためメリットが大きいタレントマネジメントシステムですが、デメリットもあります。ここでは、タレントマネジメントシステムのデメリットをポイント別に解説します。

情報の収集・管理に手間がかかる

従業員の情報収集や管理に手間がかかるのは、タレントマネジメントシステムのデメリットです。従業員の経歴やスキルなどの情報管理がタレントマネジメントシステムの強みですが、情報の収集や管理にはどうしても手間がかかってしまいます。

情報が集められても、社内でうまく情報管理ができないこともあるため注意してください。

情報の活用・運用が難しい

タレントマネジメントシステムの主な機能は情報の収集や管理です。そのため、データを運用していく戦略策定は人の手でおこなう必要があります。タレントマネジメントシステムの情報を人材配置などの人事戦略で適切に運用できなければ、活用の効果は期待できません。

人事戦略策定まではカバーしきれない点は、タレントマネジメントシステムのデメリットです。

タレントマネジメントの課題とは?問題点からわかる失敗しないための対策

費用が高額になる可能性がある

タレントマネジメントの導入・運用にかかる高額なコストもデメリットといえるでしょう。タレントマネジメントシステムにはオンプレミス型とクラウド型がありますが、特にオンプレミス型は導入コストが数千万円かかる場合もあります。クラウド型はオンプレミス型と比較すると低コストで導入できますが、月額費用はかかってしまいます。

導入後の運用プランを考えていなければ、コストだけかかり上手く活用できなければ意味がありません。従業員数や高機能によって費用が高額になってしまう点は注意が必要です。

無料で使えるタレントマネジメントシステム5選!選び方と注意点

タレントマネジメントシステムとLMSを連携するメリット

タレントマネジメントシステムとLMSのカバー領域が異なることは先程紹介しましたが、連携することで相乗効果が期待できます。ここでは、タレントマネジメントシステムとLMSを連携するメリットを解説します。

人材育成の強化ができる

タレントマネジメントシステムとLMSを連携して運用することで、人材育成をより強化できます。LMSで管理している教育データとタレントマネジメントシステムの人材データを活用すると、多角的なデータを基にした人材育成が可能です。

したがって、連携することで能力の把握や育成する分野などを決めて将来的に必要な人材モデルや目標設定まで対応できます。どちらか一方だけでは手に入らない分析データを使って人材育成に役立てられる点は、連携するメリットといえるでしょう。

優秀人材の離職を防止できる

タレントマネジメントシステムとLMSを連携することで、人事はより正確な人事戦略の策定ができます。従業員一人ひとりのスキルや個性にあった人材配置ができれば、離職の原因になりやすいミスマッチを防ぐことにも期待できます。結果として、企業の抱える優秀な人材の流出を防ぐ効果もあるでしょう。

人材のミスマッチによる離職を防止できる点は、タレントマネジメントシステムとLMSを連携して運用するメリットといえます。

人材の一括管理ができる

タレントマネジメントシステムとLMSを連携して運用することで、人材の採用や教育からデータ分析を基にした人材配置と育成などができます。その結果、人事業務の核となる人材管理を一括でおこなえる点は連携の大きなメリットです。

たとえばタレントマネジメントシステムだけを使ってLMSを使っていない場合、従業員教育の戦略策定や実施は人事部や各部署がおこないます。人事部や各部署がおこなうと、従業員情報はそれぞれの部署が管理するため人材を完全に管理することが難しくなるでしょう。

管理業務の負担軽減ができる

タレントマネジメントシステムとLMSを連携することで、人材管理業務の負担を大幅に軽減できます。人事担当が人材管理業務に時間をかけない分、より生産性の高い戦略策定などの業務に注力することが可能です。

働き方改革の推進につながる

タレントマネジメントシステムとLMSの同時運用は、働き方改革の推進にもつながります。両者は人材マネジメントのコアとなるデータを管理するシステムです。連携して運用することで、企業が抱える働き方の課題発見につなげていくこともできます。

働き方改革は、従業員が個性やスキルを発揮して働くうえで重要です。従業員にとって働きやすい環境を目指している場合、タレントマネジメントシステムとLMSを連携して運用するメリットは大きいといえます。

生産性向上が期待できる

タレントマネジメントシステムとLMSで情報の収集や分析をしたデータを基に、より関連性の高い人材の配置が可能です。また適性の高い部門に人を割り振ることで、業務生産性の向上が期待できます。業務の生産性が上がらない原因の一つには、人材配置が適切でないことが考えられます。

従業員一人ひとりがスキルを発揮できる人材配置ができる点で、タレントマネジメントシステムとLMSの連携は生産性向上というメリットをうむでしょう。

タレントマネジメントのメリット・デメリット!導入を検討している人は必見!

タレントマネジメントにかかる平均相場・料金|価格に見合った効果を受ける秘訣

タレントマネジメントとLMSを連携し人材管理を効果的に進めよう

本記事では、タレントマネジメントシステムとLMSの概要や機能、関係性や連携するメリットを解説しました。

人材の育成管理は、企業の生産性を高め経営の目標達成に近づけるための業務です。人材の管理や育成に課題を感じている方は、タレントマネジメントシステムとLMSの運用がおすすめです。

タレントマネジメントシステムの記事をもっと読む

タレントマネジメントシステムの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

【成功事例あり】採用ブランディングとは?目的やメリット・実施手順を紹介

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/24

採用サイト作成

個人事業主でもファクタリングは利用できる?即日・少額から使えるおすすめの会社

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/05/24

ファクタリング・資金調達

シニア採用のメリット・デメリット|必要性や助成金・課題について

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/24

採用管理システム

SEOコンサルタントとは?仕事内容や年収相場・必要なスキル、将来性について

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

最終更新日時:2024/05/24

SEOツール

流通BMSとは?JCA手順との違いや導入メリット・注意点をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

最終更新日時:2024/05/23

EDIツール

企業が陥りがちな採用課題一覧|解決に導く方法や課題の見つけ方について

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

最終更新日時:2024/05/23

採用管理システム

無料で使えるワークフローシステム8選比較!選定ポイントや有料製品との違い

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/23

ワークフローシステム

【2024年最新】年末調整ソフトおすすめ12選|選び方や無料製品を紹介

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

最終更新日時:2024/05/23

年末調整ソフト

【簡単解説】稟議の意味とは?目的や必要な場面・承認されるポイントを解説

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

最終更新日時:2024/05/17

ワークフローシステム

採用サイトとは?必要性や作成するメリット・掲載すべき情報を紹介

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成

最終更新日時:2024/05/17

採用サイト作成