ホームページ制作に必要な期間はどれくらい?規模や工程別・短縮するコツを解説

2024/03/14 2024/03/14

ホームページ制作

ホームページ制作の期間

ホームページ制作の気になるポイントの1つ、「制作期間」。制作会社に依頼をするがどのくらいの期間がかかるのか把握しておきたい人も多いのではないでしょうか。本記事では、規模・工程別のホームページ制作に必要な期間を、短縮するコツとあわせて解説します。

【規模別】ホームページ制作に必要な期間の目安

ホームページ制作において、規模別で必要な期間の目安は大きく異なります。この目安はプロジェクトの規模、制作会社の能力、そして制作体制によって変わり得ることを理解してください。小さなLPから大規模なサイトまで、期間はプロジェクトの詳細に大きく依存します。

LP(1ページ)の制作期間:約1ヶ月

ランディングページ(LP)の制作期間は約1ヶ月が目安です。LPは、特定のキャンペーンや製品紹介に特化した1ページのウェブサイトで、訪問者を特定の行動へと導くことを目的としています。

制作には、明確な目標設定から始め、魅力的なビジュアル、簡潔で効果的なコピー、ユーザーを行動へと誘うコールトゥアクション(CTA)など、様々な要素の計画と実装が含まれます。

LPの構成はプロジェクトによって異なりますが、一般的には製品やサービスの特徴、利点、顧客の声、よくある質問など、訪問者の関心を引き付ける内容が含まれます。

小規模サイト(2~20ページ)の制作期間:約2〜3ヶ月

小規模なウェブサイトの制作期間は約2~3ヶ月が目安です。この規模のサイトは、企業の基本情報、製品やサービスの紹介、お問い合わせフォームなど、最低限必要な情報を含んだ5ページ程度のシンプルなコーポレートサイトが典型的です。

構成の例としては、1) トップページ、2) 会社概要、3) 製品/サービス紹介、4) お客様の声、5) お問い合わせページがあります。

この規模のサイトでは、ビジュアルとコンテンツの質が重要となり、訪問者に良い第一印象を与えるための工夫が求められます。

中規模サイト(30~100ページ)の制作期間:約6〜8ヶ月

中規模サイトは、より詳細な製品カテゴリや豊富なコンテンツを必要とする企業に適しています。

例えば、5ページのコーポレートサイトから10ページ程度に拡張する場合、製品ごとの詳細ページや、顧客サポート、メディア関連の情報ページが追加されるかもしれません。

制作期間は約6〜8ヶ月となり、より包括的な情報提供を目指します。

大規模サイト(100ページ以上)の制作期間:約8~12ヶ月

100ページ以上の大規模サイトは、ECサイトや多種多様な商品・サービスを取り扱う企業のサービスサイトなど、広範な情報と機能を必要とする場合に求められます。

制作期間は8〜12ヶ月かかることがあり、計画的な構成と詳細なコンテンツ戦略が不可欠です。この規模のサイトは、訪問者に対して多角的な情報提供とユーザーエクスペリエンスを提供します。

ホームページを自分で制作する方法!初心者におすすめのツールや自作のメリット・デメリット

【工程別】ホームページ制作の流れ・工程の内容

小規模サイト制作の際には、明確な工程を踏むことがプロジェクトの成功への鍵です。この導入文では、企画から納品までの一連の流れを概観し、各工程の重要性とその目安期間を紹介します。小さなプロジェクトであっても、計画的なアプローチは効率と品質を保証します。

発注先の決定・打ち合わせ

ホームページ制作を成功させる最初のステップは、適切な発注先を見つけ、詳細な打ち合わせを行うことです。この段階では、プロジェクトの目的、ターゲット、期待される成果について深く掘り下げます。

通常、1週間から数週間かかり、プロジェクトの規模や複雑さによって異なります。良好なコミュニケーションは、ここでの成功の鍵です。

要件定義

要件定義は、プロジェクトのゴールを具体化し、必要な機能やコンテンツを詳細に定める工程です。この段階での作業は、サイトのユーザビリティと将来性を決定づけるため、特に重要です。作業期間はプロジェクトにより異なりますが、通常は数週間を見込みます。

サイトマップ作成

サイトマップ作成は、ウェブサイトの構造を設計する工程で、どのページが存在し、それらがどのようにリンクされるかを決定します。この作業により、サイトの全体像が明確になり、ユーザーにとってナビゲートしやすいサイトを構築できます。この段階は、通常1週間から数週間が目安です。

ワイヤーフレーム作成

ワイヤーフレーム作成は、ウェブサイトの各ページのレイアウトを設計する工程です。ここでは、要素の配置や機能の優先順位を決定し、ユーザーインターフェースの基本的な設計を行います。作業期間はプロジェクトの規模にも依存しますが、一般的には数週間を要します。

ホームページのヘッダーの役割とは?作り方やデザイン例を解説

デザイン作成

デザイン作成では、ワイヤーフレームを基にして、ウェブサイトのビジュアルデザインを決定します。この段階で色彩、フォント、画像などのビジュアル要素を選定し、サイトの魅力を高めます。この工程には数週間から1ヶ月程度が目安です。

コーディング

コーディングでは、デザインを実際のウェブサイトに変換します。HTML、CSS、JavaScriptなどの技術を用いて、デザインを実装し、動作するウェブサイトを作成します。この工程は、サイトの規模によって大きく異なりますが、小規模なサイトでは1ヶ月から2ヶ月程度が一般的です。

CMSの構築

CMS(コンテンツ管理システム)の構築は、サイトの更新や管理を容易にするためのシステムを設定する工程です。CMSを使用することで、非技術者でもコンテンツの追加や編集が可能になります。構築期間は選択するCMSやカスタマイズの程度によりますが、数週間から数ヶ月が目安です。

【2024年最新】おすすめのCMS16選比較|種類や機能・選び方を解説

テスト・検証

テスト・検証では、ウェブサイトが正しく機能するかを確認します。この段階では、ブラウザの互換性、リンクの有効性、レスポンシブデザインの動作などをチェックします。問題を早期に発見し、修正することで、品質の高いサイトを保証します。

テスト期間はプロジェクトの規模により異なりますが、数週間を見込むことが一般的です。

納品

最終的に、テストとクライアントからの最終確認を経て、ウェブサイトは納品されます。この段階では、サイトがクライアントのサーバーにアップロードされ、実際に公開されます。また、必要に応じて運用トレーニングやマニュアルの提供も行われます。

ホームページを自分で制作する方法!初心者におすすめのツールや自作のメリット・デメリット

ホームページ制作期間を短縮するコツ

ホームページ制作期間を短縮するためには、計画的な準備とクリアなコミュニケーションが鍵となります。ここでは、期間を短縮するための具体的な方法をいくつか紹介します。

提案依頼書(RFP)を作成する

提案依頼書(RFP)を作成することで、ホームページ制作の目的や要望を明確に伝えることができます。この文書には、プロジェクトの背景、目標、必要な機能、デザインの要望などが含まれ、制作会社との間での認識の齟齬を防ぎます。

これにより、無駄な修正や差し戻しを減らし、制作期間を短縮することが可能になります。

また、提案依頼書を用いて相見積もりを行うことで、条件を揃えた上での適切な会社選定がスムーズになり、結果としてプロジェクト全体の時間短縮に繋がります。

ホームページ制作における仕様書とは?作り方や記載すべき内容・メリット

参考になるホームページを選定しておく

ホームページ制作では、デザインのイメージを言葉だけで伝えるのが難しいことがあります。参考になるホームページをあらかじめ選定し、提供することで、デザインに対する共通認識を持つことが可能になります。

この方法により、制作会社との間での意思疎通がスムーズになり、デザイン確定までの時間を大幅に短縮することができます。

プロジェクトの責任者を決める

プロジェクトの責任者を明確に決めることは、意思決定の迅速化に非常に有効です。特定の人が最終判断を下すことができる体制を整えることで、各工程の進行がスムーズになり、全体の制作期間を短縮することが可能です。

責任者は、プロジェクトの目的と要件を熟知し、チーム内外のコミュニケーションを円滑に進めることが求められます。

確認作業を短縮できるよう社内体制を整える

ホームページ制作中は、進行状況の確認や細部のチェック作業が頻繁に発生します。迅速なフィードバックと承認を可能にするためには、社内での体制整備が重要です。

社内で迅速に意思決定が行えるように準備しておくことで、制作工程をスムーズに進め、全体の制作期間を短縮することができます。

必要な素材は事前に準備する

ホームページ制作に必要な画像や動画などの素材は、制作工程が始まる前に準備を進めておくことが重要です。事前に素材を準備し、必要に応じて制作会社に提供することで、作業の遅延を防ぎ、リリースまでの期間を短縮することが可能になります。

素材の準備には、著作権の確認や選定作業も含まれるため、早めの行動が推奨されます。

ホームページ作成ツールおすすめ9選比較!無料・初心者でも使えるツールを紹介

短縮するコツを押さえてホームページを制作しよう

ホームページ制作期間を短縮するには、いくつかのコツを押さえることが重要です。提案依頼書の作成、参考サイトの選定、プロジェクト責任者の明確化、社内体制の整備、必要素材の事前準備といった具体的なアクションは、無駄な時間を削減し、スムーズな進行を実現します。

これらのステップによって、プロジェクトの透明性が高まり、全員が目指すゴールに向かって効率的に進むことが可能になります。ホームページ制作は、計画的な準備とチームの協力が成功の鍵。これらのコツを生かして、質の高いホームページを迅速に完成させましょう。

ホームページ制作の記事をもっと読む

ホームページ制作の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

BIツールの導入事例を解説!事例からわかる導入・運用方法や製品を選ぶコツ

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

最終更新日時:2024/06/18

BIツール

起業・開業時の資金調達方法!それぞれのメリット・デメリットや選び方について

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/18

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のボタンデザインについて|デザインや色・改善のポイント

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

ランディングページ(LP)のコーディング方法について|流れや必須スキル・依頼時の費用相場

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

最終更新日時:2024/06/18

LPOツール

飲食店開業の資金調達方法について|費用の内訳や目安・融資の必要性について

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ベンチャー企業における資金調達方法!選択肢や注意点・事例を解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

返済不要な資金調達の方法!特徴やメリット・デメリットについて解説

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/17

ファクタリング・資金調達

ランディングページ(LP)のワイヤーフレームの作り方|作成手順やテンプレート

最終更新日時:2024/06/17

LPOツール

最終更新日時:2024/06/17

LPOツール

CMSとHTMLの違いとは?使い分けるポイントや用途・サイト構築の秘訣について

最終更新日時:2024/06/14

CMS

最終更新日時:2024/06/14

CMS

資金調達とは?調達方法や種類、メリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/06/14

ファクタリング・資金調達