ヴェブレン効果とは?発生する仕組みや事例・活用方法を解説!

最終更新日時:2023/11/24

業務効率化・業務改善

ヴェブレン効果とは

自己顕示欲により需要が急増する心理現象を「ヴェブレン効果」といいます。マーケティング戦略としても用いられる行動心理の一つですが、その詳細を知らない方も多いのではないでしょうか。本記事では、ヴェブレン効果の概要、発生の仕組みやマーケティングへの活用方法を解説します。

この記事の要約

・ヴェブレン効果とは、商品やサービスが高価であるほど魅力的に見えて現象のこと
・ヴェブレン効果はマーケティングにおいて様々なシーンで活用できる

ヴェブレン効果とは?

ヴェブレン効果とは、商品やサービスが高価であればあるほど、その商品が魅力的に見えるという消費者行動における傾向を指すものです。

通常、価格が上昇すれば需要は減少しますが、ヴェブレン効果が発生すると「高価格」であることが、逆に商品の魅力となり需要を増加させることがあります。具体的には、高級ブランド品や高級車などの商品がヴェブレン効果の典型例としてあげられます。

ヴェブレン効果の背景には、所有することで得られるステータスや満足感を重要な価値とする心理が影響していますが、消費者行動に深く関わることから、ビジネス戦略やマーケティングにおいてもキーとなる行動心理とされています。

ヴェブレン効果の由来

ヴェブレン効果の名称は、アメリカの経済学者ソースティン・ヴェブレンに由来します。

彼は1899年に発表した著書『有閑階級の理論』の中で、高価な商品の購入がステータスシンボルとして機能する「顕示的消費」の概念を提唱しました。つまり、消費行動のきっかけの一つとして、社会的地位や権威を示すために高額な商品を選ぶ現象があることを発見したのです。

価格と需要の逆説的な関係性を明らかにした、この理論は後に「ヴェブレン効果」として広く認識されるようになりました。ヴェブレン効果は、特に高級品やラグジュアリー商品の市場で顕著に見られるとされています。

ヴェブレン効果とその他効果の違いについて

ヴェブレン効果は多くの心理現象の中でもユニークな存在ですが、類似する現象もあります。ここでは、ヴェブレン効果と、そのほかの行動心理の違いを解説します。

バンドワゴン効果との違い

バンドワゴン効果とは、多数の人々がある行動や選択をするとほかの人々も同じ行動や選択をする心理現象です。

多くの人が購入していることが、その商品やサービスの良さの証明であると感じることで起こるといわれています。例えば、「売上No.1」の表示がある商品をつい手に取ってしまうなどの行為は、バンドワゴン効果の典型例といえるでしょう。この現象の背景には、集団の中での安全性や承認を求める人間の基本的な欲求があるとされています。

ヴェブレン効果との大きな違いは、バンドワゴン効果は価格やステータスに依存することなく、単に多数の人々の行動に影響される点です。一方で、ヴェブレン効果は高価な商品やサービスの消費がステータスの高さを意味するという社会的な認識に基づいています。

バンドワゴン効果とは?事例・マーケティングへの活用術をわかりやすく紹介

スノッブ効果との違い

「スノッブ効果」とは、希少性や独自性を求める消費者行動を指します。

限られた人しか手に入らないという限定性やステータスに価値を感じる心理のため、どんなにその商品を気に入っていたとしても、商品やブランドが一般的になりすぎるとその魅力を失ってしまうのが特徴です。

ヴェブレン効果とスノッブ効果の主な違いは、その動機にあります。ヴェブレン効果は、高価な商品やサービスを通じて一般的な社会的地位や権威を得ることを目指します。

一方、スノッブ効果は一般的な大衆とは異なる独自のステータスや価値観を追求する動機に基づいています。これは、希少性や独自性を重視する消費の背後にある心理的な要因を示しています。

スノッブ効果とは?マーケティングの具体例や注意点・違いを解説

ヴェブレン効果をマーケティングに活用する方法

ヴェブレン効果は、消費者の購買意欲を刺激する強力なアプローチとなり得ます。ここからは、ヴェブレン効果をマーケティングに活用する方法を詳しく見ていきましょう。

商品に独自の価値を持たせる

ヴェブレン効果をマーケティングで活用する際の最も基本的な要点は、商品やサービスに独自の価値を持たせることです。これにより、消費者はその商品やサービスを購入することで得られるステータスや社会的地位の向上を感じることができます。

具体的には、限定版の商品のリリースや特別な素材を使用した商品の開発、高い技術力を背景とした製品の提供などが考えられます。さらに、その価値を伝えるためのブランドストーリーやコンセプトの明確化も重要です。

マーケティング活動の中で独自の価値を強調することで、消費者の興味や購買意欲を引き出し、ヴェブレン効果を最大限に引き出せるようになります。

高級感のあるイメージを意識する

ヴェブレン効果は、高価な商品を購入することで社会的地位を示すという消費行動のため、その商品が「ステータスの象徴」とならなければ効果は発揮されません。そのため、高級感や個性に加えて、確かな品質であるイメージの訴求は不可欠といえます。

具体的には、洗練されたデザイン、上質な素材の使用、細部のこだわりを強調しましょう。また、広告やプロモーション活動でも、高級感を際立たせる表現やビジュアルを用いることで、目標とする顧客層に向けて適切なメッセージを伝えられます。さらに、店舗の内装、スタッフの接客態度など、すべてのタッチポイントにおいて一貫したイメージの維持が重要です。

ディドロ効果とは?具体例やマーケティングに活用するポイント

ヴェブレン効果が現れた具体的な事例

ヴェブレン効果の理論は抽象的に聞こえるかもしれませんが、実際に多くのビジネスシーンで活用されています。ここからは、ヴェブレン効果が現れた具体的な事例を3つ紹介します。

商品の印象で効果が出た事例

ある高級時計ブランドでは、新製品に独自のデザインと限定生産という限定性を強調したマーケティング戦略を採用しました。市場平均よりも高価格帯で設定された商品でしたが、独特な印象と希少価値が消費者の注目を集め販売は好調でした。

この事例は、適切にブランドイメージを構築し、消費者に独自の価値を認識させることでヴェブレン効果を最大限に活用できることを示しています。

SNSユーザーの承認欲求による事例

承認欲求とヴェブレン効果は、「社会的地位を求める心理」において密接に関連しています。

たとえば、「SNS映え」を狙って顧客にSNSで拡散してもらうことを見越したマーケティングは、人間の社会的な評価や地位を求める行動心理を活用した戦略です。

高級感のある商品や体験を通じて、SNSで自身の社会的地位やライフスタイルの質をアピールすることに価値を見出すといったSNSを利用した消費行動は、ヴェブレン効果の現代版ともいえる現象ともいえるでしょう。

ヴェブレン効果を理解してマーケティングに活用しよう

具体的な事例を通して高級感やSNSにおける承認欲求との関係性などを紹介しました。

ヴェブレン効果は、価格の高さや高級感が商品やサービスの魅力を高める現象とされています。消費行動に影響する心理現象のため、その効果が発揮される背景や理由への理解を深めることで、効果的なマーケティング戦略として活用することも可能です。

ヴェブレン効果の知識を有効に活用し、消費者の心理に訴える効果的なマーケティングを展開しましょう。

おすすめのセミナー視聴

おすすめのお役立ち資料

業務効率化・業務改善の記事をもっと読む

業務効率化・業務改善の記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム