マーケティングにおけるBIツールの活用方法|導入するメリットやおすすめツール

2024/06/12 2024/06/12

BIツール

BIツールのマーケティング活用

あらゆるデータを収集・分析するBIツール。顧客の購買傾向を深く分析することで、マーケティング戦略の立案に応用することも可能です。本記事では、マーケティング分野に絞ったBIツールの活用方法について、導入するメリットやおすすめツールを交えて解説します。

BIツールとは?

BIとは「Business Intelligence」の頭文字であり、BIツールとは企業が持つデータを分析・可視化し、経営や業務に役立てるツールです。

BIツールを使うことで、大量のデータを効率的に分析し、一目で理解できる分かりやすいレポートとして出力できます。エクセル等の手作業でデータ分析をしているケースも多いと思いますが、専門ツールを活用すれば、より手軽かつ精密なデータ分析が可能となります。

BIツールにはさまざまな使い方があるので、以下に代表的な機能を紹介します。

既存の基幹システムからデータを収集・統合する

BIツールは、企業が持つ既存の基幹システムから、売上や生産管理、発注などの各種データを収集・統合してくれます。

バラバラに存在するデータを一元管理できることで、情報管理が容易となり、セキュリティリスクの低減にも役立つでしょう。

集めたデータを分析・集計する

BIツールは、収集したデータをさまざまな角度から分析・集計できます。

例えば、売上データを地域別、期間別に比較したり、生産管理データを基に各工程の効率性を改善することが可能です。ビジネスの強みや課題を定量的に評価すれば、具体的な改善策を見つけるのにも役立つでしょう。

データの分析結果を可視化する

BIツールは、分析結果を表やグラフなどを用いて、分かりやすく可視化してくれます。

例えば、売上の推移を折れ線グラフで表示したり、地域別の販売量を円グラフで示すような変換処理をスムーズに実現するための機能が備わっています。複雑なデータを一目で理解できるようになれば、意思決定をより迅速かつ的確に行うことができるでしょう。

【無料】おすすめのBIツール10選比較|選ぶポイントや注意点・有料版との違い

BIツールの機能

BIツールの主要機能は以下の通りです。

  • データの分析
  • データの可視化
  • レポーティング
  • データマイニング
  • シミュレーション・プランニング
  • データの共有

これらの機能を使いこなすことで、企業はビッグデータを効果的に利用し、経営判断の精度を高めることができるでしょう。

マーケティングにBIツールを導入するメリット

マーケティングにBIツールを導入することによるメリットを、以下に紹介します。

マーケティングに必要なデータを効率的に収集・分析・可視化できる

BIツールを導入することで、マーケティングに必要なデータを、効率的かつスピーディーに収集・分析・可視化することができます。

例えば、実施しているキャンペーンの効果をリアルタイムで確認したり、顧客の購買傾向を分析して次の施策立案に活かすことができます。市場の変化を迅速に把握し、適切なマーケティング戦略を立てられれば、他社よりも一歩先を行く商品を企画できるようになるでしょう。

データに基づく迅速な意思決定ができる

BIツールを活用することで、担当者の経験や勘に依存しない、データに基づく意思決定が可能になります。

あらゆる場面でデータに裏打ちされた判断が浸透すれば、組織の生産性が劇的に高まるはずです。また、熟練の担当者の感覚とデータを照らし合わせることで、新しい法則を導き出せる可能性も生まれます。このようなデータに基づく意思決定は、現代におけるビジネスの成功には不可欠な要素と言えるでしょう。

事業課題の早期発見・解決ができる

BIツールを使用することで、データの分析結果から事業課題を早期に発見し、適切な対策をとることができます。

例えば、売上の低下や顧客離れなどのサインをいち早く把握し、問題が表面化する前に解決を図ることができます。また、データに基づいた客観的な分析を用いることで、関係者との情報共有もスムーズになるはずです。

マーケティングにおけるBIツールの活用法

マーケティングにおけるBIツールの具体的な活用方法について、以下に詳しく説明します。

CRMツールやMAツールと連携しマーケティング活動を効率化する

CRMツールやMAツールを活用したマーケティング情報は、BIツールと連携させるとより深い分析が可能となります。

例えば、顧客の購買履歴やキャンペーンの効果を統合的に分析するためには、より多くのデータを俯瞰しながら分析することが効果的です。つまり、CRMツールやMAツールが抱えているデータをBIツールに一本化すれば、これまで以上に効率的な分析が実現できるでしょう。

【2024年最新】おすすめCRM(顧客管理システム)22選!機能や料金を徹底比較!

【2024年最新】おすすめ定番MAツール16選!機能や費用を比較表で!

ロイヤル顧客を見つけ出しマーケティング施策に活かす

BIツールを活用してRFM分析(最新購買日、平均購買頻度、累計購買金額から顧客の購買行動を分析する手法)を行えば、ロイヤル顧客を見つけ出すことができます。

ロイヤル顧客とは、いわゆる「お得意様」のことであり、購買意欲が高くサービスやブランドに高い関心を持っている顧客のことです。ロイヤル顧客を特定、あるいは育成しつつ行動特定を分析すれば、より効果的に売り上げを伸ばすことができるでしょう。

売れ筋商品・死に筋商品を把握し売上向上に活かす

BIツールを使ってABC分析(売上や利益から商品の重要性をA~Cでランク付けする手法)を行うことで、俗にいう「売れ筋商品」と「死に筋商品」を明確化できます。

さらに、売れ筋商品のデータから法則を見出して、死に筋商品を活性化させるため対策を考案するなどの応用もできるようになるでしょう。なお、従来のエクセル等による手動分析とは大きく異なるのは、あらゆる角度からの分析をツールが半自動で行ってくれる迅速さ、そして利便性にあります。

クラウド型のおすすめBIツールを比較|導入メリットや選定のポイント・オンプレミス型との違い

マーケティングにBIツールを導入した企業事例

BIツールを導入することで、どのような成果が得られるのか、実際の成功事例を紹介します。

京浜急行電鉄株式会社

京浜急行電鉄株式会社は、関東地方で鉄道事業を展開している企業です。同社では、従来はグループ各社・あるいは各部署の個人がエクセルで管理していたデータをBIツールに統合したところ、グループ企業間での情報共有にかかるコストが激減しました。

多くのグループ企業を持つ同社ですが、蓄積されたデータを活用するための体制が整っていなかったために、グループ企業間でのミーティング時ですら、互いに前提としているデータのすり合わせから行う状態にありました。しかし、それまでは利用されていなかった、各駅の時間帯別乗降者数や、定期券の購入者の属性などのデータを共有化したところ、グループ会社から「広告出稿の参考になる」と感謝されるなど、実利につながる改善も見られました。今後もBIツールを駆使して、顧客に選ばれるイノベーティブな新サービスの創出に役立てていく計画とのことです。

[参照元 :ウイングアーク1st株式会社「京浜急行電鉄株式会社 グループ横断のビッグデータ活用で京急グループが目指す 「少子高齢化時代の地域密着型エリア戦略」」]

株式会社りそな銀行

株式会社りそな銀行は、日本国内で広く金融サービスを提供する大手銀行です。同社では、顧客情報の引継ぎをよりスムーズにするためにBIツールを導入し、営業担当者の負担を大きく減らすことに成功しました。

「約3年で異動を繰り返す」という金融機関の人事習慣を踏まえ、同社は顧客情報の引継ぎや企業内の情報共有をスムーズにするために、BIツールの導入に踏み切りました。顧客から聞き出した情報をカルテとして蓄積・共有することで、担当者の異動によって失われてしまう情報を確実に組織に残せるようになったほか、組織に「デジタルシフトが必要だ」という意識を醸成する効果もあったようです。わずか5名の導入メンバーで数百の営業店、数千名の従業員に導入を進めるのは苦労を伴ったものの、約3年でユーザー数が4,400人を超えるまで定着しています。

[参照元:ウイングアーク1st株式会社「4,000名以上がデータを有効活用し法人営業の効率化・高度化を実現 」]

三井住友カード株式会社

三井住友カード株式会社は、日本を代表するクレジットカード会社です。三井住友カード株式会社は、データを企業内で共有するシステムがなかったためにBIツールを導入し、部門間での意思疎通の高速化に成功しました。

同社のデータ戦略部がBIツールを先行導入していたため、そのノウハウを社内に拡大することで、より多くの従業員がデータを分析できる環境を整えました。プログラミングや分析スキルがなくても直感的に扱えるため、分析に関心を持つ従業員が増えたことも成果として評価されています。今後の目的を「事業部を超えて分析や評価の情報を一元管理することで、新たな課題発見を果たすこと」として、さらにデータドリブンな体制を加速させる方針であるようです。

[参照元:Domo, Inc.「素早いデータ分析で、お客様のニーズに合ったデジタル施策を実現 」]

マーケティング活用におすすめのBIツール

マーケティングに活用できる、おすすめのBIツールをご紹介します。それぞれの特徴をよく理解して、導入時の検討材料にしてください。

MotionBoard

MotionBoardは、データを集約・可視化し、次のアクションにつなげるためのBIツールです。

質の高いチャットボットを備えており、AIに質問するだけでマーケティングに必要な情報を引き出すことが可能です。また、さまざまなデータソースと連携し、ノーコードで多彩なデータ分析やビジュアル化を実行することにも強みを持っています。

提供元ウイングアーク1st株式会社
初期費用要問い合わせ
料金プラン■クラウド版

    EntryEdition

  • MotionBoard Cloud:16,500円(税込)/月

    StandardEdition

  • MotionBoard Cloud:33,000円(税込)/月/10ユーザー
  • MotionBoard Cloud for Salesforce:49,500円(税込)/月/10ユーザー

    ProfessionalEdition

  • MotionBoard Cloud:66,000円(税込)/月/10ユーザー
  • MotionBoard Cloud for Salesforce:82,500円(税込)/月/10ユーザー

■オンプレミス版

    サブスクリプションライセンス

  • MotionBoard:88,660円(税込)/月
  • MotionBoard for Dr.Sum:66,550円(税込)/月

    パーペチュアルライセンス[買い切り]

  • MotionBoard:264万円(税込)/月
  • MotionBoard for Dr.Sum:198万円(税込)/月
導入実績年間支援件数50件以上
機能・特徴業務に沿ったボード表現力の高さ、リアルタイムモニタリング、入力業務、GISとBIを融合、レポート出力・自動配信など
URL公式サイト

Tableau

Tableauは、誰でも簡単に扱える設計が特徴のBIツールです。データの分析や視覚化を直感的に行うことができ、複雑なデータも簡単に理解できるようになるでしょう。

クラウド型、オンプレミス型のどちらでも導入できるほか、Salesforce CRMとの結合がスムーズに行えるなど、マーケティングの活用にも適した特性を備えています。

提供元Tableau Software, LLC
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • Tableau Viewer:1,800円/月/1ユーザー
  • Tableau Explorer:5,040円/月/1ユーザー
  • Tableau Creator:9,000円/月/1ユーザー

    ※支払いは1年単位

機能・特徴データの接続と準備、インサイトの発見と展開、高速で的確なAIの活用、ガバナンスの行き届いたデータと分析、モダンデータアーキテクチャなど
URL公式サイト

Domo

Domoは、リアルタイムのデータ分析を実現することに特化したBIツールです。

リアルタイムでデータを収集し視覚化する機能を持っているうえ、AIと機械学習(ML)を使用して、KPIやデータの傾向から「今後ビジネスにどのような影響を与える可能性があるか」を予測してくれます。この特徴は、とりわけマーケティングにおけるキャンペーンのパフォーマンス分析に役立つでしょう。

提供元Domo, Inc.
初期費用要問い合わせ
料金プラン
  • フリー:無料
  • プリペイド(従量制):$300/月
  • エンタープライズ:要問い合わせ
  • プライベート:要問い合わせ
機能・特徴BI・データ分析、データの接続、データ加工/統合(ETL)、AI、埋め込み分析、データドリブン、アプリ、管理とセキュリティ、ストレージ、共有など
URL公式サイト

マーケティングにBIツールの活用が適している企業は?

BIツールの活用が適している企業の特徴について、以下に詳しく説明します。

部署や拠点が多い企業

部署や拠点が多い企業でのBIツールの導入は、劇的な業務改善をもたらします。

例えば、各拠点の売上データや顧客情報を1つのプラットフォームで管理することで、データが増えれば増えるほど、より早く正確なマーケティングが可能となるでしょう。BIツールを導入することで「拠点数が増えるほど情報管理コストがかかる」という常識を覆すことができるでしょう。

取り扱うデータ量が膨大な企業

膨大なデータを管理する企業であるほどに、BIツールの活用はより威力を発揮します。

BIツールの本質は、大量のデータを迅速かつ効率的に集計・分析することですので、データ量が増大しても管理コストはさほど上昇しません。それどころか、データの母数が増えることで分析の精度や深度が増していきます。つまり、取り扱うデータ量が膨大な企業ほどBIツールとの相性がよいと言えます。また、これまでは処理しきれないデータを捨てていた企業であっても、BIツールを活用すれば自前のビッグデータを確保できるようになるでしょう。

データ分析を効率化させたい企業

データ分析を効率化させたい企業にとっても、BIツールは導入すべきツールと言えるでしょう。

BIツールは、自動でデータを集計・分析し、視覚的に分かりやすい形で結果を表示します。データ分析業務を自動化すれば、作業負担の軽減や人的ミスの防止を達成できるうえ、より信頼性の高いデータ分析が実現されます。

BIツールの価格相場・費用はいくら?価格を決める要素やコストを下げるポイント

BIツールで社内にあるデータを分析しマーケティングに活かそう

BIツールを活用することで、社内に蓄積された膨大なデータを効率的に分析し、マーケティング戦略に役立てることができます。

データの一元管理やリアルタイム更新により、迅速な意思決定が可能となり、顧客の動向や市場の変化に柔軟に対応できるようになるでしょう。また、BIツールを導入することで、作業負担の軽減やミス防止も期待でき、全体的な業務効率の向上にもつながります。BIツールの特徴を理解して、よりよいマーケティングを行うために役立ててください。

BIツールの記事をもっと読む

BIツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達