プロジェクト管理で考えたいボトルネック|リスクや解消方法を紹介

最終更新日時:2023/09/25

プロジェクト管理ツール

プロジェクト管理のボトルネック

プロジェクト管理において、とくに注視した問題のひとつであるボトルネック。ボトルネックは、プロジェクト全体の遅延を招く前の早期発見・解消が必要です。そこで今回は、プロジェクト管理におけるボトルネックのリスクや発生する原因の特定方法、解消法を詳しくお伝えします。

ボトルネックとは?

プロジェクト管理における「ボトルネック」とは、プロジェクト工程のなかで、作業の停滞や生産性の低下など、進行全体にネガティブな影響を与えている課題要因のことです。

どんなに大容量のボトル(瓶)でも、最も細いネック(首)部分を通る時には、流れが制限されるという現象が言葉の由来であり、ビジネスシーンでは、物事の制約、あるいは、業務や生産性の妨げとなる要因を表す言葉として使用されています。

プロジェクト全体の進行に高い影響度を持つボトルネックは、早期に特定し、適切に対処することで、プロジェクトの遅延を最小限に抑えることが可能となります。

プロジェクト管理におけるボトルネックのリスクとは?

ボトルネックの発生は、プロジェクト管理において多岐にわたるリスクを生じさせます。

1つ目のリスクは、納期遅延です。ボトルネックによる業務の停滞は、関連タスクにも影響を及ぼし、全体の納期が遅れる可能性が高まります。

2つ目は、コスト増加です。遅延が生じると、必要なリソースの確保期間が長くなり、プロジェクトの総コストが増大します。

3つ目は、品質の低下です。時間的制約に迫られる中で、焦ってタスクを完了させる必要が生じると、品質の低下や確認もれによるミスなどが起きやすくなります。修復するためのイレジュラーなリソースやスケジュールが必要となり、さらに遅延やコスト増大を招くといった負のループに陥ってしまうのです。

これらのリスクは、プロジェクトの成功を大きく左右する要因となるため、早期の発見と対策が不可欠です。

プロジェクト管理とは?目的ややり方・メリットやフローを紹介

プロジェクトにおいてボトルネックが生じる原因

ボトルネックを発生させる根本的な原因はさまざまです。よくある主な原因をいくつか見ていきましょう。

業務の属人化

業務の属人化とは、特定のメンバーだけが業務の詳細や作業内容を知っている状態を指します。

このような状況では、そのメンバーの欠勤で業務がストップしたり、退職により混乱が生じたりするリスクが高まることになるでしょう。

さらに属人化が進むと進行状況を含めた情報共有がされなくなるため、チームや組織全体の効率も低下するなど、結果として、プロジェクトにおけるボトルネックになってしまうのです。属人化のリスクは、業務マニュアル作成によるノウハウ共有、適切な研修により回避することができます。

プロジェクト管理における見える化とは?メリットや失敗する要因・おすすめのツールを紹介

人手不足

プロジェクトの進行において、タスクの量と投入可能なリソースがバランスを欠いた場合もボトルネックの原因となります。

特に、人手の不足は、プロジェクトの遅延をはじめとした深刻な影響をもたらすことが多いでしょう。また、遅れを取り戻そうと無理に稼働時間を増やせば、過度な労働によるスタッフの疲労やモチベーションの低下も懸念されます。

人手不足によるボトルネックを避けるためには、事前の的確なリソースプランニングや適材適所によるより高い生産性の確保、外部リソースの活用といった対策の導入が考えられます。

非効率なアナログ業務

プロジェクト内の多くの工程で人間の力に頼るアナログな業務が多数残っている場合、生産性を大きく上げることは困難です。

データの手入力や手書きのドキュメント管理など、時間と労力を要する作業は、作業効率が低いだけでなく、ヒューマンエラーや情報共有の遅延による事業スピードの鈍化などのリスクも伴います。

また、即時の情報共有が難しいことから、プロジェクトの進め方や目指す成果物の認識に誤解が生じる可能性も高まるでしょう。デジタルツールの導入や業務の再設計を行い、アナログな業務を最小限に抑えることが、ボトルネックの回避策として推奨されます。

プロジェクト管理が失敗する原因とは?事例や失敗を防ぐ秘訣・おすすめのツールを紹介!

ボトルネックの解消方法

ボトルネックがプロジェクトの進行を妨げる際、適切な手段でこれを解消することは喫緊の課題となります。

ここからは、ボトルネックの解消に有効な、解消策をいくつかご紹介します。

ボトルネックを特定する

ボトルネック解消は、その原因を正確に特定することからはじまります。

業務の属人化や人手不足といった主な原因以外にも、業務フローの中に無駄な作業が入っている、承認プロセスが多すぎるといった課題も挙げられます。

常に業務フローの分析や定期的なミーティングなどによるレビューを行い、日々のコミュニケーションを強化しておくことで、ボトルネックがどこに存在するのか、問題点や原因の共有が早期に行われるようになります。

プロジェクト管理の成功度はコミュニケーションで変わる?手順や成功させるポイント

ボトルネックを活かす方法を探る

ボトルネックは、一概に「悪いもの」であるとは限りません。

ボトルネックを未然に防いだり、解決したりするための改善策が、資源の最適化や品質の向上に大きく貢献することもあります。ボトルネックが生じる工程は、多くの場合、そのプロジェクトのキーとなる部分であることから、最適化により全体の生産性が飛躍的に向上する可能性もあるのです。

重要なのは、ボトルネックを単なる障害や問題と捉えず、改善の契機としてとらえるマインドセットを持つことといえるでしょう。

他の工程をボトルネックに合わせる

ボトルネックは業務の最も遅い部分を示し、これが全体の生産性にブレーキをかけてしまう状態を指します。

一般的には、このボトルネックを生産性や業務改善に向けた努力がなされることが多いですが、別のアプローチとして、他の工程をボトルネックのペースに合わせて調整する方法も考えられます。

この手法は「ドラム・バッファ・ロープ」方式とも呼ばれ、ボトルネックのペースに他の工程を同期させることで、全体の業務のムダや過剰な在庫を削減し、スループット(製品の販売による売上から「製品を売るために投入した費用」を差し引いたもの)を最大化する目的にて行われます。

具体的には、ボトルネック工程の前にバッファを設定し、これを満たす形で前工程の生産を調整することで、全体の流れがスムーズになります。この方法は、リソースの無駄を防ぎつつ、業務の一貫性と効率性を向上させる効果が期待されます。

プロジェクトが遅延してしまう原因とは?リカバリー方法やテクニックを徹底解説!

ボトルネックとなった工程を強化する

ボトルネックとなっている工程を直接強化することは極めて効果的な解消法となります。

強化する過程としては、まず工程の詳細な分析を行い、問題点や改善の余地を明確化します。次に、リソースを追加する、例えば人手や機材を増やす、専門的なスキルを持つ人材を配置するなどの対策を検討します。

また、工程の効率化や最適化を図るために必要なスキルの向上やトレーニングの実施なども考えられます。これらは、いずれも即効性を期待したスピーディな解決策というよりは、根本解決による永続的な効果を期待した施策といえるでしょう。

このような取り組みを通じて、ボトルネックとなった工程のキャパシティを増加させ、全体の業務の流れをスムーズにすることが可能となります。

新たなボトルネックに対応する

ボトルネックを解消したとしても、業務の変動や環境の変化により、新たなボトルネックが発生する可能性は常に存在します。

業務フローの分析を定期的に行い、潜在的なボトルネックを早期に発見できる体制を整えておきましょう。発見されたボトルネックに対しては、即座に改善策を検討し、実行に移すことで、業務の遅延や効率の低下を最小限に抑えます。

さらに新たなボトルネックに対応するためには、継続的なモニタリングだけでなく、スタッフのトレーニングや意識向上のための教育も重要です。チーム全体がボトルネックに敏感になり、迅速かつ継続的に改善を推進することで、ビジネスの競争力を維持し向上させることができます。

プロジェクトが遅延してしまう原因とは?リカバリー方法やテクニックを徹底解説!

ボトルネックを解消しプロジェクト管理を成功させよう

プロジェクト管理におけるボトルネックは、全体の生産性や進捗を大きく左右する要因となります。

ボトルネックの発生原因は、業務の属人化、人手不足、業務のデジタルシフトの遅れなど多岐に渡ることから、その解消法もさまざまです。

ボトルネックを特定し、有効な改善策を見出すには、まず定期的な業務フローの分析やチーム内の円滑なコミュニケーションが鍵となります。さらにはメンバー全員が常に課題意識を持って業務にあたるマインドセットも重要となるでしょう。

ボトルネックによる課題を乗り越え、効果的なプロジェクト管理でプロジェクトの成功を目指しましょう。

プロジェクト管理ツールの記事をもっと読む

プロジェクト管理ツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

新卒採用の手法について|トレンドやメリット・デメリット、適した手法を選ぶポイント

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

ホームページ制作はフリーランスに依頼しても大丈夫?注意点や費用相場・選び方

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

最終更新日時:2024/02/27

ホームページ制作

採用マーケティングとは?進め方やメリット・フレームワーク、事例を解説

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/27

採用管理システム

人事評価制度がない会社とは?制度がないリスクやメリット・廃止した企業事例

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/27

人事評価システム

目標管理制度(MBO)とは?メリット・デメリットや実施手順、OKRとの違いをわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

人事考課とは?意味や目的・人事評価との違い、導入方法をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

能力評価とは?業績評価との違いや評価シートへの書き方・評価基準を解説

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

最終更新日時:2024/02/26

人事評価システム

Web会議のハウリング・エコーの原因について|対策方法を詳しく解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

Web会議のやり方・必要なもの|準備や円滑に進めるための秘訣を解説

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

最終更新日時:2024/02/26

Web会議システム

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット