無料OSSのプロジェクト管理ツール!OSSツールの注意点や選び方

最終更新日時:2023/06/30

プロジェクト管理ツール

無料OSSのプロジェクト管理ツール

プロジェクト管理を効率化するために欠かせないプロジェクト管理ツール。しかし、できるだけコストをかけずにツールを導入したいという方も多いでしょう。そこで本記事では、無料OSSのプロジェクト管理ツールについて、メリットや選び方などを詳しく解説していきます。

プロジェクト管理で利用できるOSSとは?

OSSとはオープンソースソフトウェアの略で、公開されているソースコードを指します。

OSSはプログラムの設計書であり、ソースコードが公開されているため無料で誰でも利用が可能です。改良や再配布が許可されているため、バグの修正や機能追加などが世界中のエンジニアによって行われています。

プロジェクト管理とは?目的ややり方・メリットやフローを紹介

プロジェクト管理に無料OSSを利用するメリット

プロジェクト管理にOSSを利用する場合、主に3つのメリットがあります。

コストを削減できる

OSSは、オープンソースのため無料で利用できるためコストを削減できます。また、著作権によるライセンス料の支払いも必要ありません。優れたプログラムを無料で利用できる点は、大きなメリットといえるでしょう。

信頼性が高い

OSSは、信頼性が高いこともメリットです。全世界で公開されているOSSは誰でも2次利用ができるため、世界中のエンジニアによってシステムの脆弱性やバグが監査されています。

またオンプレミスやクラウドのソフトウェアの場合、倒産や吸収合併などでベンダーがなくなってしまうリスクがあるでしょう。しかしOSSはオープンソースなので、開発元の問題で利用できなくなるリスクなどもありません。

カスタマイズができる

OSSは、誰でもカスタマイズが可能です。既存のソースコードをもとに改良を加えることもできます。状況に合わせた柔軟な対応と自由にカスタマイズできる点は、OSSの強みといえるでしょう。

プロジェクト管理アプリのおすすめ13選!無料/個人向けなど選び方も解説!

プロジェクト管理に使うOSSツールの選び方・選定ポイント

OSSは様々なサイトで公開されているため、選び方やポイントを押さえておく必要があります。ここでは、それぞれを解説します。

必要としている機能が搭載されているか

自社で必要としている機能が、OSSに搭載されているのかを確認しましょう。OSSは自由にカスタマイズできるため、機能の追加ができます。しかし機能を追加するには工数がかかるため、その分コストが発生します。

そのため、初めから必要な機能が搭載されていれば、無駄なコストはかかりません。たとえばOSSをタスク管理に利用するなら、ToDoリストやコメント機能など、タスク管理に必須の機能が搭載されているOSSを選定してください。

操作性が高くて誰でも利用できるか

操作性の高さもOSSツールを選ぶ際の大事なポイントです。操作性が難しいOSSを選んでしまうと、一部の人しか使えなかったり、思っていたようなカスタマイズができなかったりする可能性があります。

しかしだれでも利用できる操作性の高いOSSであれば、利用者も管理しやすくなります。場合によっては複雑なOSSの利用が必要なこともあるため、できるだけ操作しやすいOSSを選びランニングコストを抑えるようにしましょう。

無料で使えるプロジェクト管理ツール14選|選び方を徹底比較!

日本語に対応しているか

OSSが日本語対応かも確認しておきましょう。OSSは日本よりも海外で開発されているものが圧倒的に多いため、日本語に対応していない場合があります。

どれだけ優れたOSSであっても、日本語対応していなければ使いこなすまでに時間がかかってしまいます。また日本語対応していない場合には、使い方も英語で確認しなければなりません。誰でも使いこなせるように、日本語対応しているOSSを選ぶようにしましょう。

プロジェクト管理に無料OSSツールを使う際の注意点

OSSは仕事を効率化するのに非常に便利なツールです。しかし、実際にプロジェクト管理に使用する際は注意が必要な場合があります。ここでは、無料OSSツール使用の注意点を解説します。

必ずライセンスを確認する

OSSは、基本的に無料で使用できますが、自由に使えるわけではありません。著作者が設定したライセンスに基づいて利用しなければならないため、必ずライセンスの内容を確認するようにしましょう。

ライセンスの内容はさまざまですが、商用利用の禁止やカスタマイズしたソフトウェアを再配布する際はソースコードの公開を求められる場合があります。必ずライセンスを確認してから、OSSを利用するようにしましょう。

専門の人材を確保しておく

OSSを管理できる専門の人材を確保しておきましょう。OSSでは公開されているコードをもとにして、状況に適した自由なカスタマイズができます。しかしOSSはだれでも使いこなせるわけではなく、一定レベル以上のITスキルを持っていなければ機能の追加などができません。

OSS自体は無料のため導入コストはかかりませんが、専門の人材を確保して運用してもらうためのコストは必要です。OSSの利用には、一定の費用がかかる点を理解しておいてください。

サポート体制には期待しない

OSSは無料なので、無保証が一般的です。そのため、無料で利用できるというメリットは大きいものの、開発元からのサポートは期待できません。

OSSを利用する中でトラブルや不明点が発生した場合は、OSSサポート代行業者に連絡をしたり、利用者が集まるコミュニティで情報を集めたりすることが必要です。

プロジェクト管理ツールを導入するメリット・デメリットを詳しく解説!

プロジェクト管理におすすめの無料OSSツール3選

OSSツールはたくさんの企業が提供しているため、どれを選べばいいかわからない方も多いはずです。ここでは、プロジェクト管理におすすめの無料OSSツールを3つ紹介します。

1.Focalboard

Focalboardは、すべての仕事を一箇所に集めて生産性を加速させられるOSSです。すぐに使えるテンプレートが豊富に用意されているため、カスタマイズをしなくてもさまざまなことができる無料OSSツールです。

提供元Mattermost, Inc.
初期費用無料
料金プラン無料
機能・特徴ボード、リスト、カレンダー、ギャラリー、ボード共有、チームとダイレクトメッセージなど
URL公式サイト

2.MyCollab

MyCollabは、高性能で安定してプロジェクト管理ができるJavaアプリケーションプラットフォームのOSSです。GitHubと組み合わせることで、コンテナの構築や新規ユーザーの受け入れ自動化・高速配布など、あらゆる業務を簡素化し時間を短縮できます。

提供元GitHub, Inc
初期費用無料
料金プラン無料
機能・特徴プロジェクト ダッシュボード、チケットダッシュボード、かんばんボード、タスクビュー、メンバー、設定など
URL公式サイト

3.OpenProject

OpenProjectはセキュアな環境で、クラシックやアジャイル・ハイブリッドのプロジェクト管理を効率的に行えるSSです。安全な環境と最高水準のデータセキュリティにより、利用者のプライバシー保護に力を入れています。

提供元OpenProject GmbH
初期費用無料
料金プランコミュニティ:無料
ベーシック:5.95ユーロ/月(5人以上のユーザー)
プロフェッショナル:10.95ユーロ/月(25人以上のユーザー)
プレミアム:15.95ユーロ/月(100人以上のユーザー)
コーポレート:要相談(250人以上のユーザー)
機能・特徴プロジェクトポートフォリオ、プロジェクト計画、タスク管理、アジャイル・かんばん・スクラム、時間追跡、チームコラボレーション、製品ロードマップ、ワークフローなど
URL公式サイト

プロジェクト管理に無料OSSツールを活用して効率化しよう

OSSは無料で利用できるにもかかわらず、非常に優れているものが多く公開されているコードをもとにして、個々でカスタマイズが可能な自由度の高いツールです。

ITスキルはある程度必要ですが、OSSは無料であるため利用コストを抑えることができます。本記事を参考に注意すべき点を理解し、無料OSSツールを活用してプロジェクト管理を効率化させてください。

プロジェクト管理ツールの記事をもっと読む

プロジェクト管理ツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

大学でのチャットボット導入事例|導入するメリットやおすすめのチャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの導入効果|効果測定の方法や事例・注意点を解説!

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

最終更新日時:2024/02/22

チャットボット

チャットボットの効果測定方法!効果測定の方法や参考にすべきKPIについて解説

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

最終更新日時:2024/02/21

チャットボット

採用と内定の違いとは?通知書の種類ごとの違い・トラブルの原因と回避策

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

【例文つき】採用稟議書とは?必要性や承認される書き方と作成のポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

個人事業主が福利厚生費を計上できる?認められる条件や活用できるケース

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

最終更新日時:2024/02/20

福利厚生サービス

採用力を強化する方法!高い企業・低い企業の違いや優秀な人材を確保するポイント

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/20

採用管理システム

応募者を惹きつける採用キャッチコピー一覧!作り方やNG例を紹介

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

ポテンシャル採用とは?メリット・デメリットや年齢制限、見極めるポイント

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

最終更新日時:2024/02/19

採用管理システム

損益分岐点とは?計算式や活用方法・分析のやり方をわかりやすく解説

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム

最終更新日時:2024/02/19

管理会計システム