【初心者向け】自分でできるSEO対策一覧|やり方や注意点を解説

2024/07/01 2024/07/01

SEOツール

自分でできるSEO対策

Webサイトの評価を上げるためには、適切な「SEO対策」が必要です。SEOコンサルタントに依頼するなど、方法はさまざまですが、そもそもSEO対策は自分自身でもできるのでしょうか。本記事では、自分でできるSEO対策を、進め方や必要なツールなどと併せて解説します。

SEO対策は自分でできる?

SEO対策とは、Webサイトが検索結果の上位に表示されるように検索エンジンに対して最適化することです。上位表示されることで、より多くの人がサイトを訪問するようになるため、多くのサイトでSEO対策が行われています。

基本的なSEO対策であれば、知識や経験が浅い場合でも、自分で行うことができます。例えば、キーワードの選定やメタデータの設定といった初歩的な改善点が挙げられるでしょう。

ただし、Webサイトの構造を変えなければならないような高度なSEO対策となると、外部の専門家に依頼することが一般的です。独学で対応するには限界があり、対策の効果を最大化するためには、専門的な知識や経験が必要となります。

SEO対策の種類

SEO対策にはさまざまな種類があります。ここでは、主要な方法を紹介しましょう。

コンテンツ制作

SEO対策において、コンテンツ制作は非常に重要です。魅力的で質の高いコンテンツを作ることができれば、検索エンジンからの評価が高まります。結果として検索上位に表示されることになり、訪問者を引きつけることができるでしょう。

コンテンツを制作する際には、ターゲットとなる読者が求める情報を正確に把握し、役立つ内容を提供することが重要です。また、読みやすく理解しやすい文章構成を心がけることも、効果的なSEO対策となります。

内部対策

内部対策とは、SEO対策の中でもWebサイト内部の要素を最適化することを指します。Webサイトの構造を変更する大がかりなものから、メタデータの適切な設定、適切なキーワードの配置といった細かなものまで種類はさまざまです。

例えば、タイトルタグやメタディスクリプションに重要なキーワードを含めたり、サイトのローディング速度を高めるための技術的改善を行ったりといった対策が効果的です。

外部対策

外部対策とは、ほかのWebサイトによって自社サイトの評価を高めるSEO対策です。具体的な方法としては、ほかのサイトからのリンク獲得が挙げられます。

例えば、信頼性の高いほかのWebサイトがページ内に自社サイトのリンクを貼ることで、第三者に評価されているとして、検索エンジンは自社サイトを信頼できるものだと判断します。

SEO対策のやり方とは?初心者でもわかる上位表示させる秘訣

自分でできるコンテンツSEO対策のやり方

ここからは、自分でできるコンテンツSEO対策の方法を紹介していきます。

メディアの目的・ペルソナを明確化

SEO対策を進めるにあたっては、まずメディアの目的とターゲットペルソナ(想定する読者像)を明確にすることが大切です。目的とペルソナをしっかりと明確化することで、どのようなコンテンツを制作すればよいか、どのキーワードに焦点を当てるべきかが見えてきます。

例えば、自社サイトで健康食品を扱っているならば、「健康を意識している中年世代の消費者をターゲットに、健康食品の知識を学べるメディアにする」などと設定できるでしょう。

対策キーワードを選定

SEO対策の効果を最大化するためには、適切なキーワード選定が欠かせません。この段階では、ターゲットとするペルソナがよく使用する言葉や、関心を持ちそうなトピックに関連した言葉をキーワードとして選ぶことが大切です。

また、キーワードを選定する際は、検索ボリュームや競合サイトの状況、自社サイトのコンテンツとの関連性も重視しましょう。

記事の構成〜文章を作成

実際に記事を書き始める前に、枠組みとなる構成をしっかりと作成するようにしましょう。

まずは読者の興味を引くための導入を設け、そのあとで詳細な情報を展開します。各セクションには選定したキーワードを自然な流れで配置し、読者が求める情報を明確に伝える内容にすることが肝心です。記事の結びには、商品購入や資料請求などの行動を促す呼びかけを入れることで、自社の商品やサービスに関心を持ってもらうことができるでしょう。

【2024年最新】SEOタイトルの付け方|最適な文字数や注意点・ディスクリプションについて

定期的にリライトを実施

SEO対策において、コンテンツの鮮度は極めて重要です。定期的にリライトを行うようにしましょう。

検索エンジンは最新の情報を提供するサイトを好むため、定期的な情報更新はプラスに働きます。また、リライトによって情報を最新の状態に保つようにすれば、読者にとって有益な情報を提供し続けることができます。

記事をリライトする際は、過去のデータやフィードバックを参考にしながら、より魅力的で読みやすい内容に仕上げるようにしましょう。

自分でできるSEO内部対策のやり方

ここでは、自分でできるSEOの内部対策のやり方を紹介していきます。

内部リンクを最適化

内部リンクの最適化は、Webサイト全体の評価に大きく寄与します。適切な内部リンクを施すことで、サイト内の各ページ間でのナビゲーションが改善され、ユーザーが必要な情報に容易にアクセスできるようになるのです。

また、内部リンクを通して、検索エンジンにページの重要性を伝える効果も期待できるでしょう。サイトの構造が明確になることで検索エンジンがコンテンツを効率良くクロールできるようになるため、インデックスの手助けにもなります。

パンくずリストを設置

パンくずリストとは、ユーザーに対してWebサイト内での現在地を示すためのナビゲーションです。Webサイト内にパンくずリストに設置することは、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても多くのメリットがあります。

ユーザーにとっては、パンくずリストがあることで、サイト内のどの位置にいるかを一目で理解でき、ページ間の移動が容易になります。検索エンジンにとっては、パンくずリストによってサイトの構造が明確になることで、コンテンツのクローリングとインデックス作成が効率化するのです。

レスポンシブに対応

Webサイトをレスポンシブに対応させることにも、多くのメリットがあります。サイトがレスポンシブであれば、異なるデバイス(スマホ、タブレット、PCなど)で閲覧しているすべてのユーザー全員に対して、最適な表示で情報を提供できるようになるのです。ユーザー体験を大きく向上させ、サイトの使いやすさにつながるでしょう。

さらに、Googleを含む主要な検索エンジンは、検索結果においてモバイルフレンドリーなWebサイトを優遇するため、上位表示も期待できます。

自分でできるSEO外部対策のやり方

ここでは、自分でできるSEOの外部対策のやり方を紹介していきます。

被リンクの獲得

被リンクとは、外部のWebサイトに貼られた自社サイトへのリンクを指します。被リンクを獲得することで、サイトの信頼性と権威が向上し、検索エンジンによる評価が高まります。結果として、検索結果でのランキングが改善される可能性が高まるでしょう。

被リンクは、新しい訪問者を引き寄せる手段としても機能します。他サイトから認められる質の高いコンテンツを提供することが、効果的な被リンク戦略のカギです。

SNSで発信

SNSで積極的に情報を発信することもSEO外部対策につながります。SNSを通してブランドの認知度を向上させることができれば、より広いユーザーへのリーチにつながるでしょう。

SNSはインタラクティブなプラットフォームであるため、フォロワーと直接的にコミュニケーションを取ることが可能です。この性質を利用し、顧客との関係を強化したり、信頼を築いたりもできます。

さらに、適切なハッシュタグの使用やインフルエンサーとのコラボレーションを行って新しい訪問者を引き寄せ、Webサイトへのトラフィックを増加させることも可能です。

SEO対策の費用とは?施策別の費用相場をわかりやすく解説!

自分でSEO対策をするうえで理解しておくべき2つのガイドライン

SEO対策をするうえでは、理解しておくべき2つのガイドラインが存在します。

YMYL

YMYLは「Your Money or Your Life」の略で、お金や健康に大きく影響を及ぼす可能性があるコンテンツを指します。具体的には、医療情報、法的アドバイス、金融商品の情報などです。

検索エンジンはYMYLコンテンツに対して特に厳しい基準を適用するため、これらのトピックを扱う場合は、情報の正確性と信頼性が非常に重要です。信頼できる情報源からの正確なデータと、専門家による校正を通して、コンテンツの質を確保することが必須といえます。

E-E-A-T

E-E-A-Tは、Webサイトの品質を評価するGoogleのガイドラインで、「Experience(経験)」、「Expertise(専門性)」、「Authoritativeness(権威性)」、「Trustworthiness(信頼性)」の4つの要素で構成されています。具体的な定義は次のとおりです。

  • Experience(経験):コンテンツ制作者が主題に関して個人的な経験を持っているかどうか
  • Expertise(専門性):コンテンツ制作者が専門的な知識や技能を有しているか
  • Authoritativeness(権威性):制作者やサイトがその分野でどれだけ認知されているか
  • Trustworthiness(信頼性):情報の正確性と信頼できる出典を基にしたコンテンツか

これらの要素は、サイトやページがユーザーにとって有益かつ信頼性の高い情報源であるかを示す指標となります。

自分ではやってはいけないSEO対策

ここでは、自分でSEO対策を行う際に避けるべき、いわゆる「ブラックハット」SEOについて説明します。

低品質なコンテンツを大量に生成する

一見するとWebサイトのコンテンツ量が増えて評価が上がるように思えますが、低品質なコンテンツを大量に生成することには、実際には多くのリスクが伴います。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーにとって価値のある、高品質な情報を提供するサイトを評価します。したがって、低品質なコンテンツの大量生成は、サイトの全体的な品質を低下させ、検索エンジンによる評価の低下を招く可能性があるのです。

低品質のコンテンツを増やすとユーザー体験が損なわれ、サイトの信頼性や権威性が低下するため注意しましょう。

被リンクを購入する

被リンクを購入することも、多くのリスクが伴うため避けるべきです。検索エンジンは購入されたリンクを検出し、Webサイトにペナルティを課す可能性が高いためです。

購入した被リンクはリンク元のサイトと関連性が低いことが多く不自然なため、サイトの信頼性を損ないかねません。Googleなどの主要な検索エンジンは、質の高いコンテンツから自然に生じるリンクを重視しています。

古い情報を更新せずに放置する

Webサイト上の古い情報を更新せずに放置すると、多くの問題が発生するリスクがあります。

古い情報は時が経つにつれて正確性や関連性を失い、訪問者が求める情報を提供できなくなります。そのため、サイトの信頼性が低下し、訪問者が減少する原因となるのです。

検索エンジンは定期的にコンテンツの新鮮さを評価し、最新の情報を提供するサイトを高く評価するため、古いコンテンツを更新しないことはSEOにも悪影響を及ぼします。

すでに公開しているコンテンツのURLを変更する

すでに公開しているコンテンツのURLを変更することもリスクを伴います。URLを変更すると、そのページへの既存のリンクが無効になり、ユーザーや検索エンジンが「404 Not Found」のエラーになります。

この状態ではユーザーは欲しい情報にたどり着けないため、サイトの信頼性が低下します。また、検索エンジンが古いURLをインデックスから削除し、新しいURLを再評価する過程で、SEOにおけるページの権威が一時的に失われることもあるでしょう。

SEO対策のメリット・デメリット!必要性や施策の内容を解説

自分でSEO対策をする際に必要なツール

SEO対策を効率的に行うには、適切なツールの使用が不可欠です。ここでは、自分でSEO対策をする際に役立つ基本的なツールを紹介します。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Webサイトのトラフィックを詳細に分析する無料ツールです。このツールを使用すれば、訪問者の行動や流入経路、滞在時間など、Webサイトのさまざまなデータを観察し、解析することができます。

どのコンテンツが人気なのかや、ユーザーがサイト内でどのような行動を取っているかが明らかになるため、マーケティングキャンペーンの効果を測定し、サイトの改善点を発見するためにも役立つでしょう。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、WebサイトがGoogle検索でどのように表示されるかを管理し、最適化するための無料ツールです。このツールでは、サイトの検索トラフィックとパフォーマンスを詳細に確認でき、ユーザーがどのキーワードでサイトを訪れているかや、どのページが最も人気かなどがわかります。

また、サイトのクロール状況やインデックスの問題を把握し、GoogleによるWebページの検出と表示の改善をサポートします。さらに、Webサイトに影響を与える潜在的なエラーやセキュリティ問題の警告を受け取ることも可能です。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、キーワードリサーチや広告キャンペーン計画に役立つ無料ツールです。特定のキーワードに対する検索ボリューム、競合度、季節性のトレンドなどのデータを得ることができます。

キーワードプランナーは、効果的なコンテンツ戦略や広告戦略を立てるうえで、市場のニーズを理解し、適切なキーワードを選定するのに非常に役立つツールです。

【2024年最新】おすすめのSEOツール27製品を比較!機能や特徴・課題に合った選び方

SEO対策を自分で実施してみよう

今回紹介したSEO対策の基本的な方法や必要なツールを活用すれば、自分でSEO対策を行うことができます。内部対策から外部対策、さらには有用なツールの使い方まで、複数の知識を組み合わせれば、検索エンジンによるWebサイトの評価が改善されるはずです。SEO対策には継続的な努力が必要ですが、基本に忠実に取り組むことで、その効果を少しずつ実感できるでしょう。

おすすめのセミナー視聴

おすすめのお役立ち資料

SEOツールの記事をもっと読む

SEOツールの記事一覧

ビズクロ編集部
「ビズクロ」は、経営改善を実現する総合支援メディアです。ユーザーの皆さまにとって有意義なビジネスの情報やコンテンツの発信を継続的におこなっていきます。

おすすめ関連記事

医療向けのeラーニングシステム10選を比較!選び方や導入時の注意点

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

最終更新日時:2024/07/22

学習管理システム

IPsec-VPNとは?仕組みやSSL-VPNとの違い・接続方法、脆弱性について解説

最終更新日時:2024/07/22

VPN

最終更新日時:2024/07/22

VPN

CTIとPBXの違いとは?仕組みや連携の重要性・導入メリットについて解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTi連携とは?目的や仕組み・メリット、連携すべきシステムを解説

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIの導入に失敗しない選び方!失敗事例や成功させるポイント

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

CTIはスマホでも利用可能!アプリに対応しているおすすめのCTIシステムを紹介

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

最終更新日時:2024/07/22

コールセンター・CTIシステム

リスティング広告の費用対効果について|高めるコツや他媒体との比較・相性の良い業界

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

最終更新日時:2024/07/19

リスティング広告

SEO対策の効果がでるまでの期間はどのくらい?時間がかかる理由や上位表示までの期間を短くするコツ

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

SEOキーワードの選定方法・やり方のコツ|注意点やおすすめのツールを紹介

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

最終更新日時:2024/07/19

SEOツール

シリーズCとは?資金調達方法や調達額・成功させるポイントを解説

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達

最終更新日時:2024/07/19

ファクタリング・資金調達